« January 2014 | トップページ | March 2014 »

2014.02.21

瓦屋根施工会社様のWebマーケティング 21 Feb 2014

 住宅産業新聞の記事からですが
 http://www.housenews.jp/?p=7619

  鶴弥=登録店研修会でリフォーム施策に重点 投稿日:2014年2月21日

 陶器瓦最大手の鶴弥(愛知県半田市、鶴見哲社長)は14日、名古屋市内のホテルで「第4回スーパートライ登録施工店研修会」を実施した。
 屋根の葺き替え工事を切り口とした長期優良住宅化リフォーム推進事業やホームセンターやホームページにおける屋根リフォームの実績紹介など、リフォーム向けの内容が中心となった。瓦メーカーと施工店が協働してリフォームへの取り組みを強める。
===

 「ホームページにおける屋根リフォームの実績紹介」でホームページよる問い合わせ増・売上増の実績をお話されたのは、春日部の屋根のオガワ(有限会社小川製瓦所)の小川社長です。

 http://ogawakawara.com/10/

140221a

 私は昨年3月の鶴弥様第3回スーパートライ登録施工店研修会の講師を務めさせていただきましたが、その懇親会会場で「今日のような話しを待っていた。ぜひ教えて欲しい」と積極果敢にWebマーケティングへの取り組みに意欲を示され、その4ヶ月後にはすでに取り組みを軌道にのせられました。

 成功の鍵は「積極果敢」です。

 瓦屋根会社は下請け業体質の方が多く、エンドユーザーに向かって一歩踏み出す人が極めて少ないです。まわりを見ると「誰もやらないから、うちもあまり目立たないでおこう」ということになります。そんな業界では「積極果敢」こそが戦わずして勝つ作戦です。この法則はその後10社様ほどの後続した会社にもあてはまっています。

 攻撃は最大の防御です。大局観を持って攻めていきましょう。

2014 02 21 [Web集客] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2014.02.09

香港(&マカオ)ツアー 9 Feb 2014

Post from RICOH THETA. - Spherical Image - RICOH THETA

去年9月頃にある社長と食事したときに出た希望をきっかけにして、2月5日から香港ツアーをセッティングしました。

Img_0675

 香港はまだお正月気分で家具屋さんとかは半分くらい、内装会社などはほとんどがまだ休みです。

  普段日本にいると感じもしないことが香港に行くと見えてきます

  例えば香港はワインの08年に関税を撤廃しました。
  どこの国でも酒税がかかるのは当たり前なのですが、香港に持ってくると税金がかからないのです。そうするとワインを取引して保管しておく場所として香港にワインが集積し、  関連ビジネスが飛躍的に成長しました。今や香港は中国という大消費地を背景にして、世界一のワインハブとなっています。以前の税率は06年までは80%、07年は40%、08年から無税になったのですが、06年は約1億米ドルにすぎなかったワイン輸入額は11年には約13億米ドルと飛躍的に増加しました。
  「免税措置で香港を経由したワイン貿易が盛んになると、2017年には30億HK$(約411億円)の経済効果が生まれる」と試算されているそうです。

 これと同じことがかつて金融で行われました。結果として日本経済研究センターの世界50カ国・地域潜在力調査によると香港は総合1位になっています
http://www.jcer.or.jp/research/world/

140209c
 管理か自由化?
 どちらが良いかはもちろん一概に言えませんし、永遠にわからないテーマです。私が言いたいのは、たった5時間くらいで来れる場所にわかりやすい「違いがある」ということであり、そのことを認識しておくと「選択」と「発想」の幅が広がると思うということです。

 

Post from RICOH THETA. - Spherical Image - RICOH THETA

 初日の夕食会場でまずは乾杯です。

Post from RICOH THETA. - Spherical Image - RICOH THETA

二日目の夕食。

Post from RICOH THETA. - Spherical Image - RICOH THETA

三日目の午後からはマカオに移動しました。

Post from RICOH THETA. - Spherical Image - RICOH THETA

  マカオのカジノ王、呂志和氏がアジア一の富豪に躍進=純資産3兆円―米メディア
  配信日時:2014年1月19日 0時19分
  http://www.recordchina.co.jp/group.php?groupid=81941
  上記のニュースが先日流れました。マカオ3位のカジノ「ギャラクシー・エンターテインメント・グループ」のオーナーがアジアで一番の富豪になったということです。2006年、マカオのカジノ収入は70億ドル(約8314億円)に達して、ラスベガスを抜いて収益では世界最大になっており、今はすでに5倍くらいの規模になっているらしいのですがそんなことを背景にした現象です。

  香港まで来られた方にはマカオにも一応はお誘いしています。何でも良いのでカジノのテーブルを囲んでいただけば、中国人のおじさんおばさんが置くベッド(掛金)の量にまずはびっくりして、マカオに飛び交うお金の集積を想像すると気が遠くなるような経験ができます。

  日本ではカジノの構想は昔からしょっちゅう出ますが、実現に至らないうちに韓国やマカオやシンガポールにどんどん先を越されていきました。そんな比較も含めて面白い場所です。

Post from RICOH THETA. - Spherical Image - RICOH THETA

 

 最終日、日本の大雪のニュースを気温20度の環境で見ていたのですが帰りの飛行機はなかなか面白いことになりました。

140209d
 私は羽田行きが中部国際空港、もうお一方の羽田行きは中部に一時待機して大幅に遅れて羽田へ、もう一組の羽田行きは欠航。いろいろありますね(笑)。

2014 02 09 [SHIP香港] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2014.02.03

「何事」に備えましょう  3 Feb 2014

 今日は節分、2月なのにぽかぽかと暖かい日よりでした。
 リフォーム業界は消費税増税の前倒し需要が3月初旬までは続くので、お会いする人の顔色は明るいです。労力不足で手配遅れで現場がこなせないうちに4月が近づくと雲行きがあやしくなりますが、弊社のクライアントさんの多くは受注残があるので需要の落ち込む3ヶ月は何とかなりそうです。昨日、工期がずれこんだ場合の消費税増税分の扱いをお客様に対してどうするかという相談を今更されましたが、法律に従って、下職さんへの支払いも含めてどうしなければならないかということをしっかりと説明させていただきました。いずれにせよ、これらのことはすべて1年前から言っていたことがスケジュールをこなすようにそのまま起こっています。これから起こることも何事もなければ予定通り起こっていくことでしょう。
 しかし、「何事もない」ということはあるのでしょうか?
 「国の債務超過477兆円」という記事が日経新聞に出ていました。
===
 国の債務超過477兆円 12年度末、財務省
 2014/1/31 20:05
 財務省は31日、2012年度末時点の資産と負債の状況を示す貸借対照表をまとめた。負債が資産を上回る「債務超過」は477兆円となり、11年度末に比べ17.7兆円増えた。国債の発行残高が膨らみ、5年連続で過去最高を更新した。
 国の貸借対照表は企業会計の手法で実施している。資産は原則、時価ベースで評価するが道路や河川など現金化を想定していない財産も評価対象に含んでいる。
 負債は1117.2兆円と28.9兆円増えた。税収を大幅に上回る歳出が続いており赤字国債だけで35.6兆円多い。米国債などの外貨建て有価証券の評価額が円安で上がり、資産も増えたが国債の残高増を補いきれなかった。
 13年度以降も高水準の新規国債の発行が続いており、債務超過額は今後も増える見通しだ。
====
 赤字国債の発行が高止まりしているのですから、財政的に債務超過になるのは当たり前のことです。
 また2013年の貿易収支は11兆4745億円の赤字で、赤字としては3年連続でしかも赤字額では過去最大だそうです。黒字のピークは1998年の14兆円です。この間、生産設備の海外移転が進んだので構造的に必然だという論評もありますが経常収支自体が右肩下がりなのですから良い傾向といえないことは確かだと思います。
 何事も起こらなければ、住宅リフォームは7月には需要回復することと思います。
 「何事」が起こっても、コアの顧客を強く惹きつける力をつけておくことができれば成長は可能です。何事が起こってもいいような備えはしておいた方が良いと思います。

2014 02 03 | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック