« August 2011 | トップページ | October 2011 »

2011.09.30

感謝は人生の浮力 30 Sep 2011

 SHIPの月末の一日は隙間がありません。特に四半期の締めの月はなおさらです。そんな第2四半期締めの今日は、新人のプレゼンから始まりました。

 テーマは
 1)お客様は誰か?
 2)MySHIPWAYは?
 3)自分の強みは?
 4)お客様に何で貢献するか?
 5)お客様に何と言ってもらうか?
 
 無事全員合格点を取りましたが、昨日の事前レビュー時点では厳しい人が一人いました。理由はボウリングでいえば「センターピン」を倒し残していたからです。しかしそれが何かということは昨日は伝えず、自分で考えるように言い残しました。

 それから12時間後のプレゼンでしたが、彼はおぼろげながらセンターピンに近づいていました。結果、かろうじて合格点に達しました。

 私が「センターピン」と書いたものは「感謝」の心です。毎日の出来事に感謝できる人は、態度が謙虚になり、周りの人と運が味方して人生に浮力をもたらします。その逆は慢心です。慢心は視野を狭くし、「オレがオレが」になりがちです。結果、一時的に良くなることはあっても長続きしません。

 人生における態度は、感謝(謙虚)と慢心の繰り返しです。どちらの比率が大きいかで、引力に引きずり落とされるか、浮力をつけて高みの登れるかが決まるのだと思います。社会人のスタートにあたって、このことが意識に刻まれると良いなと思っています。

2011 09 30 [SHIPマン&SHIPウーマン] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2011.09.29

カニバリズムを避けよ 29 Sep 2011

 カニバリズムとは物騒な言葉ですが、Wikpediaでは

 カニバリズム(英: Cannibalism)は、人間が人間の肉を食べる行動、あるいは宗教儀礼としてのそのような習慣をいう。食人、人肉嗜食、アントロポファジー(英: anthropophagy)ともいう。

 と出ています。広義では 共食い のことを指します。

 企業活動は顧客の創造である(ドラッカー)に照らして言えば、企業内の部門間でのお客様の取り合いを指しても良いと思います。お客様を取り合うことは、お客様にメリットを提供できません。結果として企業の体力は落ちていきます。

 それぞれの部門はそれぞれのフロンティアを開拓することによって、企業は強くなれますし成長できます。部門のリーダーはカニバリズムを厳しく避けなければなりません。

2011 09 29 [小松の足跡~未来を見据えて~] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2011.09.28

世界競争力ランキング2011首位は香港 28 Sep 2011

110928a   26日から3日間、今年2回目になりますが香港澳門に行ってきました。香港は空港から人でごったがえしていましたが、車窓から見えるのも相変わらずの建設ラッシュです。

 スイスのIMDビジネススクール(IMD International Institut For Management Development)による『2011年世界競争力ランキング(The 2011 World Competitiveness Rankings)』では香港が米国と並んで首位になりました。昨年1位になたシンガポールは3位です。このランキングは、国際復興開発銀行(IBRD)、経済協力開発機構(OECD)、国際通貨基金(IMF)などの国際機関の指数を総合したほか、生活環境、生活の質、当局の管理、教育などの評価を含む「政治」、「経済」、「ビジネス」、「基礎インフラ」の4分野、331項目で評価、作成されています。そのランキングは下記です。

110928b

 さて日本はどこにいるのでしょうか。全体のランキングが必要です。http://www.imd.org/research/publications/wcy/upload/scoreboard.pdfをご覧ください。

110928c_2

  小さくてみえにくいですが26位です。国際競争力26位の国から1位の国を視察に来たというところです。
 今回は弊社のお客様をはじめとして8名で行きましたが全員プラスの刺激を受けまくっていたようです。またこんな機会を作りたいと思います。 

2011 09 28 [小松の足跡~未来を見据えて~] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2011.09.24

禁「葬式済んでの医者ばなし」 24 Sep 2011

11024a  最近日経新聞の記事は電子版で読むことが多くなったのですが、電子版にないのは本(に限りませんが)の広告です。今朝、最初に目に入ったのは昭和の傑物笹川良一氏の警句「くじけてなるものか」でした。平成も20数年になると、このような昭和の表情の人は確かにあまり見なくなりました。

 80の警句のいくつかが広告紙面に並んでいましたが、私が凄みを感じたのが下記でした。

 何事も先手必勝が肝心。後手に回れば、「葬式済んでの医者ばなし」となる。事業成功の秘訣はこれに限る。

 まさしく我社の課題です。

 SHIPWAYのベーシックの1番に「先手とそこまでやるかでお客様に感動を」とありますが、「葬式済んでの医者ばなし」がまだまだ多すぎます。私も含めひとりひとり改めていきましょう。

 話を笹川氏に戻しますが私が子供の頃はテレビCMにでて「戸締り用心 火の用心」とか「一日一善」といっていました。今、調べてみたら、その歌があるんですね。なかなか素敵なので掲載させていただきます。

火の用心のうた

作詞 武本宏一
作曲 山本直純
監修 笹川良一会長

戸締り用心 火の用心
戸締り用心 火の用心
一日一回 良いことを
ニコニコ ニッコリ 日曜日

月に一度は 大掃除
げんげん 元気な 月曜日

火には用心 火の用心
かんじん かなめの 火曜日だ

水はいのちの お母さん
すいすい すいすい 水曜日

木や草花は 友たちだ
もっともっと ふやそう 木曜日

お金は世のため 人のため
ちょきちょき 貯金の 金曜日

泥んこ風の子 元気な子
どんどん出てこい 土曜日だ

2011 09 24 [小松おすすめの一冊] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2011.09.22

実数値に基づいた的確な To Do がわかるようになる  22 Sep 2011

 名古屋からの新幹線は多少徐行運転をしていましたが無事東京に着きました。会社に着いて早速午前中は新卒採用グループ面接、秋採用の活動でした。学生さんの中にも帰宅難民がいて、昨日帰れずにカラオケ屋に泊まって今日の面接にやってきた人もいました。

 今日はWebローコスト集客実践会、ローコストリフォーム実践会もあり、4つの会議室が常にフル活動というたいへんにぎやかな日でした。

11022a

 台風あけにも関わらずたくさんの出席者で熱気をおびていたのは、Webローコスト集客実践会。毎月開催されているホームページ担当者さんの「集客のため」の研修会です。会員数はもう100社になっていますが、出席できなかった人にはビデオで研修の様子をみていただき、テキストで勉強することができるようになっています。

 リフォーム会社の場合、ホームページに専任者をつけるわけにはいきません。したがってホームページ担当者は何かの仕事と兼任になります。そんな時間のない人たちは、試行錯誤している暇はあまりありません。だから実数値に基づいた的確な To Do がわかるようになることが価値なのです。

 来月は10月25日です。百聞は一見にしかず、です。一度、体験参加をしてみてください。もちろん弊社でホームページを作っていない人でもOKです。

2011 09 22 | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2011.09.21

台風15号で名古屋泊  21 Sep 2011

 昨晩名古屋に避難勧告がでて名古屋駅が人でごった返していましたが、私が18時頃に乗った新幹線は定刻について、新大阪にも定刻に着きました。ところが今日はそうはいきませんでした。台風が上陸しているんだから同じはずもないですね。

11021a

 東京行きの新幹線に新大阪からのって、やっと名古屋にたどり着いてときには、名古屋のホテルも満室だらけで、会社に電話して電話で人力で予約してもらいました。思いがけずの名古屋泊です。広島方面から東京に向かっていた二人は大阪泊、大阪に出張していた社員は大阪泊、これも一種の帰宅難民ですね。

 東京ではビルも地震並に揺れているらしいし、街路樹が転倒している映像もテレビから流れていました。今年は天変地異の年、自然への畏れを思い出す年なのかもしれません。

2011 09 21 | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2011.09.19

猛暑の9月、緑のカーテン活躍中 19 Sep 2011

 猛暑の9月、我が家では緑のカーテンが活躍しています。

110919a

 西日の鬱陶しい日差しを見事にシャットアウトしてくれます。

110919b

 上の写真は部屋の中から網戸越しに撮ったものですが、風と一緒に差し込む緑の光は気持ちが良いです。食料庫になるというおまけもあります。

 9月1度目の3連休の最終日の今日、新卒採用支援で出張です。リフォーム業はソフト業です。理念と理念浸透する人をじっくりと育てていくことでしか、永続的繁栄の基礎はできないというのが私の考えです。新卒採用はその入口のひとつですが、ハッピーな出会いを演出してこようと思います。

 *10月17日は、第12回HaLAフォーラムとSHIP10周年記念交流会。画像をクリックしてください。

110917b

110917c

2011 09 19 [小松の足跡~未来を見据えて~] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2011.09.18

住宅エコポイント復活、被災地と省エネ目的の住宅リフォームは30万ポイント 18 Sep 2011

110918a  増税の方針が明らかになり、マニフェストが次々と瓦解して、低炭素社会もどこかに行ってしまったように見える民主党の中で、前田武国土交通大臣は「低炭素循環型社会、持続可能なまちづくり、地域づくり」を目指し 住宅エコポイントを復活させるべく、3次補正予算に盛り込む方向で財務省と折衝しているらしい。新築については15万ポイントと半減するが、被災地と省エネ改修・リフォームについては30万ポイントにしたい意向らしいです。住宅業界にとっては、この見識はありがたいですね。しばらく大臣を務めて欲しいと心から思います。

===
住宅エコポイント復活の方針 前田国交相
http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2011&d=0917&f=politics_0917_010.shtml
【政治ニュース】 2011/09/17(土) 15:45
   
  前田武志国土交通大臣は16日、閣議後の記者会見で「住宅エコポイント制度を復活させた」と発表した。住宅新築時のエコポイントは15万ポイント(15万円相当分)と従来の半分になったが、被災地については30万ポイント(30万円相当)にする。

  また、前田国交相は「既存住宅の省エネのための改修・リフォームについても30万ポイントで継続させるということで今要求をしている」とし、住宅の省エネ推進を図りたいとしている。

  国交省では第3次補正予算案に必要な予算を盛り込む方針で、3次補正が成案次第、実施したい意向。これにより、震災被災地などでの復旧支援と国内住宅市場の需要を呼び起こし、景気浮揚にも繋げたい考え。

  前田国交相は「低炭素循環型社会、持続可能なまちづくり、地域づくりのスタートをここできらせていただきたい」と今回の措置の主旨を説明した。(編集担当:福角忠夫)

 *10月17日は、第12回HaLAフォーラムとSHIP10周年記念交流会。画像をクリックしてください。

110917b

110917c

2011 09 18 [小松の足跡~未来を見据えて~] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2011.09.17

リフォームの新市場,賃貸住宅リフォーム 17 Sep 2011

 賃貸住宅でも住まい手が自由にリフォームができて、原状回復義務がなく、さらにリフォームのプランニングと施工期間として3ヶ月間は住宅を無償で使うことができるという企画があるそうです。UR都市機構のDIY住宅です。

110917a

 人口減少で賃貸住宅も空室が増えてくることでしょう。今までとは違う価値創りが押し上げられてくるわけです。この流れは面白いですね。リフォーム会社と賃貸管理会社が一緒になって、賃貸住宅オーナーに積極的にすすめてみると住宅のあり方も、「持ち家」主義から「賃貸」志向に変わってくる可能性もあります。

 資産価値が上がり、リフォーム市場も拡大していく、良い流れです。

 *10月17日は、第12回HaLAフォーラムとSHIP10周年記念交流会。画像をクリックしてください。

110917b

110917c

2011 09 17 [小松の足跡~未来を見据えて~] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2011.09.16

タンクレスの逆浸透膜浄水器がこの価格! 16 Sep 2011

 世の中には、水にこだわる人とほとんど気にしない人がいますが、私は見事に前者で、ずいぶん以前から水にこだわってきました。自宅には、30数万円したセントラル式の浄水器がありますし、外出するときはペットボトルの水を買って飲むのが当たり前です。

110729a_2   ところが角田隆志さんが、「買ってはいけない」の山中登志子さんと共著で出版した「なっとく!の水・浄水器選び」を読んでみてびっくりしました。ペットボトルの水からも、ずいぶんと厄介なものがたくさん検出されているんですね。その理由も単純なのですが、水道水には 50項目の規制項目があるそうですが、ペットボトル水には19種類の項目しかありません。したがって、水道水ではホルムアルデヒドの規制があるので検出されませんが、ペットボトル水からは出てくることがあるんですね。

 安全な水をつきつめると、海水から淡水を創りだすレベルのフィルターを搭載した逆浸透膜浄水器になるのは当たり前なのですが、これもフィルターが細かすぎるので、家庭用では水流が確保できずに、ゆっくりとタンクに貯める方式が一般的です。検索しても10万円程度で販売されているのはそのタイプです。しかし塩素を除去した水を長くタンクに留めると、どこからか侵入する細菌などに汚染されるリスクがあります。したがってそのリスクを避けるには、タンクレスで使うときに水が流れるタイプが良いことは誰でもわかっていることではあります。しかし、問題 コスト。今までは使えるレベルの水流を確保しようとすると、本体のみで35万円くらいしました。

 これを約40%のコストダウンで同様に本体のみ25万円で提供できるようになりました。

 放射能という新しいリスクが増えた日本で、安心して身体にいれる水分を確保するには、タンクレス逆浸透膜浄水器という選択枝になります。

110916a

 「人々が幸せになる住まいと暮らしの文化を創造する」SHIPがおすすめする浄水器です。ご興味ある方はWebサイトをご参照ください。 

 SHIP高橋がこの浄水器を設置した志賀塗装さんのことをブログで書いています。

110916b

2011 09 16 [安全水計画] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2011.09.15

営業ツール研究所吉見所長の営業の初訪の極意 15 Sep 2011

110914a

 はいからモダン物語6周年イベントのゲストスピーカーの営業ツール研究所吉見さんの営業の初訪の極意をメモ代わりに掲載します。

 営業の仕事は、相手をリラックスさせて、相手の心を揺さぶること。そして「あなたの話しを聞く人」だと思わせること。

 そんな人になるためのチェックリストは下記の10項目でした。
 
 1)近所の話題を用意した
   客先に近い話題であればあるほどよい

 2)直前の電話は「事務的」に連絡した
   事前期待を下げる

 3)顧客の家のまわりを見た
   家のまわりに話題がたくさんある

 4)名札を付けた  
   また資料は指ではなく、ペンで指す

 5)笑顔を意識した
   自分はどういう営業マンだと思われたいか

 6)名刺を渡す前にひと呼吸「間」を置いた
   落ち着いて見える、そしてきれい

 7)名刺は相手の目を見て渡した
   
 8)相手の長所を探した
   長所を探すんだという意識
   行動を褒める

 9)玄関で靴を見た
    靴の脱ぎ方に性格が現れる

 10)相手が話す時間を長くとった
   お客様が長く話しをする

 メモだけ読んでもわからないと思いますが、トップ営業は奥が深いですね。昨日も即座に営業研修が舞い込むわけです。

 また10月4日13:30-17:00 吉見先生による ipadリフォームプレゼン作成講座を開催します。興味のある人はお問い合わせください。

2011 09 15 [SHIPオリジナルセミナーのご案内・ご報告] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2011.09.14

はいからモダン物語6周年イベント 14 Sep 2011

110914b

 今日は 健康と環境に配慮した住まい作りを担う はいからモダン物語 の6周年イベントでした。関東の会社様のみならず新潟、長野、大阪、岡山、山口など全国からご参集いただき賑わいました。6年前はまだまだビニールクロスと合板のリフォームしか選択枝がほとんどなかったので、自然素材リフォームにおける理念や営業研修を行い、マーケティングや初期営業におけるアドバンテージを取ることをセールスポイントにしたこの企画は斬新でした。これをきっかけにして、自然素材リフォームに参入されたリフォーム会社さんはすでに100社以上いらっしゃいます。

 この6年の間に、様々な自然素材製品も市場に現れ、情報量も多くなり、生活者にも、リフォーム事業者様にも、製品の選択枝は多くなってきました。そこでこの周年行事も、この数年新製品や事例のことよりも、リフォームや住まいと暮らしの大きな問題の捉え方を提供するという意味で

 2010年 前田参議院議員(現国土交通大臣)
 2009年 安倍司氏(食品の裏側 著者)

 をメインゲストとして、日常とは違った話題を現場で展開できる機会を設けさせていただきました。

 今年は原点に還って、「初訪で営業の99%が決まる」という持論を持つ営業のエキスパート吉見さんを迎え、営業研修を行うことにしました。はいからモダン物語と初期営業研修を組み合わせれば、「何を買うか」、ではなく、「誰から買うか」にお客様の頭のモードを切り替えられ、営業初期に成約の可能性が飛躍的に高まるという仮説に基づいています。

 そして、そんな営業の振る舞いに基づいいた ipad プレゼンを初めて披露しました。参加者のほとんどの方が ipadリフォームプレゼン研修会 に仮申し込みをされていました。

 「10年20年のスパンでお客様のことを考えると、ホンモノの素材を語り伝えないといけない」とは、パネルディスカッションでのユウワの今井社長の発言でしたが、これもまさしく「原点」です。

 原点に戻り、これからも1日1日、1現場1現場、健康と環境に配慮した住まい作りに取り組んでいきます。

2011 09 14 [SHIPオリジナルセミナーのご案内・ご報告] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2011.09.13

私が働く理由 13 Sep 2011

110913a

 少し前のことになりますが、アールアソシエイツの榊原社長からメールが来て「社員総会で講演してくれるセミナー講師を探すのに協力して欲しい」とのことでした。ご要望をお聞きして何人かを薦めてみましたが、反応がおもわしくありません。2度目も同じでした。メールはダメだなと思って電話をしてみました。

 「あらためて聞くけど、どんな人の話しを社員さんに聞かせたいの?」
 
 「無名だけど、頑張ってるなというのがわかるような人」

 「無名な人はたくさんいるよね。 例えば?、、、、僕も知っている人では誰になるの?」

 「松浦さん、、、、いいじゃないですか」

 「・・・・では、松浦ということで、、、」

 ということで、HaLAフォーラムなどを通じて榊原社長に輝きを見出されたSHIP松浦、人生初の講演をやることになりました。

 彼女はSHIP入社イコール社会人5年5ヶ月です。SHIPの理念・ミッションには共感しつつも、追いつかないスキルが生み出す現実と経験とともにせり上がっていく理想の自己イメージのギャップにずいぶんと苦しんでいる姿をずっと見てきました。

110913b

 誰もがそんなとき「被害者への誘惑」に負けそうになります。自分を曇らせているのは「環境」だったり「他人」だったり、転嫁する対象はたくさんあります。その心持ちで別の環境に押し出される人も多いですが、彼女は現実の環境の中でできることがたくさんあることに身体を動かしながら気がつき、「未見の吾」との出会いを楽しむようになったのだと思います。

 「自分が源」

 私は講演は聞いていませんが、彼女はまた「未見の吾」を獲得したんだろうなと思うと嬉しい気持ちになります。

2011 09 13 [SHIPマン&SHIPウーマン] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2011.09.12

「ネットで見込み度の高い集客ができることの理由がわかった 12 Sep 2011

 SHIPリフォームセミナーに初めて出席された方に感想をお聞きすると「ネットで見込み度の高い集客ができることの理由がわかった」と言われます。現象だけでなく「理屈」がわかるということがポイントです。そこでネット集客に取り組む人は、どんどんレベルを上げていきます。今日は社内で回っていた「Webローコスト集客実践会」のディスカッションの議事録の中から一部をご紹介します。

○A社様(水まわりリフォーム)
「訪問者数は、2087人46件反響率2.2%費用は30万ほどでした。
目標の反響数は60件です。最近、ブログを始めたので、施工事例の更新と併せて更新していきます。」

○B社様(一般リフォーム)
「訪問者数は約360人、10件、反響率は2.7%でした。
目標を20件にするとなると訪問者数をアップしないといけないと感じています。主な対策としては、施工事例のアップを中心に対策を行っています。」

○C社様(外壁塗装)
「訪問者数は686人、反響数は3~4件でした。
WEB以外も含めると30~40万を販促費用に充てています。
CPAは、10,000円ほどです。1500人を目指しています。
外壁塗装以外のお問い合わせも増やしていくことが課題となっています。」

○D社様(エクステリア・ガーデン)
「訪問者2311人反響はメールだけで16件、反響率は0.7%でした。
目標の反響率を1.0%として目標の訪問者数を2500人に設定しました。」

○E社様(内装リフォーム)
「訪問者470人、反響数は6~7件、反響率は1.2%でした。反響数10件を目標としていますのでアクセスを集めることが課題です。施工事例の追加しかしていないです。」

○F社様(一般リフォーム)
「7月の現状で、訪問者数1000、反響数10件、反響率1%、コストは30,000円でCPAが3000円です。
訪問者数を1500に上げていきたいので、これからインターネット広告を活用し、販促コストもかけながら反響数を取っていく予定で目標を組んでいきます。」

○G社様(新築)
「なぜか夏は夏弛みするんですよね。反響数は下がっています。
7月の現状で、訪問者数1600、反響数はメールのみ13件、この時期は他の仕掛けもかけるので
WEB反響率は下がりますが0.8%、コストは130,000円でCPAが10,000円です。新築のCPAとしては良い数字だと思います。
目標は訪問者数2500、コスト200,000円、反響数30件ぐらいほしいところです。メール除いた電話などの反響も数えると
現状でも30件は超えています。反響率1.2%、CPAが6,000円ぐらいを目標にしています。」

 SHIPリフォームセミナーは今月は、20日名古屋、21日大阪です。

 ホームページからお申し込みができます。

2011 09 12 [SHIPオリジナルセミナーのご案内・ご報告] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2011.09.11

10年目の9.11とこれからの10年 11 Sep 2011

 10年前の9月11日、ハイジャックされた4機の飛行機のうち2機がニューヨークの世界貿易センタービルに突入し炎上、機上の乗客・乗員が全員死亡したのみならず、110建ての高層ビルが完全に倒壊し、3000人を超える犠牲者を出しました。

 私がこのニュースを知ったのはタクシーのラジオでした。前日、神戸から東京行き新幹線であたかも一緒に北上してきた台風15号がもたらす風雨の中で、ラジオのアナウンサーが興奮して何度も何度もハイジャックされた飛行機がビルを倒壊させたと言うのが聞こえました。家に帰りテレビを見ると見たことのない光景が映し出されていて、タクシーでのラジオ報道と違って、アナウンサーの論調はテロの 

可能性への言及に変わっていました。「戦争がはじまるのかもしれない」と直感的に思ったことを覚えています。

 これが公的な認識通り、イスラムのある一派によるテロなのか、それともそうでない何かなのかは未だにわかりませんが、早速、一方的な戦争が始まり、アメリカの空港での入国審査が厳しくなり、世界がより多くのリスクをはらむようになったことは紛れも無い事実だと思います。

 9.11後、何が変わったのでしょうか。

 当時もいろんなことが言われていましたが、結局は今言われているようなことがほとんどで、変わっていないことの方が圧倒的に多いと思います。しかし、確実に変わったのは、マスの報道を信じなくなった人が多くなり、インターネットとデバイスの進化の貢献もあり、発信も受信も自分メディアを持つ人が増え、一極集中がある一報で情報の単位が超分散・多中心となり、それぞれが進化・発展できるようになったことだと思います。

 9.11から1ヶ月後の2001年10月17日、私は株式会社シップを設立しました。住宅リフォーム業に顧客を特化し、新卒生を毎年採用・育成し、約500社のお客様にサービスを提供するビジネスモデルは、9.11後だからこそ必要とされたのだと思います。

 来月10月17日、SHIP設立10周年を迎えます。感謝交流会を企画しておりますので、ご縁のある方々はぜひご来場ください。これからの10年は、3.11後に必要とされる会社になることです。一言でいえば「希望や夢」を伝えることができる会社、10月17日にそんなイメージを共有したいと思っております。

110909a110909b 

2011 09 11 [SHIPオリジナルセミナーのご案内・ご報告] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2011.09.07

住宅を負債から資産に、新築からリフォームへの住宅政策の転換を 7 Sep 2011

100905d  ちょうど一年前に はいからモダン物語5周年にお呼びして会員さんとリフォームの未来を討論させていただいた前田参議院議員が国土交通大臣に就任されました。

 何故、前田議員だったかというと、前田議員はリフォームを住宅の資産価値を向上させる価値だということをはっきりと主張されていらっしゃったからです。

100905b 100905a

 日本では住宅は取得した瞬間から価値を減じます。つまり住宅を取得することは「負債」を取得することです。このような形で失われた日本人の資産は450兆円と言われています。欧米では整備された住宅地では多くの場合、買ったときよも売るときの方が価値が上がります。価値が上がる「資産」を取得するということで、国民の豊かさの指標としてもプラスにカウントされます。

 国土交通大臣というのは、当然のことながら住宅のことばかり司る官庁ではありませんんが、私が知るかぎりでは唯一、信頼できる住宅ビジョンを持っている前田議員が国土交通大臣のときに、住宅を負債から資産に、新築から中古+リフォームに、転換する住宅政策が発動することを期待しております。

  はいからモダン物語6周年は、9月14日です。今年は「営業研修」を行います。会員の方、ご興味ある方はぜひいらしてください。

2011 09 07 [SHIPオリジナルセミナーのご案内・ご報告] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2011.09.03

仙台から気仙沼、北上 3 Sep 2011

 仙台で目覚めた朝でしたが、その後所用で気仙沼に行きました。現場と生の声は本当に大事です。いろいろとありがとうございました。

110903a

 東日本大震災から6ヶ月。そこら中でがれき撤去や土木工事をやっていましたが、それでもあまりの被害の大きさなので、まだまだ手つかずのところが多かったです。私たちはそれぞれできることをやっていくいことが求められていると思います。

110903b110903c_2 

 前にもブログで書きましたが、弊社では「ふるさと納税」の制度を使って被災地に納税することを進めています。8月は全社員が参加するプロジェクトになりました。確定申告を行うことで、寄付金として処理され来年5月には還って来ます。税金の納付先を替えるだけなので、実質的な経済的負担は5000円程度で有効な被災地支援ができます。

 それから北上に移動して、リフォームの鬼の石川社長と合流。9月2日に実施された「岩手立志教育支援プロジェクト実行委員会」の発足式の様子を聞いておりました。下記は岩手日日の記事ですが、台湾からも同士がかけつけて立ち上げのための支援金50万円、ラブリークィーンの井上会長からも20万円が寄贈されたことが記事になっています。

110903d

 石川社長はふつふつと内側から沸き起こる欲求でこのような本業とはかけ離れた活動を始めましたが、これからはそういうことが本業の「差別化」になるのだと思います。想いにまっすぐに取り組まれると良いと思いました。

2011 09 03 [小松の足跡~未来を見据えて~] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2011.09.02

仙台SHIPリフォームセミナー 2 Sep 2011

 3ヶ月に一度の仙台でのSHIPリフォームセミナーです。仙台での住宅リフォームの概況は「断るのが大変」というほどですが、集客の仕組みづくりの勉強ということでたくさんの人にお集まりいただきました。

 もしドラで有名になったドラッカー博士のマネジメントの中に「究極のマーケティングは、セリング(販売)を不要にするもの」とあります。これを中小リフォーム業向けに翻訳して、「究極のネット集客は、セリング(販売)の不要にする」というのが今回のセミナーの趣旨です。正確にいうと、後半は「セリング(販売)の比重を軽微にする」と言い換えた方がいいかもしれません。

 今月は、東京・名古屋・大阪で開催です。 ←で日程をお確かめの上、ぜひご出席ください。

110902a

 夜は交流会。懇意にさせていただいているファミリー工房東北藤木社長と岩手県で戸建新築着工棟数トップのシリウス藤原取締役と、私好みの漁師がやっている居酒屋で現場の濃い話に花が咲きました。ありがとうございました。

2011 09 02 [SHIPオリジナルセミナーのご案内・ご報告] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2011.09.01

Web集客アドバイス 1 Sep 2011

 チラシを月に20万部も撒いているリフォーム会社さんがチラシ反響が1万分の1以下に減り、ホームページを立ち上げるも、うまくいかず現在ユニークアクセスが300人程度しかないので、集客がうまくいかないという課題がありました。この会社へのアドバイスはどうなるでしょうか?

 1)チラシをやめて、PPC広告などでホームページへのアクセス数を増やす
 2)チラシを減らして、そのコストをホームページ改善とPPC広告にかける
 3)チラシを変える

 皆様はどのようなアドバイスをなさるでしょうか?

 私であれば、2)と3)の組み合わせです。

 ホームページ集客は
 AV力☓LP力☓CT力☓AG力
 の掛け算です。
 
 最優先はAV力ですが、AV力の改善への工夫は割と簡単にできます。その手段の有力なひとつが「チラシ→ホームページ」の導線を作ることです。率は営業秘密ですが、ある一定の比率で ある条件を組み込んだチラシであればホームページに誘導が図れます。

 議題になった会社は、他にはCT力に課題がありましたが、これは早いに越したことはないですが時間が解決するでしょう。このようにまずは課題を明らかにすることが重要です。まずはSHIPリフォームセミナーなどで、ホームページ診断をお受けになってください。 

2011 09 01 | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック