« January 2013 | トップページ | March 2013 »

2013.02.17

マラソン日和 17 Feb 2013

 今日は寒かったですが青空が広がりマラソン日和でした。昨年に引き続き青梅30Kmマラソンに出場して完走しました。

 今回は箱根駅伝の「山の神」柏原選手が出場するということが話題でしたが、このマラソン大会は往復コースだったので、トップ争いをする復路の柏原選手とすれ違うことができました。速いのなんのって、、、という感じだったのですが、写真を撮ろうと思ったら、スタート地点で自分を撮っていたので自分撮りモードになっていて(笑)、アレレとか言っているうちに走りすぎてしまって、下のように(おそらくそのとき競っていた伊藤選手かも?の)足だけ写っていました。(笑)

120217a

 私の前を走ってた人のTシャツに「マラソンは人生だ」とプリントしてありました。よく見るフレーズです。長丁場、自分のペースで走る、無理は禁物、普段の継続的な体力作りが基本、思いつきではどうにもならない、スリムであることが結局は自分を助けるなど、確かにそうですね。企業経営にも通じます。

 1月2月はメーカーさんの委託で、工事店さん向けのホームページ講習を行なっています。年商も数千万円のところが多く、普段の弊社の顧客層とも違います。そんな会社のホームページ戦略は、思いつきで投資から始めたりせず、まずは見込み客集客全体の仕組みを知り、原理原則に従って、無理をせずに自分のペースで継続して感触を掴んでいくことが大事だと思います。次はSHIP開催のリフォームセミナーでも勉強されると良いと思います。

 それにしても今年はリバウンドした身体のメンテ「スリム化」が個人的テーマだと、27kmから30Kmのラスト3Kmで痛感して、スリム化を実行する決心しました(笑)。

2013 02 17 [SHIPオリジナルセミナーのご案内・ご報告] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2013.02.09

ファミリ工房東北様 創業10周年記念式典 9 Feb 2013

120209a

 今日は仙台のファミリ工房東北様の創業10周年記念式典でした。

 樋口専務による10年の歩みから始まりましたが、創業は「怪しい」プレハブ(笑)。みんな創業はそんなものですね。

120209b_3
 藤木社長による挨拶は、札幌で生まれたご自身の生い立ちから大工だった父親の勧めもあり大工になり、「社長」に憧れて札幌一のハウスメーカーの土屋ホームの子会社のホームトピアに「10年お世話になります」と言って入ったこと、現場から営業に回され、それからトップセールスになり所長になり、全国展開の旗頭として本州に渡ったこと、結果として独立の地として仙台を選んだこと、そして今までのことが語られました。簡単に10年と言いますが、本当に10年は重いですし、想いも溢れます。

 今日、ご祝辞の機会をいただきましたが、藤木社長、社員の皆様、協力業者会の皆様、ファミリ工房東北創業10周年本当におめでとうございます。これから3年で仙台の社長を樋口専務に移譲して、ご自身は社名に込めた「東北」を実現すべく、早速郡山から拠点展開に入るそうです。藤木社長の「家族に笑顔と健康を」の志とそれを裏付ける技術力と時代の変化に対応する柔軟性で藤木DNAをどんどん広げていって欲しいと願っております。

120209c
 基調講演としてリフォーム産業新聞の加覧社長が話されました。間違いなく来る超高齢化社会において、人が幸せに暮らすためには住宅のリフォームが必要です。まったく同感でした。

120209d
 懇親会では「安倍総理とオバマ大統領」をはじめとする政治家も勢揃いだったり歌手の方がいらっしゃっていたり、大変楽しいひとときでした。

 今回もつくづく思ったのは、こうして藤木社長とずいぶんと親しくさせていただいているのも「人々が幸せになる住まいと暮らしの文化を創造する」という弊社のミッションが結んだ御縁なのだなということでした。こんな会社が日本中に増えていくために弊社の存在意義があります。

2013 02 09 [小松の足跡~未来を見据えて~] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2013.02.03

オレたちのレベルはここだよ。でも、勝つレベルはここなんだよ 3 Feb 2013

 2013年が明けたと思ったら、あっとい間に1ヶ月が終わりました。1月の私が関係していることを列挙してみると、、、

 7日(初出・初詣)

120107b
 9日~13日(上海・義烏)

120113a
 16日(大阪SHIPリフォームセミナー)

120203a
 17日(建材メーカー様研修会出講 三重・津)

 18日(パッシブデザイン研修会 大阪)

120121d

 19日(旧姓 町田結さん結婚披露パーティ)

120121f
 

 20日~23日(韓国・香港)

120121i_2
 23日(ワークショップ)

120203b

 24日(東京SHIPリフォームセミナー)
 
120203d

 28日(走れオヤジ(篠塚建次郎さん応援団 新年会)

120203c
 28日(名古屋SHIPリフォームセミナー)

 29日~30日(HaLAプレジデントスクール)

120203e
 29日~30日(建材メーカー様研修会出講 名古屋・福井)

120203f
 31日(全体会議・MVP会)

120203g
 最終日は毎月、全社会議と社員との食事。1月末日は昨年第4四半期のMVPメンバーと銀座のレストランでした。

 記載の通り、先月もたくさん方々に弊社ならびに弊社イベントにご参加いただきました。ありがとうございました。また私自身の会社の滞在時間はとても少なかったです。最小記録かもしれません。しかし、今月も来月も最小滞在時間を更新すると思います。

 でも社内でのコミュニケーションとの質は上がったと思います。この日の食事会でも理念との照らし合わせのある会話がずいぶんとありました。この数ヶ月この辺の進化はなかなかのものです。更に上を目指していきたいと思います。

120203h
 「努力が結果につながらない人に気づいて欲しいこと」(加藤三彦 著)を新聞広告でみかけて、即買いました。加藤氏は能代工業バスケットボール部出身で自身の選手としての戦績も素晴らしいですが、田臥選手などを擁して3年連続3冠王を達成した名監督でもありますが、その中に次のような記載がありました。

===
 レベルの高い人間ばかりが集まっているから能代工業が強いわけではありません・「レベルの高い人間に育てている」からです。チームの力が最初はいびつな形をしていたとしても、コーチングしだいでチーム全体がバランスよく成長していきます。
 では、どういう指導方法なのでしょうか?
 「オレたちのレベルはここだよ。でも、勝つレベルはここなんだよ」
 チーム全員に現在のチーム力、目標とするチーム力のレベルの差をはっきり提示してあげるということです。ただたんに「がんばれ」とハッパをかけるだけでは頑張れないのです。
 これだけ差があるならどうすればいいのか。もっとチームとして上に行くには何が必要なのか。彼らは自分なりに答えを追い求め、チーム全員で問題を共有しながら目標のレベルへ向かっていきます。

 (141ページから抜粋・引用しました)
===

 現在のレベルと勝つレベルのギャップを謙虚に認識して、それを埋めるために全員がフル回転する。そんな日々を積み重ねていきます。

2013 02 03 [小松の足跡~未来を見据えて~] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2013.02.02

日本で一番素敵な笑顔が集まる工務店 2 Feb 2013

120201a
 2月1日 長野の「しあわせ家」田尻木材さんのイベントに参加させていただきました。タイトルは「日本で一番素敵な笑顔が集まる工務店」実現に向けての第2創業出港式。タイトルも素敵だが、中身はもっと素敵なでした。

120201c

120201b
 しあわせ家が目指されている工務店はお客様の「よりどころ」となれる会社、家づくりはあくまでも「切り口」だと言います。お客様の望む人生へ関わろうとしています。まじめに考えれば考えるほど、高い高い到達点です。

120201d

 この到達点を田尻社長が確信できるのは、それを実現している会社がとても近くにいらっしゃるからです。それが中央タクシーさん。この日は中央タクシーの宇都宮会長様の講演もありましたが、内容は感動を超えて頭の中が「???」になるほどのものでした。

120201f

 中央タクシーさんの経営理念は「お客様が先、利益は後」、そして「憲章」が上のようにあります。

120201e
 私たちが接することによって、〈生きる勇気〉が湧き、〈幸せ〉を感じ、〈親切〉の素晴らしさを知ってくださる、多くの方々がいらっしゃる。
 私たちはお客様にとって、いつまでも、この上なく、〈なくてはならない人〉としてあり続け、この人がいてくれて本当に助かります、と思わず涙とともに喜んでいただける、我が社はそんな人々によってのみ構成されている会社です。

 宇都宮会長のご講話では、お客様がタクシー乗務員のサービスに対して〈生きる勇気〉が湧き、〈幸せ〉を感じ、〈親切〉の素晴らしさに感謝される、そんな実話が淡々と語られて、その源泉は「経営理念」なのだということでしたが、私には到達点の高さが凄すぎて、適当な言葉が見つからないのですが唖然としてしまいました。

 わかったのことは田尻社長が目指されている姿、お客様にとって〈なくてはならない人〉がそこにありました。

 弊社のミッション「人々が幸せになる住まいと暮らしの文化を創造する」に照らすと、今回一緒に参加した松浦を通じてしあわせ家さんとご縁をいただき、多少の貢献をさせていただいていることに喜びを感じますし、私どもが推奨している地域企業の考え方「HappyLifeAlliance」の「理念共同体」をモデルをそこに見た嬉しさもありました。

120201g
 仕事を通じてかけがえのない感動をいただけることが何よりの役得です。素晴らしい体験をいただいた一日になりました。ありがとうございました。

120201h
  上の写真は、出港式に触発されてHaLAプレジデントスクール入校を決められたJ様との誓いの握手でした(笑)

2013 02 02 [小松の足跡~未来を見据えて~] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック