« June 2009 | トップページ | August 2009 »

2009.07.31

【ブランド】プリウス好調にみる時流 31 Jul 2009

 日経新聞を読んで感想や意見を投稿するサイトがあります。SHIPの2010年入社予定の内定者の住吉さん がずっと継続してやっていますが、これは社会人にとっても良いだろうなと思います。内定者の皆さんには、彼女を真似して欲しいと心底思いますし、社員の皆さんは、日経を読むことが習慣化することで、生涯収入が上がるであろうということをお伝えしておきます。

 私が新入社員のころ、社長が「社会人は日経を読め」と言っていたので、何がいいのかもわからないまま、素直にそれから購読しはじめました。何が良いのかはいまだにわかりませんが、誰かと話をしているときに、その人が日経の見出しが頭に入っている人かどうかというのは、相手を判断するときひとつの基準になっていることは確かです。

 さて、その日経の今朝の小さな記事ですが、

 トヨタグループ、東北で減産を一段と緩和 環境対応車好調

 昨秋のリーマンショック後、急速の生産調整(縮小)を行った自動車産業ですが、エコカー減税の追い風もあり、プリウスの納車がエコカー減税の期間に間に合わないほどの需要増加に見舞われていて、土曜日操業や夜間操業を行うのだそうです。

 しかし、売れているのは、全体ではなく、ハイブリット車だけです。もう少し広くいえば「環境対応車」です。これが「時流」です。

 SHIPで受注しているホームページ(ローコスト集客装置)のお客様が「営業車をプリウスにしたのでそれを掲載してほしい」というリクエストがありました。プリウスに乗っていることも、ブランドを構成する要素だと確信されいらっしゃいます。

 住宅リフォーム業において、「環境貢献」をどのようにブランドとして打ち出して、現場で実践していけばよいか研究したければ、SHIPのCOHN(カーボンオフセット・ハウス・ネットワーク」の研修会に参加してみてください。

 今日で7月が終わりです。2009年7月は私にとってはエポックな月でした。

2009 07 31 [ブランド] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2009.07.30

【HaLA】美しい日本の心も未来に 30 Jul 2009

 ハッピーライフ・アライアンス HaLAフォーラム2009 がいよいよ来週に迫りました。

090730a

 昨日、スターリィマンのはせがわさん親子にお会いしました。「はせがわいさお絵画活動30周年記念」イベントに向けて描かれている絵の一部を拝見させていただきましたが、感動ですね、いままでおなじみの西欧的なイメージのモチーフではなく、「日本の原風景」があの透き通ったタッチで展開されています。(上記の絵はイベントにさきがけて年初に発売された版画です)

 「私たちの故郷はこんなに美しいんだ。」、そんなことが想起される絵です。

 はせがわさんのブログ「美しい日本の心も未来に」に昨日のことが載っていましたので、転載します。

==(ここから)

 このような思いから、スターリィマンコミュニティ・プロジェクトでは、各地域の訪れた風景を絵にして、その絵から、地域の皆様が自分の故郷の素晴らしさを共有し、地域の皆様が温かいきずなでつながって、みんなが笑顔で心豊かになって行けるようなきっかけになれたら良い!
 私達が住んでる町は、こんなに素晴らしい町なんだと誇りと感謝を持って、自分にも誇りを持って、美しい心と美しい日本を未来に届けて行けたら、きっと心豊かな幸せを創る日本人になれると信じています。
 今、ぼくは、日本人がふるさと日本を思う気持ちを、呼び覚ましてと祈り、日本の原風景の絵を描いています。

皆さんの地域に行って、皆さんが輝いている風景を、一日でも早く作品として残して行きたいと願っています。

==(ここまで)

 HaLAは、「ゆりかごからはかばまでハッピーな地域を創る」活動です。地域の人が、地元の人の幸せを願って、地元を愛し、地元の美しさを再発見することが必要です。

 スターリィマンがあなたの町に、夢をかなえる9つの風船を持ってやってくると楽しいと思いませんか?

 8月5日はそんな夢を語るプレゼンテーションもあります。応援しにいらしてください。

2009 07 30 [ハッピーライフアライアンス] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2009.07.29

【住まいの試着】「住まいの試着」はホスピタリティ 29 Jul 2009

 「住まいの試着」は、株式会社シップの登録商標です。
  
 検索エンジンで検索してみると、SHIPユーザーさん以外でもこの言葉を使っています。以前からその対処に関

しては検討していますが、より大事なことは「住まいの試着」にこめた想いを、SHIP社内、SHIPユーザーさんに

正確に知っていただき、運用していただくことなのだと思います。

 住まいの試着の発想はシンプルです。衣食住という生活の基本ジャンルにおいて

 衣は、買う前に試着することができます。
 食は、買う前に試食することができます。
 住は、建売住宅であれば事前にある程度の体験ができますが、建築を依頼する場合には、体験できません。特

に住宅リフォームは展示場もほとんどありません。試住はできないのが普通です。

 3つを並べてみても「住」の費用は格段に大きいですし、新築もリフォームも一生のうち、自然と経験値が増える

ことではありません。

 これって「何とかしたくないですか?」。

 ここが原点です。

 私はお客様が被る可能性のある被害を未然に「何とかしたい」と思う気持ちのあるなしが、「顧客に選ばれる基

準」だと思います。ホームページやパンフレットで「住まいの試着」を紹介するときには、「お客様を想う気持ち」を

最前面に出していただけると良いと思います。

 そう考えると「住まいの試着」は、コンピューターグラフィックスや模型のことではなくなります。最近増えている個

客向けの現場見学会もそれにあたります。すなわち「住まいの試着」はホスピタリティです。

 住まいの試着は、ホスピタリティ(おもてなしの心)として、社内およびお客様に定着させていくことをお薦めい

たします。

2009 07 29 [住まいの試着] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2009.07.28

【Web集客】『リフォーム会社のための「ホームページ集客の教科書」』 28 Jul 2009

090728b  ホームページ集客に関しては、毎月「Webローコスト集客実践会」をお客様向けに開催している中で、社内でもお客様の個別の課題の対応をしている中で、ノウハウが積みあがってきました。

 本年度2月時点での集大成として発刊させていただいたのが、「Webローコスト集客実践マニュアル」で、以前ご紹介させていただいた企業様含め、これだけで結果を出す人がどんどん出てきております。

 集大成はバージョンアップしていくにせよ、もっとタイムラグを減らしてノウハウをお届するために、項目を絞ってリリースしてみました。

 それが『リフォーム会社のための「ホームページ集客の教科書」』。第一弾は「クリック率が16倍アップするキャッチコピーとバナーの作り方編」、定価は¥3,000です。

 本日発売のリフォーム産業新聞さんの別冊でも、この冊子のプレゼント企画が告知されております。まずはプレゼントのご応募ください。

 ホームページ無料診断もどうぞご利用ください。貴社のホームぺージの実力がわかります。

090728c

2009 07 28 [Web集客] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

『頭がいい人は亜麻仁油を飲んでいる! 結果がでる食事術』アマゾンキャンペーンご協力依頼

090728a  5月7日のHaLAフォーラム2009でご講演いただいた南清貴さんが新刊を出版しました。

 頭がいい人は亜麻仁油を飲んでいる! 結果がでる食事術

 日本のオーガニックレストラン(アンチ・エンジング・レストラン)の草分けとして、HaLAフォーラムでは下記のようなことをおっしゃっていました。

 身体が喜ぶ食べ物とは、食べ物の合計を 10 としたときに
 五色の食材:「穀物が3」「豆類が1.5」「葉野菜2」「根菜2」「動物性たんぱく質1」
 プラスα
 「オイルと海藻 0.5」
 なのだそうです。これをオプティマルヒューマンダイエットと呼んでいます。

 また、先日のグリーンEXPOでは、健康で快適な生活のために
 1)まずは 油の揚げ物をやめる
 2)豆を食べる
 3)亜麻仁油などの油を取る
 とおっしゃっていました。

 食べたものが明日の自分を創ります。
 身体が丈夫なはずなのに、体調がすぐれない人、いま一つ調子が出ない人、食に原因があるかもしれません。南さんの新刊を読んでみてはいかがでしょうか。
 
 アマゾンキャンペーンにご協力ください。特典がウレシイです。先着順だそうです。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

人と地球に優しいフードプロデューサー、KIYO(南 清貴)による

仕事ができる人の食のバイブル
『頭がいい人は亜麻仁油を飲んでいる! 結果がでる食事術』
が講談社より7月28日に発売されます。

理想の自分をつくる、一日の食べ方のルールがわかる本。
脳が活性化されるほか、ダイエットやメタボ解消、
老化を防ぎ、美肌をつくる、食の知恵満載です。

この本を7月29日の正午から、翌日31日の正午までの間、
Amazon書店 http://tinyurl.com/novskbでご購入の方に
先着で五組 10名様を
「一夜限りのキヨズキッチン」でのお食事(一組2名様で14000円相当!)
に無料ご招待など、KIYOさんからの素晴らしい特典を抽選で
プレゼントします。

このプレゼントの詳細や申し込み方法はこちら、

http://www.kiyo-san.com/  

KIYO(南清貴)のプロフィールはこちら

http://www.amuse.co.jp/artist/minami_kiyotaka/

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

2009 07 28 [ハッピーライフアライアンス] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2009.07.27

【イベント】どうすれば人は輝くのか 第3回HaLAフォーラム2009 27 Jul 2009

 子供たちは夏休みに入り、もう7月最終週です。2009年はいうまでもなく変化のうねりが大きいですが、そんな中で住宅リフォーム会社様の経営形態が二つに分かれてきているように思います。ひとつは、個人に還る、というものです。もうひとつは、チームになる、というものです。会社といっても、独立採算の個人の集合のようなパターンもありましたが、それが成立しなくなって、それなら「個人」に戻るという流れと、同じ前提ですが、だからこそ「チームを目指す」という流れがあるように思います。

090702a

 
 8月5日のHaLAフォーラムのてっぺんの大島社長の講演は、「チームを目指す」経営者には勉強になると思います。居酒屋てっぺんに行ったことのない方はできれば前日に行ってみて、お店のチームの一体感を感じてみて、大島社長の話を聞いた当日は交流会後の2次会で再度来店してそのおさらいをしてみればよいのではないかと思います。

 人は皆、それぞれに輝きたいのです。

 お申し込みはこちらです。

2009 07 27 [ハッピーライフアライアンス] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2009.07.26

【自由】『火の技術』から『水の技術』の時代へ 26 Jul 2009

 ここに来て様々な変化が大きなインパクトで続いて起きているのは偶然ではないんだろうなと思います。私たちは理解できないこと、知らないことを否定しないで、まずは『びっくりする』ことが大事なんだろうと思います。最近では、愛工房の木材の乾燥窯にびっくりました。もちろん今でもびっくりしています。だから多くの人に紹介させていただいております。日曜日ですので、最近のびっくりです。 

 Yahooニュースより抜粋

 現在、われわれの豊かな社会を支えている技術は「火の技術」がベースです。物を燃やしてエネルギーを取り出し、それを消費しながら成り立ってきた科学技術です。これによって、地球環境は悪化しました。一方、われわれの水についての常識は飲むもの、煮るもの、洗うものということにとどまっています。これからは「火の技術」から生命を育む「水の技術」の時代です。水の技術なくして環境改善はあり得ません。

 環境意識なくして、経済活動を担う資格はないと思います。はちどりのクリキンディではないですが、それぞれができることから始めることだと思います。キーワードは「水」かもしれません。

2009 07 26 | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2009.07.25

【SHIP】誰にでもできることでオンリーワン化 25 Jul 2009

 「振り込むたんびにすぐに御礼の電話かかってくるんで感心しますわ」

 と、あるお客様から言われました。弊社ではご入金いただくと御礼の電話(基本的に電話)をさせていただいております。理由は、シンプルに「ありがたい」から、です。徹底いただいている社員の皆さんには本当に感謝です。

 また、あるお客様からSHIPリフォームセミナーで紹介している「着工式」を行うようになってから、急に紹介やリピートが目立ってきたということがあります。お客様の工事の不安を解消するために行う着工セレモニーが、不安解消を超えて感動レベルにまで到達するというのは興味深いことです。

 両方に共通するのは、やれば誰にでもできるということと、100%の徹底度で行えばそれがオンリーワンになっていくということです。
 
 気づかいの足りないことをお叱りを受けることもありますが、謙虚に反省と感謝で受け止め、そのチャンスに誰にでもできるオンリーワンを創っていこうと思います。思えばこれがSHIPの歴史だったのかもしれません。

 昨日は関西、夜は大阪で絆(Kizuna)ミーティングでした。SHIPスタッフのサポートのおかげで、お客様との交流ができることに感謝です。

090725a

2009 07 25 [SHIP] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2009.07.24

【ブランド】ブランドはお客様との約束 24 Jul 2009

 昨日は役員全員で角田識之先生の「儲かる会社経営「2:8」の新ルール」の出版記念講演会に行きました。この本についての私見(推薦)は以前書きましたが、昨日は実際に本の中でモデルになっているアシザワ・ファインテックの改革の中心者である岡野専務様の話も合わせて聞いて、「同じ人、同じモノ(商品・技術)、同じ金」なのに、潜在していた人の能力が開花することにより業績が飛躍的にアップするという事実にあらためて感銘を受けました。

 その後、東国原知事も来たという宮崎そばの店で役員ミーティング。わが社での「潜在能力」の顕在化の具体策について話し合いましたが、まずはひとつ、その切り出しができました。

 「住まいの試着」もブランドです。ブランドとはお客様との約束を表現したものです。「住まいの試着」をご導入いただいているリフォーム会社様に「お客様との約束」をネット上でプレゼンするツールを創りました。下記の画像をクリックしてください。

090724a

 お申し込みいただければ、無料で貴社ホームページに設置いたしますので、ご連絡ください。メールまたは電話03-3868-9621 担当:清水・大宮・渡辺)で。

 「住まいの試着」導入会社様の潜在力が、インターネットからぐんぐん顕在化してきます。

2009 07 24 [ブランド] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2009.07.23

【HaLA】いいことが山ほどくる。 23 Jul 2009

 8月5日のHaLAフォーラムで「ヘブンズパスポート」や「生きテク」の話をしていただくオキタリュウイチさんの事務所に行ってきました。事務所の玄関の扉に「いいことが山ほどくる。」と手書きのメッセージが貼ってありました。

090723a

 実はけっこう私の感動のツボにはまってしまいました。

 先週から今週にかけて、産経新聞で5回シリーズで連載されていた「命の処方箋」はオキタさんの「生きテク」の取材記事です。ネットでは下記で読めます。

 【命の処方箋】(1)事故の後遺症 悩むより新しい一歩を
 http://sankei.jp.msn.com/life/body/090715/bdy0907150805000-n1.htm

 【命の処方箋】(2)突然の発作 心の病…生きることで誰かの役に
 http://sankei.jp.msn.com/life/trend/090716/trd0907160808003-n1.htm

 【命の処方箋】(3)家庭問題 身近な「夢」に支えられ
 http://sankei.jp.msn.com/life/body/090717/bdy0907171506003-n1.htm

 【命の処方箋】(4)いじめ、新たな世界開いた「本」
 http://www.sankei.jp.msn.com/life/education/090718/edc0907180801001-n1.htm

 【命の処方箋】(5) 友人の死、「生き方も受け継いで」
 http://sankei.jp.msn.com/life/trend/090718/trd0907182223017-n1.htm

 オキタさんとの打ち合わせの話題は広がりに広がり、「杉を使って環境貢献」というカーボンオフセットハウスネットワークの考え方でも、具体的な活動が一致していたのには驚きました。

 8月5日HaLAフォーラムは、経営者の方々にとっても、オキタさんを通じて、新たな価値感の発見と具体的な地域貢献の活動のヒントが得られる日だと思います。会員の方はくれぐれもおはやめに御席の確保をお願いいたします。

2009 07 23 [ハッピーライフアライアンス] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2009.07.22

【住まいの試着】オフィスにスターリィマン 22 Jul 2009

 私が生きている間、日本では今日が最後のチャンスですね。皆既日食は見ることができるのでしょうか?

 さて、オフィスに絵を飾っている会社は少なくはないと思います。壁が殺風景だから、とか絵があるとなごむからとか、玄関や受付などの場合には、もう少し積極的におもてなし的な気持ちがこもっていたりします。

090722a

 あるオフィスの改装工事で「オフィスの試着」をしたときに、絵の指定がありました。この絵とオフィスデザインがなじむかどうかというのも重要な要素でした。そんなときも試着は威力を発揮します。

090722b

 配置される場所は試着時とは違いますが、合っていますよね。

 絵は スターリィマンの世界を描く はせがわいさおさんの「夢見る樹」です。スターリィマンは、娘さんの3歳の誕生日にご両親が贈った絵に夢をかなえる風船をもってはじめて登場しました。それから20年以上、たくさんのスターリィマンの絵が描かれ、多くの人を癒したり元気付けてきましたが、何よりも娘さんの心の中では、そのときのご両親の気持ちが育ってきて、世界中の人に夢をかなえる風船を手渡したいと思うようになりました。それが昨年のドリームプラン・プレゼンテーションで開花して、今はスターリィマン・コミュニティ・プロジェクトという形で進行しています。

 夢をかなえる風船を持ったスターリィマンの絵をこのブログをお読みになっていらっしゃる方のオフィス、あるいはご自宅に飾りませんか?

 絵が会話のきっかけになり、夢がかなうきっかけになります。

 絵を置きたい場所の写真を送っていたけば、試着して差し上げます。メールでどうぞ。

 私は個人的には、我が家の玄関を飾っている「未来に届ける 日本の輝き」4枚セットをお薦めします。内容の詳細は下記の絵をクリックして、ドリーム工房さんのサイトをご覧ください。私どもが問い合わせの代理をさせていただいても結構です。これもメールあるいは電話(03-3868-9621)で。

090722c

2009 07 22 [住まいの試着] | 固定リンク | コメント (2) | トラックバック

2009.07.21

【Web集客】ブログとホームページ 21 Jul 2009

 明日は皆既日食ですね。東京では9時55分33秒から12時30分20秒まで部分日食を見ることができるそうです。詳しくは国立天文台のサイトを参照してください。http://www.nao.ac.jp/phenomena/20090722/index.html
 
090721b  先週リフォーム産業フェア&工務店フェアで講演された昭和建設の氏間さんは、講演会場の近くで等身大のガンダムの感動したそうです(笑)。ブログで知りました。ブログはこんな日常的な情報を含めたフロー(流れる)情報で発信されます。普段は自社の建てる住宅の情報が多いですが、そればかりでは彩りに欠けます。ときにはこうした話題や家族の話題もあった方がいいです。

 ブログはこのような性格なので、読者を引き付けるきっかけにはなりやすいです。しかし、ビジネスに結び付けるには、フロー情報だけでは情報が散乱しているので難しくて、ブログで発信された情報をまとめた形でわかりやすくストックされているものが必要です。それがホームページの役割になります。

Syouwa_2

 

 フローのブログストックのホームページの組み合わせで、年商4億強の受注のための引き合いをすべてインターネットで集めていらっしゃる昭和建設さんですが、驚くのはこの会社が東京や横浜などではなく、1万数千世帯の愛媛県八幡浜市の会社だということです。ネット戦略を成功させるのに地域差は関係ありません。基本の徹底こそがすべてです。

 そんなWeb集客の勉強なら、SHIPで毎月開催されている Webローコスト集客実践会 に来てください。

2009 07 21 [Webシステム] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2009.07.20

【イベント】「天国へのパスポート」に感動、そしてHaLAフォーラムのご案内 20 Jul 2009

 19日に日経新聞の秋田運送社の記事に感動しました。秋田運送社は社名通り運送会社ですが、減反の休耕田に菜の花を植えて、絞った油は食用して販売し、その廃油を回収し、軽油代替燃料にリサイクルし運送車両に使っています。燃費は「満タンなら10トン車でも秋田-東京を往復できる」といいます。
 石田代表はこの地産地消の循環型社会モデル構想に着手したときには「社内、行政、取引先・・・。誰も相手にしてくれなかった」そうですが、2005年「あきた菜の花ネットワーク」設立を経て、2008年には菜の花の作付面積は400ヘクタールにまで広がり、「存命中に1千ヘクタールに広げるのが夢」だといいます。

 下記は本文の引用です。

 よく「なぜそこまで熱心に菜の花を咲かせようとするのか」と問われる石田。環境への配慮、地域貢献・・・。多くの思いはある。でも、「天国へのパスポートがもらえるかもしれないから」と照れ笑いを浮かべた。 
 
 照れながら「天国へのパスポート」と語る86歳の経営者の豊かな表情が思い浮かんできます。

 さて、8月5日HaLAフォーラム「未来へのパスポート」が開催されます。意味は石田代表の「天国へのパスポート」と同じです。御来場をお待ちしております。

090702a

2009 07 20 [ハッピーライフアライアンス] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2009.07.19

【自由】儲かる会社経営「2:8」の新ルール 角田識之著 19 Jul 2009

090709c  角田先生の「儲かる会社経営「2:8」の新ルール」を読みました。アマゾンキャンペーンということで以前も紹介しましたがそのときは中身は読んでいませんでした。読後の今は実に深い内容に感銘を受けています。本もいいですがプロジェクトXのような映像にも向いている内容だと思います。

 「2:8」の法則は経営者・幹部クラスでしたら多くの人が知っていると思います。「結果の80%は原因の20%から生まれる」ということで、従業員も、顧客も、20%をより厚遇することで生産性を上げていくという結論に持っていく法則です。また、さらに分解すると「2:6:2」も法則化されていて、20%は極めて生産性が低い赤字ファクターなのでそこにはメスを入れる必要があるということも合わせて語られることが多いと思います。

 しかし、角田先生のこの著作の「2:8」は同じ言葉を使っていても、会社改善の方向性がまったく違います。
 そこには次の観点があります。(以下、青字が引用文です)

 すべての産業がサービス業としての側面を持つ中、「サービス業とは掛け算評価」であるとよく言われている。
 旅館業を例にあげると、予約、フロントでの受付、客室サービス、レストラン対応からお見送りまで各種の業務がある。チェックアウトまではとてもいい対応ができていたとしても、最後のフロント清算でミスをしてしまうと、それまでのサービスの努力が全くゼロ、もしくはマイナス評価になってしまう。だから、サービス業は足し算ではなくて掛け算で評価されるというわけだ。

 会社が短期間黒字化すればいいということではなく、会社がお客様に感動していただきつづけるには、顧客接点の各プロセスが顧客感動を目指した連携が必須であり、そうなると会社は否応なしに黒字化する、という観点があるということです。

 単なる生産性の高い20%ではなく、理念に共感した度合の強い20%から価値共感性を高めていって、それを全社に広めていって「掛け算」での顧客評価を勝ち取るというイメージが展開され、その実話としてアシザワファインテックさんが取り上げられています。

 サービス業における掛け算とは、実は価値観の掛け算なのだ。
 何を優先すべきか、あるいはこの場合にはどう対処することが正しいことかという価値観にばらつきがあると、そのばらつきのところから顧客満足のバトンが落ちていく。価値観のバリアフリー集団であることが重要だ。

 「価値観のバリアフリー集団」とは素敵なイメージです。

 結果として、社内では次のようなことが起こってきます。
 
 百年委員会のメンバーに、この3年間の中での一番の変化は何かと聞いたところ、次のような答えが返ってきた。
 「一番変わったのは従業員の態度だと思う。
  以前は、定時がくると、横の部署は何やっているようだけど、とりあえず自分の部署は仕事が終わったのだから帰ろう、となっていた。今はたいへんそうだから何を手伝ってみようかと声をかけてくれる。これが一番のわかりやすい変化ではないでしょうか」と。

 お客様の立場で「掛け算」であることが身体にしみこむと上記のようなことが起こるのだと思います。

 角田先生はタイトルである「儲かる会社経営「2:8」の新ルール」を下記のようにまとめていらっしゃいます。

 ルール1)革新波動は中心の一点から始まる
 ルール2)火種を持った20%を使命感集団に変えよ
 ルール3)20%が仕掛け人になって全員を革新の当事者に変えよ
 ルール4)革新の成果がでるまで1)~3)のルールをやり続けよ

 スタートは「中心の一点」、つまり

 「一、我が社には、トップが心中してもいいと惚れ込めるだけの「本物の理念」があるだろうか?
  二、我が社では、「理念と心中するトップの覚悟」が、万が一にでも薄れてきてはいないだろうか?」

 から始まるということをあらためて知らされた本でした。皆様にぜひ精読をお薦めします。

2009 07 19 [小松おすすめの一冊] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2009.07.18

【SHIP】チームプレイが最も大事 18 Jul 2009

 昨晩はMVP食事会でした。四半期ごとの人事考課で選出された4人が参加です。ただし、2009年1月-3月の会が遅れに遅れてこんな時期になりました。

090718a

 2009年1月-3月期はチームの陣形が崩れて苦しみました。3月末には手をうって、ほぼ2か月で新しい陣形がつながりだして、昨晩聞いた感想でもメンバーは現在のレベルアップしたチームワークには自信を持っていました。右下に写っている湯沢コンサルティング部長が今回の変革の最たる功労者です。
 当社の場合は、本当に「チーム」次第です。メンバーが自分の目の前の仕事しか視野に入らなくなると、ばらばらになって成果が出なくなります。やはりチームのビジョン・ミッション・チームの業務分担を何度も意識に刷り込むことが私どものような経営形態では最も大事なことになります。

 昨晩の場所は百彩健美 あけびの実、バッフェスタイルの自然食レストラン。お薦めです。

2009 07 18 [SHIPマン&SHIPウーマン] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2009.07.17

【ブランド】「過去という未来」 17 Jul 2009

090717a

  昨晩はHaLAプレジデントスクールを終え、カーボンオフセットハウスネットワーク(COHN)の研修でいい汗をかいたユウワ今井社長二木屋に行ってきました。7月の室礼(しつらい)が美しかったです。

090717b

 この店はそもそも水口先生に教えていただいたのが始まりなのですが、ここに来ると水口先生の言葉も思い出されます。2006.04.29「過去という未来 29 Apr 2006」から、

 日本の、今の消費をリードしているのはシニアだ。50代、60代、70代、80代だ。しかも、はっきりと女性だ。

 今の先、近未来の消費リーダーも間違いなくシニアだ。

 なぜか。

 ヤボになるが、ちょっと説明しておこう。

 かの女たちは大集団なんだ。その上に、金と時間を持っているんだ。さらに、その上に、「家族のために費やした30年」を取り返そうと思っているんだ。「わたしらしいわたしになるんだ」と決意しているんだ。だから、パワーがあるんだ。

 反対に、これまでずーっと、日本の消費をリードしてきた若い世代は、小さな集団になってしまった。そして金も持っていない。

 ---というわけ。

 さて、そのシニアの女性たち。かの女たちの求めるものは何だ。楽しい時間だ。おしゃべりだ。おいしい食事だ、旅だ。花だ、風だ、水だ。日本の四季だ。

 日本は、今、傷んでいる。相当前から傷み続けている。可哀想なくらいだ。

 今より、ずっと前の方が、ずーっと美しかった、美味しかった。

 だから、かの女たちをもてなそうとすれば・・・、かの女たちに、「ワーすごい、うれしい」と叫んでもらおうと願えば、傷んでいなかった過去を提示する以外にない。しかも、現実の過去を超える美しさで・・・。

それが「過去という未来」だ。

===

 すでにペレットストーブをお使いの今井社長は、COHN研修会での気づきを熱く語っていました。「日本は、今、傷んでいる。相当前から傷み続けている。可哀想なくらいだ。」と同じ感覚があるのだと思います。

 COHNでは地球環境への貢献という使命感が刻まれ、ブランドを視覚化するひとつの解決方法は、このような店で「現実の過去を超える美しさ」に触れることで体感できます。
 
 「過去という未来」、私が大好きな視点、発想の起点です。

2009 07 17 [SHIPブランド最新情報] | 固定リンク | コメント (2) | トラックバック

2009.07.16

【HaLA】11月17日HaLAフォーラムの予告です 16 Jul 2009

090716a

 昨日はHaLAプレジデントスクール最終講の後に、SHIPで角田先生の主宰の飯森範親さんのセミナーが開催されました。

 飯森さんのプロフィールはご自身のサイトhttp://www.iimori-norichika.com/profile.htmlをご覧いただきたいのですが、私たちに身近なところでは、アカデミー賞受賞の「おくりびと」では主人公の属するオーケストラの指揮者役として出演していたり、現在映画化進行中の人気のアニメ化テレビ番組「のだめカンタービレ」では、指揮者千秋役の玉木宏さんの指揮指導や音楽監修をされています。

  セミナーの内容は素敵でした。

 「音楽家はサービス業だ」

090716b  これは最近上梓した著書「マエストロ、それはムリです」に何度も出てくる言葉ですが、地方の交響楽団である山形交響楽団の観客動員数を180%増員させた秘訣がこの言葉に集約されています。

 飯森さんが山形交響楽団の音楽監督を引き受けたとき、50くらいの条件を出したそうです。それらはすべて観客目線の条件だったそうです。それは日常の言葉使いのことだったり、カタログのことだったり、練習時間のことだったり様々あります。それを遂行していく中で事務局の人からしょっちゅう発せられた言葉が「マエストロ、それはムリです」で、それがそのまま本のタイトルになっています。

 今日のご案内はとても数少ない方にしか発信されておりませんでしたが、この飯森さんは11月17日のHaLAフォーラムではメイン講師を務めていただけることになっております。11月のご案内はまだできてもおりませんが、是非ご予定を空けておいてください。

 お客様からお金をいただいている業種はすべてサービス業であり、誰もが変な勘違いをせずに、お客様に喜んでいただくことに徹すれば結果がでてくるということを超一流の感性と経験から教えていただけます。

 今日のセミナーで印象に残った言葉を最後に記します。

 「お客様に次のチケットを買っていただくことが出来るようになったかな」

 世界的指揮者マエストロ飯森がここまで謙虚だとしたら、私たちはどうしなければならないのか??。自ずと答えはでていると思います。

2009 07 16 [SHIPオリジナルセミナーのご案内・ご報告] | 固定リンク | コメント (2) | トラックバック

2009.07.15

【住まいの試着】住まいの試着について昨日と今日考えたこと 15 Jul 2009

 昨日今日開催のリフォーム産業フェア&工務店フェアの会場では、私が社長を務めた会社がSHIPを含めると3社出展しています。会場を歩いていると、お世話になっている方となっていた方と次々とお会いします。また会場内で新たなご提案もいくつかいただいたり、させていただいたりと、ありがたいなと思います。

 住まいの試着のツールになっているパソコンで稼働する3次元CADが販売されるようになったのは1980年代の前半ですので、四半世紀は経っています。その間の機能の進化は語るまでもないのですが、IT技術の進化に比較すると利用技術は進化していないような気がします。昨日もあるソフト会社のブースで「お宅のを買ったけど使えない」とユーザーさんに言われて、ソフト会社の人が操作の説明をしながらたじたじになっている場面に出くわしました。3次元CADソフトは「操作習得」の壁があるので、以前は手書きの平面図をスキャナーで読みこむと3次元になるという中途半端な技術が売り物になっていたソフトもありましたが今は消えてしまったようです。では利用技術の本質は何なのかなと考えていました。

090715a (写真はベストホーム様HPより)

 昨日今日はHaLAプレジデントスクール(社長塾)の2期生の最終講です。SHIPは住まいの試着から始まった会社ですが、今はHaLAプレジデントスクール(社長塾)まで行っています。何故かというと、住まいの試着の利用技術のベースになるのは、お客様の幸福実現が織り込まれている企業理念だからです。最初からそこまで考えてHaLAプレジデントスクール(社長塾)を角田先生にお願いしたわけではないのですが(笑)、プレジデントスクールで「感動」や「絆づくり」を第二創業理念にしようとしている会社様の発表を聞いていて、テクニックと理念は表裏一体なんだなとあらためて確信しました。

 「人々が幸せになる住まいと暮らしの文化を創造する」がSHIPの理念ですが、そこから「住まいの試着を文化にしよう」というスローガンも派生してきました。ユーザー様への導入講習や定期講習会などでも、操作だけではなくユーザー様の企業理念との合致確認ももっと必要だなと思いました。

2009 07 15 [住まいの試着] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2009.07.14

【Web集客】リフォーム産業フェア&工務店フェアに出展しています 14 Jul 2009

090714a  14日15日と東京ビッグサイトで開催されている「リフォーム産業フェア&工務店フェア」に出展しています。テーマはずばり「Webでローコストに集客する」です。

 今年は展示ブースが小さいので見つけにくいかも下記に示しておきます。入口から見ると、右奥です。特別プレゼントもあります。お会いできることを楽しみにしています。

090714b_2 

 SHIPブースにはたくさんの方が来ていただきました。この場でWebローコスト集客装置(ホームページ)の契約をされた方もいらっしゃいました。

090714c

 当社はセミナー集客型の営業スタイルですので、普段は出会えない人たちとの出会いも展示会での面白さですね。

090714d

 平成建設の社長様の隣のセミナールームで開催された昭和建設の氏間さんのセミナーは満席でした。内容はブログホームページで集客するポイントがわかりやすく解説されていましたので聞かれた方にとって値千金だったと思います。氏間さんがセミナーの中で「ホームページはSHIPで作ってもらった」とおっしゃっていただいた影響でセミナー直後はたくさんの人がSHIPブースに押し寄せて、応対できなかった方には申し訳ないことをしました。ぜひSHIPリフォームセミナーにいらしてください。申込時に、「ブースで話しをきけなかった」とおっしゃっていただくと無料でご案内させていただきます。

090714e  

2009 07 14 [SHIPオリジナルセミナーのご案内・ご報告] | 固定リンク | コメント (2) | トラックバック

2009.07.13

【イベント】問題意識は何ですか?今週はどこかでお会いしましょう 13 Jul 2009

 今週もSHIPはイベント続きです。問題意識によって、ご参加されるイベントが変わると思いますが、どこかでお会いできるのを楽しみにしております。

090713a

 まずは14日15日の住宅リフォームフェア、東京ビッグサイトで開催されます。今回はこじんまりと2コマですが、「ホームページで集客する」ということに関しての専門的なブースになっています。テーマとは関係ないですが、先週のグリーンEXPOで好評だった「杉茶」のサービスもありますので来場された方はぜひお立ち寄りください。

 同じ14日15日にHaLAプレジデントスクール2期生の最終講が開催されます。感動の第二創業に立ち会えるのが楽しみです。

 また15日の夜は、アカデミー賞を受賞した「おくりびと」でもさらに有名になった世界的な指揮者の飯森さんがSHIPの9階で講演されます。これは主宰が弊社ではないので、御参加したいと思われる人はメールをください。

090713b

 16日は、環境意識の高い人から選ばれるリフォーム会社になる「カーボンオフセットハウス・ネットワーク」の研修会が開催されます。今回は満席ですので参加募集はできませんが、早めに次回のお申し込みをされることをお薦めします。

 17日は東京でSHIPリフォームセミナーです。
 
 □ホームページで集客したい人
 □相見積から価格競争になることから抜け出したい人
 □儲かる仕組みを作りたい人

 一度ご参加してみてください。

2009 07 13 [SHIPオリジナルセミナーのご案内・ご報告] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2009.07.12

【自由】秋田の初夏と梅の不作 12 Jul 2009

090712a

090712c  秋田に来ています。4月からは月に2回ほどは来ていますので、30年ぶりにこの地の季節の移り変わりを感じています。稲は青々として、8月の開花の時期に備えています。今日は、籠いっぱいに梅の収穫をしました。夜に姉や従兄の話を聞いていると秋田でも梅が不作だそうです。蜜蜂がいなくなる現象(ネオニコチノイドの影響)との関連が話題になっていましたがいよいよ信憑性がある話だと思います。船瀬俊介さんの「悪魔の新農薬 ネオニコチノイド」を読んでみてください。

090712b

 さて、今日はテーマは自由なのですが、9日の夜に吉川社長にご案内いただいた名古屋の寅衛門http://www.draemon.net/、は面白かったですね。私たちは3人で客単価5千円だったのですが、それで「ここまでやるか!」を感じました。人のよっては2千円とかいうこともあるでしょうが、生活者のレベルでは確実に体験するサービスの質が上がっているのだと思います。気を引き締めて、私たちも自分らしさに立脚したサービスレベルをあげていかないといけないと思います。

2009 07 12 [小松おすすめの一冊] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2009.07.11

【SHIP】明日に架ける橋 11 Jul 2009

 午前中は、大阪からの御来社のお客様との打ち合わせでした。時代の変わり目、会社の変わり目、そこで経営と営業の芯を確立するために真剣なお打ち合わせになりました。

090711a

 帰りに東京ドームの前を通ると、サイモンとガーファンクルのコンサートで混雑していました。ふと、中学生時代の記憶がよみがえりました。当時はツタヤのような店がなかったし、お金もなかったので友人間でレコードの貸し借りが多かったのですが、私にサイモンとガーファンクルの全アルバムを貸してくれた彼は今どうしているんだろう?もしかしたらここに並んでいるかな、と。

 明日に架ける橋。

 土曜日のテーマはSHIPですが、弊社で四半期に一度行っている相互人事考課の速報を昨晩送ったのですが、何人かの方から返信があり、どの人のメールにも感動がありました。
 その中の一人からのメールです。

==
(前略)
相互考課は全員個別で行っているのに、書かれている内容がほとんど同じというの不思議です。それとも必然なのでしょうか。
(略)~、うまくいかないこともでてきて、毎日がツライツライツライ…と感じていました。

ですが、原因をつきつめると、原因はすべて自分の中にあって、悩んでいるよりも行動しなければいけないな。と思います。
(略)
一歩ずつ、前に進んで行こうと思います。
これからもよろしくお願いいたします。
==

 どんな人生でも問題続きです。そのトラブルの原因が外にあると思うと、非運への恨みや嘆きもでるしツラいので、マイナスの言葉を発するようになり、それが人を遠ざけることになります。。逆に「自分が源」と思えれば、うまくいかないことのすべてがチャンスに見えますし、「自分が源」と思い、努力が始まった人には自然と応援の力が起こって、その人の力となって、夢や目標の実現を支えるようになっていきます。

 中村天風翁いわく「人生は心ひとつのおきどころ。思い方考え方で人生の一切をよくもし悪くもする」 。

 中学時代に覚えた「明日に架ける橋」は今でも覚えています。最近覚えたものはすぐに忘れますが(笑)。 会社はチームです。それぞれが夢に向かって輝くように「If you need a friend  I'm sailing right behind Like a bridge over troubled water I will ease your mind 」。

Sail on, silvergirl,
Sail on by
Your time has come to shine
All your dreams are on their way
See how they shine
If you need a friend
I'm sailing right behind
Like a bridge over troubled water
I will ease your mind

2009 07 11 [小松の足跡~未来を見据えて~] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2009.07.10

【ブランド】9月8日はいからモダン物語の原点を確認する日 10 Jul 2009

 今日は名古屋でのSHIPリフォームセミナーでした。初めての方、2回目の方、ユーザー様、ユーザーの会社を退職された方、など様々なご縁が集まって、充実した時間を共有できたと思います。

 さて、9月8日に「はいからモダン物語4周年フォーラム」を開催予定です。詳細は後ほどご連絡しますが、場所は文京シビックセンター、時間は14時からの予定です。早いものでもう4年ですね。この4年間、毎月50現場以上が健康に配慮された住宅にリフォームされてきたとすると累計で2500現場、居室数でいうとおそらくその3倍くらいが家族が安心して住める部屋に変わったということになります。「人々を幸福にする住まいと暮らしの文化(ハッピーライフ)を創造する」SHIPの企業理念そのものがここに現実化しています。

 スタートは、出会いでした。2005年のゴールデンウィークの最中でしたが、私はあるセミナーでアトピッコハウスの後藤社長とお会いしました。ちょうど珪藻土塗り壁材「はいからさん」が準備されている頃でした。

 090710a

 私は一瞬で後藤社長の創業の原点に共感しました。そのことについてははいからモダン物語のホームページにも書きましたのでご参照ください。そして、はいからモダン物語の原点は、アトピッコハウス社の原点への共感であり、それを確認する機会が、毎年の周年イベントです。

 全国120社のはいからモダン物語会員の皆様、9月8日、年に一度の原点を確認する日はぜひご参加の予定を入れておいてください。皆様の原点を確認する日にもなると思います。

2009 07 10 [はいからモダン物語~安心建材で家族を守る~] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2009.07.09

【HaLA】アマゾンキャンペーン「社長!2割を変えましょうよ!儲かる会社経営2:8の新ルール」

090709c  HaLAプレジデントスクールの校長でもある角田識之さんの新刊「社長!2割を変えましょうよ!儲かる会社経営2:8の新ルール」が出ました。今日から11日までアマゾンキャンペーンです。HaLAなどで角田さんの感動、共感されたことのある人は一緒に、アマゾンで今すぐご注文ください。

 内容を角田さんのメールから抜粋します。

==
「生涯顧客が生まれる101のマジック」(明日香出版)、「普通の人が成功する絶対法則」(大和書房)に次ぐ第三弾の本書は、角田識之がこれまでのコンサルタント人生において得た全ての新創業支援のノウハウを、ここまで公開してもいいのか、と編集者に言わしめたほどの迫力で筆を進めた力作です。

「2:6:2」の全ての人材を活かして120%の成果を上げるのが「日本式経営の王道」と考え、「2:8の新ルール」の実践で、奇跡のV字回復を実現した中小製造業メーカーの事例を軸に、オーナー経営の無限の可能性を世に問う本となっています。
==

 コンサルタントの顧問先での実話とノウハウが詰まっている本なのだと想像できます。

 アマゾンキャンペーンの内容は以下のとおりです。カシータのディナーペア券欲しいですね(笑)。

 注意点は、10冊買われる人は、小分けに10回買ってください、ということのようです。

   注文はこちらから ↓↓

   「社長!2割を変えましょうよ!儲かる会社経営2:8の新ルール」

==
●アマゾンキャンペーンへのご協力依頼

【7月9~11日ご発注者さま対象のプレゼント付き新刊キャンペーン】のお知らせです!

ご存知のように、ネット書籍販売の「アマゾン」では毎日トップセラー(注文冊数のベストテン)が表記されています。メルマガ読者の皆さまと、ゲームズマン感覚で一位獲得に挑戦してみたいと思っています。アマゾンでのご発注という形で共闘(共遊)いただければ、とってもうれしいです。結果は、出来るだけタイムリーにお知らせいたします。

■ご注意

なお、発注冊数は1冊でも100冊でも、一カウントの集計になりますのでご注意ください。お手数でも、一冊、一冊、小分けの形でご発注いただければ、助かります。

■ご発注サイト

→ http://janp.biz/2964

■ご応募方法

アマゾンでご注文頂きますと、アマゾンより「確認メール」が届きますので、「確認ナンバー」を臥龍までご転送ください。
転送先⇒ garyu@e-garyu.com 

■対象期間

このプレゼントは、7月9~11日の間でアマゾンにてご発注いただいた方が対象となります。

■プレゼント

1.もれなく全員にプレゼント

繰り返し読むだけで元気になる「オリジナル・ポエム(超ビタミンG)」をプレゼント!このプレゼントは、「ワード」文書でご送付させていただく予定ですので、予めご了承ください。

2.抽選でプレゼント

 ・青山カシータディナーペア券 1名様
 ・臥龍の海外お楽しみ土産    3名様
 ・臥龍の直筆色紙       6名様

7月23日の出版記念講演会(東京)にて、キャンペーン参加者を対象とした公開抽選会を行い、当選者を決定させていただきます。
(注)一回のご発注に対して、一回のチャンスですので、もしかすると同じ方が抽選に当たる可能性もございます。予め、ご了承ください。

★良いものは売れて当たり前は当然のことですが、このネット時代、アマゾンでの“売れ行き情報”が、全国の購買状況を大きく左右することも事実です。

一人でも多くの読者さまと出会うために、どうか皆さまのお力をお貸しください!

よろしくお願い申し上げます! 臥龍こと角田識之 拝

2009 07 09 [小松おすすめの一冊] | 固定リンク | コメント (1) | トラックバック

【HaLA】「お客様に選ばれる会社、選ばれない会社」はここで決まる! 9 Jul 2009

 HaLA会員さんのSDI社さん が以前にこのブログでも紹介させていただいた施主ブロガーアンケートに基づくマーケティングセミナーを開催します。下記の画像をクリックしていただくと案内ページにリンクします。

090709a
 施主ブロガーの影響とは、すなわち「クチコミ」です。ネット上に広がるクチコミが、今どうなっていて、これからどうなっていくか、ということを学ぶ、またとない機会です。

 講師の面々です。

090709b_2

 お申し込みの際、シップ(小松)の紹介と書いていただけば、講演会の方は一律1000円割引でご案内いただけるそうです。どうぞお申し込みください。

 会場でお会いしましょう。今日は大阪のSHIPリフォームセミナーですが、夜は名古屋で交流会を行う予定です。名古屋周辺の方で20時ころに名古屋に来れる方は、合流しましょう。

2009 07 09 [ハッピーライフアライアンス] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2009.07.08

【住まいの試着】住まいの試着ハウスマヌカン出張サービス 8 Jul 2009

 2003年~2004年ころにSHIPの住まいの試着サービスを導入されたユーザー様は盛んにご利用いただいていた「住まいの試着ハウスマヌカン出張サービス」ですが、当時はスタッフも少なく、代休もとれないという状況が続き、そ~っと収束させていたのですが、実は今でも満足度120%で延々と続いているロングセラーサービス(?)です。

090708a  4日、5日岡山のベストホーム様のイベントをお手伝いさせていただいた記事が、齋藤春奈さんのBlogに掲載されていますのでご覧ください。

 舞台環境は以前と同じです。イベントの特別サービスとして、お客様のリフォームのご要望を目の前にディスプレイでリアルタイムに作成して体感していただきます。皆さん「イメージがわからない」とおっしゃいます。それで前に進まないのであれば「イメージがわかった」状態にすればいいわけです。歩きまわれますので生活導線も体感できます。

090708b

 たいへん満足のいく打ち合わせができます。

090708c

 そしたら、お土産に今お打ち合わせをしたお部屋のイメージが3次元で自分で動き回れるデータをさしあげます。パソコンさえあれば、これでいきなりリフォームの家族会議ができます。

 名古屋・大阪方面でご興味のある方は、9日大阪、10日名古屋でSHIPリフォームセミナーがあります。そこで事例でどんなインパクトがあるのか、それこそ体感いただれば良いと思います。

2009 07 08 [住まいの試着] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2009.07.07

【Web集客】Webへの再訪を増やすひとつの手段  7 Jul 2009

090707a

 本日発行のリフォーム産業新聞に「リフォーム経営者ブログが大集合」という記事が掲載されています。SHIPのホームページトップに入口が設置されていますが、入ると各地区のリフォーム経営者ブログが更新順にタイトルを閲覧し見に行くことができます。掲載希望の方はこちらからお申し込みください。掲載は無料です。

 弊社がこれを作った目的はホームページへの再訪を促すためでした。実際、アクセス数値を見ていても、読み通りになっていることがわかります。

 リフォーム会社さんも、地域のお客様のブログを集めて、カテゴリーをつけて公開してみたら良いと思います。例えば「釣り」とか「ペット」とか「ゴルフ」とか、ブログの特性ごとの分類です。おそらく、認知とともに、ホームページに再訪する人が増えていって減ることはないと思います。

 ホームページに再訪してもらうと何が良いのか?
 
 そこがピンとこない人もいるかもしれませんが、ホームページをお店と置き換えてみると良いと思います。お店に何度も来ると、だんだん馴染んできて、新しい情報は少しづつ吸収して、必要なときに「あの会社に問い合わせてみようかな」になりやすくなります。

 これも自社ホームページを場にしたコミュニティ創りのひとつです。具体的なやり方で相談がある方はメールなりお電話(03-3868-9621)をください。

2009 07 07 [Web集客] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2009.07.06

【イベント】グリーンEXPOとSHIPリフォームセミナー 6 Jul 2009

090706a

 4日、5日、横浜パシフィコで開催されたグリーンEXPOですがこのようにたくさんの人が集まっていました。

090706b

 COHNカーボンオフセットハウス(SHIP)のブースもこんなにぎわいで、持続可能な生き方にアンテナが立っている人は多いことにあらためて気づかされました。

090706c

 愛工房の伊藤社長のミニセミナーはずっと立ち見が出ていました。何よりも何となく座って聞いていた一般生活者の方々が途中で帰らないというのが印象的でした。誰もが初めて聞く「杉と日本人と環境と未来」の話は共感を得られます。COHNの研修会でその考え方を身につけていただければ良いと思います。

090706d

 伊藤社長と一緒に「医食住」の社会問題に取り組んでいる船瀬俊介氏が講演に飛び入り参加されました。

 話は戻りますが「グリーン」には共感力と集客力があります。二日間の出展を通じて考えていたのは、住宅リフォーム業は「グリーンな住まい業」なのではないかということです。廃棄をできるだけ少なくして、歴史を引き継いで、住み継いでいく文化を担う仕事と位置付ければ、発信力も変わるし、結果として共感力・集客力が増してきます。そこにポジショニングすることで、同じことをやっていても受けとられ方が変わるということが起こってくると思います。

 こういうことも含めて、1カ月でかなりのボリュームの現場や周辺情報がSHIPには入ります。そのあたりも含めて、7月のSHIPリフォームセミナーは中身をバージョンアップしていきます。

□2009年7月9日(木)13:30-17:30
 大阪:サムティフェイム大阪/新大阪駅

□2009年7月10日(金)13:30-17:30
 名古屋:名古屋会議室栄中央店第5会議室・矢場町駅

□2009年7月16日(木)13:30-17:30
 東京:(株)シップ・水道橋駅

 SHIPリフォームセミナーでお会いしましょう。

2009 07 06 [SHIPオリジナルセミナーのご案内・ご報告] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2009.07.05

【自由】ほんもの見学に行ってきました 5 Jul 2009 

 今日もグリーンエキスポですが、ブログは今週出かけたエコツアーについて書きます。

090705a 090705b 090705c 090705d

 静岡の茶畑、田圃、トマト畑、メロン畑を見学させていただきました。これらに共通するのは通常であれば、農薬を多用するということです。しかし、これらの農地でできた農産物は残留農薬がほとんどないという状態で、残留農薬基準のとても厳しいある有機農法ネットワークにも出荷していたり、誰も知っている有名なフルーツ店にも卸しています。目視できる証拠としては、田圃におたまじゃくしや貝をはじめとして小さな生物がたくさん棲んでいました。
 これらの結果は「水」によるものです。

 もうひとつ面白いなと思ったのは、トマトとかメロンのビニールハウスに入っても、青臭いにおいがしないし、お茶の工場でもほのかなお茶の香りしかしないことでした。はいからモダン物語の建築現場でも「においがしない」ということが最初は不思議がられます。

 ほんものは、強いにおいではなく、自然な香りを醸し出すものなのだと思いました。

2009 07 05 [小松の足跡~未来を見据えて~] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2009.07.04

【SHIP】今日は5人でグリーンエキスポでした 4 Jul 2009

 今日は横浜パシフィコで開催中のグリーンエキスポに、COHN(カーボンオフセットハウスネットワーク)として出展していました。

 何度も書いていることですが

 1)日本は国土の66%が森林の国で、その41%が植林による人口林なのに、木材自給率は20%という国、山にお金が還元しないので山が衰退している。
 2)山が衰退すると、森林の二酸化炭素吸収も阻害され、さらに水溶性鉄分(フルボ酸鉄)を含んだ水が川から海に届かない(森は海の恋人 21 Mar 2009 http://ship.cocolog-nifty.com/ship/2009/03/21-mar-2009-4a7.html 参照)ので、環境が悪化してきます。
 3)この悪循環を断ち切るには、人口林の半分を占める杉の消費を増やすことから発想していく必要があります。日本の固有種である杉は日本の国土に建つ建築物には最適だし、隠れた素晴らしい性能を持っています。
 4)その性能を最大限に引き出すには、薬草を乾燥させるように低温で含水率10%程度まで乾燥させる必要があります。これが可能になったので、SHIPは環境貢献の工務店ネットワークCOHNを創って、お客様のリフォーム・新築の機会に杉を使っていただくことをお奨めしています。

090704a

 上記の写真は、グリーンエキスポの主催者イデトシカズさんと、低温乾燥窯の開発者である伊藤社長と私は展示品の杉をバックに撮らせてもらったものです。

090704b

 人がいないとこんな感じ。

090704c

 また、ブース全体はこんな賑わいでした。SHIPは基本的にBtoBの会社なので、このように生活者と直接コミュニケーションを取ることは珍しいのですが、1)~4)のストーリーが、生活者にストレートに響くことが体感できました。

090704d

 今日のメンバーです。
 明日も開催しています。ぜひいらしてください。伊藤さんの講演も14時からあります。 

2009 07 04 | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2009.07.03

【ブランド】徹底すること、絞ること 3 Jul 2009

 戦略を立てたら、徹底して絞って実行することですね。

090703a

 SHIPでも会員募集などで協力をさせていただいている施主支給のリブウェル社の稲葉社長は、施主支給というマーケットを発見して、BtoCとBtoBを合わせると月7000万円の商流を生み出してきた方ですが、今また面白いマーケットを発見しています。

 詳細は次の機会に書こうと思いますが、今回の学びは下記です。

 A)戦略→徹底→絞ることを忘れない ⇒ 成功

 B)戦略→徹底→広げてしまう     ⇒ 破綻

 戦略を立てて、徹底はしているのだけれど、知らぬ間に、間口や枝葉が広がってしまって、勢いを弱めてしまって、減速してしまうことが起こります。結論は「戦略ミス」と思ってしまうのですが実は戦略は正しいのです。

 企業がブランディングをするうえでも、「徹底して」&「絞る」という展開は必須だと思います。

2009 07 03 [ブランド] | 固定リンク | コメント (1) | トラックバック

2009.07.02

【HaLA】HaLAチラシ配っていただけませんか? & わくわくとできる 2 Jul 2009

090702a

 HaLAのチラシができました。このチラシをPDFでダウンロード できます。また配布にご協力していただける方には御希望枚数をお送りさせていただきます。メールでご一報いただけるとうれしいです。

 参加申し込みはこちらからです。

 昨日はスタイルオブ東京の藤木社長のご紹介で、バリュークリエイトの三富さんとランチミーティングをさせていただきました。
 三富さんのことは以前から藤木社長から聞いていて、「わくわくすること」を縦軸に、「できること」を横軸にして仕事を分類すると、多くの人が「わくわく&できない」という情熱から始まるけど、「わくわく&できる」に到達し、そのまま継続的な改善が行われないために「わくわくしない&できる」に時間を占められて、何となくつまらない日常に陥るという図式にいたくナットクしました。したがって、いかに「わくわく」に戻していくかが一人一人を活性化し、組織の生産性を上げるポイントだということになります。実にナットクです。

090702b
 また、三富さんは会計士でもあるのですが、貸借対照表に載らない資産「わくわく」「にこにこ」「いきいき」(「企業価値評価の基本と仕組みがよ~くわかる本」から転載)を注目しています。私たちがSHIPリフォームセミナーでお伝えしているチャートに通じるものがあるなとこれまたナットクでした。

2009 07 02 [ハッピーライフアライアンス] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2009.07.01

【住まいの試着】「動く試着データ」の感想をいただきました&節目の日 1 Jul 2009

 今日から7月、2009年も後半に入ります。早いですね。

090701a  先週、「動く試着データ」をダウンロードできるようにしたのですが、早速、たくさんの人がダウンロードして試していただいているようです。皆さん最初は操作がわからないようですが、適当に触っているうちに2分~3分くらいでやり方をつかまれるらしいです。今日、お会いした方からは、いろいろやってみてこのような絵がいちばんわかりやすいということらしいです。人によってピンとくるイメージは様々です。パソコンを持ってらっしゃっているお客様であれば、「動く試着」データをお渡しするのがリフォームの打ち合わせでは当たり前になると思います。未体験の方はダウンロードしてお確かめください。

 昨日は、四半期相互考課、全体会議、事業計画発表会、新入社員正社員認定、22年4月生内定証授与式と行事が目白押しでした。皆、それぞれの節目を刻んで、私は『住み継ぐ文化と棲み継ぐ文化』の担い手として、決意を新たにした日でした。

 年間MVPは高橋芳明部門長。

090701b_2

 準MVPは町田結さん。

090701c_2

 全員正社員認定を受けた7期生。

090701d

 そして22年4月入社内定者とチューター、全員女性です。

090701e

2009 07 01 [住まいの試着] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック