2010.10.14

住宅エコポイントの延長と拡充、トイレがチャンス 14 Oct 2010

 以前も書きましたが、「円高・デフレ対応のための緊急総合経済対策」として平成22年度補正予算で実施する住宅エコポイントですが1年延長するとともに、省エネリフォームに伴い節水型便器など3種類の住設機器を設置した場合、一律2万円分を付与する方針を固めたという報道がありました。予算規模は、20億~30億円ということです。

 住宅版エコポイントは、リフォームの箇所数や広さによってポイントの還元方法が違ってわかりにくかったと思いますが、住宅設備に関しては一律となることで消費者のわかりやすさと申請手続きが簡素化され、普及促進が見込まれます。

 Q&Aが公開されています。 http://jutaku.eco-points.jp/faq/qa11.html#faq004

 拡充される住宅設備機器は何か? 発行されるポイント数は? というQ&Aを転載します。
====
 Q4.拡充される住宅設備はなんですか?

 A4.住宅用太陽熱利用システム(ソーラーシステム)、節水型便器、高断熱浴槽をポイント発行対象に追加する予定です。

 なお、住宅用太陽熱利用システム(ソーラーシステム)は、現在の制度でポイントの対象となる住宅の新築工事又はリフォーム工事と併せて設置する場合に対象となります。

 また、節水型便器と高断熱浴槽は、現在の制度でポイントの対象となるリフォーム工事と併せて設置する場合のみ対象となります。

 Q9.発行されるポイント数は?

 A9.
 •住宅用太陽熱利用システム(ソーラーシステム)
 •節水型便器
 •高断熱浴槽
 それぞれ2万ポイントを予定しております。 Q10.既に窓のリフォームをしてポイントを取得している。これから節水型便器を設置したら、節水型便器分のポイントも発行されますか? A10.節水型便器の設置は、窓や外壁等のリフォームと併せて行う場合にポイントが発行されます。
 拡充後(新制度)に、工事に着手したものから対象になります。
 従って、既に窓のリフォームをしている場合は、節水型便器のポイントは発行されません。
====

 ということですが、ソーラーシステムと断熱型浴槽の中心価格帯は60万~70万円、それに対して節水型トイレは20万~30万円程度です。トイレがチャンスからもしれないですね。実際、SHIPの「まか得」でも今、トイレが当たっています。ねじれ国会でもこの法案は通るでしょうから、今から準備していきましょう。


2010 10 14 [ローコストリフォーム] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2010.10.06

環境関連の住設リフォームの市場拡大への準備を 6 Oct 2010

 かねてから話題だった住宅エコポイントの対象が、太陽光設備や高効率給湯器、節水型便器など環境にやさしい設備を設置した場合にも拡大するという報道がありました。政府が進める緊急経済対策のひとつです。

住宅エコポイント、太陽光設備にも 補正骨格固まる
2010/10/6 2:00 情報元 日本経済新聞 電子版

 政府・民主党が今国会に提出する2010年度補正予算案の骨格が5日、固まった。外国為替資金特別会計(外為特会)から、海外の資源開発などに拠出する。民主党は数兆円規模を求めている。住宅エコポイントの対象を太陽光システムなど住宅設備に拡充。レアアース(希土類)の中国への輸入依存度を低下させる対策として、約1000億円を計上する方向だ。

 時を同じくして今朝の日経では、家電量販店のエディオンが「住設リフォーム取扱店倍増」との記事がありました。「家電エコポイント制度の終了に伴う売上高の落ち込みを補う狙い」ということで、小売業のらしい需要に食いつく貪欲さがあります。

エディオン、住設リフォーム取扱店倍増 PBも拡充
2010/10/5 23:43 情報元 日本経済新聞 電子版

 家電量販店2位のエディオンは来春までに住宅設備のリフォーム取扱店を現在の2倍の71店に増やす。独自設計のプライベートブランド(PB=自主企画)商品も追加する。キッチン、バス、トイレの改修需要や、冷蔵庫、洗濯機などの買い替え需要を取り込む。家電エコポイント制度の終了に伴う売上高の落ち込みを補う狙いもある。

 リフォームで取り扱う商品は約30品目。今後、食器洗い機など数品目のPBを追加する。

 環境をキーワードにした住設リフォームの市場がさらに大きくこじあけられようとしています。中小リフォーム会社は、どのようにこれらをお客様に提案していくかを急いで準備を急がないといけません。


2010 10 06 [ローコストリフォーム] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2010.09.22

秋冬のリフォーム商品企画に取り組む 22 Sep 2010

 昨日お会いしたリフォーム会社の社長が面白いことを言ってました。

 「毎日のようにホームページの営業電話がかかってくる。月9800円ぽっきりです。安いでしょ?っていうんだよ」
 
 「どう答えたんですか?」

 「高いって答えたよ。何のためのホームページかわからいんだから、高いよね」

 同感です。

100922a

 さて今日は ローコストリフォーム実践会でした。この会では冒頭に、全国の家電量販店やホームセンターおよび新しい傾向などをベンチマークして報告するのですが、このベンチマークを見ている限り、リフォームはすでに商品企画競争になっています。

 この会の担当の清水とも今朝話したのですが、トイレのリフォームがテレビショッピングで売られていました。リフォーム業界各社は、同業者だけを見ていると、お客様の視界と全然ずれてしまいます。このような情報共有会に出た方がいいですし、最低限、近場の家電量販店・ホームセンターは自ら足を運んで、どんな売り方をしているか、ベンチマークした方がいいです。一瞬でコスト構造を読めるようになると対抗策を打てるようになります。

 リフォームは商品企画をすると、ネットとの相性が抜群によくなります。そこでの効果が読めるようになると、何も見込めない月9800円は高いですが、月98,000円でも安く感じるようになったりします。

 今日は参加者全員で秋冬のリフォームの商品企画に取り組みました。常に3~4ヶ月先を見据えて、準備をしていきたいですね。ローコストリフォーム実践会、月1万円ですので、とてもコストパフォーマンスの良い情報獲得の場だと思います。


2010 09 22 [ローコストリフォーム] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2010.09.18

進む定価制リフォーム 18 Sep 2010

 今月のSHIPリフォームセミナーで、参加者の皆さんにとって衝撃的だったのは、家電量販店ではなく、東京の大手リフォーム会社さんの定価制リフォームの折りこみチラシでした。小売系リフォームだったら、まだ他人事ですが、誰もが知っている「あの会社」まで大々的に「定額制リフォーム」を打ち出してきたことはショックが大きかったようです。

 さて住友林業のリフォーム子会社の記事です。
====
住友林業子会社、戸建ての定価制リフォーム 1坪22万500円 住友林業のリフォーム子会社、住友林業ホームテック(東京・千代田、高桐邦彦社長)は、戸建て住宅での定価制リフォーム商品「Reforest(リフォレスト)」を10月1日に発売する。マンションの改修で定価制はあるが、戸建ては同社で初めて。価格表示をわかりやすくし、まず三大都市圏で2011年3月期中に50棟、計4億円の売り上げを目指す。

 在来工法の木造2階建てを対象とする。延べ床面積に応じて設定した坪単価で工事価格を算出できるのが特徴。延べ床面積が約132平方メートルの場合、坪(約3.3平方メートル)単価は22万500円となる。建物の内外装、水回りなどを全面的に改修するほか、耐震診断を含む建物診断、耐震補強工事や防蟻(ぼうぎ)処理も料金に含む。
[9月17日/日経産業新聞]
====

 ハウスメーカー系も動き出しました。まだ出遅れていた人は「定額制」の本質をきちんと研究しないと、大変なことになります。「定額」の前に「企画型」だという本質があります。詳しくはSHIPにスタッフにお問い合わせください。


2010 09 18 [ローコストリフォーム] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2010.08.25

インターネット集客で集客数も顧客層も変わる-一成工業様の事例- 25 Aug 2010

 住宅リフォームを顧客視点で言えば、相変わらず「誰に頼んだらいいかわからない業」なわけです。大きなシェアを占めているブランドは未だありませんので、見込み客獲得が最重要課題のひとつなわけです。

 今日、SHIPホームページにアップされた 一成工業様の事例は 「見込み客獲得」に課題を持っているリフォーム会社様にはたいへん参考になると思われます。

 「うちの会社は60代以上のお客様しかいないのでネットは合わない」と思っていらっしゃる方は、特にこの事例を知っていただきたいです。

===

【ホームページの訪問者数 50人から500人へ】

半年前、販促費用の中心をチラシにかけていた一成工業さんですが、今はインターネットで集客できることを実感されています。

インターネット広告を実施したことで、ホームページ訪問者数も実施前の50人から1ヶ月間で500人へ増やすことに成功、引き合い数は、2倍になりました。

100825a

100825b - - - インターネット集客を始めて、どのような変化がありましたか。

  「チラシ集客では出会えなかったエリアのお客様からも相談が来るようになりました。

また、ほぼ50~60代だったお客様層から、30~40代のお客様が増えてくるという変化も出てきています。

- - - 問合せから契約までの流れにも、変化があったとお聞きしました。

「価格をあらかじめチラシやインターネット上に示しているので、お客さんも価格面での不安をなくした状態でお電話をくれます。

そうすると、その間のやりとりも少なく、すぐにお客様にサービスを提供できるようになりました。」

野澤社長、恵子夫人、貴重なお話どうもありがとうございました!

===


2010 08 25 [ローコストリフォーム] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2010.08.24

集客コストを減らしながら集客数を維持する 24 Aug 2010

100824a

 今日はローコストリフォーム実践会、酷暑の中、たくさんの方が熱く勉強されていました。

 今回は特集として、志賀塗装さんをとりあげさせていただき、SHIPによる事例分析を紹介した後、志賀副社長自身によるレクチャーと質疑応答を行い、参加者の皆さんにはたいへん勉強になったと思います。

 SHIPからのレポートの中で「これからITの志賀になる」という一節がありました。

 ある方の質問
 「志賀塗装さんというと、大量にチラシを撒いて、リフォーム祭りなどのイベント誘導するというモデルだったと思うんですが、それが変わったということですね?」

 それに対して志賀副社長
 「実際、月に20万枚撒いていました。今は2ヶ月に8万枚です。その代わり、ホームページを6サイト立ち上げて、集客数は落ちていません。各ホームページにはそれぞれ担当が張り付いていて、9月からはホームページ担当者会議を会社で立ち上げて、ホームページ活用をより活性化しようと思っています」

 要約して書いていますが、お客様がホームページを必ず見るようになったし、ホームページの情報量はお客様が業者を選ぶにあたり最低限必要だと思われたときから、チラシの量を減らして、ホームページ運用の原資を捻出し、集客のトータルコストを減らしながら、集客数を確保しているということです。

 SHIPが、SHIPリフォームセミナーやこのローコストリフォーム実践会などで、繰り返しお伝えしてきていることなのですが、実践されている人からのメッセージはやはり強く印象に残ります。

 9月はSHIPリフォームセミナーが全国6箇所で開催されます。一度ご来場ください。


2010 08 24 [ローコストリフォーム] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2010.05.25

「外壁塗装」で盛り上がるローコストリフォーム実践会 25 May 2010

100526a

 5回目となるローコストリフォーム実践会は40名を超える参加になりました。今回のテーマは「外壁塗装」、SHIPのローコストリフォームの定義は「集客・営業・工事・仕入」の全体のローコスト化にありますが、今回はとりわけ「集客のローコスト化」が即応用可能な学びになったようです。

100526b

 SHIPの実践会の特徴は、テーマに沿って下記を進めることです。
 1)SHIPが事実分析と戦略概要を立案、その座学
 2)課題に対して、参加者さん同志が経験やアイデアをぶつけあって戦術作り
 3)発表により全体で戦略・戦術情報のシェア

 価格を明確にした商品企画をして、Webサイトへの導線から入ったお客様は、案外と決め手が「価格」ではありません。わかりやすさからくる「信頼感」です。外壁塗装はこれからがハイシーズン、成果が楽しみですね。

 情報交換会も大人数、2次会でもアイデアが飛び交います。

 100526c 100526d

 6回目となる6月22日(火)13時からです。ご予定しておいてください。


2010 05 25 [ローコストリフォーム] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2010.04.13

♪どこまで下がるか時代の処方箋 13 Apr 2010

 ♪どこまで下がるか ♪どこまで下がるか 男も女もどこまで下がるか、、、、

 企業においては利益が継続の費用なので、「♪どこまで下がるか ♪どこまで下がるか」の時代においては
 1)値段を下げて、利益を出す
 2)値段を下げないで、利益を出す
 このいずれの方向を選ぶしかないわけですが、2社択一では答えは出そうにもないですね。

 現実的には全体には値段を下げて、その中に粗利が確保されている「部分」をいかに多く持つかということになると思います。

 書き直すと
 a)全体的に値段を下げなくても良いポジションを確保して
 b)どんな競合しても粗利の取れる「部分」を数多く持つ
 ということですね。


2010 04 13 [ローコストリフォーム] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2010.03.26

ローコストリフォーム時代の商品 26 Mar 2010

  100326a

 個別の住宅設備商品を取り上げるのは初めてかもしれませんが、 トステムから1日でリフォーム可能な取替キッチン「パッとりくん」が4月1日出荷になる、というニュースは今の時代らしいなと思いあえて掲載させていただきます。このキッチンは水栓はそのままでキャビネットのみを取り替えられ、間口サイズは180・195・210cmの3サイズから、扉カラーはホワイト、ピンク、ライトウッドの3色から選べて、加熱機器もガスコンロとIHヒーターのどちらでも選べるそうです。
 価格は間口1800ミリ、加熱機器込みのベースキャビネットの価格は16万6950円(税込み、施工・運搬費等別)から。吊り戸棚やレンジフードはオプションということです。

 工事費込で29万8000円とかで定額で出してくるところも出てくるでしょうね。あるいは完全に入り口商品として、19万8000円とか。リフォームも商品企画、営業企画の時代です。


2010 03 26 [ローコストリフォーム] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2010.03.25

3月度ローコストリフォーム実践会開催 25 Mar 2010

100325a

 現在のリフォーム業界の時流適応の最たる企画だと自負しておりますが、3回目のローコストリフォーム実践会が開催されました。

 家電量販店から始まった低価格定額リフォームに地域密着の中小リフォーム会社はどうやって対抗していくか、どのようにして地域のお客様のためになっていくか、知見と情報を交換し、議論を尽くす会議です。会員も30社を超えて、飛び交う情報が回ごとに充実していくのを感じます。

 今回はシステムバスとトイレのローコスト化がテーマでした。工事費の削減から営業時のトークとして有効な設備の選び方、PPC広告のキャッチコピー案など、実務にすぐに応用できるノウハウが飛び交います。

 ここ数カ月、Googleアドワーズ、Yahooオーバーチュアの広告からリフォームの注文をとる手法がどんどん進化しています。定額の設備リフォームや外壁塗装はこれが向いています。

 お客様のリフォーム業者の探し方が明らかに変わりました。集客コストを売上の5%を目安としてポートフォリオ(折り込みチラシ、ホームページ、PPC広告、雑誌広告、など)として捉えて配分を考えてみてください。単体で考えていると間違えます。HPもひとつではありません。セグメントされたお客様の入り口として複数運営することも必要です。


2010 03 25 [ローコストリフォーム] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2010.03.12

集客コストは売上目標の5% 12 Mar 2010

 今週は水木金と、桑名、津、名古屋、大阪というスケジュールでした。私はふだんから「出張が多いでしょう?」と聞かれますが、名阪のセミナーくらいしか出ないことも結構あったりしますので「それほどでも、、、」というのが普段の応対なのですが、この3月は本当に多いです。

 現場には情報が多いです。いくつかのセオリーを確認するつもりで話をすると、セオリーを確認することになったり、セオリーを変えなければならない異常値だったりします。

 セオリーを確認したのは、「集客コストは売上目標の5%」ということです。これをしっかりと投資している会社は堅実に経営がまわっているので次のビジネスモデルの話題になります。この割合を超えてしまっている会社は経営陣のイラツキが厳しいので、数字をみて広告内容や広告媒体を変えることをアドバイスします。逆に全然ここに投資する意識のない会社には「お客様は降ってきませんし棚から落ちてくることもありません」と継続的なチラシの投資やHPへの投資をお伝えすることになります。

 チラシ・雑誌広告・Web広告・ホームページ・ポータルサイト・などなど、これらのコスト合計を売上目標の 5%にどうあてはめていくか、集客広告ポートフォリオ作りがますます大事になってきたと思います。

 では異常値は? という話ですが、Web広告の威力です。正確にいえば、Web広告+ローコスト商品企画です。ローコストリフォーム実践会でまさしく実践しているこの話はまたいずれ。


2010 03 12 [ローコストリフォーム] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2010.03.06

小倉 6 Mar 2010

 出張4日目は午前午後とも小倉。

 タマホームさんの延床面積18.87坪 545万円http://www.tamahome.jp/tamahome/lineup/series5.htmlの住宅と2.74KWの太陽光発電88万円http://www.tamahome.jp/info/event/event20100302_02.htmlがチラシに折込まれたようで話題になりました。

 このような情報に触れたら「顧客獲得コスト」あるいは「見込み客獲得コスト」も含んだ原価換算でこの企画を分析すると、誰にとってもたいへん勉強になりますし、自社への応用もききます。

 家電量販店の低価格定額リフォームも同じです。

 必ず「価格=材料仕入+工事費+販管費(集客、営業、など)+利益」

 になっているのですから。

 「コスト削減」は単に一時的に下請けさんや仕入をたたくことではありません。一緒に部位ごとの「原価表」「工程表」を作って、

 価格=材料仕入+工事費+販管費(集客、営業、など)+利益

 を共有することです。

 上記のことををリフォーム会社みんなで一緒にオープンにやっていくのが SHIPのローコストリフォーム実践会です。会員企業がもう28社になりました。


2010 03 06 [ローコストリフォーム] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2010.02.24

ローコストリフォーム実践会は今月は住宅エコポイント 24 Feb 2010

 第2回ローコストリフォーム実践会を行いました。先月参加のメンバーは今月もほとんどの人が来ていましたね。

 先月は「キッチンリフォームの施工のローコスト化実践」、今月はその「ユニットバス版の施工のローコスト化実践」の予定だったのですが急遽、参加者様からのリクエストを受けて、住宅版エコポイント対策にテーマ替えをしました。ちょうど今日、「住宅エコポイントの交換が3月8日から始まる」というニュースが流れていたのでタイミングとしては良かったと思います。

100224c

 まずは座学で最新情報を学びます。

100224a 100224b

 その後、実際この制度を使ってどのようにお客様に提案するか、ホームページやチラシに打ち出すか、のディスカッション。社内で議論しているのとは違い、立場や経験の違う様々な意見がひっきりなしに出ます。議論中も情報を共有しますが、さらにグループごとに発表して共有。宿題も出ます。

 さらにその後、希望者は某家電量販店に定額リフォーム商品を視察。

 座学・現場発想のディスカッション・視察さらに宿題、この4つの要素を組み合わせて「ローコストリフォーム実践」研修の場を提供しています。来月も楽しみです。

 初参加で弊社を古くから知るイサカホームの井坂社長が挨拶の中で

 「最初聞いたときに、SHIPがローコストリフォーム??? (意外というか似合わないというか)と思ったけど、資料も緻密だし、メンバーも進め方もいいし、これはよかった。 またローコストリフォームってのは、キッチンを安く売る事が目的ではなくて、普段の仕事でも これを勉強しておけば コストを削減できて利益が増えるっていうことが目的なんだね。よくわかりました。」

 というようなことをおっしゃっていただきました。まさしくその通りです。「絆と感動のSHIPコンセプト」は不変です。時流適応は常に心がけております。ありがとうございました。


2010 02 24 [ローコストリフォーム] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2010.02.23

3月8日から住宅版エコポイント交換が始まります 23 Feb 2010

100223a

 本題に入る前にどうしてもお知らせしておきたいことが、、、、、GYAOのトップページにただいま「アミノバリューと共に走る4人の物語」が掲載されています。右端は弊社でもライフプランコンシェルジュサービスでお世話になっているスタイルオブ東京の藤木賀子さんですね。28日ですからあと5日ですが、練習しているのでしょうか?(笑) 応援しています。

 今日は「住宅版エオコポイントを活用して、集客・営業のコスト削減をする」をテーマにしたローコストリフォーム実践会ですが、さきほど住宅版エコポイント交換が全国3800カ所の住宅瑕疵担保責任保険法人の取次店を窓口に、3月8日から始まることが国土交通省と経済産業省、環境省から発表になりました。

100223b

 詳しくは
 住宅エコポイントHP
 http://jutaku.eco-points.jp/

 事業者は即時交換をお奨めする流れになるでしょうが、ポイントでの交換商品、環境寄付対象団体の1次募集結果も公表されています。環境型配慮商品20、地域特産品97、商品券など383の計500事業者の商品と、環境保全活動などの169団体になります。お客様と話すときには頭に入れておく情報です。また、「3月8日(月)のポイント発行・交換の申請受付の開始までに、申請者が商品や環境寄附の申し込みをする際に必要な「事業者コード」や「商品コード」を交換商品カタログや全商品リストとして、住宅エコポイント事務局のホームページ上で公表する予定です」ということです。

100223c

 今日のテレビニュース、明日の新聞での露出も増えてきて、検索数がぐっと上がってくることでしょう。そんな傾向への対応も今日のローコストリフォーム実践会のテーマです。


2010 02 23 [ローコストリフォーム] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2010.02.22

現場情報でコストダウン!ローコストリフォーム実践会 22 Feb 2010

 私たちのお客様である住宅リフォーム会社さんにとって、今いちばん大事なのは「コスト削減」です。多くの人が契約単価が4~5年前に戻ってしまったとおっしゃる中、価格低下圧力を受け入れても粗利益を落とさない準備が必要です。そのためにSHIPが用意したのが「ローコストリフォーム実践会」です。

 SHIPが全国の家電量販店の商品企画を調査して資料提供し、「ローコストリフォーム実践会」会員さんはその月の「コスト削減」のテーマをディスカッションして答えを出して行きます。1月に実際に行って見て、このスタイルが成果もコストパフォーマンスもお客様の利益にためには最大になると直感しました。

 1月の様子はSHIPサイトにアップされています。下記の画像をクリックください。Youtubeの参加者インタビューもご覧ください。

100222b

 2月23日に第二回が開催されます。ユニットバスの原価削減の予定でしたが、それにも触れますが、急遽、作戦会議の要望がとても多い 住宅版エコポイント を中心に建設的ディスカッションを行います。

100222a

 この場を使って一社ではなかなか難しいし、コンサルタントを入れても多くの場合解決しない現場のコスト削減がみんなの知恵で解決します。明日ですので、今朝は早朝にブログをアップします。


2010 02 22 [ローコストリフォーム] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2010.02.01

集客数・成約数 異常値に注目しています 1 Feb 2010

 2010年1月度が終わり、今日から2月です。
 私たちはずっとクライアント様の現場とお付き合いをしていてそこで発生する現実の異常値に注目していますが、1月は2つの異常値が目につきました。そのひとつの概要を紹介します。

 「ホームページから問い合わせが30件、成約が月内で15件」
  (集客コスト 2千円、成約ベースでも4千円)

 これはある商品を 低価格で工事費込の定額で企画し、ホームページとPPC(検索連動)広告で集客したときの事例です。

 家電量販店の低価格定額制リフォームの中身を分析して強み弱みを把握したうえで、中小工務店・リフォーム会社が勝ち残る手段は絞り込むと下記です。

 1)集客はWeb中心にローコストで行う
 2)大手との共通点と相違点をプレゼンしてお客様に選んでもらう
 3)商品企画にニッチ性を持たせる

 もうすぐエコポイント対象の断熱リフォームも始まります。

 2010年は中小工務店・リフォーム会社にとっては「商品企画」と「Webの仕掛」の組み合わせが、勝負を決する年になるような気がします。まずはしっかりした準備を!

 ⇒ローコストリフォーム実践会はこちら

 ⇒Webローコスト集客実践会はこちら

 ⇒私へのお問い合わせはこちら


2010 02 01 [ローコストリフォーム] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2010.01.28

ローコストリフォーム実践会ダイジェスト 28 Jan 2010

100128a

 26日に開催したローコストリフォーム実践会のダイジェストがアップされました。
 たった半日で目覚しいノウハウを参加者のそれぞれが獲得されたことを目撃しましたが、最後の参加者の挨拶も動画で見ることができます。この感想を聞いていただき、来月から出席して実践していただければ良いと思います。実際に始めてみないとノウハウにはなりません。

 来月は2月23日(火) 13時から。
 テーマは、バスリフォームの予定でしたが、エコポイント対象の内窓 取り付けにして、引き合い獲得から含めて行って欲しいというリクエストをいただいております。来週には決定します。

  直近だと HaLAフォーラム連携開催で短縮版ですが2月9日にも説明会を開催します。HaLAフォーラムと一緒にお申し込みください。お申し込みは下のバナーをクリックしてください。

100128b


2010 01 28 [ローコストリフォーム] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2010.01.26

ローコストリフォーム実践会が始まりました 26 Jan 2010

100126a

 本日、第1回ローコストリフォーム実践会が開催されました。今回のテーマは「キッチンリフォームの工事費のコストダウン」です。

 4部構成になっています。1)と2)はSHIP事務局からの情報提供ですが、3)と4)は会員参加型でディスカッション進んで行きます。

 1)低価格定額リフォームとは?

 2)全国の低価格定額リフォーム調査報告

 3)自社の工事原価を知ろう

 4)工事原価圧縮の具体策立案とスタートダッシュプラン

 企画の狙いは「目標達成に衆知を集める」です。仕様を定めたキッチンの取替工事の工事費をまずは現状を算出します。その後「ある価格」まで落とすグループディスカッションを行いました。さすがにプロが15人も集まって出てくるアイデアは、現実味があります。2チームに別れたディスカッションでしたが、満足な成果が得られたと思います。

 参加者の感想です。議論の様子が想像できると思います。

 「工事原価を他社の人に明らかにするなんて始めてだったけど、みなさんよりも高いところもあるし安いところもあることがわかった。コストダウンのアイデアは早速自社にあてはめて行きたい」

 「安いということを打ち出すのは好きではないけど、価格で打ち出すことも行っていかないとお客様は家電量販店に行ってしまう。リフォームは物販と違って、たくさん気をつけないといけないところがあるので、お客様に幸せになってもらうためにも低価格定額リフォームは企画できるようになっておかないといけないと思った」

 「お客様に『安いリフォーム』の現実を知ってもらう必要がある。そのうえで『本来のリフォーム』とどちらにするかを選択してもらわないといけないと思う」

 「リフォームローンなんて意識して使ったことがなかった。リフォームローンは資金繰り上も問題はなさそうだ。これからは支払い面にも注意していきたい。ポイント欲しさでクレジットカードが使えないかという問い合わせもある。これは資金繰り上の対策を考えておかないといけないと思った」

 「1社では家電量販店やホームセンターに勝てない。小さな会社でもこうやって集まって知恵を出したり、集まってできることをやっていくことで、大会社に勝っていきたいですね」 

次回のテーマは「ユニットバスリフォームの工事費コストダウン」です。


2010 01 26 [ローコストリフォーム] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2010.01.22

1月26日 ローコストリフォーム実践会開始します 22 Jan 2010

 今年最初のSHIPリフォームセミナーは名古屋でした。内容を全面的に刷新して「喜んでもらえるだろうか?」「時間に収まるだろうか」と多少の危惧もありましたが、改善点は多いものの「コストダウン」というテーマがリフォーム業界の課題だという点では間違っていないと確信しました。盟友リブネットプラスの馬渕さんのブログに感想が掲載されています。

100122a_3 100122b

 名古屋・大阪ではセミナー後に「情報交換会」。セミナーも現場の情報が中心ですが、SHIPによって整理・加工された情報です。情報交換会では参加者様同志が生の現場の情報を交換します。どちらか一方という方もいらっしゃいますが、一日で加工情報と生情報の両方を得てもらって明日からの経営のヒントにしていただければいいなと思って行っています。

 1月26日に第1回を開催するローコストリフォーム実践会ですが、ここでも現場情報の交換を行っていきます。
 1)SHIP事務局が収集した家電量販店などの定額リフォームの実態
 2)ローコストモデルの提示(工事・集客・営業)
 3)参加者によるローコスト化の実践・アイデア交換

 すでに19社のお申し込みをいただいておりますが、トレンドの半歩先を行くチャンスです。先行する現場の情報を活かして行きましょう。 


2010 01 22 [ローコストリフォーム] | 固定リンク | コメント (2) | トラックバック

2009.12.15

面白くなりそう 15 Dec 2009

 昨晩は福岡セミナー後、APRA台湾研修でご一緒した永野さんと食事、あっという間の時間でしたが業種が違う人からの情報は自分の見方を裏付けるのに役立ちます。

 午前中、博多から広島に移動して、13時から18時半頃までセミナー、その後懇親会、二次会、そして広島ではいつものようにお好み焼きで〆。

 広島ではデオデオが低価格定額リフォームを打ち出してやはりリフォーム会社の営業には影響が出ているようです。まだまだ店ごとにもバラツキがあるようですが、おそらく太陽光発電のときと同じように、リフォーム事業の立ち上げのネックも施工体制を確立なのだと思います。

 中小リフォーム会社の勝機は、やはり質とローコストが両立した施工体制作りだと思います。ここを制するものが勝者です。

 ローコストリフォームセミナーの不思議は、「そんなことしなくても大丈夫なんじゃないですか」と言いたくなるしっかりした会社の経営者ほど、強い興味を示すことですね。そんな人たちで現場の情報交換を行いながらノウハウを育てるローコストリフォーム実践会は相当面白くなりそうです。


2009 12 15 [ローコストリフォーム] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック