« June 2010 | トップページ | August 2010 »

2010.07.31

プライド イン ブルーを観る 31 July 2010

100731a  月末もみんな忙しいのはわかっていて、どうしようか少し迷ったけど、結局昨日の午前中の1時間半の時間を使ってSHIP社員のみんなに観てもらったのが「プライド イン ブルー」。2006年のドイツで開催されたもうひとつのワールドカップ(知的障がい者サッカー)を記録した映画だ。

 知的障がい者は、知的障がい者と認定されてしまうところから、自信や誇りを失っていく。親や兄弟も巻き込まれる。そんな人たちのごく一部ではあるだろうが、サッカーにめぐりあって、「誇り=プライド」を取り戻し、それぞれに未来に向かっていく。

 スターリィマンのはせがわファミリーからの呼びかけで、夢のきずな募金に協力させてはもらったが、みんなに募金を勧めたわけではない。ただ、このようなことがあるということを知っていた方が SHIPらしい言動ができるだろうと思った。

 映画の最後に、知的障がい者だけでなく、聾者や電動車椅子サッカーなども映し出された。話によると 目の見えない人のサッカーもあるらしい。

 しかし、これらの活動を国をはじめとする公共が支えきれなくなっていくのは自明で、続けていくためには、草の根的な幅広い民間の協力が必要であろうと思う。

 まず一人でも多くの人に知ってもらって、その人がふと思い出したときに、家族や友人や知人に伝えてもらって、一人でも多くの人が知ることによって、草の根ネットワークが広がっていく。

 知るが先で、行動はじわじわと広がる。

2010 07 31 [小松おすすめの一冊] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2010.07.30

名案なんてない、試行錯誤あるのみ 30 July 2010

 今日は月末ですので、ほぼ創業以来開催している全体会議でした。

 このところ検索連動広告を利用した集客ソリューションがヒットしていて、お客様にも喜ばれながら、事例数を増やし、その中でソリューションパワーもレベルアップして、お客様にプラスのフィードバックができるという好循環が生まれています。

 SHIPのお客様は「住宅リフォーム会社」です。そのお客様の最も重要な経営テーマのひとつはは集客です。できれば営業担当はホットなお客様に出会いたいので、集客してくれてホットな見込み客に育成してくれて、それでコストが安ければいうことがないのです。決して、美しいホームページが欲しいわけではありません。

 そのニーズを掴んだ「SHIPにまかせてネット集客をすると顧客獲得コスト(CPA)で得をする」、略して商品名「まか得CPA」はヒットするわけです。このノウハウはまだまだ深堀できそうです。今日は社員全員でこのノウハウの社内勉強も行ないました。

 あとは、振り返りと課題出し、そして次月の解決方法を含んだ計画立案にたっぷりと時間を費やすのですが、最近の暑さでの疲れもあったことはわかりますが、多少気になることがあったので苦言を呈させていただきました。

 「課題をだして原因仮説を出して解決仮説を立案する。あとは徹底的に実行して、仮説が正しかったかを検証しなければならない。正しいことは少ないので修正、修正がその後続いていく。そうであれば良い。
 しかし、以前たっぷりと討議されて、解決仮説が立案されたことが、実行されないで、また同じ課題を討議して、またそれも実行されないでいく可能性が高い。その間、『これってうまく行くのかな?? 何か、(楽にうまくできる)名案はないのかな....』と。
 もうそんな時間はない。決めたことは決めた時間内に実行すること。実行して、うまくいかなかったら、うまく行かなかったことをチェックして修正計画を立てて実行すればよい。それでも一歩進む。名案を探して立ち止まっているのがいちばん悪い。
 今日、決めたことを来月は 100%実行していこう」

 上半期の事業計画と、事業計画を達成したら、みんなで◯◯◯◯をしよう! 
 
 この二つを確認して、本日の全体会議は終了しました。

2010 07 30 [小松の足跡~未来を見据えて~] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2010.07.29

夢見る樹 29 July 2010

100729a  2005年入社の滝川さんが昨日婚姻届を出して、SHIP史上初のミセス社員として、今日出社しました。

 みんなからのメッセージノートのプレゼント、僕からは スターリィマンの「夢見る樹」をこの門出にプレゼントさせてもらいました。

 前日はせがわファミリーが、わざわざ会社に届けにきてくれた絵です。

 苗字が変わってしまうけど滝川さん、おめでとう、あなたらしい夢見る樹を育てていってください。

2010 07 29 [SHIPマン&SHIPウーマン] | 固定リンク | コメント (2) | トラックバック

2010.07.28

GoogleとYAHOOの提携とWeb集客 28 July 2010

 今朝の日経新聞でも大きく紙面をさかれているのが、GoogleとYAHOOの提携です。

 (YAHOO側発表)
 http://i.yimg.jp/images/docs/ir/release/2010/jp20100727.pdf
 (Google側発表))
 http://googlejapan.blogspot.com/2010/07/yahoo-japan.html

 そのそもは、米YAHOOが独自の検索エンジンの開発投資をあきらめて、米YAHOO自身としてはマイクロソフト社の検索エンジンの提供を受けることになったところから始まっています。米YAHOOと資本も含んだ提携関係にある日本YAHOOは、独自の選択としてGoogleの検索エンジン搭載を決定したというわけです。このことはGoogle側から見ても、世界では圧倒的に検索エンジンのシェアをとっているのに、中国と日本ではシェアトップになれそうもないことから、この提携に応じて実質的なシェアトップを取りに行ったということだと思います。

 YAHOOの発表資料では、画面のどこが影響を受けるかを図解しています。

100728a
 解説文「Yahoo! JAPAN の人気のあるコンテンツはそのサービス上にそのまま残ります。上図のうち、本件により影響を受けるのは、ウェブ検索結果の表示に必要な検索エンジン部分と検索連動型広告の表示に必要な配信システムの部分のみです」

 GoogleとYAHOOの検索エンジンには、それぞれ特徴があります。これがひとつになるのですから、Googleの特徴を確認しておく必要があります。一言でいえば、真面目というかオーソドックスなサイト育成方針を取った方が強いということになります。以下、弊社のWebサポート部門が持っているGoogle検索エンジンの特性です。

【注意すべき点】
・サイトを作ってすぐには上位表示しにくい(ある程度の時間がいる)
・ベタなスパム手法が通じない(Yahooには通じる)
・過度なSEO手法へのペナルティ基準が厳しい
・ペナルティを受けると6か月~1年は復帰しない

【育成方針に関すること】
・コンテンツ量(ページ数、テキスト量)がが大きく評価される傾向がある
 もちろん、サイトテーマと関連性のあるコンテンツであること
・下層ページに集まった被リンクがトップページにも奏功すること
・ナチュラルリンクの価値を認めてもらえること
・サイト運営年数も大きな評価対象となること

 方針がひとつになって、Web担当者としてはWeb集客の取り組みはやりやすくなりますね。

2010 07 28 [Web集客] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2010.07.27

リフォーム産業フェアで「インターネット集客」お伝えしています 27 July 2010

100727a

 今日明日と、東京ビッグサイトで リフォーム産業フェア が開催されています。 SHIPは、 リフォームのインターネット集客 にテーマを絞って 出展しています。 ミニセミナーを開催すると 上の写真のように人が集まる関心の強いテーマです。 多くの人がなかなかうまくいかない リフォームのインターネット集客の コツはどこにあるのか? 我社であれば どんな会社を ベンチマークすればよいのか? その情報だけでも 受け取りに来てください。

 

2010 07 27 [SHIPオリジナルセミナーのご案内・ご報告] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2010.07.26

新築の施工者にリフォームを依頼したのは13.6%、インターネットでリフォーム業者を探したのは14.1% 26 July 2010

 国土交通省が発表した 2009年度住宅市場動向調査 で面白い発見がありました。

100726a

 ひとつは、リフォームの依頼先と新築の施工者が一致するのが、年々減ってきて、2009年は13.6%という数値がでていることです。これは「リフォーム産業」というか「リフォーム業界」というか、新築とは違うジャンルの産業分野が生活者に完全に認知されたからだとと思います。

100726b

 もうひとつは、リフォーム業者探しにおいて、「以前からつきあいのあった業者」がトップであるのは変わらないのですが、「インターネット」が平成20年2.2%から、平成21年には14.1%に増えています。新築を施工した会社がリフォームを請けるのに有利かといえば、実はインターネットで探される準備をしているリフォーム会社さんと、ほとんど同じだと言えます。

 また「リフォームとインターネットが相性がいい」と言ってきたのは、SHIPだけかもしれません。最近ではリフォームも「商品企画」をすることで、ますます「インターネット」との相性が良くなっています。この流れが 「見えた人」と「まだ見えない人」との間には大きな差ができるだろうなと、現場に寄り添っているとますます強く感じる今日この頃です。

2010 07 26 [小松の足跡~未来を見据えて~] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2010.07.25

トイレの神様 25 July 2010

100725a  情熱大陸で 「トイレの神様」 の植村花菜さんが特集されていました。四人兄弟の末っ子で生まれて、小学校三年生からひとりだけおばあちゃんと隣の家で暮らすことになった少女時代。健気にお手伝いもよくしていた彼女でも、なかなか出来なかったトイレ掃除。

 おばあちゃんに「トイレには、とてもきれいな女神さんが住んでいて、 トイレを毎日きれいしていたら、 女神さんみたいにベッピンさんにしてもらえるで」と言われ、「べっぴんさんになるんや」とトイレ掃除をするようになりました。

 少女が成長するにつれて、おばあちゃんとの関係性にも微妙な変化が起こってくることも歌の中で語られます。そして亡くなる間際、まるで自分が来るのを待っていたかのように永眠します。

 日本では「泣ける歌」として有名になっていますが、上海万博では字幕付きで歌って、文化の違う中国人のテーンエイジャーが涙を流しているシーンが放映されていました。
 誰もが持っている子供のときの「何故?」、そしてその「何故?」を埋めてくれる存在。これが国境を超えて人の心を打つんだろうなと思います。

2010 07 25 [小松おすすめの一冊] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2010.07.24

夢のきずな募金イベントが開催されました 

 もうひとつのワールドカップの話は以前書きました。

 初めての方は 日本知的障がい者サッカー連盟-JFFID のサイトをご覧ください。

100724b

100724d  昨日は、スターリィマンのはせがわファミリーが、もうひとつのワールドカップを応援しようと立ち上げた 夢のきずな募金 のイベントに参加してきました。

 夢をかなえる風船を持ったスターリィマンは絵の中に醸しだされる物語ですが、はせがわファミリーは、知的障がい者のサッカーチームが資金難で もうひとつのワールドカップ出場が危ぶまれていると聞いたときから、実際に彼らに夢をかなえる風船をとどけるべく、 夢のきずな募金 を立ち上げて、告知活動、支援者募集活動に東奔西走しています。

 夢の絆募金のための絵には原画があります。この原画を応援のための絵として、使うことになった経緯が説明されました。

100724a

 参加されている方の話を聞いていると思うことがたくさんありました。お姉さんが知的障がい者の人が今はこのチームの応援を全力でしています。実際にお子様がこのチームにいらっしゃるお母さんは、サッカーを通じての子供の成長が楽しみだそうです。「南アフリカに一ヶ月に行って帰ってきたらどうなるんだろう」というお言葉にはジーンときました。お子様が自閉症児という方も応援でかけつけてくれました。

 それぞれの思いをもって応援されています。このような全国各地での応援を通じて 当初、3000万円以上の予算ショートが、あと 500万円までというところまできたそうです。

 8月3日HaLAフォーラムでも 応援のご案内をさせていただきます。直接思いを受け止めて、今回の南アフリカに限らず、次回のブラジル、その次の開催場所も、ずっと草の根で支えるネットワーク作りに 一役買っていただきたいと思います。

2010 07 24 [SHIPオリジナルセミナーのご案内・ご報告] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2010.07.23

リフォーム会社さんへの学生インターン、今年もよろしくお願いします 23 July 2010 

 町田デザイン専門学校さんは、厳しい躾で有名な学校です。学校の周りも校内も、学生さんたちにより綺麗に掃除が行き届いています。私たちSHIPとのお付き合いは2005年5月リフォーム学科ができたときからですから、もう6年ですね。懐かしいブログ記事(↓)

 専門学校でのスタイルプレゼンの授業 13 May 2005

 毎年、一学期と二学期の間の期間、インターンとしてSHIPユーザーのリフォーム会社さんの現場で研修させていただいております。今年も7社様8拠点で、インターンの受け入れをしていただけることになりました。

 企業の立場からいえば、面倒なこともあるでしょうが、躾の行き届いたしっかりした学生さんだからこそ「良い刺激になる」とのことで、毎年インターン研修を受け入れてくださっている会社も多いです。

 リフォームプロ様、キタセツ様、ライファ鎌倉様・ライファ金沢文庫様、彩コーポレーション様、アビネット様、工作室グリーン様、鈴木工務店様、ありがとうございました。早いところでは、既に始まっていますが、今年もよろしくお願いします。

2010 07 23 [小松の足跡~未来を見据えて~] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2010.07.22

人事考課の集計をやっていて新人の頃を思い出したの巻 22 July 2010

 私は3ヶ月に一度はオフィスのレイアウト変更が起こるような会社に入りました。会社もM&Aも含めて伸びていましたが、部署のリーダーがそういう気質だったこともあったでしょう。日常的に軌道修正・朝令暮改の中で仕事が進んでいきました。

 新人の頃、何も仕事の仕方がわからなかった私には、とても親切な先輩がいました。聞くと何でも丁寧に優しく教えてくれました。一方で私の直属の上司にあたる人は「これやっといて」と丸投げで、説明を求めると早口でどんどん説明して「あとは自分で考えな」で終わりで、しょっちゅう途方に暮れていました。

 あるとき部署のリーダーと話す機会があったとき、私は優しい先輩の話をしました。

 「あの人はわからない私たちに何でも教えてくれる。本当にいい人ですね」
 
 私はリーダーが同調してくれると思っていました。ところが

 「だからアイツはアカンのや」

 の一言でこの話題は終わりました。入社3週間目くらいのことでした。その時は何が「アカン」のかもわからなかったのですが、それから3~4年経ったときに、「なるほどあれではアカンなぁ」と思うようになりました。

 この話は、社歴の長い社員には心得として何度か話したことがありましたが、最近はあまり伝える機会がありませんでした。昨日、人事考課のまとめをやっていて、我社も親切でない人が良くない人になるつつあるな、と多少危機感をもったので、ひとまずブログに書いておきます。

2010 07 22 [小松の足跡~未来を見据えて~] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2010.07.21

HaLA2010 8月案内と11月予定が決まりました 21 July 2010

100701a

 社員満足度向上をテーマにしたHaLA2010の3回目のフォーラムがいよいよ8月3日(火)に迫りました。3ヶ月に一度というのは、あっという間に回ってきますね。すぐに儲かる話でもありませんので少し面倒な感じがすると思いますが、前回までと同様、来てみると 「来て良かった」を感じていただけます。

 今回はテーマにストレートに「人を幸せにする会社」の講演とワークショップも行ないます。Youtubeで予習してきてください。

 11月の第4回HaLAフォーラムの日程の決まりました。25日から27日まで。今回はAPRA台湾企業との交流会と和僑会アジア大会と合同で行ないます。沖縄の企業訪問や国際的交流、そしてHaLAフォーラムと楽しみな日程になります。予定を押さえておいてください。

100721a

2010 07 21 [SHIPオリジナルセミナーのご案内・ご報告] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2010.07.20

「縁」をつながれた日 20 July 2010 

 今日はSHIP新卒1期生 元社員旧姓村上さん が
 今の勤務先のリ・カレント石橋社長を連れて遊びに来てくれました

 あとで彼女からこんなメールが届きました。

> はいからモダンスタジオで小松社長と石橋が話しているのを見て、
> とても不思議な気持ちになりました。
> こうしてどんどん素敵な縁が生まれていったら嬉しいな、と思います。

 「縁」という言葉は少なくても社会人になってからは私が彼女に教えた考え方だと思います。すっかり村上ワールドの中で「縁」をつながれてしまいました(笑)。
 
 場所を移して、SHIPメンバーも合流しての食事会になり、始終楽しい時間を過ごさせていただいたのですが、そのとき同席された彼女の上司(?)にあたる人からこんなメールをいただきました。

> 村上が入社してくれて以来、
> 弊社の雰囲気はとても明るくなり、
> お互いを思いやる気持ちが根付きつつありますが、
> 素敵な会社で、素敵な仲間たちと過ごしてきたからこそ
> 彼女の魅力が一段と磨かれたのだなと
> シップの皆様をみて、感じました。

 後半は実に嬉しくもありがたい褒め殺しのお言葉ですが、前半にそれ以上に感動しました。

 新卒だけで組織したSHIPの創業期、彼女は新人といえども主役の一人でしたし、組織の中での要求レベルは低くはありませんでした。そんなハードな環境で、彼女の本当の長所を私は活かせてはいなかったし、あまり良い思いもさせてあげられなかったなと思っていました。

 その意味で今、本来の長所を伸び伸びと活かせる環境を得て良かったなと、このメールを読んで心底思ったのでした。

 最後に リ・カレントの石橋社長 のブログの記事です。確かにみんな笑ってばかりの数時間でしたね。

100720a_2

2010 07 20 [小松の足跡~未来を見据えて~] | 固定リンク | コメント (2) | トラックバック

2010.07.19

リフォーム業の「営業企画部」をご利用ください 19 July 2010

 大企業には「営業企画部」とかそんな名前の部署が必ずあります。売上5億円未満のリフォーム会社では、その役割は社長自身が担っていることが多いと思います。集客の企画、チラシやホームページやイベント、どんな商品を目玉にするとか、創業以来ずっとやってきたので、自分がやることを疑う人もほとんどいません。経営者ですから真剣にやってきましたので知識やノウハウは進歩します。しかし、時代は進み、環境は変化します。環境変化に敏感か否かが、創業者系の中小リフォーム会社が存続できるかどうかを決定します。

 SHIPはプレゼンソフトから始まったので、2003年~2005年頃に出会った人からはIT系のツール販売の会社だと思われていますが、最近は「営業企画部」の外注を部分的に受けるアウトソーシング会社になってきた感じです。

 「キャンペーンをやる」

 これは以前は、社鳥のアイデアを印刷屋さんとの打ち合わせてチラシに反映させる作業をして「このチラシ当たるかな? 5000分の1は欲しいな」という感じだったと思います。5000分の1というのは反響率で、@6円の折り込みチラシを撒くと、5000枚に1つの割合で電話が来るという意味で、計算すると 1つの反響を得るのに 5000円×@6円=3万円 かかるというわけです。別の表現をすれば CPA 3万円と言います。

 「社長=一人営業企画部」の場合、CPAが上がってくることに鈍感になってきます。昔は 「2000分の1 で CPA 1.2万円、3000分の1 でCPA 1.8万円」の思い出に浸って、1万分の1 CPA 6万円、2万分の1 CPA 12万円になっても、なかなか慣れた集客方法を変えられずに 体力をなくしていくということが非常に多く起こします。

 「シップ=営業企画部外注」では、検索連動広告(PPC広告)の、ワード選択、コピー作成、ランディングページ(着地ページ)作りを行って、CPA 5000円~1万円 程度を提案します。商品企画によってはCPAは上下しますが、ばら撒くチラシよりは圧倒的に効率が良いです。

 また「シップ=営業企画部外注」では、キャンペーン自体の提案も行ないます。

 営業企画を外注するという感覚を一度味わってみてください。きわめて少額な投資からはじめられます。

2010 07 19 [小松の足跡~未来を見据えて~] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2010.07.18

23日(金)19時から もうひとつのワールドカップを応援しよう 18 July 2010

 オリンピックにハンディキャップを持った人の夢の舞台としてのをパラリンピックがあるように、サッカー・ワールドカップにも同じような主旨の競技会が9月にあります。日本は代表選手を送ることは決まっていますが、実は今現在資金難という問題があり、それを聞いたスターリィマンのはせがわファミリーが発起人になって、資金の問題で夢をあきらめなけれえばならなくなるのは悲しいことではないか、みんなで出来る限りの応援をしていこうということで「もうひとつのワールドカップに出る選手たちに、夢を叶える風船を贈ろうという呼びかけを行っています。

 今週の金曜日23日ですが、文京シビックセンター スカイホールで「夢のきずな募金」応援イベントを行ないます。応援いただける方はぜひご参加ください。

 以下、ドリーム工房はせがわのブログからです。http://starryman.cocolog-nifty.com/blog/2010/07/723-c29a.html

100718a

===
私達の想いや、選手たちの深刻な現状を受け止めて
有り難い応援、ご支援をしていただきました皆様。
今も尚、ご一緒に募金活動をしてくださっている皆様。

皆様のお力添えのおかげで、
様々な所で夢のきずながどんどんつながって、
日々感謝せずにはいられません。

本当に本当にどうもありがとうございます!

夢のきずな募金で皆様に集めていただいたのは、
お金だけではありません。

もしかしたら、お金よりも大切なもの…

誰かの役に立ちたい、夢を応援したいという
温かい思いやりの心、誰かの幸せを願う心。

「誰かのために、何かのために」

まさに皆様がそれぞれスターリィマンになって
目には見えない心の風船をたくさん届けていただきました。

そのひとつひとつの大切な風船を、
私達がしっかりと責任を持って、
日本代表選手たちに届けたいと思っております。

そんな願いを込めて、来週7月23日(金)に
「夢のきずな募金」応援イベントを開催します☆

★☆★☆★☆★「夢のきずな募金」応援イベント☆★☆★☆

 「どんな人もみんな夢を叶えられる。」
 「どんな人も誰かの夢を応援できる。」

  みんなの心 みんなの笑顔が
  きらきら輝く「夢のきずな広場」

  さぁ!スターリィマンになって
  知的障害者サッカー日本代表選手の
  夢を叶える風船を届けましょう!

【イベント名】「夢のきずな広場」

【日 時】  2010年7月23日(金)
      開演 19時 (開場 18時30分)/終了 21時予定

【会 場】 文京シビックホール26階「スカイホール」

【アクセス】 所在地:〒112-0003 東京都文京区春日1-16-21
       ・東京メトロ丸ノ内線/南北線「後楽園駅」4bまたは5番出口 徒歩3分
       ・都営地下鉄三田線/大江戸線「春日駅」
        文京シビックセンター連絡通路 徒歩3分
       ・JR中央・総武線水道橋駅 徒歩10分

【人 数】 100名

【参加費】 無料

【内 容】 ★「ようこそ!夢のきずな広場へ」
      〜スターリィマンの世界/「夢のきずな募金」について〜
      ★「もうひとつのワールドカップ」について
      〜NPO法人知的障害者サッカー支援機構・斎藤紘一氏より〜
      ★「夢のきずな募金」経過発表/スターリィマンたちからのメッセージ
      ★「夢のきずな」横断幕にみんなで応援メッセージを描こう! 
      ★「フィナーレ」〜未来に届ける輝く夢のきずな〜
      ★「夢応援ブース&ショップ」              など

2010 07 18 [SHIPオリジナルセミナーのご案内・ご報告] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2010.07.17

熱い夏の始まり 17 July 2010

 朝は京都で迎えましたが、ホテルから一歩外にでると汗が噴出しました。本格的な夏到来ですね。

100717a

 我が家に戻ると、窓の外の緑のカーテンがやっと存在感が出た感じです。副産物(? 本来の目的?)のゴーヤはあっという間に大きくなり食卓を飾るようになりました。

 一週間前の民主党敗北に関して溜まった新聞や雑誌の記事を読んでいますが、それぞれがどんな読者を想定しているかで言っていることが違いますし何が本当なのかは私たちの立場ではわかりようがありません。それはそれで各社のマーケティング的な問題でいいのですが、大新聞が売れなくなっていくこと、テレビにスポンサーがつかなくなっていく流れは止まらないんだろうなということだけは私のようなものにもわかってしまう気がします。

 日本に難問があるのはわかっています。ではその難問解決の道筋を誰がどのようにつけるのか、そこには立場によって意見も違うわけですが、その意見の相違を明らかにして総選挙で熱く民意に問い、選ばれた側は速やかに政策を実行すること、それが参院選で「ねじれ」を選択した国民の何割かが発したメッセージだと思いますし、昨年8月に政権交代を選択したことはその予行演習だったのかもしれません。

 夜は全英オープンの石川遼くんに釘付けになってしまい、結局夜更かししています。セント・アンドリュースは寒そうですが熱い戦いですね。

2010 07 17 [小松の足跡~未来を見据えて~] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2010.07.16

大阪SHIPリフォームセミナーと京都夏の縁友会 16 July 2010

 今日は大阪でSHIPリフォームセミナーでした。昨日も書きましたが毎月開催するセミナーですが、たくさんの方にご参加いただいて本当に感謝です。

100716a

 これまた昨日に続いて電力会社さんが工務店向けセミナー企画のためにご参加。他社企画セミナーへの出講は一回一回準備が大変なのですが、弊社自身では出会えない顧客接点になりますので、これからは積極的に受けていこうと思っています。

 夜は京都で毎年恒例の夏の縁友会でした。2005年に鴨川の納涼床から始まったこの会も6回目になりました。友との縁を楽しむ会、今年は華やかでした。冬の場所とスケジュールも決まりました。
 12月3日(金) 東京 です。

100716b

2010 07 16 [SHIPオリジナルセミナーのご案内・ご報告] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2010.07.15

no more spray and pray 15 July 2010

 今日は名古屋でSHIPリフォームセミナーでした。業種特化の定期セミナーで毎月開催できるというのは本当にありがたいと思いますが、今日もたくさんの新しい出会いがありました。

100715a  大阪への移動のときに買った週刊ダイヤモンド、今週の特集は「ツィッターマーケティング入門」でした。セミナーでもほんの少しツィッターについて触れていますが、さすがにこのような雑誌にはいろんな業界でのマーケティングでのツイッター事例が掲載されていて、とても参考になりました。今日のブログタイトルに利用させていただいた「 no more spray and pray 」もこの雑誌から引用させていただきました。これはコカコーラがツィッターなどのソーシャルメディア向けにマーケティングを始めたときの理由が「4大媒体に広告をばらまいて(SPRAY)、あとは売れるように祈るだけ(PRAY)、そんなのはもうやめよう」というメッセージからとっています。

===(49Pから引用)===

 今おきている変化とは、ソーシャルメディアの隆盛で、これまでの「企業と名もない個人」という関係から、1対1の人間同志としてのコミュニケーションが可能になったということなのである

===

 弊社のセミナーで自社ホームページの重要性は、興味を持った見込み客(潜在客)に、充分納得できる情報量を提供できる媒体だからだ、とお伝えしていますが、ソーシャルメディアは「充分、興味を持った見込み客に親和性のある人間環境を構築できる媒体だからだ、とお伝えすればいいかもしれません。

 いずれにせよ、これからは企業にとって、ソーシャルメディアでのコミュニケーションが必須になってくるだろうということは確信できます。

2010 07 15 [小松おすすめの一冊] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2010.07.14

靖国神社 みたままつり 14 July 2010

 今週は今日しか東京にいないので朝から晩まで打ち合わせが続きました。夜は靖国神社の みたままつり 、ほぼ毎年行っていますが、今日は一段と人が多かったような印象です。

100714c

 靖国神社は戊辰戦争の朝廷方の戦没者を弔うために明治天皇のご意向に基づいて大村益次郎氏により東京招魂社として創建されました。参道には大村氏の銅像が立っています。

100714a

それ以降、国を守るために殉難死した「英霊」を祀る神社となってきましたが、「明治維新のさきがけとなって斃れた坂本龍馬・吉田松陰・高杉晋作・橋本左内といった歴史的に著名な幕末の志士達」も祀られています。その思いは次の明治天皇の歌に表現されています。

 「我國の為をつくせる人々の名もむさし野にとむる玉かき」

100714b_2

 みたままつりは昭和22年一部の崇敬者が参道で踊った盆踊りが起源になっています。盆踊りそのものはあの世の魂がお盆のときはこの世に帰ってきているので一緒に踊って楽しんでもらうための行事ですが、今週は祀られている247万柱の英霊がk国難のときにこの場に来ているのかもしれません。

2010 07 14 [小松の足跡~未来を見据えて~] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2010.07.13

大きな流れを捉えるとおのずと戦略は見えてくる 13 July 2010

 今日は札幌でSHIPリフォームセミナーでした。

 セミナーをお客様との出会いの場としているSHIPにとって、東北以北は苦手な地域です。なかなかセミナー参加者様を集めることができません。そんな中でいらしていただいた会社様は私のブログなどもよく読んでいただいている方も何名かいらっしゃって、この地でももっと頑張ってお役立ちしようと勇気づけられました。

 今、お伝えしたいのは、売上・利益を増やすためには、当然見込み客を増やさないといけませんが、見込み客になる人はほとんど直接間接にホームページをチェックしますので、ホームページに「選ばれるための」充分な情報が必要であり、その上でホームページに狙った潜在顧客のアクセスを誘導し、アクセ状況を数値で管理しながら増やしていくことが営業活動の基礎になるということです。具体的な事例と数値はセミナーでお知らせしていますが、「誰でも興味を持つと検索をするという大きな流れ」を捉えるとおのずと戦略は見えてきます。

2010 07 13 [SHIPオリジナルセミナーのご案内・ご報告] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2010.07.12

住宅クラウドセミナー in 札幌 12 July 2010

 今日の札幌は雨、全国的に雨のようですね。

100712a

 アクセス札幌では、一般財団法人住宅年工学研究所主催の「住宅クラウドセミナー」が開催されました。

100712b

 第一講座は三澤理事長による「住宅業界の情報処理コストの現状と情報イノベーション  ~ 住宅業界50年の反省と改革の進め方 ~」として、ご自身がハウスメーカーを経営して体験してきた反省とこれからの改革をお話いただきました。クラウドがあったら、情報処理コストは6分の1で済んだという試算をされています。 

100712c

 続いて、当時はクラウドとは呼ばれていませんでしたが、ネットによるシステムを利用することで集客コストを劇的に下げた事例として、愛媛県八幡浜市の昭和建設氏間取締役にご自身の経験を「ホームページとブログで大幅な集客コストダウンが実現 ~ 年商3億円、集客コスト200万円の工務店の紹介~」と題してお話いただきました。通常は、年に12棟、年商3億円くらいの工務店は、販売促進費として売上の5%は使います。昭和建設さんの場合ですと1500万円になるでしょうか。三澤理事長のデータによるとハウスメーカーは10%ということになります。それがブログとホームページを利用することで、標準の8分の1までコストダウンしていることになります。

 第三講座は住宅クラウド事例として、一般財団法人住宅クラウドコンソーシアム専務理事北上義一氏による「工務店情報化コストを削減、生産性を高める「住宅クラウド」の展望~ クラウド型CADのデモ、早割りキャンペーンの紹介 ~」でした。

100712d

 システム利用やサービス利用など、クラウドサービスが充実していきます。次回は9月21日名古屋会場、10月19日大阪、11月9日福岡を予定しておりますがお近くの方はこの情報に触れてください。

2010 07 12 [SHIPオリジナルセミナーのご案内・ご報告] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2010.07.11

日本の農村は戦後最大のチャンス 11 July 2010

 今日は参議院選挙。午前中、投票をしてきました。

100711c

 それから 8月3日HaLAフォーラムで講演いただく えがおつなげて の曽根原さんの えがお大学院社会起業家コースの説明会に出席。

 地域社会における事業と雇用を加速的に創造するため、農山漁村活性化と雇用創造を目的とした起業プランを募集し、そこに金銭的支援と専門家によるアドバイスを提供する枠組みができたそうです。

 「日本の農村は戦後最大のチャンス」ということでここから10兆円産業が生まれるビジョンを掲げていらっしゃいました。10兆円の内訳は下記です。

 3兆円 農村漁村
 2兆円 観光・交流
 2兆円 建築・不動産
 1兆円 エネルギー・交通
 2兆円 教育・情報・IT・メディアサービス

 応募が8月6日までということですので興味を持った方は挑戦されてみてはいかがでしょうか。 

 終了後、羽田空港から札幌に移動。龍馬伝を見てから、明日の 住宅クラウドセミナーの講師である昭和建設建設氏間さんと合流。食事をしながら参議院選挙の結果をみていました。

100711d

 とにかく環境は変化し続けます。その変化の中でお客様に喜んでいただけるために私たちも変化・進化し続けないといけません。

2010 07 11 [小松の足跡~未来を見据えて~] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2010.07.10

「岡山で一番笑顔が集まるチーム」実現に向けての第二創業出航式 10 July 2010

 今日は岡山のベストホーム社の第二創業出航式でした。ご案内いただいた席に着くとそこにこんなメッセージカードがありました。

100710a

 ベストホームの藤本社長は証券会社の営業マンだったのですが奥様のお父様の関係でエクステリア会社の経営を行うことになりました。そこから16年、様々なことを乗り越えて今日まで来られました。弊社とのお付き合いが始まり、そこからHaLAフォーラムに参加され、HaLAプレジデントスクールで勉強されて、自分の原点は「お客様に喜んでいただくこと」であることを深い次元で確認され、「岡山で一番笑顔が集まる会社」を到達点に決められたわけです。

100711a_2

 角田先生の講演の中で「ディズニーランドは98%がリピート客、ゲストは、一回の訪問につき60回キャストに触れる機会があるそうですが、59人の対応が良くても、1人が期待を下回る対応をすると印象は悪くなる。」とありました。

100710b

 提案しているのは、ベストホームさんが社長・社員さんはもちろんとして実際にお客様宅で工事にあたる職方さんまで同じゴールのイメージをもって、今日から「岡山で一番笑顔が集まるチーム」を一緒に創っていこうということだと思います。僭越ながら私もそんな挨拶をさせていただきました。

100710c_2

 親子三代の左官職人さん、お孫さんの挨拶です。チームベストホームで輝いていることが想像できました。

100711b

 明日札幌ですので、私はここで中座させていただきましたが、奥様からはサプライズのことを聞いておりました。見たかったなと後ろ髪を引かれつつ最終の新幹線に乗ります。

2010 07 10 [小松の足跡~未来を見据えて~] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2010.07.09

売上は後、アクセスが先 9 July 2010

 今日は東京でSHIPリフォームセミナーでした。バージョンアップ版として、検索連動広告を取り入れたホームページがどのような数字の変化を起こすかを紹介させていただきました。

 売上(=契約客)を上げるためには、引合(=見込み客)を増やさないといけないし、引合を増やすためには、ホームページへのアクセス(量・質)を増やすことが最も効率的です。

 この会社はどう変わったか?というと、昨年9月から11月までのリフォームシーズンと今年3月から5月までのシーズンの数値を比較すると下記のようになります。違いは、商品企画付検索連動広告(「まかせて得するCPA」弊社商品名です)を行なったことです。

100709a

 下記がホームページへのアクセスがどこから起こっているかです。自然検索も150%くらいになっていますが、検索連動広告は自然検索の2倍のアクセスになっています。

100709b

 売上は後です。アクセスが先です。このことが今いちばん伝えたいことです。今月のSHIPリフォームセミナーは、13日札幌、15日名古屋、16日大阪で開催です。  
  
 もうひとつ伝えたいこと。夜は京都に移動しましたが、twitterをみていたら本田圭佑選手の小学校の卒業文集の「将来の夢」が紹介されていました。「言うよりなる」がすごいなと、伝えます。

 ぼくは大人になったら、世界一のサッカー選手になりたいと言うよりなる。
 世界一になるには、世界一練習しないとダメだ。
 だから、今、ぼくはガンバッている。
 今はヘタだけれどガンバッて必ず世界一になる。
 そして、世界一になったら、大金持ちになって親孝行する。

 Wカップで有名になって、ぼくは外国から呼ばれてヨーロッパのセリエAに入団します。
 そしてレギュラーになって10番で活躍します。
 一年間の給料は40億円はほしいです。
 プーマとけいやくしてスパイクやジャンバーを作り、世界中の人が、このぼくが作ったスパイクやジャンバーを買って行ってくれることを夢みている。

 一方、世界中のみんなが注目し、世界中で一番さわぐ4年に一度のWカップに出場します。
 セリエAで活躍しているぼくは、日本に帰りミーティングをし10番をもらってチームの看板です。

 ブラジルと決勝戦をし2対1でブラジルを破りたいです。
 この得点も兄と力を合わせ、世界の強ゴウをうまくかわし、いいパスをだし合って得点を入れることが、ぼくの夢です。

2010 07 09 [SHIPオリジナルセミナーのご案内・ご報告] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2010.07.08

CPA(1件当たり見込み客獲得コスト)8,666円、CPO(1件当たり契約獲得コスト)52,000円の新築Web営業 8 July 2010

 長いタイトルになってしまいましたが、今日SHIPホームページのユーザー事例記事にアップされたのは、大田区のビーテック様。新築メインの会社様ですが、LifeStyleCADの導入から数えればもう6年ほどお付き合いさせていただいております。今回の記事は、コストパフォーマンスの良いホームページ集客に関してです。

 集客コストは細分化すれば、1件当たりの見込み客獲得コスト(CPA=CostPerAction)と一件当たり契約獲得コスト(CPO=CostPerOrder)などになるのですが、2000万円程度の新築の場合、一件当たり契約獲得コスト(CPO=CostPerOrder)は100万円を下らないのが普通だと思います。展示場への集客を中心に行っている住宅会社であれば、もっと多いでしょう。

 いずれにせよビーテックさんは、通常の住宅会社の20分の1のコストで注文住宅が受注できるようになりました。事例ページにありますようにビーテックの樋口社長は時流に素直です。

 なぜWeb集客に力を入れるようになったかに関しては
===
世の中の流れが、「情報収集にウェブを使うのは当たり前」になってきたじゃないですか。

家を買うときも、それは同じ。
高い買い物だから、なおさら情報から得る信頼が大切ですよね。

世の中の流れがそうなら、ホームページを使わない手はないと思いました。
===

 ――ホームページ集客の良さは何ですか。 という問いに対しては、仕組みが継続し、蓄積していくことだと思います。樋口社長も下記のように答えています。

===
「なんと言ってもいちばん良いのが、『仕掛け続けてくれる』こと。

企業にとって大事なものの7割は集客だと思うから、それをし続けてくれるのは効率がいいし、大事だよね。

今のお客様は、例えば現場見学会に来るのにもホームページを見てから来ます。
そしてホームページを見て、不安や問題が解決したお客様は、契約率が高い。
===

 「ホームページを見て、不安や問題が解決したお客様は、契約率が高い。」、そうなんですね。これがホームページ集客とポータルサイト集客との一番大きな違いです。ポータルサイト集客もCPA(見込み客獲得コスト)は下げられるのですが、CPO(契約獲得コスト)まで連動して下がるかというそうでもないことが多いです。

 今日は新築のWeb集客の話でした。

2010 07 08 [Web集客] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2010.07.07

札幌で 住宅クラウドセミナーと SHIPリフォームセミナー 7 July 2010

 今日は七夕です。今13時半ですが曇っています。夜は星が見えるでしょうか。

 昨日はラリードライバーの篠塚建次郎さん と篠塚さんの活動を応援されているイーライフグループの小川社長と会食でした。9月に南アフリカで開催される「もうひとつのワールドカップ」の話をしたところ、篠塚さんも同時期南アフリカでのGlobal Green Challenge に出場されるそうです。http://www.globalgreenchallenge.com.au/ こちらも応援よろしくお願いします。

 さて来週12日(月)は札幌で住宅クラウドセミナーが開催されます。プログラムは先月の東京会場同様、三澤理事長(ミサワホーム創業者)とクラウド的なシステム利用でローコスト集客を実現されている昭和建設の氏間さん、住宅クラウドを推進している住宅都市工学研究所の北上部長と三氏の講演で構成されています。

100622a

 このセミナーは一般財団法人住宅都市工学研究所主催によるもので参加費も無料になっております。札幌周辺の方は是非ご参加ください。私は運営面のお手伝いをさせていただいている関係で会場におります。参加お申込みはこちらです。

 翌日13日は札幌でSHIPリフォームセミナーを開催します。なかなか北海道のリフォーム会社様に情報提供の機会を設けることができないでいるのですが、ぜひ最新の住宅リフォーム現場の情報をお持ち帰りいただければと思います。参加お申込みはこちらです。

2010 07 07 [SHIPオリジナルセミナーのご案内・ご報告] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2010.07.06

Yahoo!検索 アルゴリズムアップデートと今後の対策 6 July 2010

100706a 

 「Yahoo!検索 スタッフブログ」でも発表されていますように、Yahoo!検索 アルゴリズム がアップデートされています。SHIPユーザー様でも、7月1日頃から リフォームサイトで重要な「リフォーム 地域名称」などの検索順位が不安定になっています。しばしば発生することなのですが、少しの間検索順位の様子をみて安定したら対策を打った方がよいと思います。

 SHIPでお伝えしている基本方針、1)更新頻度を高めること、2)施工事例(お客様の声)中心にページボリュームを増やしていくこと、3)キーワードを適量に配置すること、これらはどんなアルゴリズムの変更があってもプラスに働きますので、続けていっていただkればよいです。

 検索連動広告も単純ではないルールもありますが、自然検索のアルゴリズム変動に比べれば、ロジカルに運用すれば成果は確実に出ます。

 顧客接点が日増しに、Webに移動していることを考えれば、SEOと検索連動広告の最適な組み合わせが重要なテーマになっていきます。弊社もそうなのですが広告費に占めるWebのコスト比率を高めていく時期だと思います。リフォーム業界の方は私や弊社スタッフにお問い合わせください。

2010 07 06 [Web集客] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2010.07.05

4割経済と住宅リフォーム 5 July 2010

100705b  今日は秋田と盛岡で打ち合わせ。新築工務店様と総合建設業様でした。両社とも住宅リフォーム事業にドライブをかけようという意気込みを感じます。時流を見極め決断を早く、トライアンドエラーで事業を磨いている、そんな進め方をされています。

 新設住宅着工棟数は、日本全体ではピーク時の191万戸から78万戸と約40%に減少していますし。建設投資もピーク時の1992年から約40%になっています。4割経済は地方では如実です。

100705a

 この間、住宅においては坪当たり単価20数万円台を標榜するローコスト住宅が工務店の現状打破の手段として受け入れられましたが、今では競合が熾烈なレッドオーシャン状態となっています。住宅リフォームに参入する企業もあるにはありましたが、あまりの業態の違いに本格的な展開は手控えられている企業が多いという印象です。

 去年から今年にかけて復活したのがいわゆるパワービルダーです。今日の日経新聞にタクトホームの業績が発表されていました。土地が下がった後にはこのような業態の好業績が現れます。
===
10年5月期業績予想は、売上高が従来予想の420億円から467億円、営業利益が27億5100万円から53億8000万円、当期利益が15億0500万円から31億3500万円にそれぞれ引き上げられた。不動産分譲事業で販売が順調に推移し、販売棟数は当初1385棟の計画だったが1506棟となる見込み。採算重視の仕入れや事業サイクルの短縮などにより利益も押し上げられるという。
http://jp.reuters.com/article/stocksNews/idJPnTK040625920100705
===

 すでに既築住宅の空き室率が13.5%にもなっていて、生活の質的転換に生活者が向かうと思われる現在、多少面倒で勝手が違う住宅リフォームに本格参入する時期だと思います。2010年は前年比20%増との予測も出ています。

100614a

 まだまだリフォームは「誰に頼んだらいいかわからない」分野です。需要は伸びます。ただし成熟産業でもあります。ではどうすれば良いか?

 今月のSHIPリフォームセミナーはさらにバージョンアップして情報をお伝えしたいと思います。最新の情報を自分のものにして、決断をしていってください。

2010 07 05 [SHIPオリジナルセミナーのご案内・ご報告] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2010.07.04

鍵は日本国民 4 July 2010

 来週の日曜日は参議院選挙だけど自分の考えが決まらない。比例区は個人に投票できるということで、多くの人から投票依頼(?)的なメールや資料が届くけど、今回はまだ投票先を決めきれないでいる。

 9党首の討論ということでNHKの日曜討論を見る。野党は当然与党批判になるわけだが、自民・公明はもちろん他の党首も自民党から出ているのでいわば政治発停滞の当事者だ。菅総理はそこを落ち着いてカウンターを入れる。個人的感想だが、何とも面白くない討論だった。

 問題は出尽くしているのに、何故解決は実行されないでいるんだろう?
 しかも日本のトップクラスの優秀な人たちなのに、、、

100704a  このあたりがモヤモヤの原因かなと思う。そんな気持ちも持ちながら、夕方からは 「さらば日米同盟」(天木直人氏) を読む。天木氏はレバノン特命全権大使だったとき、イラク戦争が起こった。

===
 米国はイラクを破壊することはできても統治することはできない。イラクは混乱し、中東情勢は悪化する、と。
 そんな米国のイラク攻撃を日本は許してはいけない。たとえ止められなくても、日本は米国を支持してはいけない。私はそう確信し、そのことを川口順子外務大臣と小泉純一郎首相に諫言した。(中略)その結果、私は辞任を迫られた。事実上の解雇である。
===

 第二次世界大戦に敗戦してから今日までの米国と日本の関係、その縮図といえる沖縄の基地問題、悲劇が繰り返されるおパレスチナ問題、安定しない東アジア、すべてが同じ原因だということが解説されている。

 この本の主題である憲法9条による「自主防衛政策」は誰かと議論してみたいなと思うが僕がこの本を紹介する理由はそこではない。次の一節のためだ。

===
 ルース大使の関心は民主党政権の行方と普天間基地の移設、そして日米安保条約の将来にあった、と。
 これは注目すべき情報だ。米国政府は日米安保体制の将来を本気で心配している。日米安保体制の将来の鍵を握るのは日本政府ではない。日本国民だ。 237P
===

 一人ひとりが諦めないで言葉にならない言葉を発していくことで、きっと何かが変わっていく、そんな気持ちにさせてくれた本だ。選挙に希望を持てない人にはお奨めする。

2010 07 04 [小松おすすめの一冊] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2010.07.03

「らしさ」を磨くことで価値は生まれる 3 July 2010

 朝から高校生の娘がレッドクリフを鑑ていた。最近「華人経営」を勉強しているので、そんな目線でみてしまう。華人のDNAは中国大陸の歴史を踏まえて形成されてきたのだと思う。

 その後電車にのって日経ビジネスを開くと、今週の特集は日本の電機メーカーが束になってもかなわない「SAMSUNG」。韓国企業だが、まだ底の浅い勉強段階の私には李健煕オーナーが曹操に重なって見える。海外のホテルに泊まっても、ミラノサローネの展示をのぞいてもテレビはSONYやPANASONICではなく、SAMSUNGであることが多い。記事を読むと日本企業が真似のできない社風を作り上げた結果だということは理解できた。

 残念ながらベスト8には進めなかったが、サッカーワールドカップでの日本チームには 「下手は下手なりの試合をするだけ」(闘莉王)に表現される自分たちなりの戦い方があるということをあらためて教えてもらった気がする。SHIPも今週、新人(新卒8期生)が正社員になって、来年4月入社の内定者(新卒9期生)が揃って、2年目、3年目のスタッフにも進化がうかがえるようになってきて、4年目の中堅がお客様に「謙虚であれ」と言われ、すんなりと腹に収まったというような話しも聞いて、すべてが頼もしく思えた。SHIPはSHIPらしくチームで守り攻める。お役立を創造し、絆を育む、と思った週だった。

100703a

 夕方に到着したラベンダー畑。このイベントも箱物的発想ではなく自然発生的に小さく始まったフェスティバル、今はとてもにぎわっている。「らしさ」を磨くことで、人に評価される価値は生まれ、時間に試されていくのだと思う。

100703b

2010 07 03 [小松の足跡~未来を見据えて~] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2010.07.02

20歳のときに知っておきたかったこと-スタンフォード大学集中講義 2 July 2010

100702a  「20歳のときに知っておきたかったこと-スタンフォード大学集中講義

 長いこと積んでおいた本ですが、もし20歳のときに出会っていたらどうなったんだろうとは少し考えました(笑)。理解できなかったかもしれないし、理解できても実践する力はなかったのかもしれません。確かにタイトル通りに、幸いにして20歳に近い人だったら必ず読んだ方がいい本だと思うと、49歳の私は推薦します。内容を書き出すとキリがないので目次を書きます。

第1章 スタンフォードの学生売ります
─自分の殻を破ろう
第2章 常識破りのサーカス
─ みんなの悩みをチャンスに変えろ
第3章 ビキニを着るか、さもなくば死か
─ルールは破られるためにある
第4章 財布を取り出してください
─機が熟すことなどない
第5章 シリコンバレーの強さの秘密
─早く、何度も失敗せよ
第6章 絶対いやだ!工学なんて女がするもんだ
─無用なキャリア・アドバイス
第7章 レモネードがヘリコプターに化ける
─幸運は自分で呼び込むもの
第8章 矢の周りに的を描く
─自己流から脱け出そう
第9章 これ、試験に出ますか?
─及第点ではなく最高を目指せ
第10章 実験的な作品
─新しい目で世界を見つめてみよう

 1章から3章はと何もなくても価値を生み出す魔法のような自由な発想という宝物が誰にも与えられていることが描かれています。

 「できないことなどない、と呑んでかかることで、決まりきった枠からはみ出よう」(ラリー・ペイジ Google創業者)

 30歳だったら? 40歳だったら?

 多かれ少なかれ浮き沈みを経験したであろうこの年代の人にとっては、5章でしょうか。ステーブジョブスはちょっとビッグすぎるのでこちらの事例で、

 「キャリアの進歩は、二次元の梯子ではなく、三次元のピラミッドを登るようなものと見るべきだ。ピラミッドの端を横に動くことで経験という土台を作ることができます。ぐずぐずしているように見えるかもしれませんが、この間に習得したスキルや経験が、後々いかに貴重であるかがわかってきます」(キャロル・バーツ Yahoo CEO) 

 それにしても、こんな講義があるんですね。昨日受講したセミナーでは、今日本の大学で教えている中国の学校を卒業した先生の話しが印象的でした。

 「中国ではディスカッションとディベートが中心。これで徹底的に鍛えられる。日本では教師から生徒への一方通行で質問を投げかけても返ってこない。私は日本の将来が実は心配だ」

 価値を生む自由な発想、ディスカッションとディベート、このあたりを企業は入社時から意識して鍛えていかないといけないのだと思います。

2010 07 02 [小松おすすめの一冊] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2010.07.01

8月3日のHaLAフォーラムは「君を幸せにする会社と地域」 1 July 2010

 今日から7月、2010年も後半に入りました。蒸し暑い夏は体力を消耗しますので、睡眠をしっかりととりたいですね。

100701a

 今年3回目のHaLAフォーラムの案内をさせていただきます。2010年のテーマは「社員満足度向上」、社員のストレスは会社の体力を消耗させます。このあたりで半日ほど時間をとっていただいて、企業体力回復のためのエッセンスを学びにきてください。

100701b

 今回もHaLAらしい3名の講師をお迎えしています。一人目は「君を幸せにする会社」の著者であり「人を幸せにする会社」を増やすことをミッションにしている公認会計士の天野敦之さんです。「人を幸せにする会社」創りのためのワークショップも行ないます。

100701c

 二人目はNPOえがおつなげての曽根原久司さん。天野さんと同じく金融業の出身なのですが、33歳のときに山梨の限界集落に移り住み、都会のニーズと田舎のニーズを組み合わせることでの事業創出を行って、「第一回オーライ! ニッポン大賞ライフスタイル賞」受賞や、内閣官房都市再生本部が選定する「地域活性化伝道師」235人中の1人にも選ばれています。さしずめ「君を幸せにする地域」を創っているといえると思います。

100701d

 三人目はおなじみ臥龍こと角田識之先生、毎回感動ですが今回はどんなお話しが聞けるか楽しみです。 

 8月3日(火)は暑い盛りと予想されます。個人も企業も体力を消耗しないようハートに栄養をつけにきてください。

2010 07 01 [ハッピーライフアライアンス] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック