2010.01.27

お金に殺されない知恵 27 Jan 2010

 昨年の自殺者数は前年より504人多い32,753人だったそうです。

 この中には会社の債務を個人保証している中小企業の経営者も相当数含まれていると思います。今日、運輸・引越業支援のムービング社では「不況対策セミナー」と題して、中小企業の再生手法をお伝えさせていただきました。

100127a

 営業損、経常損、資金ショートの場合だけでなく、営業黒字、経常黒字でも資金ショートは起こります。会社の誰の給与よりも金融機関への返済額が上回っている会社は少なくないと思います。

 経営とは一面「お金」を回すことですが、ほんのささいなきっかけからこの「お金」が回らなくなることがあります。そうすると「お金」は引き潮のように引いていき、気がつくともはや破産しかないのかという局面に立っていたりします。この先に「自殺」もあるわけです。

 ここで知恵のあるなしが分かれ道で、自殺も破産も回避できるケースがあります。最も重要な要素は「時間」です。「時間」があれば打つ手が増えます。逆にいえば、早め、早めに知恵のある人に相談することなのだと思います。

 いつものような私の要約も参加者アンケートの転載も難しい内容ですが、ニーズはとても高いと思いました。「転ばぬ先の知恵」です。そして「お金に殺されない知恵」でもあります。SHIPでもこのセミナーをやろうかなと思います。

 もし緊急に今日の講師を紹介して欲しいという方がいらっしゃいましたら私に直接電話(03-3868-9621)をください。   


2010 01 27 [ムービング] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック