« HaLAフォーラムのご感想 9 Aug 2010 | トップページ | 本日から17日まで夏季休業になります  »

2010.08.10

住宅リフォームの政策って問題だらけじゃないですか? 10 Aug 2010

 「人々が幸せになる住まいと暮らしの文化を創造する」
 これがSHIPのミッションです。

 30年で建てなおさなければならない住宅を35年ローンで買って消費する文化から、欧米の住宅地のように住宅が景観であり資産である文化になるのには、長い年月を要すると思いますが、その間、住み継ぐ文化が醸成されていくためには、優れたリモデラー(リフォーム会社)が必要であるとの直感から、SHIPを住宅リフォーム業支援の会社として設立し、現在まで 約500社の住宅リフォーム会社の支援をしてきました。

 その中で痛切に感じたことは、日本の住宅政策には、住宅リフォームがまったく考えられていないことでした。一例をあげれば、住宅リフォームをしても家の資産価値にはプラスにはカウントされません。住宅リフォームローンも、住宅リフォーム分が担保になるわけでなく、個人への信用貸しでしかありません。また500万円未満の工事は、無資格でもできるため、質の良くない業者が容易に参入できてしまう業界になってしまっています。

 今年も新築住宅は80万戸を割り、住宅リフォームは前年比20%増の予想です。2010年から、言葉だけでなく本格的なストック住宅対策に政策も移るべきだと思いますが、こればかりは業界の自助努力でどうなるものでもありません。

100810a  この辺で住宅リフォームに明るい政治家に、直接、リフォームの現状の政策上の問題点、要望をぶつける機会を作りたいと思いました。ぶるける相手は、民主党の前田たけし参議院議員、住宅政策とりわけ住宅リフォームに関する見識のある政治家としての第一人者です。

 そこで、9月7日(火)、はいからモダン物語5周年記念フォーラムにおいて、「リフォーム現場から改善を提言する会」を、15時から1時間企画しました。

 はいからモダン物語会員の方はもちろん無料で、会員の以外の方は参加費有料にはなりますが、ご参加いただいて、皆さんが日頃考えていることをぶつけてみませんか?
 なかなかこんな機会はないと思います。

 お申込みはこちらになります。

 SHIPイベントでは初めて政治家の方にきていただきます。いろいろと詮索される方もいらっしゃるかもしれませんが、前田議員は先月の参議院議員選挙で当選し、6年間は選挙がありません。政治にしか変えられないことを、ストレートにお伝えしていくために、この機会を作りました。これもSHIPのミッションだと思っております。

2010 08 10 [はいからモダン物語~安心建材で家族を守る~] | 固定リンク


コメント

コメントを書く