« July 2012 | トップページ | September 2012 »

2012.08.31

善因善果 31 Aug 2012

 善因善果とは善いことをすれば善いことが返ってくるということですが、それよりも善いことが起こったときにその前も行為に善かったことが含まれていることが確かめられるという順番の方が現実的でしょうね。民間企業では否応なしに数字で結果が出ます。結果には原因があります。因にさかのぼって果を読んで、そのうえで果を思い通りに実現するために因を作っていかなければなりません。

120809b

 SHIPでは毎月月末半日以上を費やして全体会議を行います。文字とおり善果を得るために善因計画を作る日ですが、ここでも毎月痛感するのは、コヴィー博士のいう「緊急でないが重要なこと」が仕事のセンターピンなんだということです。マネジメントの仕事は、緊急なことに取り組む現場を少しは削いで「緊急でないが重要なこと」に適切なパワーを割くようチームを誘導ですことです。

 増税の前倒し需要もありリフォーム業は活況になっていますので、SHIPが香港に進出したことは「緊急ではないこと」に違いありません。しかしすごいスピードで変化する未来を考えるとこれも「緊急でないが重要なこと」だと思っていますし、お客様にも今余裕のあるうちに成長していくマーケットを触れることは大切なことだとお伝えしています。

 そんな状況下、SHIP香港の二人の歓迎会を全体会議後行いました。SHIP香港を未来の善果にするために。
120831a

2012 08 31 [SHIP香港] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2012.08.30

経験不足の環境に身を置く効用 29 Aug 2012 

 今日は月に一度の全社の実績計画をチェックする日でしたが、課題はたくさんありますが、SHIPメンバーは常に経験不足と格闘しながら本当によくやってくれています。経験不足というのは決してマイナスばかりではなく、目的がはっきりと見えていれば、現在の環境を利用して先入観にとらわれず最適解を導きだす前提でもあります。むしろ中途半端な経験で自己満足してすぐにマンネリに陥り、「小さな会社の大企業病」がはびこる方がよほど怖いことです。働く人は自らの仕事を意識してレベルアップして常に「経験不足」の環境に身をおくようにセルフマネジメントしていく必要があると思います。

 それにしても今月は自分のデスクに滞在した時間はどれくらいあったんだろう?

 夜は今月の誕生日会でした。それぞれが経験を刻んで顔つきが変わっていくもんだなと思わずにはいられません。

120830a

2012 08 30 [小松の足跡~未来を見据えて~] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2012.08.29

TOTO枚方営業所でのホームページ集客セミナー 29 Aug 2012

120829b

 集客ができなければ、どんなに商品がよくても、プレゼン資料が良くても商売はできません。メーカーの立場では取引先工務店・リフォーム会社の集客の問題を少しでも解決してあげたいと思ってショールームイベントなども積極的に取り組んでいます。今日はその方針のもと、ホームページによる「集客」のセミナーがTOTO枚方営業所で開催され、私が講師を務めさせていただきました。

 集客の課題は次の4点を同時達成することです。
 ・コンスタントに
 ・必要な数
 ・成約確度の高い見込み客を
 ・ローコストで
 集客するということです。

 主催者からは「ホームページで集客ができているし、そこには法則があるんだということを伝えて欲しい」ということでしたので、その点に関してできるだけに具体的にじっくりとお伝えさせていただきました。

 検索エンジンの仕組みとお客様の心理を理解さえすれば、拍子抜けするほど単純なことの積み重ねで状況は好転します。ただし継続的な取り組みにより時間を味方につけることが大事ではありますが。

 懇親会ではありがとうございました。現場の生の状況はいつでも面白いです。

120829a

2012 08 29 [SHIPオリジナルセミナーのご案内・ご報告] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2012.08.26

故郷へ 26 Aug 2012

 

 大曲? 田舎すぎて知らない人の方が多いですし、そこで開催される花火競技会大会と言ってもピンとこない人の方がほとんどだと思います。Youtube画像をシェアしますが、一度はリアルでみて欲しいイベントです。

120826c  

 市街地の人口は2万人くらいだと思いますが、そこがこの花火大会の日だけは76万人(2012年)になります。翌日には跡形もなく人がいなくなっているのですから面白いイベントです。今年はお世話になっている方々と一緒に見に行きました。  

 桂離宮を世界的に有名にした建築家のブルーノ・タウトが亡命中の1936年に大曲を訪れた印象を書いています。

 大曲は小さな町である。ここに着いた時はもう夜半の12時に近かった。横手と同じく雪が降り積もっている。家の形は秋田風だ。最も美しいのは、橋の上から見た素晴らしい月夜の景色だ。これは景色でなくて本当の絵そのものだ。私は未だかつてこんな美しい雪景色を見たことがない-(ブルーノ・タウト「日本美の再発見」より)

 http://www.ldt.co.jp/hanabi/hanabi5.htmlより 

 ここが私の故郷ですが、同行の方々のご要望で花火大会の翌日に出羽三山に行きました。ここも私にとっては重要な場所です。

120826a

 偶然、秋の峰入りに居合わせました。山形新聞によると、今年は146人が参加しているそうです。この修験の内容は「言わず語らず」が掟ですので何も書きません。 

120826b

2012 08 26 [小松の足跡~未来を見据えて~] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2012.08.19

金融円滑化法2013年3月に終了の影響 19 Aug 2012

 http://www.tsr-net.co.jp/news/analysis/2012/1217391_2004.html
 東京商工リサーチによると、2012年1月-7月「中小企業金融円滑化法」に基づく貸付条件変更利用後の倒産件数は前年同期に比べて8割増の125件だったそうです。産業別では、建設業が37件(構成比29.6%)、製造業34件、卸売業19件、サービス業他16件、小売業9件となっています。  

120818a

 この制度はリーマンショック後の2009年に施行され2度の延長を経て、2013年3月で終了になります。金融機関も収束に入ってきているので不良債権と判断されると後がありません。これから来年3月に向けて、ますますこの種の倒産件数は増えていくと思われます。倒産は連鎖しますので取引先の状況には気をつけていかないといけなくなります。

 SHIPリフォームセミナーには毎月30社から50社くらいのご参加者がおりますが、最近は下請け業態から元請け業態に転換したいという方が増えています。ネックになるのは、もともと見込み客集客や直接営業を行ったことがないということと元請けとの関係悪化の懸念で思い切れないということがあります。後者に関しては住み分けなどをよく話し合うしかないと思いますが、前者は素直に取り組んでいただければ大丈夫です。営業債権を健全化するためにも、元請け転換はお進めになられた方が良いとお伝えしています。

 経営は芯をぶらさずに変化に適応して成長していくことです。

2012 08 19 [小松の足跡~未来を見据えて~] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2012.08.17

9月19日~22日第2回リフォーム業アジア進出視察ツアー開催します 17 Aug 2012

120817a  8月に入ると例年、広島・長崎に原爆が投下された日から15日の終戦記念日まで昭和の戦争のことをしめやかに思い出す日が続くのですが、オリンピックサッカー日韓戦も含めて今年は騒がしかったですね。原因はともかくとして、日中韓の新しいパワーのせめぎあいの時代に入ったようです。

 この間にいろんな過激な意見が日常でもネットでも交わされていますが、実際に中韓はじめとしたアジアに友人やビジネスパートナーがいたり、現地でビジネスをしている人は落ち着いた言動の人が多いと思います。どこでも中と外との「関係(グァンシ)」は違うので、まずは現象を読むことが必要だと思っているからなのだと思います。

 さてお盆開けの仕事が始まったところが多いと思います。今年の国内の民間住宅の投資額は前年比5.1%増(建設経済研究所)と予想されています。

 【民間住宅】
震災後の持ち直しが一旦停滞していたが、現在は再び回復の動き。今後は、復興需要や消費税増税
を控えた駆け込み需要も押し上げ要因となり、緩やかな回復基調で推移するとみられる。2012年度の投資額は前年度比 5.1%増、2013 年度は前年度比 2.4%増。

 ここのところ弊社のお客様もほとんどが営業状況が良いようですが、いろんなシンクタンクの予想とも一致しています。私はこのような期間に、「緊急ではないけど重要なこと」に取り組むことをおすすめしていますがそのひとつがアジア市場視察です。

120817b

 内容に関しましては第1回視察ツアーの簡易レポートをご覧いただきたいのですが、ご参加者の方々と会うと必ずこのツアーの話しになります。2回目に幹部を参加させる人もいらっしゃいます。あらためてこのツアーのポイントをお伝えすると

1)成長するアジアの空気に触れる

2)アジアで起業・経営されている日本人の事実を知る

3)アジアのキーマンとつながりを持つ

 これに加えて起業のイロハや日本での会社経営の違いも学ぶことができます。

 アジアに関する書籍を読んでも、ただの観光をしても、アジアの成長市場での建築リフォームのことはわかりません。一度ツアーを体験してください。 

2012 08 17 [SHIP香港] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2012.08.09

あと20ヶ月、重要かつ緊急でない課題に取り組もう 9 Aug 2012

日経の記事です

 消費増税法案、10日に成立 首相「近いうちに信問う」
 2012/8/8 22:56

 野田佳彦首相(民主党代表)は8日夜、国会内で自民党の谷垣禎一総裁、公明党の山口那津男代表と会談し、衆院解散について「社会保障と税の一体改革関連法案が成立した暁に、近いうちに国民に信を問う」と伝えた。谷垣、山口両氏はこれを受け入れ、3党合意を踏まえ一体改革法案の早期成立を目指すことで一致。法案は10日に参院で可決、成立する見通しとなった。

 「近い将来」と「近いうち」の違いについての論評がありましたが、昨日の野田首相の表情を見ていると「近いうち」がいつなのか何となく分かるような気がします。いずれにせよ、あと20ヶ月で消費マインドに大きく影響する消費税が5%から8%に上がる増税が実施されます。あと20ヶ月は前倒し需要で住宅業界の景気押し上げられますが、2015年10月までの18ヶ月のインターバルを経て、大きな落ち込みが予想されます。

120809a

 今週は名古屋・大阪・東京のSHIPリフォームセミナーでしたが、20ヶ月でやっておくべきことをお伝えしました。

 1)集客の仕組み化(ホームページで見込み客集客の仕組みを創る)

 2)リフォームのパッケージ商品化(原価の徹底的見直し)

 3)顧客視点での営業・プレゼンの大改造

 4)顧客管理を中心に据えた業務管理システムの構築

 5)会社の特徴を研ぎ澄ます(経営理念の深堀りと展開)

 (6)アジアの成長市場の視察・調査)

120809b

 今 多くのリフォーム会社は押し上げられた景気で困っていませんので、上記の課題は スティーブン・コヴィー氏の「7つの習慣」の言葉を借りると「重要かつ緊急でないこと」です。この名著は「重要かつ緊急でないこと」を緊急でないという理由で放置することの危険性を十分に説いているのですが、現場ではこの本を読んだ人のなお多くの人であっても緊急でないという理由で放置していることが多いです。次の20ヶ月にその後の命運がかかっています。重要かつ緊急でない課題に取り組んで行きましょう。

Srs20111101_2

2012 08 09 [SHIPオリジナルセミナーのご案内・ご報告] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2012.08.05

マラソンでアンチエイジング、そしてエンジョイアフターマラソン 5 Aug 2012

120805c_2

 早朝に東京を出て日光マラソンに出場しました。今回はSHIPマラソン部のみならず東京和僑会マラソン部(そんなのあるか?)としても出場。

120805b

 全員無事完走しましたが、改めなければの思いが募った大会でした。今年は9月ハーフ、10月30KM、12月フルマラソンをエントリーしていますが、まずは体重を落とさないと。

 日本のマラソン(ランニング)人口は800万人だそうです。6.4%くらいですね。今回お誘いした人たちも、アフターマラソンの楽しさを知ってしまったことできっとやみつきになったことでしょう。何よりも我々の目的のひとつはアンチエィジングでもあります。引き続き体調の様子をみながら慎重に続けていこうと思います。

120805a

 SHIPマラソン部では、いきなりエースが誕生しました。川上くんには次はフルマラソンを走ってもらおうと思います。

2012 08 05 | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2012.08.03

9月5日 HaLAフォーラム大阪開催 3 Aug 2012

120803a_2 

  HaLAフォーラムを起点に地域HaLAが広がっていっております。

 次回、第16回を迎えますがHaLAフォーラムを大阪で開催します。14時からですので予定表に書き込んでいただければ嬉しいです。

 今回のタイトルは「日本一の中間管理職と世界一の平社員に学ぶ未来の会社と働き方

 少し長いですがそのココロを書きます。

 バブルが崩壊して会社が急に殺伐としてきた頃、せんだみつおの「こんな会社やめちゃおう」という歌がでました。ヒットしたとはいえないまでも、カラオケで歌われていたのをよく聞いた覚えがあります。植木等の頃からサラリーマンは会社の悪口を言って鬱憤を晴らしていられました。それ以前は会社に勤めること自体のハードルが高かった頃もあったと思います。

 私は消費税増税後の2015年あたりから、日本は大きな経済的な減速に陥るのではないかと思っています。カラオケで「こんな会社やめちゃおう」とか言っている場合ではない空気になるような気がします。経済にブレーキがかかるとセットで起こるのが「二極化」です。良い会社はますます良くなるし、良くない会社は退場してしまうという現象です。

 では厳しい経済状況下での良い会社はどんな人達によって運営されているのでしょうか?

 何をもってお客様と社員を守るかを明確にわかっているトップ
 トップの真の意向を現場に落としこむ中間管理職
 自分の会社が一番幸せだと思って働く一般社員

 ということで今回のHaLAフォーラムですがまたお二人の講師をお迎えしております。

 お一人目は家電量販店に囲まれている東京都町田市で家電量販店の平均粗利益率25%に対し、売上規模もはるかに小さいにも関わらず粗利益率40%を計上する電化の中間管理職やまぐちの渡辺取締役に、トップの意向を現場に落としこむ様子をたくさんの具体的な逸話とともにお伝えさせていただきます。

 お二人目の西川順子さんは実は紹介が難しいです。
 社員7000人の大阪の某大企業の一般社員(OL)なのですが
 「日本全国のサラリーマンとOLさんを元気にしたいんだもん」とか
 「自分の職場が一番好きっ」とか
 普段から言ってます。営業に行くときもワンピースで可愛くキメて、営業しないで友達になって仕事をいただいてきます。
 想像がつきにくいですよね。こういう人は今までいなかったと思うんですね。ですから神様が授けてくださった未来のための「突然変異」ではないかと思うのです。これから厳しい時代を迎えるにあたり、心のあり方を変えるだけで未来型一般社員になれる、そんな人に学びたいなと私が思ったので今回講師をお願いしました。

 詳しく知りたいからは Google で 西川順子 と検索してください。では、9月5日お待ちしております。

120803b_2 

2012 08 03 [ハッピーライフアライアンス] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック