2006.07.20

賃貸不動産セミナー 本郷先生 20 July 2006

060720a  20日は午後から賃貸不動産セミナーでした。3人のジョイントセミナーで私は3番目、最初ははタクト・コンサルティング本郷先生

 本郷先生は「土地有効活用」とか「アパートを建てよう」「大家さんになろう」という案内が世の中には多いですが、多くはセンターピンをはずしているとおっしゃっています。土地とか資産の所有者は日本には多いですが、ほとんどが相続するまで手放す発想がなく、「収益を生まない」状態のまま、つつましい生活をしたあげく、相続税で召し上げられてしまうパターンが多いのです。

 例えば、土地と自宅を1億円ずつ合計2億円の資産を持っている人に収入を増やす提案する場合
 1)駐車場1億円(100万円×100坪)に自己資金または借入金で賃貸住宅を建てる
 2)駐車場(100坪)の半分(50坪)を売却して、売却資金5,000万円でアパートを建てる
 3)駐車場を全部売却して1億円で投資アパート(土地付き)を購入する

 「土地有効活用」の発想では、1)でしょうし、思い切っても2)でしょうが、不動産は立地がもっとも大事で賃貸アパート向けの立地ごと手に入れようとしたら3)になるし、3)と発想した瞬間に、これを最大価値にして売却して、また新しい収益モデルを探すという将来行動になります。

 これをまとめると年収を増やすためのステップは下記になります。
 ①財産の棚卸をする
   ・収入を生むものが資産
   ・収入を生まないものは資産ではない
 ②目標収入を設定する
 ③財産の組み換えをする
 ④時には自宅も組み替えの対象とすることもある

 すべてこのように「出口」を想定した発想が、センターピンを倒す鉄則だということです。

 「アパートは建てるものではなく、買うもの、売るものですよ」と賃貸住宅事業の本質の話あ続き、とても合点のいくお話でした。


2006 07 20 [深呼吸ハウス~賃貸住宅にも安心を!~] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2006.07.11

リフォームと不動産は相性が良い 11 July 2006

 今日、タクトコンサルティング本郷先生と昼食をご一緒させていただきました。今月20日に開催されるエステートバンクさんとのセミナーで、八重洲南口から徒歩1分の超好立地のセミナールームをお借りできるばかりか、不動産業界ではとても有名な本郷先生にもご講演いただけることになっています。エステートバンク温井社長にはひたすら感謝です。

 不動産はお金があるとか土地があるとかから発想してはだめで、ひたすらどんな収益を上げるかというところが大事で、それが銀行であろうとハンバーガーショップであろうとアパートであろうと、キャッシュフローに還元された数値が良好になるかどうか、売り手がつくかどうか、という投資家の見地を持つことが大事なんだけど、そのセンスとアレンジメント力を持った数少ないプレイヤーががんばっているけど、まだまだ参入余地が大きいというようなことをおっしゃっていました。
 その見地で狙うと、不動産とリフォームの相性はとても良く、300万円のリフォーム投資で、資産価値を3000万円上げることもできたりしますので、オーナーへのリフォーム提案の仕方ががらりと変わります。

060711a

 基本的には不動産業界向けセミナーですが、リフォーム業ノウハウを不動産業に生かしたいと思われる人でしたたら、7月20日にセミナーはとても面白いと思います。お申し込みはこちらです。


2006 07 11 [深呼吸ハウス~賃貸住宅にも安心を!~] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2006.06.21

賃貸不動産業向けセミナーのご案内 21 Jun 2006

060621a

 SHIPが賃貸住宅向けブランド「深呼吸ハウス」を発表した、4月20日に六本木ヒルズで開催した賃貸不動産業向けのセミナーを、これからは不動産業界専門のWeb戦略サポート会社のエステートバンクさん とコラボレーションして定期的に開催していきます。

 今回は不動産活用の世界ではたいへん有名なタクトコンサルティング本郷尚先生にもご講演をいただけることになりました。

 エステートバンクさんの温井社長は、デザインに定評のあるWebシステム構築会社TISを経営される女性起業家で、女性の決め細やかな感性で不動産業界を変えていかれる方だと思います。

 私のブログの読者の方を意識すると、仲介・賃貸不動産業を自社の顧客接点に取り込んでいきたいと思ってらっしゃるリフォーム経営者の方にとって、3つのセミナーともきわめて具体的な解決方法が提案されますので、7月20日の午後はぜひご都合をつけてください。


2006 06 21 [深呼吸ハウス~賃貸住宅にも安心を!~] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2006.05.19

深呼吸ハウス・モデルハウス 18 May 2006

 月曜日にLifeStyleCAD講習でこられていた愛媛のKさんと夜、食事に行きました。話題の中心は「賃貸住宅のリノベーション」でした。とても大きな可能をもった市場だと思いますが、共感マーケティングのSHIPが手がけるのは、求めている人がいる『深呼吸ハウス』10人の1人の割合で苦しんでいるアトピー・アレルギーの方の喜んでもらえるリノベーション企画です。Kさんは翌日加盟を決められ火曜日の夜愛媛に戻りました。
 昨日、清水くんに入った連絡によると、早速賃貸管理会社さんにプレゼンして、1部屋交通至便な場所のアパートを提供してもらって、オーナーさんに体感してもらうための深呼吸ハウスのモデルハウスを作ることになったそうです。Kさんの心配ごとは「いい企画だっていうのはわかるけど、愛媛ではどうかな?」ということでしたが、行動してみるとあっけなく、不安が払拭されてしまいました。
 按ずるより産むが易し です。

0605019a  昨晩は大阪のブランディングセミナーの後、ご出席されていた神戸のすみれ建築工房の高橋社長と大阪の猪木工務店の猪木社長と食事でした。共感の輪が広がっていくことが私たちの何よりの喜びです。


2006 05 19 [深呼吸ハウス~賃貸住宅にも安心を!~] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2006.04.21

深呼吸ハウス・プロジェクト 

0604021a  賃貸オーナーさんの商品は「部屋」ですので、商品作りはマーケティング感覚が必要なはずです。人口減少時代には、お客様(入居者)に見つけてもらうために立てる「旗」がないと、空室リスクが増します。交通至便・格安・デザイン・セキュリティなど、「旗」も様々ですが、投資に対するリターンを計算できる「旗」が良いですよね。

 成人までの10人に1人が有症者だというアトピー・アレルギーの人は、最安値の原状回復に使われる建築材料に含まれている化学物質には敏感に反応してしまいます。ホンモノの自然素材の賃貸住宅は、そんな人たちに見つけてもらう住宅です。また、こうした仕様の部屋はどんどん増えているLOHAS層にもヒットします。

 ネットでみつけてもらう工夫をふんだんに仕掛けたWebサイト「深呼吸ハウス」に物件登録をしていただくことで入居者募集のお手伝いもしていきます。こうしたサポートも含めて、ビジュアルプレゼンしてオーナーさんに投資を促していくシステムが、深呼吸ハウス・プロジェクトです。

0604021b

 セミナー終了後、すぐに「セミナーで使ったパワーポイントをくれないか」というご依頼がお二人いらっしゃいました。オーナーさん向けのリノベーションの提案をするのに、私たちと同じようにセミナー形式で行いたいということでした。「なるほどな」と思いました。とりあえず差し上げましたが、そうしたシチュエーションでも使えるように、パワポデータもリニュアルしていきます。
 リアルタイムプレゼンシステムのご注文もいただきましたが、チャンスと思ったら即行動って常に前進する人ですね。

 次回は、深呼吸ハウスセミナーとして5月25日(木)15:00~17:00、場所はSHIPはいからモダンスタジオで開催します。


2006 04 21 [深呼吸ハウス~賃貸住宅にも安心を!~] | 固定リンク | コメント (2) | トラックバック

2006.04.19

10人に1人のために 19 Apr 2006

 今年は採用のグループ面接で「はいからモダン物語」小冊子を使っています。びっくりしたのは、学生さんの半数は「小さい頃アトピーだった」と言っていることです。すごい比率だなと思います。

 (財)日本アレルギー協会のサイトには次のような調査が紹介されていました。

○平成12年から14年にかけて、アトピー性皮膚炎の患者様が人口あたりどれくらいの割合であるのか(有症率)専門医の健診によって調査しました。その結果、全国平均有症率は4カ月児12.8%、1歳半児9.8%、3歳児13.2%、小学1年生11.8%、小学6年生10.6%、大学1年生8.2%でした。

 ここでは10人に1人の高い有症率ということです。大きくなるにしたがって少なくなるのは、アレルギーを引き起こす物質(アレルゲン)の「容れ物」の容量が大きくなるからです。アレルゲンはきちんと蓄積されています。

 アトピーの原因はひとつには特定できません。しかし、ひとつずつでも減らしていくことで、有症者の症状の軽減に役立つと思います。そして、大きな原因のひとつは建築材料から揮発する化学物質だということはわかっています。しかし、例えば地方から上京する大学生のように賃貸住宅にすまなければならない人にとって、そんな症状に配慮された賃貸住宅はあるでしょうか? うちの社員さんだってそうです。赤ちゃんを持つ頃の若い夫婦でもそうです。

 配慮しなければならない人は、ネットで探してもそんな住居を見つけようとします。しかし、今は見つかりません。

0604019a  10人に1人の割合の配慮が必要な人のために、SHIPは健康配慮の賃貸住宅ブランド「深呼吸ハウス」を6月1日より、スタートさせます。明日のリノベーションセミナーは最初のお披露目と募集となります。


2006 04 19 [深呼吸ハウス~賃貸住宅にも安心を!~] | 固定リンク | コメント (2) | トラックバック

2006.04.14

mixiのリノベーション・コミュニティ 14 Apr 2006

新ブランドお母ちゃんのおうち日記に入れ込んでいる村上さんから報告です。

====

0604014a

 昨年の4月にeリフォーム・プレゼンを導入してくださったシステム・ユニオンさん。
その後もはいからモダン物語の会員になっていただきました!

 健志社長は社員さん思いでもありますが、周りにいる方たちをとっても大事にしています。
「相変わらず可愛いし、成長してるね!」
こんな言葉で私にメールをくれるのも健志社長の優しさ!
いつもモチベーションをアップさせてもらってます!

0604014b

 そんな健志社長の元で共に頑張っている社員さんの1人が大久保さん。
最近リノベーションに力を入れているシステム・ユニオンさんですが、それを目に見える形で提案しているのが、この大久保さんなんです。
「感動リフォーム劇場講習」「達人への道」「はいからモダン物語研修会」と参加してくださり、積極的に取り入れて下さっています。

0604014c

 健志社長がmixiで[リノベーション住みたい人集まれ]というコミュニティを作ったということで、私も参加させてもらっています!
このコミュニティでお客様の要望をさっと絵にして、公開しているんです。
それがこの絵。

 SHIPも4月20日にイベントがありますが、健志社長の好意に甘えて、これからもここで勉強させてもらおうと思います。
健志社長のブログやシステム・ユニオンさんのホームページを見ていると、リノベーションってすごいな、って感じます!


2006 04 14 [深呼吸ハウス~賃貸住宅にも安心を!~] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2006.03.03

嬉しい一日 3 Mar 2006

 はいからモダン物語を始めた理由はいくつかありましたが、順番をつけるとアトピッコハウスの後藤社長に会ったこと自体が最も大きな理由です。シックハウス法ができてもシックハウスはなくならない、法律を守っても家族の健康を守れない、その理由と根本的な対策と想いの物語を伝えていくことが、私たちと私たちのお客様およの生活者との共感の形成であり、社員さんに「何故働くのか?」を意味づけていき、同時にSHIPのプレゼンテーションと組み合わせることで企業のブランディングと業務効率化もできていく、そんなことを出合ってわずかの間に思い浮かび嬉しくなりました。

 昨日は、それ以来の嬉しい一日でした。

060303a  「生活者の視点」でシステムを創ってきたSHIPが「お母さんの視点で作る住まい」と出会いました。お母さんは家庭の太陽です。「家に帰りたくない」「家が面白くない」とかつて家庭で育まれてきた教育が損なわれつつあります。お母さんが子育てや介護を通じて会得した、「ルンルンに暮らせる住まいの本質」を語ることで、お母さんが元気になり、家族が元気になる住まい作りが始まります。そんなコンセプトと解決方法を提供していければいいなと思っています。

060303b  もうひとつは植物。日本の花木の種類はヨーロッパの3倍あるそうです。イングリッシュガーデンを構成する植物の7~80%は日本原産だそうです。花や木には物語があります。私の母は中学卒業ですが、草や花や木や山菜やきのこの名前をたくさん知っていました。大人になってから気づいたのですが大学卒業の私は、そんな名前を全然知らないことを母と歩いていて知りました。母の方がずっと豊かな風景が見えています。
 日本の園芸業界には課題が多いそうです。生活者の視点で草木がもっともっと身近なものになればいいなと思いました。


2006 03 03 [「お母ちゃんのお家」日記~お母さん目線で幸せな住まいづくり~, はいからモダン物語~安心建材で家族を守る~, 深呼吸ハウス~賃貸住宅にも安心を!~] | 固定リンク | コメント (2) | トラックバック