2007.01.28

住まいの104近畿エリアもオープン! 28 Jan 2007

 もう1月最後の日曜日ですね。早いものです。 2月1日は まどりむイベントがありますが、私が11月16日以降、皆様からお聞きした まどりむ への疑問を一気に解消して、まどりむのある未来をお見せします。

 例えば、「どうやって生活者の会員を増やしていくの?」

 「料金はどうなるの?」「生活者のメリットは?」「何に使えるの?」などなど。

 水口健次先生の講演は私自信がとても楽しみにしています。皆様も感動することと思います。ビデオ撮影の許可をいただきましたので当日都合で来られない方にはDVDで追体験いただけるように考えています。

 さて今日は まどりむ と並んで、SHIP Web2.0シリーズのひとつ、住まいの104 のことです。

061220b_1 

住まいの104」関東エリアに続き、大阪、兵庫、京都、滋賀、奈良、和歌山エリアでもオープンしました。

住まいの104 は eリフォームのコンテンツのひとつ。

 あれっ困った!というときに、
 
 電話する人
 携帯電話で探す人
 パソコンで探す人

 その人の習慣や属性によって様々なアクションが取られると思いますが、全てを通じてアクセスに対応できるサービスとなっています。
 是非、お気に入りに登録しておいてください。

各エリア3社限定で掲載をさせていただいております。
今のところは早いもの勝ちです。

お申し込みはコチラから


2007 01 28 [eリフォーム~リフォーム会社さんと生活者さんの出会いの場を提供~] | 固定リンク | コメント (1) | トラックバック

2006.12.26

あと2日です  26 Dec 2006

リフォーム会社のホームページの3つの条件を

1) 顧客が検索しそうなワードで検索されること
2) 更新が自分でできること
3) 顧客の興味の順番にデザインされいること

と定義して、今夏リリースしたWebソリューション 簡単更新ホームページ は、30万円という安価な初期費用で立ち上げをして、例えば「リフォーム 地名」では上位検索されます。自分で更新するためのサポートが常時なされていて月額3万円。つまり高度なSEO対策と利用サポートがついてこの価格です。

 この破格なサービスは、年明けとともに検証期間を終えて、値上げさせていただきます。48万円になります。年内申し込みは現行価格です。

 あと2日です。気になっている人はまずはお問い合わせを(Tel03-3868-9621 湯沢)。


2006 12 26 [eリフォーム~リフォーム会社さんと生活者さんの出会いの場を提供~] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2006.12.19

Noと言わない 19 Dec 2006

 今日、南信社の守屋社長が来られました。いろいろ話をして、はっと思ったのが、「うちはお客さんの要求に対してNoと言わないんだ」ということでした。

 Noといわないで、工夫して智慧と汗をしぼって実現すると、その成果が別の案件にも生きてきます。「お金をいただいてノウハウが手に入るんだかから」と。守屋社長は建築主さんが「テニスコートを作りたい」ということにも対応されたそうです。

 愛と感動のレストラン・カシータでも「Noと言わない」ことをモットーとされています。その感動の代償として、勘定はきちんとあるのですが。

061219a  「Noと言わない」、なかなか徹底できるものではないからこそ、感動が生み出されます。

 別れ際に「Noと言わないでね」といってお帰りになりましたが、「はい、もちろんです」。


2006 12 19 [eリフォーム~リフォーム会社さんと生活者さんの出会いの場を提供~] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2006.12.17

検索で上位表示されるのは良いサイト 17 Dec 2006

 何かを検索すると、すごい数のサイトが検索されます。そのとき、人は

 上位表示されるのが良いサイト

 だと、無意識の誤解をしています。だからSEO(検索エンジン最適化)対策というのがビジネスになるのですが。問題はSEO対策費は高額だということです。

 eリフォームが密かにチャレンジしている価値は

 SEOの価格破壊

 です。そもそもeリフォーム内の個別ページのSEOの料金はまったくいただいていませんが、「工事名称 地名」で個別ページの上位表示の実績をどんどん増やしています。これで月額6000円。

 この料金は今月申込限りです。

 バージョンアップがまだの方も申込はお急ぎください。問い合わせは SHIP湯沢(Tel03-3868-9621、 eメール )

061217a  リフォームインターネット通信  で湯沢がいろんな事例を紹介していますが、最近では、例えば

 「リフォーム 松本」 を Yahoo! で検索 してみてください。1位表示は、eリフォーム内の サンプロさんの個別ページ です。 


2006 12 17 [eリフォーム~リフォーム会社さんと生活者さんの出会いの場を提供~] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2006.12.15

ニッチワードでのYahoo・Google上位位表示 15 Dec 2006

 ロングティルという言葉をご存知だと思いますが、恐竜の尻尾のように長く伸びる「数多くは需要のないけど、少数には需要があるもの」のことです。

 eリフォームでは、eリフォームのサイト自身が、「リフォーム」というビッグワードに対して、1位から6位くらいまでの間で表示されます。従来はこの価値をお客様にお伝えしてきましたが、実際、様々なポータルサイトがSEO対策に取り組み、検索表示の1ページ目がポータルサイトだらけになってきました。

061215a  私たちが半年ほど前から取り組んでいるのは、ポータルサイト内の個別企業ページを、その地域の生活者が検索しそうな言葉(ニッチワード)で上位表示させることです。

【システムショップ萩原様(ライファ鎌倉)】
 Yahooで 〔リフォーム 鎌倉〕と入れてみてください。
 eリフォームの個別ページがトップで検索されます。
 
 アクセス数が急増しています。

 他の事例もご覧ください。

【総合建築職人会様】

【一成工業様】

【ワーキングビー様】

 これは他のポータルサイトでは提供されていない価値です。従来のeリフォーム・プラス会員さんも、顔の見えるホームページにバージョンアップをお勧めします。月6000円でできるSEO(検索エンジン対策)です。
 1月から値上がりしますが、年内申込みをいただくと現行料金で承ります。
 
 お問い合わせは こちらへ 


2006 12 15 [eリフォーム~リフォーム会社さんと生活者さんの出会いの場を提供~] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2006.12.05

eリフォームのリニュアル 5 Dec 2006

061205a

 「リフォーム」というキーワード検索で 12月5日時点で、Googleでは一位表示、Yahooでは5位表示の eリフォームですが、Topページをリニュアルしました。

 このサイトが提供する価値は
 サーチ「検索されること」
 リーチ「貴社のホームページに到達させること」
 ですので、そこをストレートに表現するようにしました。


2006 12 05 [eリフォーム~リフォーム会社さんと生活者さんの出会いの場を提供~] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2006.11.07

簡単更新ホームページ 7 Nov 2006

 ホームページはいまや必須のツールですが、作成するときのポイントは3つあると思います。
 
 ひとつは検索上位表示であること
 いまや入り口は検索エンジンです。そこでの生活者の検索にひっかからなかったらホームページ自体が存在していないことと同じです。
 検索ワードは何かといえば「リフォームと地名」だと思います。普通の人がリフォームを考えているときに入力する言葉は「リフォームと地名」です。

 ふたつめは更新頻度が高いこと
 生活者は検索して一回見ただけで、即行動に移すことはまれです。何度も実店舗の前を通り過ぎたり、ホームページを何度も見返します。そのときに、例えば2ヶ月くらいの間に、まったく情報が更新されていなかったり、いまだに4月頃のイベントの告知がそのままになっていたのでは「こりゃ駄目だな」となります。
 更新を頻繁に、できれば自分でブログでも更新するように、ホームページを更新した方がいいです。

 みっつめは良いフレームを選ぶことです。何もゼロからデザインを起こすことはないです。うまくいっているホームページを模倣すればいいのです。日本の芸事には 守・破・離 という言葉があります。まずは模倣「守」でいいと思います。

 上記の3つの要素を含んだ価値を提供するのが、SHIPのインターネットサービス「簡単更新ホームページ」です。

 リフォームプロさんのホームページをご覧ください。
 「リフォーム 川崎」「リフォーム 麻生区」でGoogleトップ表示です。内容も自社スタッフで更新されています。フレームはどうですか? リフォームを探している人にはやさしいホームページだと思いませんか?

 お問い合わせは こちらまで。


2006 11 07 [eリフォーム~リフォーム会社さんと生活者さんの出会いの場を提供~] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2006.11.06

リフォームと地名 で検索上位 6 Nov 2006

 eリフォームの会員ページが更新されているのをご存知でしょうか?

 eリフォームプラス、通称「顔が見えるホームページ」です。特徴は個々の会員ページにSEO(検索エンジン最適化)対策が施されていて、「見つかりやすく」なっていることです。基本的には、「リフォームと地名」でSEOを行います。

 湯沢のブログにいくつか紹介されていますが
==
 ワーキングビーさん

  以下のワードでYahoo!で1位表示!!
  エコリフォーム 東大阪
  エコリフォーム 八尾
  エコリフォーム 富田林

  以下のワードでYahoo!で2位表示!!
  リフォーム 富田林

その他、Yahoo!1位表示のワードが20個。5位表示まで入れると全部で50ワード近くが上位表示されています。

1位表示されているということは、ワーキングビーさんの自社サイトでカバーしきれていない部分を、顔が見えるeリフォーム会員でカバーできていることになりますね!!
==

 マクスさんの事例もご覧ください。

 eリフォームの価値は「Search(検索) and Reach(HPへの到達)」です。
 
 貴社のホームページにお客様が到達するために、eリフォーム・プラス「顔の見えるホームページ」では、検索上位を提供しています。従来のプラス会員さんからの乗り換えは、ずいぶんとサービスさせていただいております。

 お問い合わせはこちらまで。


2006 11 06 [eリフォーム~リフォーム会社さんと生活者さんの出会いの場を提供~] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2006.09.27

計り知れない可能性 27 Sep 2006

 Googleアースが3D表示するなどすごいことになっているが、eリフォーム・プラスでリンクをしている通常の地図表示も精度がすごく上がっている。

 たとえばこれが当社周辺。実にくっきりと写っている。さっき皇居を見ていたら、緑の質感が実にリアルで衛星写真の精度に感激した。

0609027a

 来年2月にバージョンアップするLifeStyleCADでは、Googleアースの中に家を建てることもできるようになる。最初はお遊び程度かもしれない。しかし、実際計り知れない可能性がある。 


2006 09 27 [eリフォーム~リフォーム会社さんと生活者さんの出会いの場を提供~] | 固定リンク | コメント (4) | トラックバック

2006.09.18

SHIPが提案するインターネット戦略 18 Sep 2006

16日、17日と大阪リフォームフェアで行ったセミナー「忙しい社長向け 50分でわかるインターネット戦略」の目次を掲載します。

1.戦略は展開されて初めて意味を持つ
1)ところで戦略とは何か?

2)戦略が展開されている事例を見てみよう

3)リフォーム業界でうまくいっている事例を見てみよう

2.センターピンを押さえよう
1)プロセス  
  インターネットの出現で購買まので道筋が変わってます

2)まさしくセンターピン 
  インターネット時代の生活者の固定観念を知っておこう

3)クリック 
  一気通貫ではなく、パス感覚

3.50分でわかるインターネット戦略からの提案(展開案)
1)検索エンジン対策はこうする

2)ポータルサイトを利用する

3)コミュニティを実践する

4)自社サイトは自分で更新する

 SHIPが提案する中小リフォーム会社向けのインターネット戦略の骨子が固まりました。自分たちも行っている方法ですので展開された細部ではいち早く修正もかけて共有していきます。

 一度セミナーにお越しください。


2006 09 18 [eリフォーム~リフォーム会社さんと生活者さんの出会いの場を提供~] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2006.09.13

インターネットに関する情報 13 Sep 2006

0609013a_1  2006年の情報通信白書から
==
インターネット利用率などについては、2006年1月に総務省が実施した「通信利用動向調査」の結果から、2005年の日本のインターネット利用人口は約8,529万人(前年比581万人増)、世帯利用人口普及率は66.8%と推定している。

 インターネットに接続するための利用端末は、PCの利用者が6,601万人、携帯電話やPHSなどの移動端末の利用者が6,923万人、ゲーム機・テレビ等からの利用者が163万人。2000年からの調査で初めて、移動端末の利用者数がPCの利用者数を上回った。内訳では、PCと移動端末を併用しているユーザーが4,862万人と大半を占めている。
==

 「移動端末の利用者数がPCの利用者数を上回った」が時代の変化を表しています。「PCと移動端末を併用しているユーザーが4,862万人と大半を占めている」とありますが、移動端末だけの人は
6,923万人 - 4,862万人 = 約2100万人もいるんですかね?

 SHIPでも11月には携帯電話を使ったサービスをはじめます。お楽しみに。

 さてもうひとつ
==
ブロードバンド回線の加入可能世帯(申し込めば利用できる世帯)は、DSLが4,700万世帯、FTTHが4,020万世帯、CATVインターネットが3,430万世帯。政府のe-Japan戦略で「2005年までに3,000万世帯が高速インターネットアクセス網に接続可能」とした目標を達成した。ただし、加入可能世帯に占める実際の契約数の割合は、DSLが30.9%、FTTHが13.6%、CATVインターネットが9.7%に止まっている。
==
 私の田舎は本当に田舎なのですが、この前DSLを申し込んだら、敷設できませんという通知がきていました。4,700万世帯以外に入っています。それにしても、もうブロードバンド大国ですね。どんな業種であってもインターネット戦略にまじめに取り組まないといけないと思います。

0609013b 0609013c  今日、中国大連に出張中の古川さんとCADの遠隔サポートサービスとスカイプを使って実用実験をしました。概ねOKですが、やはりPCのスペック(CPU・メモリ)次第で快適性が差が出ます。インカムとカメラも最適なものを選んでいこうと思います。


2006 09 13 [eリフォーム~リフォーム会社さんと生活者さんの出会いの場を提供~] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2006.09.01

斉藤 タオル 1 Sep 2006

 この一週間、ビフォーアフター社長日記の 「斉藤選手の青いハンドタオル 25 Aug 2006」 のアクセスがなかなか熱いです。そのすべてが検索エンジンからです。全国の ハンカチ王子 ファンが、このブログにやってきています。

 例えば「斉藤 タオル」と入力してみてください。Yahooで6位表示、Googleで1位表示です。

「GIUSEPPEFRASSON」Yahoo 1位 Google 1位
「斉藤 ハンドタオル」 Yahoo 2位 Google 1位
「斉藤 青いハンドタオル」 Yahoo 3位  Google 1位
「青いハンドタオル」 Yahoo 8位  Google 3位

 これをきっかけにこのブログの読者になるかといえば、ならないでしょうが、キーワードをいち早くサイトに取り込むことの効果としては面白い実例になりました。また遊んでみます。

 Yahooの検索ロジックがまたしても変更になったようです。SEO業者さんはたいへんですね。eリフォームは今回は圏外にまでははじきとばされずに、「リフォーム」というキーワードではYahoo6位、Google1位です。顔の見えるホームページ続々登場です。
060901b 060901a  新装管理人ブログにもお立ち寄りください。


2006 09 01 [eリフォーム~リフォーム会社さんと生活者さんの出会いの場を提供~] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2006.08.23

ブログ感覚で自分で更新できるホームページ 23 Aug 2006

060823a  SHIPのホームページをリニュアルしました。

 最近販売を始めた「自分で更新できるホームページ」 を使って自社サイトも更新していきます。弊社の場合、もともと自社で更新をしていたのですが、これからは自社商品を自ら使って、商品ユーザーにもなって改良もしていきます。

 更新が滞っているホームページが少なくありません。原因は、更新を依頼すると「思っていたより料金が高い」「時間がかかる」「要望が伝わらない」ということなどがあります。良い業者さんを見つけるとか業者さんと交渉するスキルを上げるとかももちろん大事ですが、根本的に自社で更新できるようになれば一番良いのではないでしょうか?  

 また、インターネットは「検索」の世界であり、それはすなわち「言葉」の世界ともいえます。検索されている言葉を見つけて、それをいち早く自社ホームページに埋め込んでいったもの勝ちです。そのためにも自分でブログ感覚で更新していくことを私たちはお勧めしていきます。

 詳しくはSHIPリフォームセミナーにご参加いただくか、お電話(Tel 03-3868-9621 湯沢か滝川)、あるいは こちらに メールでお問い合わせください。


2006 08 23 [eリフォーム~リフォーム会社さんと生活者さんの出会いの場を提供~] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2006.07.17

住まいのコンシェルジェ 17 Jun 2006

 最近YahooやGoogleの検索ロジックの変更のタイミングが早くなっていると思います。感覚的にはしょっちゅう検索ロジックを変えているなと感じます。eリフォームもそのあおりで一瞬圏外に飛ばされることもありました。でも一週間もすると「リフォーム」の検索順位は、1位から3位までの定位置に戻ってきます。でも、まわりの顔ぶれは結構変わっています。だから「SEO(検索エンジン最適化)屋さんってお客さんにどう言って釈明するんだろう」と人のことながらいらぬ心配をしてしまいます。eリフォームに登録することは、SEO屋いらずのSEOですよ。

 「顔の見えるページ」が好評のeリフォームではこの後いくつかの新サービスを用意しています。コンセプトは「住まいのコンシェルジェ」です。現在のeリフォーム・プラスも生活者にとって「どこに頼んだらいいかわからない!」を手助けするためのサービスですが、これをどんどん深く進化させます。

 「住まいのことならeリフォーム!に聞こう」、デジタルからアナログサービスに進化するeリフォームの予告編でした。


2006 07 17 [eリフォーム~リフォーム会社さんと生活者さんの出会いの場を提供~] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2006.07.13

今日から役に立つインターネットセミナー 13 July 2006

 今日は、東京のインターネットセミナーでした。ご満足度の高いセミナーになりました。24日(大阪)、25日(名古屋)(両日とも13:30~15:00)周辺の方でインターネットをもっと仕事に直結させたい方がいらしゃったら是非お申し込みください。その日から役に立つことを保障します。

 今日も感じたのですが、インターネットの世界はわかりにくいので、あるところで止まっている人が多いです。ここが一瞬のチャンスになります。そのうちに誰もが知ることになることでも知らない人が多いうちがチャンスになります。

 生活者にとっては、インターネットとはメールや検索やブログが日常であって、それ以上でも以下でもありません。それほど考え込むまでもなく生活者は検索上位表示のサイトを良いサイトだと判断する習慣があります。ここがひとつのポイントです。

 ここをチャンスに変える方法はいくつかあります。
 1)自社サイトを上位表示する(SEO対策)
 2)検索連動型広告で上位表示する
 3)上位表示されるサイトに掲載する
 
 多くの業者は1)を勧めます。風邪薬は効かないからたくさん種類があるとおしゃっていた方がいましたが1)は風邪薬みたいなものだと思います。SHIPでも実践している手法をお伝えします。

 二つ目のポイントは「見込み客」の定義の仕方です。どんな状態のお客様をWebサイトでお迎えするか、あるいは育成するかを決めます。

 三つ目のポイントはコストです。通常のWebサイト構築業者さんは、初期構築費と更新費の両方で稼ぎます。初期構築費は競争もあり頭打ちですので最近は更新費がかさんで来る傾向があります。更新費に二の足を踏んで更新されないで死んでいるサイトがたくさんあります。したがってSHIPでは自社で更新できるシステムとサポート体制を紹介します。

 24日、25日お会いしましょう。


2006 07 13 [eリフォーム~リフォーム会社さんと生活者さんの出会いの場を提供~] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2006.06.29

リフォームのポータルサイト 29 Jun 2006

 3月末での日本のブロガー人口は868万人、SNSユーザーは716万人になったそうです。重なってはいるでしょうが、ちょっと乱暴にいえば、10人に1人が情報発信をしています。ここから更に増加していくことでしょう。この情報発信力をひとつの流れと見るといくつかやることが見えてきます。

 SHIPではひとつの試みとして、ブログを使ったリフォームをテーマにしたポータルサイトを開設しました。名前はベタですが「住まいのリフォーム情報」、SHIPのリフォームブログに掲載されていたブロガーを中心にテーマ別に自動更新されていくようになっています。

 住まいの試着・住まい・増改築などのカテゴリー別に、ブログ記事が張り付いていきます。アクセス数は急激にあがっていくし、構造上、SEO(サーチエンジン対策)には有利に働きます。私たちはこの基本機能を使って、住まいの地域情報ポータルつくりをSHIPのお客様向けにお勧めしていこうと思っています。

 7月13日13時からのSHIPインターネットセミナー(参加費@1万円 お申し込みはこちら)でじっくりとお聞きいただけます。地域情報サイトは不動産と一緒で、限りがあるので早く始められた方が良いと思います。


2006 06 29 [eリフォーム~リフォーム会社さんと生活者さんの出会いの場を提供~] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2006.06.20

予算化・効果予想ができるインターネットの基礎知識 20 Jun 2006

 4月に不動産業界ではまったく無名のSHIPの参加費3万円のセミナーの集客に効果があったのは、検索連動型広告でした。「リノベーション」とか関連するキィワードでTOP表示されるように入札をしました。そしたらある一定の比率でセミナーページへのアクセスがカウントされて、ある一定の割合で来場申し込みがありました。クリック単価は安くないものもありますが、予算が読めないわけではなく比較的確実に予算化できます。

060620a  今までSHIPリフォームセミナーでは「インターネットへの本格投資は時期尚早」と言ってきました。今でもあまり変わってはいませんが、予算がコントロールできる範囲で、効果もコントロールできる仕組みを自社で構築できるようにするということを目的としたSHIPインターネットセミナーを今日から開始しました。

060620b  インターネットでの集客パターンを4種類に分類して、それぞれの実現方法とコスト(初期とランニング)を明快にお伝えしました。ここまではっきりと先がわかるからでしょうか、多くのご出席者がすぐにとりかかっていただけそうです。

 来月は東京のみならず大阪・名古屋でも開催予定です。


2006 06 20 [eリフォーム~リフォーム会社さんと生活者さんの出会いの場を提供~] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2006.06.15

インターネットは心理戦 15 Jun 2006

 YahooやGoogleが生活や仕事に組み込まれてきました。それというのも時代の流れであるとともに検索の精度がここ2年くらいとてもあがったことも原因です。一方で検索ロジックはしょっちゅう変わりますので、一般のSEO(検索エンジン対策)サービスはコストが年間数百万円単位だったりすることもあり、キャンセルがあいついでいると昔の同僚が言ってました。

 多くの人が検索窓に入力する検索ワード(単語)の集合体から、現在の人々の潜在的な知覚ニーズや欲求を読み取ることができます。そんな時代のキィワードがデジタルで誰からも見ることができるようになったことも、ほんのちょっと前までは考えられなかったことです。

 ちなみに5月にGoogleで「リフォーム」関連で検索されたワードの上位5位は下記です。左は検索数です。

113,181  リフォーム
38,316  キッチン リフォーム
31,652  住宅 リフォーム
25,565  住まい リフォーム
14,865  マンション リフォーム

 下位の検索ワードまでずっと見ながら、「リフォーム」と検索した人の心理を読んでいくと、自分がどんな待ち構えかたをしたらいいかがわかってきます。インターネットは言葉で戦う心理戦になってきたと思います。


2006 06 15 [eリフォーム~リフォーム会社さんと生活者さんの出会いの場を提供~] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2006.05.27

顔の見えるリフォームショップ 27 May 2006

 「リフォーム」のキィワードでeリフォームがYahooとGoogleの両方でトップ表示されています。のプラス会員に手作りページコースができました。

0605027a  すまいる工房さん のページをご覧ください。こんな風に取材をして個性がにじみ出るページを作ります。一言で言えば、「顔の見えるリフォームショップ」ミニプロデュースです。

 生活者感覚では普段も顔が見えないと怖いものですし、その逆、つまり顔やプロフィール、なぜこの仕事をしているかという原点がわかれば親しみもわきます。

 顔の見えるページ、お問い合わせはこちらでお願いします。


2006 05 27 [eリフォーム~リフォーム会社さんと生活者さんの出会いの場を提供~] | 固定リンク | コメント (1) | トラックバック

2006.04.10

eリフォーム・プラスのお客様 10 Apr 2006

0601016c  4月から本格的にWebシステムの担当になり猛勉強中の、実は頭脳明晰な滝川さんから報告いただきました。
====

0604011b eリフォーム・プラスでご契約されたお客様から完工後のお写真をいただきました。
eリフォーム管理人ブログでも、紹介しています。

併せて以下のようなご感想のメールをいただきました。
ここで、ちょっと衝撃を受けたのがシックハウスに関するところです。

生活者さんのうほうが、真剣に勉強していて
「おたくは、どんな取り組みをしているの?」
そんな会話が普通になりつつあるのかなと思います。

滝川
============================================================================
株式会社SHIP  
滝川 裕美   様

お世話になっております。
完工おめでとうメール、ありがとう御座います。

0604011c 早速、掲載を拝見させていただきました。
こういう機会はあまりありませんので、少し照れくさくも、いい経験になりました。
ありがとうございました。

住み心地は、工事完了後、約1ヶ月半経ちましたが至って快適です。
又、工事完了後のちょっとした事に対しても、直ぐに手直しして頂きました。

実は、一番心配だったのは、クロス張替のホルムアルデヒド等によるシック病でした。
家には、9歳と6歳の子供がいますので、リフォーム後はシック症対策まで考えていました。

それは全くの気苦労で、工事完了の翌日に閉め切った室内で家族4人で過ごしましたが、匂いも全く問題なく、現在も快適です。もちろん、各リフォーム工事した箇所も問題なく機能しております。

0604011d 私としては満点の工事ですが、妻に聞くところ、既存のフローリングが工事時に傷んだのが気になったとの事。工事完了後、リペアしてあり、気にならない程度にはなっております。

ただ、既存の設備を傷つけずに工事するのは不可能ですので、気にする方には満点の工事は難しいと付け加えておきます。

0604011e さて、写真掲載の件ですが、妻に確認しまして、問題ありませんので、ご掲載下さい。
また、掲載された記事を教えて頂けたら幸いです。

以上が、リフォーム工事完工後の感想ですが、理解して頂けましたでしょうか?
ご質問等御座いましたら、お気軽にメールを頂きたいと存じます。
では、記事掲載の御連絡をお待ちしております。。

                                宮本 幸二
===================
eリフォーム・プラスにお申し込みの方は滝川まで。(Tel03-3868-9621)


2006 04 10 [eリフォーム~リフォーム会社さんと生活者さんの出会いの場を提供~, はいからモダン物語~安心建材で家族を守る~] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2006.01.25

蓄積 25 Jan 2006

 毎日に仕事の蓄積が成果になるような仕組みを作るのが経営だと思います。時々、仕組みを意識して壊して再構築することも必要ですが、その時も蓄積したものが無駄にはなりません。

0601025b  岩手県北上市リフォームの鬼さん でホームページに、 「鬼のリフォーム劇場」 を公開しています。お施主様に引渡しのときに作成した感動プレゼン(感動リフォーム劇場)をまとめたものです。今でも面白いと思いますが、これが種別・部位別・工事金額別など、施工事例集のように使えるようになっていくのだと思います。そうやって蓄積が強みになっていきます。鬼の石川社長のブログはこちら。

0601025a  島根県浜田市のサンシャインさん では、eリフォームの掲示板に取り組み始めました。まずはOBのお客様にご意見をアップしてもらっています。OB訪問などのときにお声がけするのもいいし、お会いした人にその存在を知っていってもらえばいいと思います。経営者ブログとお客様の掲示板はセットで、新規のお客様に共感と安心を与える財産になります。eリフォームでは、掲示板の推薦コメント数でランキングを開始する予定ですので、まずはOBのお客様の推薦コメント(一部に 注意コメント があってもいいと思います)を集めることが、凡事ですがあるときから「金」に化けると思います。 

0601025c  蓄積といえば蓄積ですが、アフィリエイトを面白がってやってきましたが発見があります。 「感動力」が本の紹介では初めて20冊超えました。(一般的なアフィリエイトの世界ではとるに足らないですが) 筆者/読者に合うものが売れるんだなとあらためて確認しました。今日は給料日の人も多いのではないでしょうか? ポチっと注文してください。人生拓けます。ポチっと(笑)。


2006 01 25 [eリフォーム~リフォーム会社さんと生活者さんの出会いの場を提供~] | 固定リンク | コメント (3) | トラックバック

2006.01.24

良いリフォーム業者に出会えたことに感謝しております 24 Jan 2006

0601024a ;  インターネット関連の事例紹介はお客様から公開を許諾いただけないことが多く多少難しいですが、先月、e-リフォームプラス会員千葉コモドホーム様にお問い合わせいただいたMさまは、今月めでたくご契約されましたが、なんとeリフォームスタッフあてにも嬉しいコメントをいただきました。今月から eリフォーム担当になったオセロ滝川さんの報告です。

 1分で知りたい人はこちらをクリック ⇒

 e-リフォームプラス会員に申し込みする人は こちら。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
・2005年12月中旬
Mさま:初めてのマンション購入をしリフォームを考えていたMさまは、「初めてのリフォームは信頼できる知人の業者へ!!」とお知り合いの会社さんに見積を依頼していたようです。
ですが、予算金額が合致せずに何度も打ち合わせた結果、マンション入居時期が迫ってきてしまい、あわててネット検索したときに、e-リフォームを知りました。

・2005年12月18日(日)
Mさま:お住まいの千葉県で検索した中で、ちょっと目立ったロゴのコモドホームさんがなんとなく印象に残り、お問い合わせを。
中山さん:Mさまからお問い合わせがあったこの日は、ちょうど私が当番の日で出勤していた時でした。
電話でご連絡のうえ、上記同日午後4時にMさまが引越しを予定されているマンションで、直接お会いしてお話しを伺いました。

・2005年12月21日(水)
中山さん:1回目の見積りを提出。ですが、他社にも見積りを依頼されているということで即答はなしでした。

・2005年12月28日(水)
中山さん:他社の見積りがまだ出ていないということでしたが、引越しされる時期から逆算して、どうしても12月中にお返事をいただかないと工事ができない、ということをお伝えして、ご返答をいただきました。

Mさまは、数あるリフォーム会社さんのなかで何故今回コモドホームさんにお願いしようと思ったのか?
その理由は。。。

Mさま:メールを出した1時間後に当方に電話で連絡、「数時間後に見積下見に来てもらえますか?」に「解かりました」の即答。他の業者返答は全てメール。急ぎの時には電話での応対が大変にありがたいものです。私も営業をしていますので解かりますが、フットワークは重要です。また、会ってみると彼の人柄もとても好感触でした。
 さらに決め手だったのは、実は、他社の見積金額もよかったので迷っていたのですが、「契約お願いします!」の押しの1手でした。
 すなわち、中山さんの「フットワーク、顧客への応対の良さ、契約時の押しの強さ」これが決め手でした。
 補足ですが、HPの工事施工例・社員の紹介・職人の紹介も選定の参考になりました。

・2005年12月29日(木)
ご契約☆

着工は1月下旬~2月初旬を予定されているとのことです。
Mさまからはe-リフォームに対してこのようなコメントもいただいています!

「近年、悪質なリフォーム業者が横行する中、今回、優良な業者をご紹介頂きましたので、知人にも安心して紹介できるサイトだと感じました。
 偶然ではありましたが、御社にアクセスして、良いリフォーム業者に出会えたことに感謝しております。
 今後も、機会が御座いましたら、何卒、宜しくお願い申し上げます。」

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

とてもありがたいお言葉です。
e-リフォームが、もっとたくさんお客様とリフォーム会社さまのご縁を結ぶきっかけとなればと思います。


2006 01 24 [eリフォーム~リフォーム会社さんと生活者さんの出会いの場を提供~] | 固定リンク | コメント (2) | トラックバック

2006.01.04

リピュテーション(風評)・マネジメントという提案 4 Jan 2006

 お正月にサウナのテレビでライブドアの堀江社長が出ている番組を見ました。ネット社会になって、犯罪や非行につながる問題も噴出しているということで「(ブログなどの)ネットの参加を免許制にしたらどうか」という問いに「僕、本気で怒りますよ、お上の能力で規制されるほどネットはちゃちじゃない」という意味のことをおっしゃっていました。同感です。

 インターネットは巨大なデータベースを日々構築する装置です。以前紹介したGoogleを取材した「ザ・サーチ」に自分の名前をGoogleに打ち込んだら自分はかつて誘拐された子供で、同居している親だと思っていた人は犯罪者だということがわかったという逸話が紹介されています。

 先月会った大企業の人事の人は、応募者をGoogleやMixiやGreeで必ず検索すると言っていました。個人情報保護法の壁を軽く飛び越えたデータベースが構築されているからです。Googleに月に一度くらい自分の名前を打ち込んでみてください、この結果がGoogleリピュテーション(評判)です。

 個人の話ではなくリフォーム会社・住宅会社でも事情は同じです。今後ネット社会で最も気をつけなければならないのはリピュテーション(風評)のマネジメントだと思います。

060104a

 eリフォームの新サービスは、ネット上に貴社のお客様からの投稿を集めます。まずは親しいお客様に意図的に 推薦情報をアップしてもらってください。この絶対数が大事です。中には苦言もあるでしょう。しかし苦言への誠実な対応はネットの閲覧者から見て貴社の 風評 を下げません。推薦情報50件、苦言5件の会社の方が、推薦情報10件、苦言ゼロの会社よりも 信頼感があります。推薦情報の数の順で、3月からランキングを公表します。(早まるかもしれませんが)

 ネット社会の最大のリスクは リピュテーション(風評)が下がること、それを見越して逆手をとって、風評を管理することが最大の防御(リスクヘッジ)である、攻撃でもあります。

 eリフォームの新サービス に関するお問い合わせは 電話 03-3868-9621(担当:湯沢、ただし5日から営業)あるいはメールで。このページでムービーで説明もご覧いただけます。

 *ソーシャル・ネットワークキングサイトの Mixi に参加ご希望の方は、紹介状を書きますよ。ご希望はこちらまで。


2006 01 04 [eリフォーム~リフォーム会社さんと生活者さんの出会いの場を提供~] | 固定リンク | コメント (3) | トラックバック

2005.12.22

見つけてもらって、共感してもらって、安心してもらう 22 Dec 2005

 どんないいものを持っていてもお客様に伝わらないとゴミみたいなものです。多くの人がパソコンや携帯電話でインターネットにアクセスしている時代ですから、自社の価値を伝えるのにホームページが重要なのはいうまでもありません。その認識まではどなたでもしますが、その後に方向を間違える人が多いと思います。

 パソコンに詳しい社員に「ホームページ作れる? じゃ、うちのホームページ作って。」と作らせたり、それでうまくいかないとわかると業者を探して同じようにやってみたり、それで何とかできてもアクセスがないので、それを問い詰めると「検索エンジン対策費が必要です」といわれ、言われるがままに数十万円単位のお金が毎月消えていき、「こりゃダメだ」と何もしなくなる。

 SHIPではホームページの製作はよほどのことがないと行いません。それは製作を行う人は他にたくさんいらっしゃることと、それよりも重要なことがまだ充分でないなと思っているからです。

 ホームページは生活者から見ると二つの段階があります。

 第一段階は「見つけてもらって、共感してもらって、安心してもらう」、第二段階は「内容を吟味する」。
 多くの人が第二段階の「内容」を先に考えますが、内容は「どんな感情でそれに触れるか?」で「やっぱりここっていいわね」となるか「なんかうさんくさいわね」になるか、左右されます。まずは初期の生活者の感情を自社にとってプラスに誘導することの方が大事だと私は思います。

 「みつけてもらう」はGoogle、Yahooで『リフォーム』と検索するとTop表示されるeリフォームに登録しておくことで達成は容易です。共感してもらうは、経営者ブログ・店長ブログをお奨めしています。

 多くの情報にランダムに触れる生活者にとって、どんな情報がプラスの反応を及ぼすのでしょうか?

 ひとつは誰かからのプラスの評価、この「誰か」は、世の中の権威の人か自分と同じお客様であればいいと思います。もうひとつはなんらかの基準をもったランキングで上位であること。

 こんな考え方に基づいて、「安心してもらう」ために、リフォームのポータル・サービス eリフォーム では、掲示板サービスとランキングサービスを開始します。

 掲示板は お客様からの貴社への「お奨め度」を投稿してもらいます。貴社が代行してもいいです。「ちょっと気をつけてね」の情報も当然発生することもあるでしょう。その時にきちんとどのような対応をしたかも書き込むことができます。生活者は、お奨め情報だけでなく、クレーム的な情報への対応も含めて貴社を判断します。OB客様様のネットコミュニティとして育てていただけるのが理想です。

 上記の「お奨め情報」の数の順でランキングが表示されます。当初は都道府県単位ですがどんどん生活圏レベルまで細分化していこうと思っています。

 評判ランキングの上位から見ていって、ピタッと共感したしたところに、何も知らないような顔をして「ちょっとみかけたんだけど、、、」とアクセスするのが、今の生活者行動です。

===
 掲示板・ランキングサービスについてご興味のある方は、お電話(03-3868-9821 担当:湯沢)かメールでお問い合わせください。あるいは1月のSHIPリフォームセミナーにご出席ください。 


2005 12 22 [eリフォーム~リフォーム会社さんと生活者さんの出会いの場を提供~] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2005.11.18

リフォームは潜在市場 その2 18 Nov 2005

 今週はじめ、リフォーム新聞の加覧編集長がご来社されて来年のリフォームフェアのお話をされました。来年のリフォームフェアのコンセプトは「生活者とリフォーム会社が出会う場を作る」だそうです。今まではメーカーとリフォーム会社の接点と生活者とリフォーム会社の接点と混在していたように思いますが、ここを生活者視点のイベントにしていくそうです。簡単ではない試みだと思いますが、SHIPの方向性とまさしく一致していますので、私たちも協力を惜しみません。

 リフォームは日本の全産業の中でも最大の潜在市場だと思います。

 SHIPのスタッフ、つまりは素人さんがリフォーム会社さんのイベントをお手伝いに行って、「予算はあまりないのよ」とか言っている人にリアルタイムプレゼンで話をしていったら、とても大きなリフォーム需要になっていくことを何度も経験しています。平面図とメーカーのカタログだけで話をしていたら、この需要は顕在化していません。

 この需要を顕在化させるにあたって、インターネットはとても重要になります。eリフォーム がYahooでもGoogleでも「リフォーム」の検索語に対してトップ表示になりました。これは「リフォーム」業界において大変大きな責任を負ったともいえます。

 リフォームの潜在市場を顕在市場に変換する役割に、eリフォーム を位置づけ、チューンアップしていきます。


2005 11 18 [eリフォーム~リフォーム会社さんと生活者さんの出会いの場を提供~] | 固定リンク | コメント (1) | トラックバック

2005.11.13

「生活者の視点」へのシフトチェンジ 13 Nov 2005

(ややこしいのではじめの経緯を省くと)eリフォームの問い合わせがありました。eリフォームの問い合わせだと気づくまでに時間がかかったのですが、話の内容は要約すると次のような感じ。

「ホームページが全然役に立たない。最初に300万円くらいかかって、その後毎月30万円くらい取られている。」

何に30万円使っているのですか?と聞くと、要するにSEO(検索エンジン対策)ということで、試しにGoogleとYahooで「リフォーム」とか「○○ リフォーム」とかで検索してもずいぶんと後ろの方にありました。後者に関しては上位表示にするのも、あまり工夫はいらないはずですが。

「無料で検索エンジンの表示が上がる方法教えますね。」と eリフォーム をみてもらって、「ここに登録してください。文字の登録だけなら無料ですから。それで eリフォーム のバナーを御社のホームページに貼ってください」と言いました。

「うちのホームページから、ここに飛んでくるの?」

「そうです、その時にばっちり目立つロゴとかコピーを大きめに貼れるバナーと、特徴をズバッと伝えられる簡易なホームページも用意していますが、これは月3千円です。eリフォーム は、検索エンジンのほとんどで『リフォーム』という検索語に対してTop表示されますから、 eリフォーム から御社のページに行く人もたくさんいますよ。」

「、、、、。うちのホームページでお宅を宣伝するんだったら、うちは損だね。」

「はい?」

「それじゃお宅ははいいけどうちはダメだなって言っているんだ、せっかくうちに来てもこっちに来たら他の会社も見えちゃうじゃないか」

「あっそういう意味ですね。でもね、社長、もし真剣にリフォームを考えている人だったら、ひとつしか見ない人はいませんよ。他の選択肢も進んで与えて、その上で『あなたに合いそうな会社を選んでください』といって選ばれるような戦術を私はお奨めしています。」

と、読んでいて想像いただけると思いますが、途中省きます。

「このホームページが良さそうだというのはわかった、わかったから、○○地区をうちだけにするのはどれくらいかかるんだ?」

「私たちは、『リフォームをしたい人の立場』で考えていますので、○○地区を特定の会社だけにすることはしていません」

 最近、メーカーの方もこのブログを読んでくださっているそうですが、教養あるメーカーの方はこのやりとりを読まれて、私が電話を取ったこの人を「古いな」と思われたかもしれません。しかし、メーカーの人もおおむね同じような感覚だと私は感じています。

 「生活者の視点」へのシフトチェンジを先にしたもの勝ちです。


2005 11 13 [eリフォーム~リフォーム会社さんと生活者さんの出会いの場を提供~] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2005.11.01

YAHOO!トップ表示でeリフォームが活況 1 Nov 2005

051101a  eリフォームのアクセス数が激増している。原因は、YAHOO!で「リフォーム」で検索すると、eリフォームがトップ表示されるようになったことと、ページ上部のスポンサー枠がすっきりして検索ページトップのeリフォームが目立つようになったからです。あえてもうひとつあげるとすると、eリフォーム・プラス会員さんが増えて、何度も立ち寄って見る生活者が増えたことがあります。

 YAHOO!で「リフォーム」と入れて検索してみてください。

 「したい生活」探している人の感動のプロセスは eリフォーム から始まります。


2005 11 01 [eリフォーム~リフォーム会社さんと生活者さんの出会いの場を提供~] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2005.10.29

ネット消費の真の支配者、eリフォームにご注目 29 Oct 2005

051029a  日経ビジネス2005.10.31号は普段日経ビジネスを定期購読していない人でも、本屋で買って読んでおいた方がいいと思います。メインの記事は「グーグルとアマゾン ネット消費の真の支配者」。

 冒頭、アメリカの若手ジャーナリストがネット上で公開して話題になった物語から始まります。

 西暦2008年、米グーグルと米アマゾン・ドット・コムが合併し、「グーグルゾン」が誕生。西暦2014年、グーグルゾンは人々がインターネットに残した検索やショッピングの履歴から、その人の好みを割り出し、最適のニュースや商品情報を送る「EPIC(進化オーダーメード情報構築網)」を立ち上げ、人々の生活に絶大な影響を与えるに至る。(中略)
 「EPIC2014」の世界は、日々現実味を増している。グーグルで情報を検索しアマゾンで買い物をするライフスタイルは、既に米国の日常風景になり、日本にも浸透し始めた。・・・・・

 私もまさしくグーグルで探してアマゾンで買い物をする一人です。アマゾンの日本での売上は昨年で既に800億円あるそうです。日本最大手の紀伊国屋書店1184億円、丸善1100億円に肉薄しています。アマゾンを利用したことのある人はわかると思いますが、ここでは私の買い物履歴から「おすすめ商品」を毎回表示してきます。ぴったりなこともあれば的外れなこともありますが、「あぁ、なるほど」という感じはします。私は経験はないですが、同じ本を2度目に買おうとすると「その本は既に買っていますよ」とアラートが出るそうです。
 この9月に亡くなった中内氏が創業したダイエーは、大衆向けの安さをチラシ広告で打ち出して成長しましたが、情報化、消費の成熟化の傾向に勝てず減退していきました。アマゾンのモデルは、「個」です。「個」のマーケティングが今年1兆円の売上を達成する見通しだということです。

 グーグルも検索ワードに対して、個別の「お奨め(のようなもの)」が表示されます。利用者がつい興味を惹いてクリックすると、自分の欲求にぴったりのものがそこにあったりします。ついついそれを買ってしまうという消費行動は「個」に対してアピールして、みつけてもらうマーケティングです。

 その傾向をマスマーケティングにナノマーケティングというそうです。

 従来の消費行動は、AIDMA(アテンション・興味、インタレスティング・興味、デザイアー・欲求、メモリー・記憶、アクション・購入)のプロセスだったのですが、ナノメディア時代はAISAS(アテンション・興味、インタレスティング・興味、サーチ・検索、アクション・購入、シェア・共有)だそうです。

 ネットコミの時代です。

 SHIPが運営する Googleで「リフォーム」検索でトップ表示の eリフォーム でも、eリフォーム・プラス会員様向けサービスとして、ネットでのクチコミができるサービスを始めます。ダイエーからアマゾンに消費の舞台が移っっていく時代、これからのeリフォームのご注目。


2005 10 29 [eリフォーム~リフォーム会社さんと生活者さんの出会いの場を提供~] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2005.10.08

ホントにリフォームってすごいなぁ!と思いました! 8 Oct 2005

 SHIPホームページのメインコンテンツであるスタイルプレゼンター、先月は フレッシュ&キュートなハートステーション黒野英さん、今月は、熟年スタイルプレゼンター代表サンシャイン増田仁さん。私も知らなかったですが、SHIPのセミナーにいらしたときはけっこうしんどい時だったんですね。実はそんな方がわりと多いですね。「えいやっ!」と大成功、これも多いんですよ。

今日のブログ紹介
私が知っている人の中でもっとも笑顔が自然で似合っている人
住まいる工房川合さん
「はいからさん=カワイイ!」 ってタイトルも似合う男
うらやましい

その2
かんちゃん 熱いね。
あっ「たかちゃんのつぶやき」、たかちゃんか。
「安全と健康を追求したら、天然,本物にたどりついた」
9日楽しみにしています。

051008b 051008c そのプラスワンさんの岡本店長のライブ@インテリアを使って450万円の受注を上げたことはこのブログでも紹介させていただきましたが、完工お引渡しされたそうです。
担当村上彩子さん(働きウーマン)曰く「ライブ@インテリアでご提案したものが、そっくり形になっています!! ホントにリフォームってすごいなぁ!と思いました!自分の提案したものが現実こうやって形になって残る。そこでお客様の新しい暮らしが始まって、喜んでいただく。そんな幸せスパイラルにシップが貢献できている!! 感激しました」
051008a


2005 10 08 [eリフォーム~リフォーム会社さんと生活者さんの出会いの場を提供~, はいからモダン物語~安心建材で家族を守る~, ライブ@インテリア~「そう!そう!こんな感じ!!」~] | 固定リンク | コメント (8) | トラックバック

2005.08.11

応援団 11 Aug 2005

 8月10日広島で、月例のスキルアップ講習会とSHIPリフォームセミナーを開催しました。研修会ものぞかせてもらいましたが、好評の他流試合ロールプレイングは盛り上がりますね。社内でも営業のロールプレイングを取り入れている会社はそれほど多くないと思いますが、他社の初対面の方とのやりとりは最初は少し恥ずかしそうですが、だんだんと本気になってきます。

 サンシャインの増田さん がいらしていたので、昼食をご一緒させていただきました。55歳のトップセールスウーマンがライブ@インテリアを通して大胆な提案して、お客様を喜ばせて、どんどん大型受注をされているそうです。ライブ@インテリアの操作は増田さんの奥様(社長)がやられるそうです。脳裏に映像が浮かんでしまい、SHIPホームページのメインコンテンツ「今月のスタイルプレゼンター」の取材をさせていただくことになりました。

050811a 050811b

050811d  SHIPリフォームセミナーでは、講習に参加されていた ファミエル の杉村さんとサンシャインの増田さんの応援コメントをしていただきました。杉村さんは、eリフォーム掲載の『今週のeリフォーマーさん』で紹介させていただいたしたい生活を受注されたときのことを取り上げられて「SHIPのプレゼンの効果はお客様だけではなく、施工業者さんにもイメージが伝えられて工事がスムーズだった」とおっしゃって、いくつかの質疑応答にも応えていただきました。
 増田さんは、スタイルプレゼンの導入の経緯からお話いただきました。
 「チラシの反響が悪くなり、さらに単価も下がって赤字、翌年も赤字になってしまった。悪循環でそのうちまとまった案件が取れなくなり『サンシャインは営繕工事屋』というイメージになってしまうところで、打開策を探していたときに出会ったのがSHIPとそのソフトでした。社長には反対されたが、なんとか押し切って導入した。びっくりしたのは操作性。すぐに使えるではないか!」
050811c  その後は昼食時にお聞きしたトップセールスウーマンが大胆な提案をして、即座に絵で見せてあげることで、購買意欲をどんどん喚起して、大型受注が増えてきて、今期は黒字見込みだそうです。来店型に切り替えたのも大きかったと思います。
 私も知らなかったのですが、eリフォーム・プラスからの引き合いで300万円の案件が即決されたそうです。投資は3000円/月ですので、なんともパフォーマンスのよろしい投資です。

 応援ありがとうございました。


2005 08 11 [eリフォーム~リフォーム会社さんと生活者さんの出会いの場を提供~, SHIPオリジナルセミナーのご案内・ご報告] | 固定リンク | コメント (1) | トラックバック

2005.08.02

他の人にいかに取り上げてもらうか 2 Aug 2005

 この前、百式の田口さんのセミナーに出たとき聞いた話です。自分が興味のあるところだけメモしたところから起こしているので田口さんのセミナー内容とは異なると思いますが、少し紹介させていただきます。

 マスメディア・既存メディアが人々の信頼感を失っていき、それに替わって直接利害のない第三者の意見に興味が移っている、そんな状況が現在進行しています。「直接利害のない第三者の意見」を載せるメディアとして最適なのがブログで、新しい広告の形態としてブログをプロヂュースするブログ・パブリッシャーという業態も生まれつつあるそうです。例として Gawker をあげていらしゃいました。
 
 アマゾンの書評を思い浮かべてみてください。書評がゼロのものよりも書評が30件あるものの方が今買う価値が高く見えます。「この人もこう言った、あの人もこう言った」という印象がマーケットに影響を及ぼし始めています。田口さんは2000年頃から「オピニオン・リーダーがいなくなった」と表現されました。私も同感です。
 ブログが価値を持つのは下記のようなことに基づいています。
 ・検索エンジンで上位表示される
 ・Historyが見える
 ・会話が見える
 検索エンジンで上位、つまりはGoogleでTopページに表示される情報が価値が高く、そこで背後関係もつながりもわかることで情報化社会の情報価値は保証されていくのです。

050802a  ちょっと小難しい内容になってしまいましたが、実は「はいからモダン物語」のセミナー原稿の一部でもあります。何故「はいからモダン物語」はeリフォーム(www.ereform.net)から発信されるか、そのビジョンは? など熱く語ります。

 すでに会員加盟の方は、8月22日10時から17時まで営業講習会を行います。夜も重要ですので泊りがけできてくださいね(笑)。

 リフォームのマーケティング戦略/ブランディング戦略にご興味ある方は「はいからモダン物語」セミナーにご来場ください


2005 08 02 [eリフォーム~リフォーム会社さんと生活者さんの出会いの場を提供~, SHIPオリジナルセミナーのご案内・ご報告, はいからモダン物語~安心建材で家族を守る~] | 固定リンク | コメント (1) | トラックバック

2005.07.29

湯沢将志くんのスタイルプレゼンター次回予告 29 July 2005

050729a 湯沢将志です。今日はスタイルプレゼンターの取材に行ってきました。ここで少しだけ8月のスタイルプレゼンターの予告をさせていただきます。

 8月のスタイルプレゼンターはオクタ入社9年目、越谷店~Reform Studio Koshigaya~の牧野店長。
 ライブ@インテリアはプロでない営業マンをプロ並にするというコンセプトですが、牧野店長はもともとリフォームのプロ営業マン、その方がライブ@インテリアを使うと「鬼に金棒!」、行列のできるリフォームショップとして全国でも有名なオクタ越谷店の実績に、ライブ@インテリアもは貢献させていただいているのではないかと内心嬉しく思っています。

050729b  あわせて、入社2年目の方なんですが、オクタさんの営業の中で素晴らしい活躍をされている御子柴さん(牧野店長にお話を伺っていたところ、偶然僕の出身地とすごく近い方でした!!)のお話を伺うことができました。
御子柴さんにも登場していただこうと思っています。
「あるお客様で、他社さんで様々な提案を受けていたのですが、050729d どうもしっくりこない。そこで、ライブ@インテリアで提案したところ、その瞬間に気に入っていただき契約を頂きました」
と語る牧野店長。他にも予算200万円だったお客様が提案を重ねるうち最終的には1300万円にまでなったという事例を紹介します!!
8月のスタイルプレゼンターにご期待下さい。

 今日の取材の中で、牧野店長が盛んにおっしゃっていたのが、地域貢献とコミュニティー作り。
オクタの各店舗で開かれているカルチャースクールは大人気だそうです。
中でも、越谷店は一番人気で、毎週木曜日に開催されているスクールに10~20人の参加があるそうです。
050729c 常連のお客様も多く、その方の口コミで横に広がっていき、はじめた当初は1組2組だったのが今では100人を超える大きなコミュニティーになっています。
様々な活動を通じ、地域の皆様に貢献し愛し愛される。そして、従業員が誇りを持つことを越谷店の理念とされているそうです。
来月には更なるイベントをお考えのようですが、内容は秘密だそうです。

 来月の中頃にはスタジオの外観も変えられるそうなので、その頃お伺いさせていただきますね!!


2005 07 29 [eリフォーム~リフォーム会社さんと生活者さんの出会いの場を提供~, ライブ@インテリア~「そう!そう!こんな感じ!!」~] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2005.06.16

eリフォーム発、住まいのブランド「はいからモダン物語」 16 Jun 2005

 同潤会アパートや渋沢記念館に移築された誠之堂・清風亭など現存する大正時代の建築は、内外装の経年変化が劣化ではなく、時の経過がしみこんだ品格を感じさせます。建築物の文化財な意義については、取り壊しの俎上にあった誠之堂・清風亭の「保存に関する要望書」(日本建築学会)からも察せられます。

0506016b 「自ら建築概要に述べている近代的な『清楚の気分』を十分表現している秀作」とは要望書からの清風亭の評価の抜粋ですが、近代的な『清楚の気分』とは、「はいからさんが通る」の花村紅緒(はなむら べにお)を思い起こさせます。

 大正時代の代表的な建築物に実際使われていた内装材マンチュリアスタッコは、文字とおり満州で採掘されたマグネシウムをベースにしたマグネシウム・セメントでした。マグネシウム・セメントの現在の使われ方は歯医者さんで詰め物に使う「セメント」です。つまり口に入れても大丈夫なほどの健康素材です。

0506016f  そんなマグネシウム・セメントを現代に甦らせたのがアトピッコハウスさん。この会社の創業のきっかけは後藤社長が奥様のアトピーに住宅自体も影響していることに気がついて、「家族の健康を守る家」をご自身のライフワークにすることを決心したことにありました。
 私は後藤社長とお会いして、「妻のアトピーが私の原点です」と言い切る後藤社長の足掛け10年になる真摯な活動に共感しました。そこには床・壁・天井材と糊、建具、建築基準法の対象範囲外になっている畳にいたるまでほんもの素材が選びつくされていました。

 『シックハウス法の法律を守っても家族を守れない』という現実を知るに至って、こうした情報が果たして生活者にきちんと伝わっているのだろうかと疑問に思いました。同時にどうしても坪当たりコストでの競争がやまない新築業界ではなく、リフォーム業界にこそ、この問題を解決していく役割があって、その中で「情報分野」を担うと決意した私たちSHIPがこの情報をきちんと伝えていく使命があると感じました。

 さて、それから私達は何を伝えたいのか、どんな情報が伝わるのだろうかという試行錯誤の末、下記のことを決めました。
1)生活者向けリフォーム・ポータルサイト eリフォーム を伝達メディアにすること
2)時代背景を大正時代に設定して、名称を はいからモダン とすること
3)生活者向けには、したい生活の コンセプト・ブック での伝達も行うこと
4)サンプルデザイン集 でデザインと価格を生活者にわかりやすい形にすること
5)ほんもの素材集 生活者に建築素材もきちんと伝わるようにすること
6)生活者は リアルタイムプレゼン でしたい生活を見つけられること

 大正浪漫、大正建築、夫婦愛、ほんもの素材、はいからモダン、、、eリフォーム発信の情報で、生活者との間に「共感」の絆を創ります。
 この「共感」の絆がインフラストラクチャーになります。「共感インフラ」のうえを、「情報・感情・注文・お金・したい生活」が流れていきます。これを私達は「共感マーケティング」と呼びます。
 
 私達の「共感」に共振された リフォーム会社さん に、eリフォーム・プロフェッショナル会員 になっていただければうれしいです。共感の環を広げていきましょう。

0506016e

はいからモダン物語の第一次募集はこちらからお願いいたします。メールタイトルは「はいからモダン物語第一次募集応募」とし、本文には貴社名、代表者名、電話番号、e-mail等必要事項を記入してください。


2005 06 16 [eリフォーム~リフォーム会社さんと生活者さんの出会いの場を提供~, はいからモダン物語~安心建材で家族を守る~] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2005.06.07

リフォームはいいけど、支払いが心配で、、 7 Jun 2005

050607d 050607e 050607f

 我が家をリフォームしたのは、3年前くらいですが、少々まとまった金額になったので、妻は「ローンはないのかしら」と言ってました。頼んだ人は私の友人だったのですが、「ローンはちょっと手間も金利もね、、、」ということだったので結局キャッシュで支払いました。その後も「リフォームはキャッシュ、金額が嵩(かさ)むと銀行」というのが普通だと私も思っていました。

 ところが、スタイルプレゼンを始めると、契約単価が上がります。数万円から30万円くらいまでが中心であれば、キャッシュ中心でいいと思いますが、200万円から400万円くらいのゾーンまで上がってくると、お客様も分割支払いの方がご負担が少ないし、 『この会社はローンの手続きを簡単にやってくれる』と最初から思っていれば、打ち合わせもスムーズです。

 今後、こだわりのある人は、リフォーム会社探しをするにあたって、インターネットを利用することがますます増えます。検索エンジンで 「リフォーム」で検索するとTop表示される eリフォーム では、リフォーム会社さんに 「こちらではローンが使えます」というガイドをすることにしました。

050607c

 志賀塗装さんの例でいえば、こちらはブログもみれるし、ローンも使える ということがひとめでわかります。

050607b  調べてみたところ、確かにリフォームローンはまちまちでした。それなら!ということで、リフォームローンの中では、最低金利(年利3.65%)で、しかも取り扱いが非常に楽で、そのうえリフォーム会社さんへの支払いがスピーディというローンをJACCSさんに企画してもらいました。その名も 『eリフォーム・ローン』 、eリフォーム登録会員さんだけに提供するリフォーム・ローン・サービスです。
 
050607a  生活者向けのページをアップしました。専用のローンシミュレーションも公開しています。これからは『リフォームはローンを利用して!』が普通のことになっていくと思います。

 第一次募集で、約50社さんからお申し込みがありました。リフォームショップ・マップへの表示も開始しています。
 
 登録はもちろん無料ですから、即登録してみてください。問い合わせは下記。
 
 
 eメールはこちら

 電話は 03-3868-9621 (担当:湯沢まで)


2005 06 07 [eリフォーム~リフォーム会社さんと生活者さんの出会いの場を提供~] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2005.06.02

想い 2 Jun 2005

 SHIPでは、毎月月末には一日かけて、大掃除と全体会議を行っています。会議の最後、全員に感想を聞いた際、新人の江川さんがこんなことを言ってました。

「事業計画の作成を先輩たちがしているのを聞いていると、『私達の想い』『想いを伝える』ってそんな言葉が飛び交っていて、会社って利益とかそんなことばっかり話ているところだと以前は思っていましたが、SHIPってほんとにこんなところだったんだと、あらためてよし自分もやるぞって決意しました」

 『想い』を共有しているお客様を紹介しているのが 月間スタイルプレゼンター 、今月は京都の日経ハウジングさんの加藤さん、24歳の元事務員さん。LifeStyleCADを使いこなしています。

050602a  建築業ってかっこいいじゃないですか!リフォームであれば、もともとあった空間を新たに想像して創りあげていく。そこに、家族の思いや生活がからんでいて、設計者や施工者の思いも加わる。一生住むからこそ、その様々な思いから、少しでも快適に落ち着く家が出来上がる。その一部を担えるなんて素晴らしいじゃないですか!

 この企画は昨年の12月からスタートして今回で7ヶ月目。今までもすばらしいお客様たちにご登場いただいております。ありがとうございます。SHIPホームページのメインコンテンツでありますが、わたしたちの元気の素でもあります。

050602b 和みリフォームスタジオ(東京)富岡さん

050602c リニュアル(神奈川) 橋本さん

050602d イマージュ(神奈川)川口さん、星野さん

050602e 正健プランニング(埼玉) 阿部さん

050602f アシストM(兵庫) 竹村さん

050602g スペースアップ(大阪) 町田さん

 

共感したらSHIPリフォームセミナーへどうぞお越しください! 


2005 06 02 [eリフォーム~リフォーム会社さんと生活者さんの出会いの場を提供~, チームSHIPイズム~理念、教育、採用など~] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2005.05.17

出会いと共感 17 May 2005

050517a 「私の原点は妻のアトピーですから、、」
 4月28日、セミナー後の懇親会で様々なことをお話させていただいたとき、後藤社長のこの言葉が私の心を揺さぶりました。SHIP創業4年目を迎え、私自身、今年は何度も「原点」を繰り返し口にしてきましたが、愛する人を守ることを原点にすえている目の前の人との出会いに感謝しました。

 3月から私は「あるもの」を探しにいろんなところに出かけていました。自然素材のセミナーがあるということで4月28日に出かけたのもその一環でした。セミナーで後藤社長が「ほんものの健康を守る住宅」を追求していることがびんびんと伝わってきました。

 平成15年7月1日より「シックハウス対策法」が施行されました。その根幹は下記の完全実施です。
 ①シックハウスの原因となる化学物質が発散する建材の使用量を制限
 ②24時間稼動する機械換気システムを設置

 このとこにより、それ以降に施工された住宅においてはシックハウスが激減するはずでした。あまり知られてはいないことですが、、実態はそうなってはいません。

 理由は、一言でいうと【法律を守った家で、家族は守れない】ようになっているからだそうです。
 厚生労働省は「室内空気を汚染し、人の健康を害する」問題物質として13種類の化学物質に室内濃度指針値(ガイドライン値)を設定していますが、今回はその中の2種類「ホルムアルデヒド」と「クロルピリホス」だけが制限あるいは禁止になっています。残り11物質には規制がありません。またホルムアルデヒドは「低濃度」になっていても、完成した建物のホルムアルデヒド濃度が問題のないレベルになることを保証している訳ではないのです。

 法律は社会生活を規制しますから、大多数の人にとっては影響の少ない経済活動までを制限してはいけないという見地も正論としてあると思います。しかし、「私の原点は妻のアトピーですから、、」と【家族を守る家】としてゼロホルム住宅、ナチュラルで安全・安心な住環境の普及を志す後藤社長の生き方に私は共感しました。そして、私たちと関わる多くの人たちに、ご紹介したくなりました。

 ブログ先行告知ですが、6月16日(水)13時より、『eリフォーム・ファン倶楽部(仮名)』と題しまして、文京シビックセンターでセミナーを企画しました。テーマは《21世紀は共感マーケティングの時代》。SHIPのユーザー様・eリフォームのご登録企業様のファン倶楽部イベントです。ブログに立ち寄られた方、是非ご予定をしておいてください。

  後藤社長と奥様の物語はこちらからご覧ください。「創業の想い」。

  あの大物も参加です!! 続きは明日。050517b

 おかげさまで古川先生(ライブ@開発担当)のライブ@インテリア パーフェクト講習会」は満席になりました。ありがとうございました。これから先はキャンセル待ち受付になります。


2005 05 17 [eリフォーム~リフォーム会社さんと生活者さんの出会いの場を提供~, はいからモダン物語~安心建材で家族を守る~, 小松の足跡~未来を見据えて~] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2005.04.19

「最初の相談会の前日は心配で夜も眠れないくらい心配でした」ジンちゃんミニセミナー in 広島 19 Apr 2005

050419a

050419b 今月から広島でスタイルプレゼン・スキルアップ講習会を開催しています。中国・四国のユーザー様が増えてきたおかげです。スキルアップ講習会は、SHIPと保守契約をいただいたお客様は何人でも参加可能な講習ですが、私たちはこの講習会がSHIPの営業活動の基本だと思っています。
 050419f なぜなら、SHIPがユーザー様にご購入いただいたのはコミュニケーション・ツールだからです。コミュニケーションの最新かつ最高のパフォーマンスを得られる手法を毎月更新しながらお伝えすることで、ユーザー様とそのお客様が幸せになることが私たちのサービスの目的だからです。

 講習会のあとに広島初のSHIPリフォームセミナーを開催、私は開始30分前くらいにつきましたが、スキルアップ講習会に参加されていたジンちゃん日記のサンシャインの増田さんが昼食のあと会いに来てくれました。最初は三島由紀夫の話で盛り上がっていたのですが、お仕事の話を伺ったところ、導入3ヶ月で客層も変わった、契約単価もアップしたというようなことでした。客層がアップすると、引き合い数は減りますし、アップした客層にみあった見た目・対応が必要とされるので今はそのシフトに苦労しているという印象ですが、セミナーに来られる方にそのあたりのこれからの課題を意識していただくのもいいことです。急遽ミニユーザー講演をお願いしました。

050419g 「SHIPのスタイルプレゼンはこの2年間で成長を志す住宅リフォーム会社の必須のツールになりましたが、印象では、パソコンソフトですから若い人しか使っていないという印象があるかもしれません。そんなことはないですよ。ちょうど今日午前中講習に来られていました島根県浜田市のサンシャイン増田さんは、ちょこっと(笑)ご高齢ですが、バリバリ使いこなされています。セミナーの最初にユーザーミニセミナーということでさっきお願いしました。皆さん、お聞きになりたいですよね」と予定外でしたが、講演をお願いしました。

050419d 「さっきSHIPの小松社長から、話してよと突然言われたので、全然準備していなかったんですが、、、私どもは昨年11月の大阪のセミナーに参加して、スタイルプレゼンの実演を見て『これだ!』と思って導入しました。それまでも自分で好きだったこともあり、CGソフトはたくさん見ていたんですけど、リアルタイムっていう考え方が全然違いましたね。 以前はチラシでそこそこやっていけていたのですが、反響も悪くなり、少し大きめの引き合いが我々のところに来なくなってしまっていて来店型への切り替えを含めて転換方法を模索していた時期でした。契約は12月でしたが、年明けに導入して、ここにいる高橋さんにきてもらって講習を受けました。操作はすぐに覚えたんですが、最初にタカラのショールームで相談会を行ったときは前日、夜も眠れないくらい心配でした。果たしてこれで想定どおり、お客さんから反応があるのだろうか、なかったら、、、、ということでしたが、最初は無理やりにでも座ってもらってライブ@インテリアでヒヤリングを始めると、こちらがびっくりするほど乗ってくるんですね。3件プレゼンして、2件成約しました。本当にリアルタイムの威力ってすごいと思います。
050419c 普段の営業活動がどうなったかというと、商談ルームを新装して来店型にしたこともあるのですが、客層が全然変わったんですよね。以前は若くても50代(笑)の方が多かったですが、今では30代のご夫婦、40代の方が多いです。赤ん坊のお守りをさせられることも多いです(笑)。聞いてみてわかったんですがこの世代はインターネットで情報を探すんですよね。ですから私どもが最初にターゲットにしていた団塊の世代は、これからじわじわと口コミなんかで出会う機会が増えていくのかなと思っています。
050419e
 ライブ@インテリアはいいですよ、簡単でインパクトが大きいですから。私どもは今LifeStyleCADを立ち上げていくのが課題です。実際、そこまで営業案件が大きくなってきてしまったんです。
 これからSHIPさんが広島でも講習会を開催していただけるということなので、浜田だとちょっとあれですが(笑)、仲間が増えていったらいいなと思っています。ご静聴ありがとうございました。」

 インターネットでの集客の話もあったので、私からは「月3000円で検索エンジン(Googleなど)トップの効果を発揮するeリフォーム・プラス・サービス」の紹介を付け加えさせていただきました。


2005 04 19 [eリフォーム~リフォーム会社さんと生活者さんの出会いの場を提供~, SHIPオリジナルセミナーのご案内・ご報告, ライブ@インテリア~「そう!そう!こんな感じ!!」~] | 固定リンク | コメント (3) | トラックバック

2005.03.16

早い者勝ち! 3000円でインターネットでとにかく目立つ 16 Mar 2005

050316c 昨年のある時期からSHIPとお客様で作り上げているのは「リフォームのプレゼン」ではなく、お客様にとっての「リフォームの買い方」なのではないかと思うようになりました。今年はこの買い方にインターネットを添えていこうと思っています。

 2~3年前からリフォーム会社さんとリフォームを考えている生活者を結びつけるマッチングサイトが、割りと大きな資本を背景に大々的に展開されてきています。私は結構なことなのではないかと思っていましたが、それらのサイトを利用しているSHIPのユーザーさんの話を聞いていると、なかなか難しい面もみえてきます。物販ですとインターネットの商取引の発生がわかりやすいのですが、「誰に相談しようかな」「どんなプランがあるのかな」という非常にあいまいな状態の生活者と引き合わされたリフォーム会社さんは、そこから何ヶ月もかかって、いろんな会社に天秤をかけられた末にやっと成約にいたったような場合、当初の定め通りの仲介手数料を素直に支払う気にはなれないのだといいます。

 なるほど、そこでリフォーム会社さんが感じているストレスは、先日紹介した「ポストモダン・マーケティング」で皮肉られている間違った方向の顧客志向をそれらのサイトが行っているからなのかなと感じます。

Attention「マーケティングの究極的目的は、消費者にモノを売ることです。それ以上でもそれ以下でもありません。 ポストモダン・マーケティング P66より

 これからますます情報過剰時代が続きます。生活者がインターネットで求めるものと企業がインターネットで得られるものの合流点はただ一点、「見つけること、見つかること」だと思います。生活者は自分自身の欲求を委ねられそうな相手を探します、企業は自分を気に入ってくれる相手に見つけてもらいたいです。
 
050316b ですからSHIPでは、Googleなど検索エンジンで「リフォーム」というキィワードで最上位表示される eリフォーム をシンプルな電子チラシ機能として提供します。

 生活者は「リフォーム」のポータル(門)として eリフォームに入場して、自分の家の近くのリフォーム会社を探します。そのとき、目立つ会社をクリックして、自分の求めているものと照らし合わせます。「ここは合いそう」と思ったとき、いきなり電話だと怖いけど、メールで問い合わせをするなら心理的ハードルは低いです。メールの応対後、よかったら実際にお会いすればいいわけです。仲介者が入る必要はあまり重要でないと思います。神奈川県の リフォーム会社一覧で実験してみたのですが、アクセス数は圧倒的でしたね。当たり前ですが。

 企業はチラシや広告と同様、この電子チラシを反響のコストパフォーマンスで判断すればいいわけです。仲介者に気を使う必要はありません。 
 
 そんなシンプルな「見つけられやすい」電子チラシを、月額3000円で4月より提供します。サイト製作はいただく写真などの題材によって結局一品生産になるので、少々時間がかかります。従いまして、早く申し込んだ人にきわめて有利なサービスだと思います。
050316a サンプルページを作ってみました。ご覧ください。

 お申し込みは こちらまで。

 電話問い合わせは Tel 03-3868-9621 ㈱シップ eリフォーム担当 湯沢 
 メールでの問い合わせはこちら ereform@ereform.net


2005 03 16 [eリフォーム~リフォーム会社さんと生活者さんの出会いの場を提供~] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2005.03.04

インターネット対策費 まずはゼロ円から 4 Mar 2005

050304b

 ライブドア(インターネット企業)がニッポン放送(ラジオ放送企業)に買収をしかけること自体、ある面から見ると当たり前のことです。
 2004年の日本における広告費のうち、インターネット広告は1814億円(前年比153%)とラジオ広告の1795億円を抜いています。2005年はもっと顕著な差がついていることと思います。

 昨日、大阪からSHIPに来られたリフォーム会社さんから、集客に悩んでいらっしゃっていて、ソフト会社から「これからますますインターネットが重要になるから、検索エンジン対策を含めてホームページを刷新しましょう」と提案を受けていて、「どうしようかと思っているんだが」、というご相談がありました。

 私は世の中の動向に関する見解はソフト会社さんとまったく同じです。特に富裕層のお客様はインターネットで情報を得ようとする傾向がますます高まりますし、お客様に見つけてもらって選んでもらう仕組みが大事だというのも今後の営業の基本姿勢として当然のことだと思います。

 しかし、ご相談に対しては「現在の集客はチラシの方がいいと思います」と最近の集客できているチラシのご紹介をさせていただきました。そのソフト会社さんの提案内容は、「一度きり」の検索エンジン対策とホームページの更新であって、それだけでも安くはない見積ですし、日常的に更新していくための工夫はどうなんだろう?というレベルだったこともありました。
 「今のホームページを eリフォームに登録しておいてください。ゼロ円でできる検索エンジン対策です」と付け加えました。

050304a 時代が移り行く中でいろんな悩みをお持ちのことだと思いますが、インターネットで探すお客様を優良なリフォーム会社に誘導して流れに関しては、SHIPがeリフォームのご利用を含めて使命感をもって、最高のパフォーマンスをご提案していこうと思っています。 

 今週、eリフォームのリフォーム会社様登録の更新を現在登録いただいている約1100社様に案内をさせていただきましたが、昨日から登録Webサイトもフル稼働、FAXもどんどん来ています。アクセス管理をしていらっしゃるユーザー様はeリフォーム経由のアクセスが多いことをご存知なのだと思いますし、私たち同様、現在の登録情報では少なすぎるよなと思っていらっしゃったのだと思います。
 今月中旬からこのような情報内容になります。

 eリフォームは一般の生活者が検索する際に入れる単純語「リフォーム」を入力するとそれぞれ上位表示されます。(下記は2005年3月4日17時の情報です)
 Google(検索エンジンシェア 56.4%) 1位 2830000件中
 Yahoo(検索エンジンシェア 21.1%) 2位 2928件中
 MSN(検索エンジンシェア 9.2%)  2位 623590件中

 一般生活者はとりあえず「リフォーム」と入力した後、検索上位表示の eリフォーム を訪れます。「うちの近くにはどんなリフォーム会社さんがあるんだろう?」と、その後その中の地域ごとのページを訪れた際に貴社が登録されていれば、貴社は見つけてもらえるわけです。自社で何百万円も投じて、検索エンジン対策をしなくてもいいのです。

 本日の提案、インターネット対策費 まずはゼロ円から始めましょう。

注:検索サイトのシェアはワンスタット社2004年4月調査より


2005 03 04 [eリフォーム~リフォーム会社さんと生活者さんの出会いの場を提供~] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2005.01.28

佐賀銀行事件時代の集客方法 28 Jan 2005

 若い女性が「あの銀行が危ないらしい」と聞いて、午後1時半頃、26人の友人に「明日倒産するらしい」と携帯メールを送ったところ、その日のうちに92,000人の人が180億円の現金を引き出し、その後数日間で約500億円の現金が引き出されるという、いわゆる取りつけ騒ぎにまで発展したことで有名な佐賀銀行事件は2003年12月25日に起こりました。電車や街のいたるところで携帯メールを送っている人たちを見ていると、実は毎日小さな佐賀銀行事件が起こっているんだろうなと思います。佐賀銀行のように不安というベースには「具体的な恐怖」がトリガー(引金)になりますが、その逆もあります。住宅リフォームを考えている生活者がまずは直面するのは「誰に相談したらいいかわからない」ということですが、そのときの気持ちは「漠然とした期待感と不安感の間」です。

 そんな人が多いことは誰でもわかっています。ではそんな方々の購買意欲を高めるトリガーは何でしょう?

 ●大規模な広告宣伝活動と大規模ショールーム

 この20世紀的手法では、どうやらうまくいかないらしいということが実証されたようです。

 ○ホームページでの日記(ブログ)を読んでもらう

 期待感の大きい方、つまり工事規模も大きくなる可能性のある方がリフォーム会社に電話などでアクセスする前にチェックするのがホームページですが、ホームページをみていきなり電話する人はそれほど多くなく、ある一定期間ご自身のサーチ期間を経る必要があります。そのサーチ期間内にホームページに再訪していただいて、かつ好印象をもっていただいたとしたら、会ったときには、もうホット顧客です。
 このプロセスを生むコンテンツで今日現在もっともコストパフォーマンスがいいのがブログです。何といってもブログは無料で提供されています。経営者や店長、コーディネーターの方などどなたでもいいですが、ご自身の想いを(できるだけ)毎日書かれることで、サーチ中の人のアンテナにひっかかっている状況が作れます。
 AIDMAの法則の、第2段階・Interesting(興味)が深まり、共感が生まれます。

050128a
 本ブログでも何度もブログをお奨めしている手前、Googleで「リフォーム」で検索すると250万件中トップで表示される リフォームポータルサイト eリフォーム のリフォーム会社を探すページに、「ブログを公開しているマーク」を掲載することにしました。

 埼玉県春日部市に住んでいる方が「春日部市」のリフォーム会社一覧をみてみると、正健プランニングさんに「B」マークがついています。AIDMA第1段階Attention(発見・注意)です。
 「これって何だろう?」と思ってアクセスすると、鈴木社長の日記と関山さんのカスタマー・コンシュエルジェ日記を見つけます。そこで読み始めてみると、リフォーム会社ってこんな風なんだ、とか、ずいぶんと本を読まれる社長さんね、とか、こんな方に応対してもらえるのね など、親近感が湧きます。さて、その方はその後、、、。

 21世紀は携帯電話を自在に駆使して、ITでつながっている時代です。「共感」がトリガーです。「共感」を振動させる仕掛けを会社としてどのようにして創っていくか? がテーマです。大量宣伝・大量広告は資本の無駄、地球資源の無駄、20世紀とともに終わったと思った方がいいです。


2005 01 28 [eリフォーム~リフォーム会社さんと生活者さんの出会いの場を提供~, SHIPブランド最新情報] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2005.01.20

ライフスタイル指向型のお客様はインターネットで自分で探す 20 Jan 2005

 リフォーム業界では2004年に来店型リフォームスタジオとリアルタイム・プレゼンテーションを組み合わせた契約率アップと単価アップのPull型のビジネスモデルが立ち上がりました。何度も言いますが、2005年はこの組み合わせがあっという間に普通になります。

 何故かというと「高単価」になりやすいからです。少しだけ具体的に言えば、スタジオの存在によって「来られるお客様の層」が変化してライフスタイル指向のお客様になります。そこで「どんな生活がしたいのか?」というテーマでリアルタイムでプレゼンテーションすることで、「あっそれそれ!」という反応と同時に「したい生活にスィッチ」が入ります。

 今日現在は、やや珍しさもあって、「ある」だけで効果が出ますが、少しロングスパンで考えると、平行して準備しないといけないことがあります。それはライフスタイル指向型のお客様は、これから先、ますますインターネットで情報を探して、今までにないリフォーム業者の見つけ方をしていくだろうということです。

 SHIPではインターネットで自分で情報を探しあてることに価値を持つお客様をターゲットに eリフォーム の運営を行っています。

 お客様は 通常、検索エンジンで「リフォーム」と入力します。何度か書いていますが、今日現在も この eリフォーム がトップ表示されます。ここに登録しておくだけで、地域の生活者に対しては、実質的に 検索エンジンで1ページ目に表示されるのと同様の効果をもらたします。

 eリフォーム にアクセスして ぱっと目に飛び込んで来るのが eリフォーマーさん。ここに掲載していると、指定されているホームページアドレスに、多いと一日に100件ほどリンクします。ブランド化の第一歩は、良い印象・格別な印象をもってもらうことです。雑誌と同様、商圏外のお客様も多いですが、雑誌と違うのは、自社のホームページから eリフォーマーさんにリンクをはっておくことで、自社ホームページに訪れた人にも、全体のレベルの高い eリフォーマーさん にのっていることをプラスの印象にすることが長時間にわたって可能になることです。

 またこれは私見ですが、商圏外の人にでも良い印象を持ってもらうことは、「縁」で生きている人間という存在を考えたときには、めぐりめぐってブランド化につながるのではないかと思います。
 
 これからますます eリフォーム が面白くなりますから 注目しておいてください。


2005 01 20 [eリフォーム~リフォーム会社さんと生活者さんの出会いの場を提供~] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2005.01.09

ブログの勧め 9 Jan 2005

 年賀状に「今年は私もブログを始めたいと思います」というようなコメントを何通かでみかけました。ビフォーアフター社長日記は本日が開始から227日目、227回目の書き込みですが、その間友人にもお客様にもお奨めしましたが、今、感じていることを書きます。

【デメリットが見当たらないメディアです】

 ブログについて聞かれたらこう答えます。「デメリットがないから始めてみたらどうですか」

 ではメリットは何でしょうか?
 
 今すでに、これからますます、ですが、お客様はインターネットを通じて自分の興味ある情報あるいは必要な情報を収集します。昨年秋頃の日経ビジネスでも特集されていましたが、「広告」はすでに信用にたる情報にはなっていないようです。インターネットでお客様との接点になるホームページも「広告」と「説明書」の要素しかなかったら、誰も興味を持ちません。ところが、経営者やスタッフが、自分の想いや日常を記したような手記にふれるとお客様は、一歩踏み込んだ判断ができます。
 「この人のモノの見方は自分に近いな」とか「こんな一所懸命やっているスタッフにまかせてみたいな」とかです。

 リニュアルの西脇社長は、某大手リフォーム会社さんのとの競合になったお客様に、価格は高かったにもかかわらず「あなたのブログ読んで、任せたいと思いました」と言われてご契約された案件がブログ開始2ヶ月くらいからあったそうです。

 「その逆のケースもあるんでしょ?」といわれそうですが、ブログを読んで「コイツ気にいらない」と思われて引き合いにならなかったというのは、たぶん私の場合もあると思います。しかし、これはデメリットでしょうか?
 合わない人はいずれは合わないことによるトラブルは発生する可能性があると思います。あくまでも相性の問題ですので、そのような人が、事前に避けてくれたら、これはメリットではないでしょうか。

 1994年3月に私がCSKの子会社の社長になったときに、大川社長(当時)から言われたことを、情景も含めてたぶん一生忘れません。
 「小松な、経営っていうのは全人格的なもんやで」
 ブログも毎日書いていると全人格を隠しようがないです。21世紀は、「全人格」を晒して選んでもらう経営の時代ではないでしょうか。
 
 リフォーム会社・工務店さんのブログをまとめてアクセスできるようにしてみました。SHIPの「リフォームブログ」です。まだまだ少ないですが、それでもいろんな方が書いていますのでご覧になってください。また、リフォーム住環境関連のブログがありましたら掲載いたしますので、ご存知でしたらご一報ください。  


2005 01 09 [eリフォーム~リフォーム会社さんと生活者さんの出会いの場を提供~, 小松の足跡~未来を見据えて~] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2004.12.16

中途半端なプランナーは要らなくなるね 15 Dec 2004

 今年最後の船井総研五十棲さんのコンサルティング。
 来年からリリースするSHIPの新商品・新サービスをみてもらったところ、感想は「これで中途半端なプランナーは要らなくなるね」でした。逆説的にいえば、レベルの高いプランナーはレベルの高いお客様への提案向けにますます需要が集中していくということでもあるのだと思います。

 大きな流れとして、「プロ」が求められる時代になっていきます。しかし、マネジメント次第で、腕のいいオーナーシェフがいるこじんまりとした店にもなるし、「頂点」のイメージをブランド化してどこでも他店にはないワンランク上のサービスを提供できる店舗グループにもなると思います。どちらが正しいわけではなく経営者の事業意欲の問題でしょうが、そこで働く社員のことを考えると変化して成長していく後者の方針の方がいいような気がします。

 今年、次々とできたリフォーム・スタジオのスタジオに込めた意味をお聞きしました。
 「スタジオは、製作所。その場で作り上げていく場。」
 スタジオに求められるのは、「プロ」のプランナーですが、実際には「プロ並み」のプランナーなのだと思います。だとすると、SHIPの役割は「プロ並」のプラン・プレゼンテーションが行われるためのサポート・サービスということになることを再確認。

 来年は、eリフォームの「PULL機能」も強化し、顧客を呼び込むVIPサービスも開始予定です。

 eリフォーム + スタジオ + スタイルプレゼン・サポート
                 (コンテンツ・トレーニング・ソフト)
   
   ↓

 リフォーム会社さん・・・契約単価・契約率・粗利率アップ
 施主様      ・・・「したい生活」、感動、満足

 この図式を世の中の常識にしていきます
 「売り方革命」です

 社内体制の相談の答えは、シンプル。
 1)お客様を創る楽しみを徹底追求すること
 2)リーダーシップは自発的に育つと認識すること

文責:スタイルプレゼン エヴァンジェリスト 小松信幸


2004 12 16 [eリフォーム~リフォーム会社さんと生活者さんの出会いの場を提供~, SHIPブランド最新情報, チームSHIPイズム~理念、教育、採用など~] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2004.11.03

リフォームの広告としては最高のパフォーマンス eリフォーマーさん 02 Nov 2004

 Googleで「リフォーム」で検索するとトップ表示される eリフォーム コンテンツの中で、eリフォーマーさんの予約がずいぶんと先まで埋まってきました。広告代理店さん経由の案件も増加しています。eリフォームのトップ画面に掲載されていて、eリフォームにアクセスする人の52%が閲覧するので、広告効果のコストパフォーマンスは日本のWebサイトでもっとも大きいと思います。

041103a.jpg

 掲載週だけでなく、ずっと保管・閲覧されますので、いい事例の映像をきちんと撮れたときには、「今週のeリフォマーさん」に登録しておくと、広告効果が継続します。

 問い合わせは → こちら。

文責:SHIP スタイルプレゼン エヴァンジェリスト 小松信幸


2004 11 03 [eリフォーム~リフォーム会社さんと生活者さんの出会いの場を提供~] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2004.10.08

みつけてもらって、選んでいただき、再三再四選び続けていただく 08 Oct 2004

041008c.jpg

今日はSHIPリフォームセミナー、台風の中、ご来場の方々、本当にありがとうございました。長野の松本から来られた方もいらっしゃいましたが、台風の影響なく無事に帰途に着かれますことをお祈りします。

 今日は、SHIP(=リフォームCAD=スタイルプレゼン)の社長としての私ではなく、eリフォームの主催者としての私に会いに来られた方がお二人いらっしゃいました。
 私自身も最近、SHIP と eリフォーム を一体化して考えていることが多いです。いかにしてお客様にとって価値あるオンリーワンのサービスを築けるか、の問いの答えに近づいていくためには自然とそうなります。

アマゾン・コム―ネット書店から発展を続ける」(三修社)なんかを読んでいると、
1) みつけてもらって
2) 選んでもらって
3) 再度選んでもらうため
に、企業の価値観を統一して、行動と一致させていくことが経営なのだということがとてもよくわかりますが、インターネットというもっとも移り気なフィールドでみつけてもらって選んでもらうセールス体系を構築していくプロセスは、「うちではこうだな」とか「あっそうか」だとか何箇所もでてきて、具体的にとても刺激になります。

 ライブドアや楽天が プロ野球に参入を表明したのも、より多くの人に 見つけてもらって、選んでもらうかを追求する目的だと思います。

 私たち自身も 全国にたくさんいらっしゃるリフォーム会社さん/ホームファニシング会社さんに まずは多くの企業の中から価値ある企業として見つけてもらい、いくつかの選択肢の中からプレゼンシステム/インターネットマーケティングのパートナーとして選んでもらい、そして2店目、3店目と再三選んでもらうためにサービスの満足度・感動度を研ぎ澄ましていくことが必須です。
  
 会社としては、お取引様、学生さんに対しても同様の考え方が求められますし、社長個人としていえば、社員さんにも選んでもらい続けなければいけません。CSRなどというのも本当はそのあたりが起点になっていることなのだと思います。

 そのためには、、、、、つきつめると「一瞬一瞬、自分らしくあること」ですね。

文責: 株式会社シップ 代表取締役 小松信幸


2004 10 08 [eリフォーム~リフォーム会社さんと生活者さんの出会いの場を提供~, 小松おすすめの一冊, 小松の足跡~未来を見据えて~] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2004.10.07

至福の音を聴いて、eリフォームについて考える 07 Oct 2004

041007a.jpg
 ついに というか ついに(笑) (ラジカセにしては微妙な値段だよなと躊躇していた)BOSEのWAVE Radio/CDを買いました。昨晩、届いていたので、12時頃帰ってから、1時間半ほど、いくつかのCDをかけて聞いてみました。「感動!」。期待感という意味での先入観も相当ありましたが、裏切らない音色。今朝の目覚めもなぜかすっきりしていました。何年か前から気になっていたこの製品を背中をポンと押すように買う気にさせてくれたのは「通販生活」の俵万智さんの記事でしたが、そのベースには、「通販生活」に対する私の潜在的な信頼感があったのだと思います。

041007b.jpg
 「通販生活」を出版するカタログハウスさんは、JADMA(社団法人 日本通信販売協会)の中心メンバー企業ですが、JADMAの設立の目的は、当時目立ち始めた悪徳通販会社ときちんとした通販会社とを峻別することです。そのために、様々なガイドラインを自ら設けて、そのガイドラインをクリアした企業に、JADMAマークを使うことを許諾しています。JADMAマークが、信頼性のシンボルマークになっているわけです。

041007c.jpg
 最近、eリフォームのアクセス数・登録企業数・見積依頼数が軒並み増えています。リフォームが普通のことになってきたのだと思いますし、だからこそ、「誰に頼んだらいいかわからない」状態がいっそう浮き彫りになっていると思います。一般生活者からみれば、eリフォームのような存在が、JADMAのような機能を果たしてくれないかな、と思っているのではないかと考えるようになりました。

 「生活者の視点から」、eリフォームの全体も細部も見直してみたいと思います。

文責: スタイルプレゼン エヴァンジェリスト 小松信幸


2004 10 07 [eリフォーム~リフォーム会社さんと生活者さんの出会いの場を提供~, 小松の足跡~未来を見据えて~] | 固定リンク | トラックバック

2004.09.26

無料!で、あなたのホームページに見込み客を呼び込む方法 26 Sep 2004

 日本のインターネット人口は7800万人ということらしい、どういう集計なのかはわかりませんが、仮に全人口を1億2500万人とすると、62.4%の人が相当することになります。
 インターネット利用者にとって欠かせないのが、検索エンジンですが、これに関しては Google のシェアが56%、Yahooが21%、MSNが6%、この3つで80%を超えています。 Googleの56%は Google のサイトからとは限りません。他の検索サイトを使っているのですが 実際は Google だったりするわけです。

 リフォームを考えている一般生活者は 検索エンジンで とりあえず 「リフォーム」 と入力して検索します。すると 多くの検索サイトで スポンサー以外で 一番目に表示されるのが eリフォーム です。Googleの検索エンジンをいろんなところが使っている結果です。
040926a.jpg

YAHOOは 3番目、
040926b.jpg
MSNは4番目に表示されます。
040926c.jpg

 リフォームを考えている一般の人がとりあえず情報収集するサイトとして、eリフォームは総合的にTopに位置づけられると思っています。

 eリフォームは登録料無料ですので、「自分の家の近くのリフォーム会社はどこかな?」と思った人にホームページにアクセスして欲しい場合は、コストパフォーマンスとしてもベストな手段だと思います。検索サイトで上位表示させる SEOサービスは 安くても数十万円かかりますし、上位表示を保証してくれるわけではありません。

040926d.jpg

 eリフォームの中でも最も有効なのは、eリフォーマーさんへの施工事例出稿だと思います。アクセスログをとっていますが、多いときは一日100件近く、登録した施工会社のホームページにリンクしていきます。紹介したい施工事例があるリフォーム会社さんにとっては最高の宣伝の場所だと思います。今、リニュアルさんの事例が掲載されていますが、先日も西脇社長が「すごいね、問い合わせがたくさんありますよ」とおっしゃっていました。

 生活におけるインターネットの利用頻度は、しばらくの間、減少することはないと思います。新しいコミュニケーションの形になってきていると実感します。昨晩もイーライフグループの小川社長、加藤専務と食事をしましたが、久しぶりなのに話題にギャップがないというのは、ブログ情報のおかげです。また、「SHIPの社名の由来」で紹介したSHIPのロゴを創ってくれた方のWebサイトからのこの社長日記への訪問者がここ数日けっこういます。彼女がこの記事を紹介してリンクを貼ってくれたからです。私はそのWebサイトの日記を読んで Paul Randの本をアマゾンに注文してしまいました。
 つながっていく世界をイメージして 次のビジネスを創造していきたいと思います。

文責: スタイルプレゼン エヴァンジェリスト 小松信幸


2004 09 26 [eリフォーム~リフォーム会社さんと生活者さんの出会いの場を提供~, 小松の足跡~未来を見据えて~] | 固定リンク | トラックバック

2004.09.05

無料で儲かるホームページを作る方法 5 Sep 2004

 生活者にとって情報収集源としてのインターネットの位置づけはまだまだしばらくは増大する一方だと思います。だからこそ、リフォーム会社の経営者の方はこれまでホームページを作ったり、メンテナンスしてコストをかけてきたわけですが、サーチエンジンにも表示されないので、訪問者が少ないし、更新しようとしても小さな修正でも5万円、10万円とコストがかかるので、面倒になってきてしまうという話はよくお聞きします。

顧客「ホームページが必要なのは理屈ではわかるんだけど、金がかかるわりに役に立ってないような気がするんだよな」
小松「お金をかけないで役に立つホームページができますよ」

ということで 今 企画中のセミナーが
「無料(ただ)ほど安いものはない! リフォーム業向け繁盛ホームページ作成塾」(仮)

どんな内容かといえば下記のような感じ
1. ホームページに来て欲しい人を呼ぶ
2. ホームページの目的を達成する
3. そんなホームページを簡単に作ってみる

それぞれ定義をしてみます。

「来て欲しい人」とは、住宅リフォーム業は地域密着なので、近隣の人ということになります。

「ホームページの目的」とは、なんでしょうか? 
来てくれた人の「共感」と「信頼」を得て、「自社に共感して信頼感を持ったお客様」からの引き合いを作ることだと私は思います。

では、「簡単に作る」とはどういうことかといえば、ワープロ程度ができる人であれば、自分でも作成・更新できるホームページを作るということです。

1) 生活者があなたのホームページにたどりつく水先案内は eリフォーム が行います。
  eリフォームは、検索サイトの代表である google で「リフォーム」と入れればTop表示されます。リフォームの興味ある人だったら、まずは google から eリフォームを訪れます。そこからご自宅の近くのリフォーム会社さんを探すというのが、標準プロセスになっています。 eリフォーム は登録無料です。

2) 「共感」を得るには ブログが最適です。「えっ またお金かけて更新しなきゃいけないの?」と言われそうですが、ライブドアはじめいくつかの大手プロバイダーが無料でブログサービスを提供しています。ここで ご自身の仕事に対する考えや感じることなどを書き込むことで 訪れる人との間に共感が生まれます。ページデザインを作ったり、写真や絵を貼りこむことも無料でできるものもあります。

3) 「信頼」をえるには 施工事例集をお見せすることです。これをホームページで行うことは、今まではとても大変でした。これを整理して、お客様にインターネットでお見せするサービスが「ネットでビフォーアフター」です。ネットでビフォーアフターの利用を機に、施工事例集の整備を始めたという会社さんもあるくらい簡単で効果的です。こちらも利用料無料です。

これらを組み合わせると、無料で繁盛するホームページができます。
これを読んだだけで、即できる人もいますが、セミナーの機会と小冊子をお配りして、すぐにホームページを作れるようになっていただこうと思っています。セミナーは有料ですが(笑)。

その事例のひとつを紹介します。まだ開設したばかりですが
アットホームズさんこの部屋で口説けない彼女(彼氏)はあきらめてください と刺激的です(笑) が、JUGEMのブログサービスに、ネットでビフォーアフターを組み合わせています。あとは更新頻度ですね。


2004 09 05 [eリフォーム~リフォーム会社さんと生活者さんの出会いの場を提供~, SHIPオリジナルセミナーのご案内・ご報告, 小松の足跡~未来を見据えて~] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2004.06.27

こだわりのある生活者がリフォームショップを選ぶ7つのポイント その参 「ホームページ」 27 Jun 2004

040627a.JPG

 地域密着のリフォームショップと世界中に発信するインターネットの特性をごっちゃまぜにしてはいけませんが、消費行動をベースに考えると明らかに「インターネット以前人種」と「インターネット以降人種」がいるということには注目する必要があると思います。
 
 折込広告で「特売!」と出ている最新式の携帯電話を買おうと思った人がいるとします。
「今度ケータイ替えようかと思うんだけど、ちょうど、駅前の○○がメッチャ安いみたいなんだよ」
価格.comで調べた?」
「えっ それ何?」
「インターネットで一番安い価格が実際に売っている店を紹介しているサイトだよ」
というような経緯で「価格.com」をみた結果、他の店では 3割以上安かったのでその値段を言ったら値引いてくれたというような経験を一度持ってしまった人を「インターネット以降人種」といいます。

 「インターネット以降人種」は日々爆発的な勢いで増え続けていますが、大事なことはその人たちの消費行動に、その日から「インターネット」が組み込まれているということです。つまりその人たちは、インターネットで情報収集できないリフォームショップを最初から選択しないということになります。

 では、ホームページを開設すればいいのか というと、それだけでは足りません。ショップと同様、来訪してくれないといけないわけです。

 「インターネット以降人種」の多くはは、最初の情報収集にインターネットを利用します。つまり、「どこに相談しようかな」の3~4店のピックアップをインターネットで行うということです。

 どこに相談しようかな
    ↓
 インターネットで検索(自分の家の近くにはどんなリフォームショップがあるの?)
    ↓
 3~4店を選択して、相談してみようかな

 これ以降は、ホームページ上の 相談メールであったり、電話であったりするわけですが、大事なことは何でしょうか?
 「ホームページのデザインですか?」
 「いいえ、あまり関係ありません、あったとしてもそれはあなたのホームページにたどりついてからの話です」

 私は絞りきれば2点だと思います。
 1) あなたのホームページが検索されること
 2) ホームページを見た人にとって、何をやっているかわかりやすいこと

 1)はお金をふんだんにかければ、インターネットの検索エンジン対策が取れますが、それこそ数百万円からの話であり、広い営業範囲のある事業者向けです。そうでないリフォームショップはどうすればいいのでしょうか? 
 答えは eリフォーム にあなたのリフォームショップを登録することです。eリフォームは、一般生活者が例えば google などの検索エンジンで「リフォーム」とキィワードを入れて検索するとトップ表示されますので、自然な行動として生活者は最初にeリフォームにアクセスします。そこで、自分の家の近くのリフォームショップを検索すると、あなたのホームページを見つけることになります。(第一段階OK)
 そこであなたのホームページを見に行った生活者に、あなたの仕事上の「理念」と実績つまりは「施工事例」を目に触れさせることができれば、「ここに相談してみよう」という行動に結びつく可能性がとても高まるわけです。(第二段階OK)

 eリフォームへの登録は、ホームページ上からでもできますし、問い合わせをいただけば、SHIPから連絡させていただきます。いずれにしても、審査がありますので、申し込み イコール 登録 ではありません。登録料金は無料です。


2004 06 27 [eリフォーム~リフォーム会社さんと生活者さんの出会いの場を提供~] | 固定リンク | トラックバック

2004.06.17

佐々木茂夫さんに教えていただく 17 Jun 2004

 リフォーム業界では言わずとしれた佐々木茂夫さんですが、1年間SHIPの顧問をお願いしていました。今でもたくさんのことを教えていただいてます。
 お会いするといつもデータベースの話になります。「コンピューターのいいところは、自分の仕事がデータベースになっていくところ」という話です。施工事例は積み重ねることによって、お客様に実績を示す最高の信用のための資料になります。提案プランは整理して少し手を加えてファイルするとスタイルブックになります。現場監督は現場写真を進捗管理のひとつとして毎日撮影して整理すると、工程管理にもなるし、お施主様・協力業者とのコミュニケーションもスムーズになるし、さらにそのうえ、新しいお客様に対するアプローチブックにもなります。「現場監督に営業的感覚を教えるのには写真を撮らせて指導するが一番」ということ。なるほど納得です。

040617a.jpg

 佐々木さんは仙台のファミリ工房を予定通り1年で立ち上げて、現在、横浜のハウススクエアに新事務所兼ショールームを構えて、横浜のファミリ工房を立ち上げています。「市場が大きい方がやりやすいですね」と余裕でしたが、2年続けて新しい市場に挑戦していくエネルギーはすごいなと思います。

 今日も多岐にわたるお話で長居してしまいましたが、大きな構想がひとつわかりかけてきました。軽いところでは「そうだ、横浜は eリフォームにまだ登録していなかったですね」と私。
 佐々木さんにもブログをおすすめしましたところ、乗り気。いろんなインスピレーションがわいたようでした。


2004 06 17 [eリフォーム~リフォーム会社さんと生活者さんの出会いの場を提供~, 小松の足跡~未来を見据えて~] | 固定リンク | トラックバック

2004.06.10

eリフォームのこと 10 Jun 2004

google2.JPG

 もっともポピュラーな検索エンジン google で「リフォーム」というキィワードで検索するとトップに表示されるのが eリフォーム
 一般生活者のアクセス件数が膨大ですので、リフォーム会社様にとって 自社の情報を eリフォームに登録しておくと 自社のホームページへの見込み客の訪問件数が確実に増加しますので メリットは小さくないようです。なにしろ無料です(笑)。

ereform2.JPG
 eリフォームは本年4月1日から SHIP で運営をしていますが、もともとは 「10万人の女性のクチコミュニティ・マーケティング」のハーストーリーさんが立ち上げたサイトでした。1月に日野代表にお会いして、SHIPに譲渡していただきました。SHIPは設立当初から「生活者の視点から」という理念を持ってスタートしたこともあり、生活者から見て『リフォームをしたいんだけど、どこに頼んだからいいかわからない』という状態を解決してあげる責務も感じていました。それは同時に、優良なリフォームショップさんの営業を支援することにもなりますので、一石二鳥です。

 生活者とリフォーム会社のマッチング機能を提供しているサイトは他にもたくさんあります。代表的なサイトは、マッチングの結果、契約に至った案件から紹介手数料を徴収しています。eリフォームは紹介手数料をいただく考えはありません。

 「eリフォームは今後どうなっていきますか?」という質問がたまにありますが、端的に言えば、生活者とリフォームショップの導線を強くしていきたいと思っています。例えば、生活者が訪れることのできる リフォームショールームやスタジオの紹介を積極的にしていって、生活者が「自分に合っている感じがするな、行ってみようかな」と行動を促していこうと思っています。


2004 06 10 [eリフォーム~リフォーム会社さんと生活者さんの出会いの場を提供~, チームSHIPイズム~理念、教育、採用など~, 小松の足跡~未来を見据えて~] | 固定リンク | トラックバック