2013.03.08

新卒12期新卒採用「成長したいなら最速の船(SHIP)に乗れ」 8 Mar 2013

130308a
 今年は「成長したいなら最速の船(SHIP)に乗れ」というテーマで新卒12期生の採用を行なっております。

 どこの会社でもよく使われる「成長」という言葉を今年はあえて使ったのは、そろそろ大きな変化が起こりそうだなと思ったからです。「成長だけがあなたの未来を守る」という話をさせていただいております。

 私は明治維新の功労者をヒーロー扱いすることが好きではありません。逆の立場の人たちに思いが至るからです。しかし明治維新の大変革が日本を救ったのは事実だと思います。敗戦が良かったとはもちろん思いませんが、あの時からのゼロからの出発がGDP世界2位の国を作ってきたのも事実だと思います。それと同じような地殻変動が起こることが遠からずあるような気がしています。

 ですから未来を担う学生さんには、ゼロからのビジネスモデルを立ち上げて、変化が速い住宅リフォーム業界でその変化そのものも創っているSHIPに乗り込んで、チームで人に喜んでもらうことを実践しながら、思う存分成長していただきたいと思うのです。

 今年は選考のステップをひとつ減らしました。3度目には私がグループ面接をやらせていただきます。今年も数回行いましたがそこで私が学生さんに質問・意見交換がなくなるまで直接話しをさせていただきます。

 下記のような学生さんには、ぜひSHIPの会社説明会にいらしていただきたいと思います。このブログを読んでいらっしゃる皆様、学生さんのご紹介などもいただければありがたいです。

 □成長したい人・自立したい人
 □自分で仕事を創りたい人・ビジネスモデルを創りたい人
 □人に喜んでもらうことが何よりも好きな人
 □「住いと暮らし」の分野を仕事にしたい人
 □チームワーク・団体戦により力を発揮できる人


2013 03 08 [採用] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2012.07.31

2013年4月入社内定者とグローバル採用内定者 31 July 2012

120731a

 まだ採用活動は継続中ですが、一旦締めて内定証授与式を行いました。また先日香港で面接した香港の新卒者にも合流してもらいました。「SHIPの経営理念と人の輝きに惹かれた」という人ばかりです。理念一体化集団としてさらなるお役立ちを目指します。

 青山学院大 学長島さん

120731b

 名古屋学芸大学瀧本くん

120731c

 女子美術大学木下さん

120731d

 獨協大学水野くん

120731e

 早稲田大学内田さん

120731f

 多摩美術大学鈴木さん

120731g

 東邦大学田原くん

120731h

 桜美林大学小野くん

120731i

 香港中文大学梁さん

120731j_2

 コミットメントを発表してくれた後の集合写真

120731k

 みんなSHIPを選んでくれてありがとう

 さて毎年グレードアップする歓迎会を準備してくれた10期生(1人足りませんが)と採用プロジェクトメンバーにも心からのありがとう  

120731l


2012 07 31 [採用] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2010.12.18

2012年4月生の採用が楽しみです 18 Dec 2010

101215a

 上記はリクルートワークス研究所の資料ですが、2011年4月生の求人倍率はやはり相当落ち込んでいたんですね。1987年から25年間のデータを時系列で眺めると、就職を希望する学生さんの数もずいぶんと増えていることがわかります。これは学校が増えて、学生さんが増えたということなのでしょうか。

 リクナビで採用募集をしている会社は2011年生は8,349社社、2012年生は今日時点で6,446社。マイナビだと2011年生は7,892社社、2012年生は今日で5,675社です。重複している企業も多いでしょうから、実際は新卒求人している会社は1万社くらいなのだと思われます。求人数は、2010年72.5万人、2011年58.2万人だそうです。2012年はどうなんでしょう。減る感じはあまりしませんが、大きく増える感じもしません。

 就職希望の学生さんは45万人くらいいるそうです。2011年度はSHIPは、エントリー数が4,500人になりました。状況があまり変わらないとしたら、今回もエントリー数は4,000人~5,000人くらいが予想されます。会社説明会の参加を1,000名と想定して計画を立てました。

 第10期の採用プロジェクトは2010年入社の8期生中心のチームです。新チームによる絆創りが楽しみです。


2010 12 18 [採用] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック