« March 2010 | トップページ | May 2010 »

2010.04.30

「お客様」の意味がわかることを期待している 30 Apr 2010

 月末の全社会議。新人配属と事業計画共有と進捗チェック、前期のMVP等授与。
 1)発想のフレームを意識して転換すること
 2)仮定や推測にとどめずお客様に聞くこと
 3)ツールとしてGoogleDocsをもっと使い込むこと

 新人はオフJTを終え、来月からOJTになる。新人に伝えたことは以下、
 「今日の会議はわからない言葉が飛び交っていたと思うけど、知っていると思っている言葉の方が本当はよりわからないということに気をつけていこう。例えば『お客様』。先輩諸氏の『お客様』という言葉と同じ意味で『お客様』を使えるようになるのを待っています。」

 実は環境も市場もない。目の前のひとり一人のお客様しかない。このお客様にSHIPのサービスを通じて心底喜んでいただくこと、それだけがSHIPが存続できる条件、ビジネスパーソンが意識すべきこと。

 夜は4月誕生日の2人と誕生日会。この2人は誕生日も近いし、住んでいるところも近い。お酒好きも語り好きも共通。美味しかったし面白かった。

100430a

2010 04 30 [小松の足跡~未来を見据えて~] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2010.04.29

SHIPリフォームセミナーで、集客計画を作ろう 29 Apr 2010

 ゴールデンウィークに入りましたが、これまで集客の工夫をしてきた会社にとってチャンスの一週間になりますね。

 今月もSHIPのお役立高(普通でいうと売上高)は、集客に関するネットサービスが中心でした。中でもPPC(検索連動)広告を使った仕掛けがあっという間に成果があがって喜んでもらっています。連休で家族が家にいて、ネットで検索する時間がしっかりとあると引合いも通常よりも増えることでしょう。

100429a

 そんな仕組みがまだの方、あるいはもっと勉強したい方に向けて、連休明けの来月のSHIPリフォームセミナーでは、
 ・PPC(検索連動)広告
 ・ホームページ
 ・チラシやポスティング
 これらを複合的に絡ませて集客していくためにやらなければならないことを知ってもらって、実際に自社の集客計画書を作ってもらう講座を企画しました。

 今までリフォーム会社様があまり得意としていなかった、いわゆるPDCA、仮説・計画・実行・検証・修正計画&実行を現場で行うための入り口になります。

 これを機会に、いきあたりばったりの集客から、ノウハウが確実に積み重なるSHIPロジックによる集客に切り替えていきませんか。

2010 04 29 [SHIPオリジナルセミナーのご案内・ご報告] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2010.04.28

本質的にリスクが少ない就職は 28 Apr 2010

 少し前のニュースですが「国家公務員I種応募者、10年度は21%増」ということです。記事では1996年と比較していますが、地下鉄サリン事件の翌年のこの頃も先が見えない不況でした、やはり不況下では安定した公務員志望者が増えるということでしょう。キャリアのみならず公務員全般の志望者が増えているのだと思います。

===
国家公務員I種応募者、10年度は21%増
2010/4/24 0:58
 人事院は23日、いわゆる「キャリア」と呼ばれる中央省庁の幹部候補を選ぶ2010年度の国家公務員採用I種試験の申し込み状況を発表した。申込者数は前年度に比べて21.2%多い2万6888人。伸び率は今の制度を導入した1985年度以来、最も高くなった。人事院は「景気悪化による民間企業の採用抑制が影響している」と分析している。

 内訳は法文系が1万9067人(前年度比23.0%増)、理工系が5929人(同17.2%増)、農学系が1892人(同16.5%増)。

 女性は8212人が申し込んだ。全体の30.5%を占め、昨年度に次ぐ過去2番目に高い割合となった。

 不況下には安定性のある公務員に志望が集まるとされるが、申込者数はピークだった1996年度と比べると6割にとどまる。実数を見る限り公務員に人気が集まっているというわけではなさそうだ。
===

 2011年4月入社生の採用活動が佳境に入ってきました。今年はいつもより少し遅めにずらして、この「安定志向」をフィルターにかけるようにしています。

 これは本音ですが、ベンチャーで揉まれて、仮に何か非常事態があったときでもそのときは自立できる実力を備えることが、これからの時代においてはもっとも本質的なリスクは少ないと心底思っています。

2010 04 28 [小松の足跡~未来を見据えて~] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2010.04.27

国民幸福度調査 27 Apr 2010

 内閣府から「平成21年度国民生活選好度調査」が発表されました。

 民主党政権が昨年表明していた「幸福度を表す新たな指標の開発に向けた一歩として、国民が実感している幸福感・満足感の現状を把握すること」を目的としているのだそうです。

100427a_2

 結果は「10 段階評価で、平均値は「6.5」。日本では、「5」を選択する者が多いほか、デンマークや英国と比較して、低い点数をつける者が多かった。」ということです。

 ニュースはすでにいろいろなものが出ていますが、統計は資料が発表されているので原典をあたって自分で考えてみるのがいちばん良いと思います。

2010 04 27 | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2010.04.26

一周忌 26 Apr 2010

100426a  久しぶりの好天のもと、今日は父の一周忌法要でした。

 「もう一年も経ったんだ」と列席した人の誰もが思っていたようです。時の流れるスピードは速いものです。

 厳密に1年後の法要ということで、月曜日になりましたが、たくさんの人が忙しいスケジュールに都合をつけていただき、父の一周忌は無事に執り行われました。皆様ほんとうにありがとうございます。あらためてたくさんの方々に支えられていることが感じられた一日でした。

 父は地域の昭和一桁代には珍しくウィスキーが好きでした。直会は故人を偲んで(?)、ウィスキー三昧、気がついたら男どもはそこら中で全員寝ていましたが(笑)。

 秋田は今年春が遅いようです。その分、梅と桜が一緒に咲くように、一斉にあらゆる花が開花すると思われます。そんな春ももうすぐそこです。

2010 04 26 [小松の足跡~未来を見据えて~] | 固定リンク | コメント (2) | トラックバック

2010.04.25

坂本龍馬室 25 Apr 2010

 今日は秋田で掃除三昧の一日でしたが、ビールと龍馬伝は変わらずでした(笑)。
 タイトルは「怪物、容堂」でしたが、山内容堂よりも龍馬と千葉佐那との立合いが感動的でした。「龍馬伝」はテレビドラマなので史実とは違う演出が当然ありますが、龍馬が剣術修行に入った千葉道場の道場主の娘千葉佐那がめっぽう強く(平井加尾より)美しかったことは龍馬が姉の乙女にに送った手紙に実際に描かれています。

「長刀順付ハ千葉先生より、越前老公へあがり候人江御申付ニて書きたるなり。此の人ハおさなというなり。本ハ乙女といいしなり、今年廿六歳ニなり候。馬によくのり謙も余程づよく、長刀も出来、力ハなみなみの男子よりつよく、先ずたとへばうちにむかしをり候ぎんという女の力料ばかりも御座候べし。(中略)かほかたち平井より少しよし。十三弦のことよくひき、十四歳の時皆いたし申候よし、そしてゑもかき申候」

 大好きな姉と同じ名前だし、乗馬剣術、長刀も出来て琴も弾き絵も描ける、しかも平井加尾よりも美しいと、、、、。

 このように評された佐那は今日の龍馬伝でも貫く想いを誓っていたように一生独身を通し、その墓碑には「坂本龍馬室」と彫らせています。意味は坂本龍馬の妻ですということです。

 この史実を前提とした演出は簡単ではなかったと思いますが、あの龍馬と佐那との立会シーンに私は単純ですので、ジーンと熱くなりました。

 さて沖縄も熱いですね。今までの常識では予想もできないという意味で、やはり政権交代だったのかもしれません。首相の貫く想いは55年体制とはまったく違う局面を切り拓くのでしょうか。ここまで来たら切り拓いて欲しいと思います。

2010 04 25 [小松の足跡~未来を見据えて~] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2010.04.24

強い者は生き残れない 24 Apr 2010

100424a  父の一周忌で秋田に移動です。鳥海山の上空を横切るとき、ちょうど夕陽が雲の彼方に沈みゆくところでした。上空から見たのは初めてです。うっとりしすぎて写真を撮影するタイミングがずれてしまいましたがとても良いものを見せてもらったという感じで嬉しいです。

 今日移動中読んでいた本は 「強い者は生き残れない」(吉村仁 著)、本屋の棚としてはダーウィンの進化論研究書のジャンルに置かれるのでしょうが、私が読むとビジネス書でした。あらゆる生物は「生き残る」ために環境適応を繰り返していて、蛾もライチョウもエスキモーも私たちもトヨタも三井住友銀行も根本においては同じことを行っているといえます。

 先月末にある講師を招いて行なった研修会でも、企業行動の最上位概念が「存続」でした。私は企業が存続するための価値創造の源泉が「人」だと思っています。一方で社員採用に消極的な意見が最近多くなってきたように思います。「人がすべて」、そう思ってこの本を読んでいくと、進化論的には正しい方向だと自信を持てました(自己流解釈ですが)。

 この本を読んで語り合いたいですね。そんな意味で私の知り合いにはお奨めします。

2010 04 24 [小松おすすめの一冊] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2010.04.23

ステージ 23 Apr 2010

 https://twitter.com/matsuurarieより

 毎月頂くお給料の明細に書かれた社長の手書きメッセージにパワーをもらう。「私のことを」ではなくて「今の私たちがいるステージを」分かってくれているという感覚になるメッセージ。自分が社長と同じ年齢になったときに、22歳下の人がいるステージに視点を持っていくことは出来るのかな…。
 9:30 AM Apr 23rd Echofonから

 
 嬉しい感想でした。

 物事はTwitterのタイムラインのように流れます。だから今いる「ステージ」を意識して共有することが大事だと思います。意識しないとあっという間に「何故働いているか」もはるか忘却の彼方に流れていってしまいます。

 今月は同じステージにのったばかりの新人5人には同じメッセージを贈りました。実行してくれれば嬉しいなと思います。

2010 04 23 [SHIPマン&SHIPウーマン] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2010.04.22

4月22日は「よい夫婦の日」 22 Apr 2010

100422a

 今朝のみのもんたさんの朝ズバッの内容です。

 左に「今日は”よい夫婦の日” そこで夫婦の感動ラブレター」とありますが、これが5月17日 HaLAフォーラム「ハッピーライフアライアンスの中心で愛を叫ぶ、略してハラチュー」の命名の由来にもなった山名さんの日本愛妻家協会がからむ嬬恋村での愛妻家イベントでした。

 山名さんの愛妻家協会のブログに紹介されています。

100422b

 もとはキャベツ畑しかないような場所、しかし吾妻郡嬬恋村の「吾妻郡(あがつまぐん)」の地名の由来は、日本武尊(ヤマトタケルノミコト)が、妻を思って叫んだ言葉「あずまはや」、意味は「わがつまや・・・」であるところから、愛妻家発祥の地と定めて「キャベツ畑の中心で愛を叫ぶ、略してキャベチュー」イベントを仕掛けて、今日の朝ズバッのように様々なメディアにも取り上げられています。

 5月17日は愛妻家協会の勧誘をするわけではなく(笑)、何もないように見える場の空気を一変させる山名さんの企画のエッセンスを学んで、「うちは田舎だから何もないよ」という人が「何もないわけではなかった」と気付く経験をしていただけるとHaLAフォーラムの企画者としては考えております。

100417a

2010 04 22 [ハッピーライフアライアンス] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2010.04.21

龍馬伝の勝麟太郎のセリフを聞いて思ったこと 21 Apr 2010

 「龍馬伝」が人気ですが私も毎週欠かさず見ています。先週の龍馬と勝麟太郎(海舟)との出会いの場面は、世界の歴史の中で明治維新が何だったかを示しているようで印象的でした。次の勝のセリフにそれは表されています。

 「幕府だ、土佐だ、長州だ。そんなこと言ってる場合じゃねえ。俺たちが今、日本人として海軍を作らなきゃあ、日本はこの世から消えてなくなる。」

 このとき勝と龍馬を含むほんのわずかな人以外は、幕府の奉行だったり、土佐の下士だったり、長州の農民だったりして「日本人」にはなっていなかったわけです。黒船がアメリカ。イギリスという諸外国の脅威を意識させ、フレームが変わっていった先に「日本人」という概念が生まれてきたといえると思います。

 学生時代、柄谷行人の「日本近代文学の起源」を読んだときに夏目漱石など明治の文豪の作品を通じ、「内面も発見されたんだ」「登山も発見されたんだ」と認識を新たにしたことを思い出しました。「日本人」もおそらくこのとき発見されたんですね。

 龍馬の「土佐でも長州でもない、日本人ぜよ」(このセリフはうろおぼえですが、、)という発見が薩長同盟の仲介者として後に結実していきますし、その先駆的故破壊的感覚が、時代の揺り戻りの反動の中で彼が暗殺されてしまう由縁にもなっているのだと思います。
 
 政治が混沌としています。個人的資質に矮小化して揶揄するような報道が多いですがおそらく本当はそんな余裕は誰にもないはずです。すべてがつながっている時代です。私たちは私たちのフレームを変えて、この変革期を乗り切っていかなればならないと思います。

2010 04 21 [小松の足跡~未来を見据えて~] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2010.04.20

それなら月10万円で三つのサイトを頼むよ 20 Apr 2010

 ある法則でホームページを運営すると、顕著なのは案件化率(会社によって呼び方は変わりますが)と成約率です。

 毎月200万円~300万円の集客コストをチラシにかけているリフォーム会社様から、「それなら月10万円で三つのサイトを頼むよ」というオーダーがありました。期間は5年間です。その背景にはSHIPの顧客サポートの実数字で、案件化率と成約率の目に見えるアップがあったからです。

 50万枚のチラシで新規顧客から50件の引合があり、そのうちの5割が成約し、平均単価が100万円(粗利率30%)だとすると、 

  50件×50%×100万円=2500万円(750万円)

 ですが、結果として10%成約率が上がるだけで

  50件×60%×100万円=3000万円(900万円)

  と150万円の粗利アップが仮説として計算されます。この仮説の背景には、ホームページのアクセス解析とその数値の変化と成約率の関係が、実績に基づいた検証として示されています。

 「この仮説はいけそうだな、、」と踏んだ経営者の方は「それなら月10万円で三つのサイトを頼むよ」という指値の交渉になってくるわけです。指値をされると私たちとしても応対しようがあります。

 ホームページの解析技術の進歩で日々のお客様の関心を数値で表現することが可能になりました。SHIPは住宅リフォームに特化していますので、住宅リフォームの数値の動きの意味でしたら誰よりも正確に読み取り、そのあるべき姿になるための具体的な手段までを提示することができます。

 発注者は、狙った売上に対して適性な効果が仮説として成立することを見極めれば、投資できます。私たちも日常は同じ感性で投資決定をしています。仮説の実行と検証と再プランを繰り返しながらすこしずつ成功に近づいていくわけです。

 住宅リフォーム業を営む皆様、SHIPで業績アップのための仮説と検証に取り組みんでいきましょう。そして一緒に「人々が幸せになる住まいと暮らしの文化を創造」していきましょう。

2010 04 20 [小松の足跡~未来を見据えて~] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2010.04.19

HaLAフォーラムを絆創りの場に活用してください 19 Apr 2010

100417a  
 ハラチュー前評判が上々です。今回は会場も変わるし、二部も銀杏並木通り沿いのレストランだし、いつもとちょっと違うよねという期待を持っていただいているようです。

 HaLAフォーラム会場でいつも言われることは「知り合いの◯◯にも参加させたかったな」という感想です。基本は会員のみの参加なので、知り合いと言えども一般参加になってしまうわけですが、今までお知り合いをお誘いいただいた方々は、HaLAフォーラムで共通に感動する「カルチャー」に触れる体験を共有することで互いの絆が深まる体験をしていただいているようです。

 今日から5月17日のHaLAフォーラムの案内を発送し始めましたが、会員様には「無料招待チケット」が同封されています。一緒に「カルチャー」に触れることで絆が深まるという体験をしていただければ良いと思います。

 ただしお席に限りがありますので、ご招待のお申し込みはお早めにお願いします。

2010 04 19 [ハッピーライフアライアンス] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2010.04.18

第二創業の拠点はポニーを飼う自然派志向のショールーム 18 Apr 2010

100418c

 昨年11月卒業のHaLAプレジデントスクールで第二創業を宣言をされた工作室グリーン石井社長が、半年後の今日、その拠点となる自然派志向のショールームグリーンピースを横浜市青葉区のふるさと村にオープンさせ、オープンイベントが開催されました。既存の建物をすっかりリニュアルし、漆喰と自然素材で内外装を行い、長い庇の下には気持ちのよいオープンエアのスペースが広がり、その真ん前には、ポニーと鶏を飼うための小屋が建設中でした。

100418d_2

 私はSHIPリフォームセミナーなどに来られて将来の不安を口にするサブコンの経営者の方に、お客様(生活者)から直接「ありがとう」と言ってもらえて収益性も創意工夫しだいで上がっていく住宅リフォームへの転身をお奨めします。しかし多くの場合、「時期尚早」ということで踏み出すことは少ないです。また、住宅リフォーム業をやっていても価格競争ばかりで先が見えないとおっしゃられる方にはお客様から認識されやすいような「振り切り」をすることをお奨めしますが、これもまた躊躇して、社名を入れ替えてもわからないような普通のスタンスでやられることが多いです。

100418b

 石井社長は50歳を超えた第二創業でこの二つの壁を一気に超えられました。そのプレッシャーは小さいものではないことは、冒頭のご挨拶で声に詰まられたお姿から伝わってきましたが、この勢いで自然志向あるいは昔ながらのコミュニティを望む人達の集う場としてグリーンピースを育てて行かれることと思います。

100418a

 夢をかなえる風船を運ぶスターリィマンもグリーンピースの壁を飾っています。ポニー、鶏、犬(豆柴)が描かれています。

100418e

 飛び入りの超大物芸能人にはびっくりしました。私も思わず握手してもらいました。さて入り口の壁画に、私もいます。どこでしょう(笑)。

100418f

2010 04 18 [リフォームスタジオ] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2010.04.17

ほめ達3級検定やります! 5月17日HaLAフォーラム 17 Apr 2010

 100417b HaLA2010のテーマは「社員満足度向上」です。

 5月17日HaLAフォーラムでは、最近TVでもひっぱりだこの「褒めて伸ばす」ほめ達の西村貴好さん をお招きして、社員満足度向上、業績向上のためにほめる社風を作る「ほめ達検定」を行っていただくことになりました。合格者には認定証も発行します。

 ほめ達検定に関しては下記のホームページをご覧ください。
 http://www.cs-hospita.jp/cs/hometatsu2010.html

 YOUTUBEもご参照ください。

 5月17日は社長はもちろんですがマネージャークラスの社員の方々もぜひご出席して、ほめる技術を自分のものにしてください。

 HaLAフォーラムは下記をクリックしてください。

100417a

2010 04 17 [ハッピーライフアライアンス] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2010.04.16

「はいっ! 次!」は魔法の言葉 16 Apr 2010

 新人研修で森川さんhttp://www.itbt.biz/profile.htmlから送ってもらっているメルマガを研修資料にさせていただいた。下記はそのメルマガの一部。

==
落ち込もうが、へこもうが、調子にのって浮かれていようが、そんなことは営業には関係ない。
営業の数字って「直後の行動」ができるかどうか、だけのような気がします。
じっとしたまま考えていたら、何も出てこない。

「はいっ! 次!」

これが私を変えてくれた魔法の言葉です。
開拓の手法を生み出してくれるのは、間違いなく行動の量です。
「はいっ! 次!」で行動量が増える。

==
 これはすべてのことにあてはまると思う。成果があがらない場合は、この逆をやっている。
 決めたことをやりきらない、「もっと違う名案があるはず」と、やりきらない正当な理由を考えついて、時間を消費して、自ら時間切れにして、最後は「時間がありませんでした」という。恥ずかしい話だが自分も冴えないときはこんなサイクルにはまっているものだ。

 とりわけ営業の新規開拓に関していえば、成果を出すには「間違いなく行動の量」だと、これまた経験から確信する。仮説で決めて、決めたことを「はいっ!次!」とやりきって、実績を振り返って課題点を修正して、やり切って、また実績を振り返って、、、とこの繰り返しで「行動の量」を積み重ねていく。

 「はいっ! 次!」、確かに魔法の言葉だ。

2010 04 16 [小松の足跡~未来を見据えて~] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2010.04.15

5月17日ハラチューイベント「空気を一変させる企画力」 15 Apr 2010

 何はともあれ、このYoutube動画を見て欲しい。

 「妻に愛を伝える」という眠っていた資源が発掘されて輝いている。

 今、特に地方では「景気が悪い」「先が見えない」と視線が下がり、言ってもどうにもならないことだとわかっているけど、つい愚痴が口ができてしまう状況だ。でも身近なところに人の関心を集め、場の空気を一変させ人を幸せにすることはできないだろうか。5月17日HaLAフォーラムで講演をお願いした山名さんの発想から、地方の中小企業が多いHaLA参加企業様は学ぶことが多いと思う。

100415a

 山名さんの「ゼロから無限の可能性を生む企画の真髄」に触れられることを私も楽しみにしている。

 5月17日、ハッピーライフアライアンスの中心で身近な人に愛を叫ぶ、ハラチューが「全国どこでもチュー連合」のマップに掲載されました(笑)。

 MAP URL: http://bit.ly/b8DkNF

100415b

2010 04 15 [ハッピーライフアライアンス] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2010.04.14

生活者の視点から 14 Apr 2010

 今日は2011年新卒向け会社説明会。女性が多かった。その後、はいからモダン物語研修を見学。新人研修も兼ねて5人の新人が研修しているが、毎日インプットの洪水にそろそろ溺れそうになっているかもしれないけど、ソフト会社のSHIPが何故自然素材の建築材料の流通を行っているかは理解できたと思う。すべてのサービスが「生活者の視点から」の発想だという共通軸が見えれば合格。それがピンと来なかったら先輩を捕まえてわかるまで聞いて欲しい。

 午後はLOHASビジネスアライアンスセミナーに出席。テーマは「グリーンマネーが世の中を変える」。

 グリーンマネーとは言い換えると「意志のあるお金」。通常の意志のない預金行動は、お金を預けた金融機関が、クラスター爆弾を作っているメーカーに融資したり、環境破壊をしている商社に投資していることを間接的に加担していることになる。自分のお金を自分が納得のできるビジネスに使われるように「意志のあるお金」として生かすことがこれからの選択になってくる。

 「金融の本質的役割は、社会の発展のために資源を再配分すること、持続可能な社会構築に向けて投資の力が期待されている。」とは基調講演者の大和証券CSR室長の河口さん。お金は年金とか銀行とか保険だとか大組織にあるように見えるが、実際の出元は一人ひとりの生活者個人。また、会社組織も従業員は普段は消費者、その人たちは年金などを通じて株主でもあり、ステークスホルダーは実は対立しているわけではな、相互につながっている。お金を含めた世界をこのように読み解くことで「微力だけども無力ではない」生活者の姿が浮かび上がる。「意志のあるお金」という概念と具体的活動はHaLAでも紹介していきたいと思った。

 具体的なグリーンマネーの取り組みをしている企業の実例や見解も直接聞くことができて懇親会にも出たかったが、ほぼ同時刻にやっている東京和僑会に移動して和僑会懇親会に出席。

 中国(アジア)とビジネスを活動のキーワードにするこの会の熱気もすごい。こんなに積極的に名刺交換をする会は初めて出席した。即断でひとつ決めたことがある。やはり世の中、流れというものがある。近いうち明らかにするが、これも生活者の視点。

2010 04 14 | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2010.04.13

♪どこまで下がるか時代の処方箋 13 Apr 2010

 ♪どこまで下がるか ♪どこまで下がるか 男も女もどこまで下がるか、、、、

 企業においては利益が継続の費用なので、「♪どこまで下がるか ♪どこまで下がるか」の時代においては
 1)値段を下げて、利益を出す
 2)値段を下げないで、利益を出す
 このいずれの方向を選ぶしかないわけですが、2社択一では答えは出そうにもないですね。

 現実的には全体には値段を下げて、その中に粗利が確保されている「部分」をいかに多く持つかということになると思います。

 書き直すと
 a)全体的に値段を下げなくても良いポジションを確保して
 b)どんな競合しても粗利の取れる「部分」を数多く持つ
 ということですね。

2010 04 13 [ローコストリフォーム] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2010.04.12

ハッピーライフアライアンスの中心で愛を叫ぶ 12 Apr 2010

 キャベツ畑が広がる嬬恋で「キャベツ畑の真ん中で愛を叫ぶ」、略して「キャベチュー」というイベントがあります。最初に聞いたときの衝撃は忘れられません。日本愛妻家協会事務局長の山名さんが企画しているイベントです。詳しくは日本愛妻家協会のHPを御覧下さい。

 日本の幸福度を中小企業の職場から上げて行こうと、2008年11月に発足したハッピーライフアライアンスですが、次回5月17日(月)は、この「叫ぶ」ノリを拝借して、「ハッピーライフアライアンスの中心で愛を叫ぶ」、略してハラチューとして開催させていただきます。

 5月17日(月) 第一部 13時-17時 会場:日本青年館 
           第二部 17時30分-19時30分 会場:カフェ・スペーラ

100412a 100412b

この時間をいますぐ予定に入れて、愛やホメるや志を叫ぶことで、日本の職場の幸福度向上に結びつけていきましょう。
 前回社員さん12名でご参加された新潟のユウワの今井社長から話しを聞く機会がありましたが、HaLAフォーラム参加して社員さんが本当に触発され職場の雰囲気が一層よくなったそうです。詳細は後ほどご紹介しますが、今回も3名枠を有効に使って、経営者と社員さんがご一緒に参加いただけば研修効果は高いと思います。

 ではお待ちしております。

2010 04 12 [ハッピーライフアライアンス] | 固定リンク | コメント (2) | トラックバック

2010.04.11

超初級からはじめるReformTwitter活用術 11 Apr 2010

100411a  今日は本屋でみかけて買った「Twitter 会社と仕事はこう変わる」(日経ビジネス)をパラパラと読んでいますが、事例が幅広くて良いですね。編集後記にありますが、「『利用者が増えているのはわかったが、仕事に役立つのか」「具体的な例や数字で示してくれ。リスク対策は? 社長がやる場合はどうするの』”論”を語る時期は過ぎ、”実践”の段階に入りました」というスタンスの雑誌づくりを感じます。

 企業活動としてTwitterに取り組む場合は、このようなソーシャルメディアに対するガイドラインが重要だということが示されています。日本オラクルのガイドラインが紹介されていますが、

 ・倫理規定を順守すること
 ・機密情報を開示しないこと
 ・好ましくない、または挑発的なコメントをしない
 ・会社を代表した発言をしない
 ・匿名書き込みをしない
 ・著作権を尊重する

 主なものとして以上が紹介されています。

 ソーシャルメディアに企業が取り組むときには、規定やテクニック以前に、実際は社風というかカルチャーが大事なんだなとあらためて思います。Twitter利用で有名なザッポスの10のコア・バリュー(価値観)はカルチャーそのものですね。

  1)サービスを通してWOW(と言いたくなる体験)を届ける
  2)変化を受け入れ、変化をドライブする
 3)楽しさと少し変わったものを創造する
 4)冒険好きで、創造的で、オープン・マインドであれ
 5)成長と学習を探究する
 6)コミュニケーションによりオープンで正直な関係を築く
 7)ポジティブなチームとファミリーの精神を築く
 8)より少ない資源でより多くの成果を
 9)情熱と強い意志を持て
 10)謙虚であれ

100411b

 SHIPでもリフォーム業向けのTwitter利用を5回シリーズで発信していきます。リフォーム業界でのTwitterは導入期も導入期なので、コンテンツをまとめると、まだ一般論が多くなっていることをすでに進んでいる人はお許しください。

2010 04 11 | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2010.04.10

住宅エコポイント、即時交換はまだ少ないようですね 10 Apr 2010

 国土交通省から3月8日に受付を開始した住宅エコポイントの申請状況を発表しました。

 「エコポイントの活用による環境対応住宅普及促進事業(住宅エコポイント事業)の実施状況について(平成22年3月末時点)
 http://www.mlit.go.jp/report/press/house04_hh_000149.html

 下記が3月末時点までの申請状況と発行状況です。
 
 1.住宅エコポイントの申請状況

   (1)平成22年3月の合計

                1)新築               163件

                2)リフォーム        3,527件

                3)合計             3,690件

   (2)申請受付開始からの累計

                1)新築               163件

                2)リフォーム       3,527件


 2.住宅エコポイントの発行状況

   (1)平成22年3月の合計

                1)新築                10件( 3,000,000ポイント)

                2)リフォーム         337件(13,279,000ポイント)

                3)合計               347件(16,279,000ポイント)

     (2)申請受付開始からの累計

                1)新築                10件( 3,000,000ポイント)

                2)リフォーム         337件(13,279,000ポイント)

                3)合計               347件(16,279,000ポイント)

 3月末までの22日間ですが、申請は新築163件、リフォーム3527件の計3690件、処理済みは新築10件、リフォーム337件ということですから、まだ申請の1割にもなっていませんが、計約1628万円分のポイントが発行されたということです。

 ポイントの発行の内訳は、やはり処理されやすい窓の断熱改修によるものが全体の約79%をしめています。リフォーム事業者としては即時交換を提案していると思いますが、今のところ、ポイントの使い道は、商品券やプリペイドカードへの交換が全体の約78%で、即時交換で他の改築工事代金などへの充当されたのは約20%ということです。この数字は現場で聞く声から類推すると納得できるものです。

 4月の統計が出ると、適用工事種もポイントの使い道も変わってくると思います。

2010 04 10 [小松の足跡~未来を見据えて~] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2010.04.09

お金をかけないで集客したい!?  9 Apr 2010

 最近はSHIPのお客様と話ししていると、住宅リフォームの市況は全国的に良くなってきていることを肌で感じます。今週はSHIPリフォームセミナーの週でした。相変わらず異業種からの参入企業がセミナーには来られますが、私はまとめの講座で下記のようなことを話します。

 「住宅リフォームは成長曲線でいえば、成熟期後半です。決して参入しやすいタイミングではありません。私たちもこれまで延べでいえば500社以上の住宅リフォーム会社さんとお付き合いをしてきて、この事業の難しさは骨身に染みています。お客様の品質基準が高い、粗利が取りにくい、その上この事業に適した人の採用が難しいということがあります。住宅リフォームを通じて、何を成し遂げたいのかという志がしっかりと定まっていないと、事業を継続することすら困難になります。」

 すでに事業を始められている人には今の優先順位を下記の3つと紹介します。
 1)コストダウン
 2)集客(インターネット)
 3)共感

 詳細は来月のセミナーにご出席いただければいいですが、2)に関して、今月のセミナーからある工務店さんのインタビュー画像をお見せています。ずいぶんと率直な見解を私どもに変わって話していただいています。

 「集客が大事、自分は事業の要素の70%は集客だと思う。良いお客様に集まってもらうにはお金がかかる。だからうちはかけていく。たまに同業者が「お金をかけないで集客したい」というのを聞くがそんな方法があったら教えて欲しい。こっちが聞きたい。でもそんな人がいるからこそ、自分が有利になるからいいのだが(笑)。」

 成熟期後半、集客コストの目安は売上の5%です。この5%の集客コストをどの分野にどれだけ分散して投資していくか、その見極めとPDCAが大事です。

2010 04 09 | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2010.04.08

帝国データバンクによると「増収増益」を見込む企業、前年から倍増 8 Apr 2010

100408a

 帝国データバンクの2010年度の業績見通しに関する企業の意識調査(調査期間 2010年 3月 19日~31日。有効回答企業数は 1万 870社)によると、「国内景気は中国など外需の増加に内需の底上げが加わったことで、一部大手では業績の回復が現れ始めている。一方、多くの企業では依然として厳しい状況が続き、
家計の生活防衛意識も根強い」と指摘がありますが、非常に落ち込んだ2008年、2009年と対比すると2010年見通しは「「増収増益(見込み含む)」と回答した企業は、「分からない/不回答」を除いた 1万767社中2,820社、構成比 26.2%となった。 」ということで全体的には回復ムードのようです。

100408b
 
 建設業界に限っていえば、増収増益は14.9%、減収減益は40.8%と業種別では最も回復が遅れているようです。
 
 住宅リフォームは他業界の業況が好転すれば、その影響で需要が発生するので見通しとしてはこれで良いのですが、こうあって欲しい姿でいえば、住宅リフォームが住宅の資産価値をせり上げ、さらに既存住宅の流通が活性化しお金が回ることで住宅リフォーム業界が日本の景気を牽引するようになればいいと思います。

 それが「人々が幸せになる住まいと暮らしの文化を創造する」という私たちの壮大なミッションでもあります。

2010 04 08 [小松の足跡~未来を見据えて~] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2010.04.07

世の中きっと良くなる 7 Apr 2010

100407a

 昨日は三女の高校の入学式でした。彼女が生まれた翌々日に阪神大震災があり、2ヵ月後に地下鉄サリン事件がありました。バブル崩壊後の経済混乱が続き、時世は陰の極、これから世の中どうなるんだろうと思った年でした。彼女の節目のときにいつもこのことを思い出します。彼女が大人になったときの世の中がどうなっているか不安がないわけではありませんが、あのときのことを考えればこれからもきっと大丈夫だろうと急に楽観的になれます。レベルは違いますが義父もお酒を飲むとよく戦争と終戦を考えれば心配事もばからしくなるというようなことを言ってました。

 みんなに高校時代を楽しんでくれ、世の中きっと良くなる、と心の中でエールを贈っていました。

2010 04 07 | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2010.04.06

リフォームブログ大集合に登録するとTwitterにブログが投稿されます 6 Apr 2010

100406b

 SHIPのホームページに来ると全国のリフォーム会社のブロガーのブログが一覧で見ることができます。その名もリフォームブログ大集合と言いますが、リフォーム事業者のブログを集めたものとしては日本最大です。

 ここに登録することでアクセス数も自然増をしているのですが、昨日からさらにメリットが増えました。リフォームブログ大集合に登録すると、ブログ投稿がTwitter(ツイッター)に投稿されます。下記の 全国リフォームブログ大集合(http://twitter.com/reform_blog)をぜひともフォローしてやってください。

100406a

 すでにブログをツイートしている人もいますが、まだTwitterの何たるかがわからないという人も多いと思います。ご自身がTwitterを始める前に、リフォームブログ大集合から皆さんに代わってツィートをしたいと思います。厳密にいえば多少問題もあるかもしれません。クレームはTel03-3868-9621です。でもTwitterの世界にはまずは触れてみてください。とても可能性の大きなコミュニケーション手段です。

 今日は東京でのSHIPリフォームセミナーです。毎月の定例セミナーですが、本当にたくさんの人にお\集まりいただいております。Twitterの話題出そうかな、、、、、、。

2010 04 06 [小松の足跡~未来を見据えて~] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2010.04.05

新人研修開始、目指しているのは「SHIPしかない」というナンバーワンポジション 5 Apr 2010

 今日のブログは業務連絡に近いです。
 今日から新人も研修が本格化します。まずは基礎スキルを徹底的に身体に染み込ませる時期です。

100405a  小宮一慶さんの「社長の教科書」では、お客様が自社を選ぶのは3つの要素の組み合わせによると書いています。

 Quality(品質)

 Price(価格)

 Service(サービス)

 お客様の求めているQPSの組み合わせを、顧客ニーズやライバル会社のQPS分析から「仮説」として導きだして、仮説を検証して修正していくことが書かれています。

 分析する対象は「お客様」「ライバル」「代替品」「マクロ経済」、そして「比較されてもより良いと分かるQPSの組み合わせを創ることが、オンリーワンではなく、ナンバーワンを目指すということなのです」とあります。

 ライバルが沢山ある中で「あなたの会社しかない」と言われる会社づくりをしていこうと考えることが重要なのです。(134P)

 ビジネスの現場はこのようになっています。

 新人の皆さん、比較されて「SHIPしかない」と言っていただくためのQPSの一部を一日も早く担えるように、まずは基礎スキルを徹底的に学んでいただきます。神経を研ぎ澄まして聞いて、貪欲に質問して、ひとつひとつ自分のものにしていってください。まずは4月末日の成果発表会を楽しみにしています。

2010 04 05 [小松の足跡~未来を見据えて~] | 固定リンク | コメント (2) | トラックバック

2010.04.04

Twitterでのツィートのやりとりがそのまま新聞記事に 4 Apr 2010

100404a

 今日の朝刊で「孫氏、ツイッターで反論」という記事は取材なしでTwitterでの孫社長と原口大臣とのツィートのやりとりがそのまま記事になっていました。これがなんと、日経新聞です。

 少し突っ込んで考えると新聞記事というもののあり方の将来が垣間見えるように思います。これまでのニュースソースは自社の記者の取材か共同通信のようなニュース配信会社のコンテンツか、いずれにせよ多くの一般人には触れることのできないものがソースだったのですが、当事者がTwitterのような媒体でオープンにやりとりをしていて、リアルタイムに既知情報になっていくことが増えていけば、既知とはいえども、新聞紙面もそのようなニュースを扱わざるを得ないことが多くなるのだと思います。

 今日は寒かったですね。満開の桜に花冷えという言葉がぴったりの日でした。最近少し重いので走ったら身体の節々が痛いです。

2010 04 04 [小松の足跡~未来を見据えて~] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2010.04.03

桜満開、花見日和と学びの反芻 3 Apr 2010

100403a

 国立の大学通の桜並木です。今日は暖かくなって一気に桜満開、お花見の人も大学通にたくさん溢れていました。

 Twitterではいろんな人が桜を画像でアップしていて、リアルタイムで全国各地の桜を見ることができました。

 3月31日の研修のメモを見返していて、あらためてすごみを感じるのは、停滞していく組織に関する次のような言葉。

 「組織では、加害者が被害者のふりをしている。」

 「組織には、社員個人をダメにしていくプロセスがある。」

 「セオリーがあるのに勉強していないと、起こることすべてが単発の問題に見えてしまう。」

 そして組織で働くものについてのリアリズム。

 「大きなルールの中では自分は通用しない。大したものではない。自分は単なる労働力としての存在にすぎない、と思わなかればならない。」

 春になると一斉に花を咲かせる桜を見ながら、大自然のセオリーを感じます。リアリズムにのっとって経営にもセオリーがあることをあらためて意識して勉強・実践していこうと思います。

2010 04 03 [小松の足跡~未来を見据えて~] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2010.04.02

新設住宅着工戸数80万戸割れ、中古住宅流通は60万戸へ 2 Apr 2010

  2月度の新設住宅着工棟数が4月1日国土交通省から発表になりました。総戸数は下記。
 http://www.mlit.go.jp/statistics/details/jutaku_list.html

 ○新設住宅着工戸数は 56,527戸。
  ・前年同月比 9.3%減, 15か月連続の減少。
 ○新設住宅着工床面積は 4,966千㎡。
  ・前年同月比 8.0%減, 16か月連続の減少。
 ○季節調整済年率換算値では 794千戸。

 2009年度(09/4-10/3)換算で 794千戸と45年ぶりに80万戸を割るのが確実になりました。内訳は持ち家は前年比2.9%増、貸家8.6%減、分譲25.6%減、マンションの57%減が響いています。

 中古住宅流通は住宅・不動産市場研究会(代表=伊豆宏・明海大学名誉教授)によると「09年度が56.4万戸で、10年度は60.0万戸に増加するものの、11年度以降15年度までは60万戸弱で横ばい状態が続く」とされています。いずれにせよどんどん近づいてきますが、近いうちに逆転するのも当たり前の話です。すでに世帯数に対して800万戸もあまっているのですから。これから中古住宅+リフォームが当たり前になります。住宅リフォーム事業者は、この需要に対し何らかの準備が必要です。不動産流通そのものの機能を持つ会社もあるでしょうし、ホームインスペクション機能を持つ会社もあるでしょう。また新築そっくりさんのようなビジネスモデルがまわせるように原価管理を確立するという選択もあると思います。

 工務店さんの多くは、昔の思いでに浸らないでファクトに鑑みて、先へ先へ手を打っていくべきだと思います。

 SHIPリフォームセミナーでも勉強してみてください。

2010 04 02 [SHIPオリジナルセミナーのご案内・ご報告] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2010.04.01

8期生入社式と企業文化 1 Apr 2010

 今日は新しい期の始まりでもあり、入社式イベントの一日でもあります。2001年10月創業のSHIPに新卒8期生がメンバーとして加わりました。8期生にとっても私たちにとっても節目の日です。

100401b

 学生と社会人はフレームがまったく変わります。お金を払って勉強する立場からお金をいただいて仕事をする立場に変わるわけです。さらに社会人の中でもSHIPというフレームがあり、そこで新しい一歩を踏み出します。入社式は「SHIPWAYの経歴」を全員で輪読して聞いてもらって、SHIPWAYの中の「ベーシック」を先輩社員からそれぞれ熱く語っていただきました。新卒8期生にとってはまずは「SHIPWAYと出会う日」が午前中の式典でした。

100401a

 お客様からもたくさんのご祝辞をいただきました。弊社の入り口に掲示させていただいております。どうもありがとうございました。

100401d

 毎年、このイベントでは「責任」を強く感じます。本人はもちろんそうですが親御さんも含めて期待と不安をSHIPという舞台にいだいているわけです。毎年感じるこの責任の重さを今回もしっかりと受け止めないといきます。

 人々が幸せになる住まいと暮らしの文化(ハッピーライフ)を創造する

 この理念を背骨に、変化を先取りして目の前のお客様のありがとうをいただくSHIPメンバーになってもらうことで、すべてのことへの恩返しをしていこうとあらためて決意しました。

 夜は7期生による笑いと涙、感動あふれる懇親会でした。SHIPの文化が満1年生社員に引き継がれたことを確認したイベントとなりました。午前中のベーシックのプレゼンテーションといい、感動の懇親会といい、SHIPの企業文化が進化していることが感じられて感慨がありました。

100401c

 ブログではありますが、自然とこんな言葉がでてきます。

 皆様、新メンバーを加えたSHIPをこれからもよろしくお願いします。

私たちまったく新しいメンバーを迎え、フレームの見直しを迫られます。

2010 04 01 [SHIPマン&SHIPウーマン] | 固定リンク | コメント (2) | トラックバック