« 中国語レッスンのYoutubeチャンネル始めました 23 Dec 2014 | トップページ | 生活意識に関するアンケート調査 10 Jan 2015 »

2014.12.30

2014年12月期終了、感謝です 30 Dec 2014

 26日(金)が今期の仕事納めだったのですが、私は年度総括の際「Water is Wide」をBGMにしました。数日前、何気なく見ていたNHKの番組で私よりも年上の人たちがコンサート会場でこの曲を涙を拭きながら聞いていた光景に触れたことで考えたことがあったからでした。

 対岸までは遠く、飛ぶ翼もなく、愛する人と小舟をこぎ出す
 愛のはじめは何事も美しいが、時が経つと朝靄のようにそれも消える
 船はどこまでも沈む、愛の深さと同じくらいに、でも沈むことも泳ぐことも知らない

 失礼をかえりみず要約するとこんな歌詞ですが、何が私よりも人生の先輩方を涙させるほどのことがあるんだろうと思い何度もこの歌を聴きました。その結果、私が感じたことは大事なことは水面の上に浮かぶものではなく、沈まないとわからない水面の底にあるものであり、それが水面の船よりも何倍も何十倍も大きい本質的なものであると。人生経験の長い人はこの歌を聴いて自分の人生の価値に気がついて涙を流すのかなと思いました。

 創業一期目を黒字決算で終えた頃によく口にしていたが「スキルよりマインド」ということでした。ビジネスモデルの「ビ」の字も確立していない頃でしたから常識からいえば、四の五の言わず「売上を上げるスキル」のある人を求めることが喫緊の課題でしたので、翌年4月から新卒生が6名も入ってくることに対して、当事の社員に対して「スキルよりマインド」という方針を述べたことは、半分苦し紛れあり半分直感的な本心からのことでした。

 さて、おかげ様で2014年12月期を無事に終了することができました。ありがとうございました。
 期首計画との比較では93.8%の達成率、18.5%成長の計画でしたが11.1%成長にとどまり、課題を顕在化させた期となりました。

 振り返ると課題のひとつめは「マインドのゆらぎ」だったと思います。
 成果を氷山の例えると、その下には技術や知識、いわゆるスキルがあります。その下には考え方や判断基準があり、基層には存在意義があります。考え方や判断基準、存在意義といったことよりも表層的な成果に気を取られてしまったのだと思います。

 ふたつめは、成果は機会の数(n)と成約率(r)のかけ算でしかないのに、成約率が低い、つまりスキルが低いのにもかかわらず検討に終始して(n)を増やすマネジメントに欠けたということです。手数(n)の多い部門や個人は計画を達成していることからもわかります。

 みっつめは顧客とのコミュニケーション不足です。我々は顧客の課題解決に対して価値のある現場の情報をたくさん持っているのにそれが届けられていませんでした。お客様にとって物足りない会社になりつつあります。お客様にとって頼りになる面白い会社になっていないといけません。現場のコンサルティングで最も忙しいコンサルタントが現場の経験を広げることで売上ギネスを達成したことからもお客様が求めるものがわかります。

 来期は水面の底まで降りて、存在意義(ミッション)から考え方(SHIPWAY)、技術・知識(SHIPスクール)と積み直し、お客様から面白い会社、なくてはならない会社(=成果)と認めてもらうよう行動(n)を増やす期にしていきます。

2014 12 30 [小松の足跡~未来を見据えて~] | 固定リンク


コメント

コメントを書く