2009.11.13

【ブランド】SHARPの自動車部品メーカーとして広告 13 Nov 2009

091114a

 今朝の日経新聞にオーストラリアのソーラーカーレースに優勝したTOKAI CHALLENGERが掲載されていました。記事ではなく広告です。広告主はTOKAI CHALLENGERにソーラーパネルを提供したSHARP社でした。

 F1やWRC・パリダカなどのラリーでもスポンサードして勝つことで性能が実証されるということで、自動車メーカー、タイヤメーカーがそこに資金を投じてきました。しかし、11月4日のトヨタ F1撤退の記事にあるようにそれが揺らいでいます。

 トヨタ、F1撤退を決定
 http://f1-gate.com/toyota/f1_5506.html

 一方でSHARP社のホームページは「2位に大差をつけてゴール」の事実でにぎわっています。 
 祝 世界最大級ソーラーカーレース グローバル・グリーン・チャレンジ優勝
 http://www.sharp.co.jp/products/cm/news/np091112/news101.html

 自動車産業が自動車メーカーを頂点として多数の部品メーカー、その部品メーカーにさらに部品を提供する部品メーカーまで裾野の広い業界です。それガソリン車から電気自動車あるいはソーラーカーなどになると、これまで築いてきたピラミッドがまったく変わってきます。

 今日はSHARPが自動車部品メーカーとして広告を出した記念すべき日だということで忘れっぽい私はブログに書くことで記憶にとどめたいと思います。

 11月17日HaLAフォーラム第二部では、優勝した東海大学チームのドライバー篠塚建次郎さんが来ます。時速100Kmで走るソーラーカーの話と篠塚さんの夢の話を聞きに来てください。

 HaLAフォーラム http://www.shipinc.co.jp/hala4.html


2009 11 13 [ブランド] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2009.11.06

【ブランド】11月18日ペレットストーブを学んでみてください 6 Nov 2009

 ペレットストーブをご存じですか? 石油ストーブは石油を燃料としますのでペレットストーブの燃料はペレットです。ペレット(木質ペレット)について、さいかい産業のHPから引用します。
===
木質ペレットには、次のような特徴があります。

1.原料は、再生可能な資源
 木質ペレットの原料は、森林の育成過程で生じる間伐材などや、製材工場などから発生する樹皮、のこ屑、端材など、再生可能な資源である木材です。これらを取り扱いやすい燃料にしたものが木質ペレットです。
 
091106a 2.環境にやさしいクリーンなエネルギー
 間伐材などを利用することにより、森の再生を手助けすることができます。また、木質ペレットを燃やす時に出る二酸化炭素は、樹木が成長する時に吸収した二酸化炭素だけですから、化石燃料のように大気中の二酸化炭素を増加させることはありません。
 
3.着火性に優れ、取り扱いが容易
 小さな円筒状に成形加工されているので、運搬や取り扱いが容易ですし、乾いているので着火性にも優れています。
 
4.他の木質燃料に比べて発熱量が大きい
 含水量が少なく圧縮されていますので、チップやのこ屑をそのまま燃やすより大きな発熱量が得られます。
=== 

091106b  燃料が「間伐材などや、製材工場などから発生する樹皮、のこ屑、端材など、再生可能な資源」だというところがポイントです。これらは日本中で生産が可能です。

 もし日本中のボイラーや家庭やオフィスの暖房をこのようなペレットを燃料にしたものに変わって行ったら、石油の輸入は減らせます。燃料のためのコストが大幅に削減され、新たなCO2を発生させなくてすみます。

 11月17日HaLAフォーラムで、さいかい産業の古川正司氏より、「地元の山の荒廃を止めたい」というところから始まったペレットストーブの開発物語を披露します

 翌日11月18日には、ペレットストーブの設置講習会を行います。エコをテーマにお客様に提案をする機会のある人はぜひこの材料を学んでみてください。


2009 11 06 [ブランド] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2009.10.30

【ブランド】ローコストリフォーム(低価格定額リフォーム)はリフォームの産業化へのエポック 30 Oct 2009

 今日は全体会議でローコストリフォーム(低価格定額リフォーム)への見解を話させていただきました。

 リフォームが産業としてのジャンルとしてはほとんど意識されていなかた頃、メニューチラシを折込して「1万円~」のように価格を明示して一定量の集客がとれるようになったことは画期的なことでした。オクタさん発のこの仕組みは船井総研さんのコンサルティングを通じて全国に拡大し、リフォームは業界として立ち上がってきました。

 現在、家電量販店から発火したローコストリフォーム(低価格定額リフォーム)は、メニューチラシの「○○円~」の「~」を取り払ったものです。北陸のある家電量販店が年商100億円のリフォーム売上を上げて、量販店はこぞって「デジタル家電の次はリフォーム」と言い始めています。

 私見ですが私はここにリフォームの産業化の大きなエポックがあるように思えます。

 リフォームは既築の状態がばらばらなので現場で解体してみないとわからないことが多いので、リフォーム業者も見積段階ではそこにリスクを負っています。したがって費用見積にも慎重にならざるを得ません。消費者からみると、そこが頭ではわかるんだけどすっきりしないところでもあります。

 ローコストリフォーム(低価格定額リフォーム)を成功させるには、販売管理費・工事費・材料仕入のすべてを大幅に下げないといけません。ローコストリフォームセミナーを何度か行いましたが、ここを理解している人がまだあまりいらっしゃいません。集客と仕入の安さで成り立つビジネスモデルだと思っている人もいますがそうではありません。リフォーム業の方が新築を手掛けて失敗するケースが少なくないですが、問題は同じところにあります。

 新築もローコストリフォーム(低価格定額リフォーム)も製造業モデルなのです。それに対して従来型リフォームは請負サービス業です。

 私はリフォーム業の方は、「安い」に敏感な人が多いという時流もそうですが、リフォームが産業化していく過程で製造業モデルを取り入れる時期なのだという判断から、一日も早くローコストリフォーム(低価格定額リフォーム)に参入して試行錯誤は早めにしておくことが必要だと思います。

 即刻ローコストリフォーム(低価格定額リフォーム)を始められる事業開始パックをSHIPで提供しています。この千載一遇のチャンスをお見逃しなく。


2009 10 30 [ブランド] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2009.10.22

【ブランド】ロープライス定額リフォームへのスタンス 22 Oct 2009

 昨晩は面白い企画を聞きました。テレビショッピングでリフォームを売るというもの。意見を聞かれましたが「イケますね」。

 ロープライス定額リフォームは急激に拡大してくることが予想されますが、この波に対してどんなスタンスを取るかということが決めておかないと社内が翻弄されます。

 今日の名古屋セミナーに来られた金沢の新築の工務店さんは契約後にお客さんから「電気屋の○○からキッチンを買ってしまったので、そこだけ変更頼みます」と言われて、手間は増え、粗利は減り、という状況に見舞われたそうです。こんなことが確実に全国で起こってきます。

 ロープライス定額リフォーム(ローコストリフォーム)の情報を発信している私たちに、次々とこれに関するの情報が集まって来ますが、4か月前の私たちの予想をはるかに超える勢いで、価格破壊とチャネル拡大(家電量販店・ホームセンター・家具屋・通信販売など)が進んでいます。

 SHIPのローコストリフォームセミナーでは、この事業がどのような要素から成り立っているかをご説明します。同じリフォームでも今までとはまったく違うリフォーム事業です。まずはそこを理解して自社のスタンスを早く決めることをお薦めします。


2009 10 22 [ブランド] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2009.10.09

【ブランド】ローコストの流れ 9 Oct 2009

 山本耀司氏のデザインで知られるアパレル業のヨウジヤマモトが民事再生法の適用を申請したというニュースがありました。原因は私にはわかりませんが、先日「ベルサーチが日本撤退へ」というニュースが流れたばかりでした。「ルイ・ヴィトン」を扱うLVJグループも、世界最大級の店舗となる予定だった東京・銀座への出店計画を撤回している、とこのニュースの末尾に書いています。

 一方で、今朝の日経朝刊「ユニクロ最高益」だそうです。H&Mは渋谷にも出店して、しまむらも好調のようです。これらのファッションブランドのことをファストファッションと呼ぶ呼び方もあるようですが、ファストファッションが日本中を席捲しています。

 住宅リフォームでもローコストの流れはすでに起こっています。通常の売り値の20%くらい安い価格で定額で売る売り方が受けています。私が消費者の立ち場でも、定額でしかも安いというのはキッチンやお風呂などの設備を換えようとしているときであればぴったりニーズに合います。

 先日のリフォーム産業新聞のリフォーム売上ランキングで、家電量販店の100満ボルトが売上100億円で14位にランクインしていましたが、このようなお店が行っているのが低価格定額リフォームです。クレジットを組み合わせて月々3000円で工事費込みでキッチンリフォームができます、というのが売り文句です。

 この流れには対応策を準備しておいた方がいいと思います。SHIPからも旬な情報が提供できますよ。


2009 10 09 [ブランド] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2009.08.28

【ブランド】ローコスト・リフォーム 28 Aug 2009

090817b

 今日、初めてローコスト・リフォームのセミナーを開催させていただきました。ご参加者の反応はとてもよく、すぐに取り組まれる意気込みの会社様が多く、「今からだと9月下旬までの準備期間で10月からのオープンです」にも「遅いな、、」というニュアンスを感じる反応すらありました。

 デフレ経済が日本全体を覆う中で、住宅リフォームでも「ローコスト」がひとつのジャンルとして立ち上がっていくのが今だと感じています。まとめると下記、

 時流:食品・衣料などにはれっきとしたローコストジャンルがあり、生活者にとってすでにそれに慣れている

 事実:家電量販店などがキッチンなどを材工込でローコストで打ち出して、すでに生活者の目にも触れている

 予測:ローコストリフォーム事業の本質(対象・利益創出)を把握して、この事業をシステム化できた会社が地域ごとにこの市場をものにする

 新事業ととして、別事業部として立ちあげる人も、専門会社を立ち上げる人も、時流にあった「ローコストリフォーム」を手掛けられてはいかがでしょうか。


2009 08 28 [ブランド] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2009.08.21

【ブランド】フォレストック制度がスタート 21 Aug 2009

090821b  COHN(カーボンオフセットハウスネットワーク)でも関係する可能性がある話題ですが、フォレストック認定制度がスタートし、実際に8か所の森林が認証を受けました。これらの森林では、CO2吸収量を1トンあたり1000円で販売しますが、購入の第1号は女優の山口智子さんで自宅で排出するCO2の1年分をオフセットするそうです。

 社団法人日本林業経営者協会によると対象となる森林の認定基準は下記の3点であり、第三者機関が評価、認定するそうです。

 ①森林吸収源が増加し、且つ、持続的経営がなされる森林
 ②生物多様性の保存がなされる森林
 ③間伐材が活用され、枯渇資源の代替機能を果たす森林

 森林の保全のために森林にお金がまわっていく仕組みはとても大切だと思います。トンあたり1000円というのは面積当たりでいえば、1万円/ha/年となるようです。

 認証をうけた8か所の森林は下記です。

090821a

 こうした流れも踏まえて、カーボンオフセットが確実に広がって行くと思われます。


2009 08 21 [ブランド] | 固定リンク | コメント (2) | トラックバック

2009.07.31

【ブランド】プリウス好調にみる時流 31 Jul 2009

 日経新聞を読んで感想や意見を投稿するサイトがあります。SHIPの2010年入社予定の内定者の住吉さん がずっと継続してやっていますが、これは社会人にとっても良いだろうなと思います。内定者の皆さんには、彼女を真似して欲しいと心底思いますし、社員の皆さんは、日経を読むことが習慣化することで、生涯収入が上がるであろうということをお伝えしておきます。

 私が新入社員のころ、社長が「社会人は日経を読め」と言っていたので、何がいいのかもわからないまま、素直にそれから購読しはじめました。何が良いのかはいまだにわかりませんが、誰かと話をしているときに、その人が日経の見出しが頭に入っている人かどうかというのは、相手を判断するときひとつの基準になっていることは確かです。

 さて、その日経の今朝の小さな記事ですが、

 トヨタグループ、東北で減産を一段と緩和 環境対応車好調

 昨秋のリーマンショック後、急速の生産調整(縮小)を行った自動車産業ですが、エコカー減税の追い風もあり、プリウスの納車がエコカー減税の期間に間に合わないほどの需要増加に見舞われていて、土曜日操業や夜間操業を行うのだそうです。

 しかし、売れているのは、全体ではなく、ハイブリット車だけです。もう少し広くいえば「環境対応車」です。これが「時流」です。

 SHIPで受注しているホームページ(ローコスト集客装置)のお客様が「営業車をプリウスにしたのでそれを掲載してほしい」というリクエストがありました。プリウスに乗っていることも、ブランドを構成する要素だと確信されいらっしゃいます。

 住宅リフォーム業において、「環境貢献」をどのようにブランドとして打ち出して、現場で実践していけばよいか研究したければ、SHIPのCOHN(カーボンオフセット・ハウス・ネットワーク」の研修会に参加してみてください。

 今日で7月が終わりです。2009年7月は私にとってはエポックな月でした。


2009 07 31 [ブランド] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2009.07.24

【ブランド】ブランドはお客様との約束 24 Jul 2009

 昨日は役員全員で角田識之先生の「儲かる会社経営「2:8」の新ルール」の出版記念講演会に行きました。この本についての私見(推薦)は以前書きましたが、昨日は実際に本の中でモデルになっているアシザワ・ファインテックの改革の中心者である岡野専務様の話も合わせて聞いて、「同じ人、同じモノ(商品・技術)、同じ金」なのに、潜在していた人の能力が開花することにより業績が飛躍的にアップするという事実にあらためて感銘を受けました。

 その後、東国原知事も来たという宮崎そばの店で役員ミーティング。わが社での「潜在能力」の顕在化の具体策について話し合いましたが、まずはひとつ、その切り出しができました。

 「住まいの試着」もブランドです。ブランドとはお客様との約束を表現したものです。「住まいの試着」をご導入いただいているリフォーム会社様に「お客様との約束」をネット上でプレゼンするツールを創りました。下記の画像をクリックしてください。

090724a

 お申し込みいただければ、無料で貴社ホームページに設置いたしますので、ご連絡ください。メールまたは電話03-3868-9621 担当:清水・大宮・渡辺)で。

 「住まいの試着」導入会社様の潜在力が、インターネットからぐんぐん顕在化してきます。


2009 07 24 [ブランド] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2009.07.03

【ブランド】徹底すること、絞ること 3 Jul 2009

 戦略を立てたら、徹底して絞って実行することですね。

090703a

 SHIPでも会員募集などで協力をさせていただいている施主支給のリブウェル社の稲葉社長は、施主支給というマーケットを発見して、BtoCとBtoBを合わせると月7000万円の商流を生み出してきた方ですが、今また面白いマーケットを発見しています。

 詳細は次の機会に書こうと思いますが、今回の学びは下記です。

 A)戦略→徹底→絞ることを忘れない ⇒ 成功

 B)戦略→徹底→広げてしまう     ⇒ 破綻

 戦略を立てて、徹底はしているのだけれど、知らぬ間に、間口や枝葉が広がってしまって、勢いを弱めてしまって、減速してしまうことが起こります。結論は「戦略ミス」と思ってしまうのですが実は戦略は正しいのです。

 企業がブランディングをするうえでも、「徹底して」&「絞る」という展開は必須だと思います。


2009 07 03 [ブランド] | 固定リンク | コメント (1) | トラックバック

2009.06.26

【ブランド】走れオヤジの篠塚建次郎さんが走るソーラーカーレースにシャープが高性能太陽電池を提供 26 Jun 2009

090626b

 『シャープ、東海大学のソーラーカーに高性能太陽電池を提供--豪レースに出場』というニュースがリリースhttp://journal.mycom.co.jp/news/2009/06/25/032/?rt=naされています。シャープ社の発表はこちらhttp://www.sharp.co.jp/corporate/news/090624-a.htmlです。

090626c

 電器屋さんが太陽光パネルを売る時代です。いよいよ大メーカーにとっても主戦場になってきました。かつて石化エネルギーで日本人初のパリダカ優勝ドライバー篠塚さんははすでにそこ(太陽光の世界)にいました、という感じでしょうか。「走れオヤジ」、60歳を超えても、なお時代の主役です。

 この機会に皆様、走れオヤジの会員になって、篠塚さんを応援しましょう。

 昨日は福岡でSHIPリフォームセミナー。その後、こじんまりと交流会。場所は、私の博多の我が家「正福」でした(笑)。

090626a


2009 06 26 [ブランド] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2009.06.12

【ブランド】「中古住宅+リフォーム」に取り組んでみませんか 12 Jun 2009

ライフプラン・コンシェルジュ・サービス研修会のご案内

●中古住宅(マンション)をリフォームして購入するというお客様が増えています。

 先が見通せない時代になって所得も減っています。住宅の一次取得者が住宅にかけられる予算は年々減っていると思いませんか? 実際、建売にも手が届かない層が探しているのは中古住宅(マンション)を買ってリフォームすることです。最近はテレビでも取り上げられるようになってきて、全国で明らかに増えています。お金のことだけではなく、便利な場所とか住みたい場所を選ぶという傾向も強くなってきて、そうなると中古住宅の方が現実味あるわけです。

●土地探しから資金計画など、リフォーム業者の苦手分野を代行できるプロと組んでみませんか。 

 リフォーム会社である御社に、「中古物件を買ってリフォームしたいんだけど」というお客様が来たらどうしますか? あるいは地元の不動産会社からそんなお客様を紹介されたらどうしますか? 「リフォーム工事はできるけど」というだけでは、そのお客様の期待には沿えません。そんな時、土地探しから資金計画を担うプロと組めたら…と思いませんか?

●そこで…

 住宅リフォーム業の絆(きずな)支援会社SHIPから、これらの問題を一気に解決する仕組みを作りました。講師には、住宅ローンやライフプランおよび住宅取得全般のアドバイザーとしてテレビやメディアで活躍中の「スタイルオブ東京株式会社」の藤木賀子社長。これを機会に、中古住宅+リフォームを始めとして、不動産やお金の問題に柔軟にかつ的確に対応出来るリフォーム会社・工務店への変化を遂げましょう。
 
-------------------------------------------------------------------------
■研修会詳細  

【日時】:2009.6.22(月)10:00~12:00(開場9:30)【費用】:\5,000(税込)
【特典】:会員向け「営業研修会(当日13:00~17:00)」への体験受講(要事前申込)
【場所】:株式会社シップ 8階 (JR水道橋駅徒歩5分)
【対象】:住宅・リフォーム関連業の経営者・幹部限定  
【定員】:限定20社 事前申込制

■講師紹介:藤木賀子氏(スタイルオブ東京株式会社 代表取締役) 
25歳で建築業界に入り、住宅、店舗、エクステリアなどの設計・施工、不動産業で経験を積む。
現在は建築ワンストップコンサルティングを行う「スタイルオブ東京」の代表取締役かつコンサルタントとして活躍中。 お客様の豊かなライフスタイルのため、建築、不動産、金融のワンストップサービスを住まい手、作り手の両方の視点を持ったサポートへの評判は高い。
※メディア掲載履歴:新報道2001(フジテレビ)、THENEWS(TBS)、サンデースクランブル(テレ朝)

下記の絵をクリックすると申込書のPDFがダウンロードできます。ご記入のうえFAXでお申し込みください。

090612a


2009 06 12 [ブランド] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2009.06.05

グリーンエキスポに出展 5 Jun 2009

 7月4日5日、パシフィコ横浜で開催されるグリーンエキスポの打ち合わせがありました。

 正式名称は「グリーンEXPO~エコとオーガニックが大集合~」http://greenexpo.jp/about/、食やファッションやコスメ、リビングまたカーボンオフセットなどのテーマで、展示と講演それにフリーマーケットも併設し、二日間で三万人の来場者を見込んでいるそうです。

 私たちが関係するのはグリーンリビングゾーン、プロデュースは業者側ではなく、住まい手側の大和田 順子(おおわだ じゅんこ)さん。コメントは以下、

『2020年のグリーン・リビング』
 
私は2020年までにこんな家に住みたいと思っている。
自宅のベランダや庭での野菜づくりにとどまらず、太陽光や水素・酸素などから自宅で発電しエネルギーも自給している。庭には在来種の樹木を植え、鳥や虫もずいぶん種類が増えた。蔵の構造に似た貯蔵室を作って自作の野菜や味噌も保存。
 
省エネ家電やLED照明、高断熱は必須アイテムだ。カーシェアリングの利用者も増えたが、私は電気自動車か廃油を精製したSVO車かで迷っている。最近、珪藻土と無垢材を使用してリフォームしたが、特に木材は森林の管理方法に配慮した国産材を活用した。

さて、あなたはどうなさいますか。

-----------------------------------------------------

 SHIPは、省エネルギー(低炭素住宅)リフォームのカーボンオフセットハウスネットワーク(COHN)として、このゾーンに協力していきます。COHNの研修会案内はこちら。

 Webで事前登録すると入場料は無料になります。そのうえエコアクションポイントが50Pもらえます。「奇跡のりんご」の木村さんの講演などもありますので7月4日5日はパシフィコ横浜で会いましょう。


2009 06 05 [ブランド] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック