« May 2009 | トップページ | July 2009 »

2009.06.30

【Web集客】お客様との《絆》・地域との《絆》の共創の実現  30 Jun 2009

090630a  〔北区 リフォーム〕でYAHOO、GOOGLEともに検索トップの 高野工務店さんがリフォーム新聞に取り上げられていました。画像は「リフォーム 東京 北区 親子大工物語 息子日記」からです。

 (紙面はリフォーム産業新聞です。)

 高野工務店さんは、以前、税理士さんの紹介でホームページ会社にホームページを依頼しました。目的は明確に「集客」にありました。しかし、結果として、まったく集客の役には立ちませんでした。

 その一件であきらめることなく、SHIPに「集客装置」の依頼がありました。今では、リフォーム新聞にも掲載されているように、月間10件以上の引き合いがあって、新規顧客のすべてがホームページ経由という状態が生まれています。

 集客装置構築のポイントでこの現象を解説します。

 1)検索
   リフォームを依頼したい人が入れるワード〔地域名 リフォーム〕で検索優位を保っています。SHIPのサポートももちろんですが、SHIPのWebローコスト集客実践会に入って、勉強に余念がありmせん。

090630d  2)再訪性
   アクセスした瞬間に目をとらえるのは、親子大工の半被を着た姿です。このつかみで直帰率は急減しました。

   その下に展開される お客様が登場される事例集。この更新が定期的で、丁寧なのでページ数も増えて、リピート訪問者を増やすという善循環を生み出しています。

090630c

 3)アクション誘導
   ホームページから「お問い合わせをいただく理由」が導線になっています。人がホームページからの問い合わせに抵抗がある意識をよくわかっています。ここに入ったあとで施工事例をみていると、「大丈夫だな、、」という感じがすると思います。

090630b

 こうしたことを実際にどのように運用していくかをわかっていると、ホームページ(集客装置)の更新で孤独になることはありません。もし、まだそのあたりが不安な方は、Webローコスト集客実践会にご参加いただくとよいと思います。

090630e
 上記は今月の実践会のご参加者の感想です。
 早く明確になれば、不安がなくなります。

 高野工務店さんはもうすぐワンステップ上がりそうな雰囲気です。
 それが、ブログに記された中期ビジョン(HaLAプレジデントスクールにて)のイメージ
 
 「お客様との《絆》・地域との《絆》の共創の実現 」
 理念のバックボーンを持つことでお客様の層すらも変化していくことと思います。
 

2009 06 30 [Webシステム] | 固定リンク | コメント (1) | トラックバック

2009.06.29

【イベント】今週土日は GREEN EXPO 29 Jun 2009

090629a  7月4日(土)、5日(日)、シップは「COHN/カーボンオフセットハウス・ネットワーク」として、パシフィコ横浜にて開催される「第1回GREEN EXPO」に出展します。

 ◇出展ブース:ブースNo.044-1
 ◆GREEN EXPOホームページ:http://greenexpo.jp/

 環境貢献意識の高い住宅リフォーム会社ネットワーク「カーボンオフセットハウスネットワーク」のご紹介と実際に使用される国産杉の展示を行います。

 私が「杉」の魅力を再発見したのは、半年ほど前ですが、それからは移動のときは杉林が気になるし、杉が使われている現場ではどんな使われ方をしているかが気になって気になって仕方がありません。

 66%が森林の日本で、その40%を占める人口林の半分を占める杉が放置されたまま、木材自給率は20%を下回ってきて、伝統の山の技術が途絶えそうになっています。山も川もそこからつながる海もこのままでは荒れてしまう。

 住宅に従事する皆様、杉を最も良い形で使うことが、持続可能な環境を創りだすひとつの答えです。

 衣食住の業界から、環境貢献意識の高い会社が集合するイベントに、ロハスな人たちが集まると思います。今回SHIPメンバーは「杉の伝道師」をやっています。

 「奇跡のりんご」の木村さんの講演などもあります。ぜひお立ち寄りください。

 カーボンオフセットハウス・ネットワークのことを知りたい人は、下記の研修もあります。まずは体験参加をお薦めします。

== http://www.shipinc.co.jp/post_175.html ==

日 程: 2009年 7月 16日(木)

時 間: 9:40(集合) 10:00~17:00

参加費:□ 一般:5000円
     □ COHN会員様:無料

[企画発表] 10:00~10:20
◆縮小する消費マインドを打ち破る方向性
 ~省エネルギーリフォームの提案~

   株式会社シップ 代表取締役 小松信幸

[商材紹介] 10:20~12:00
◆塗装で省エネ経済性と快適性を提供する
 ~建築家が語るガイナで実現する施主様満足~

   有限会社宮谷設計 代表取締役 宮谷敦 氏
      www.amy.hi-ho.ne.jp/miyatani/

[移動と昼食] 12:00~13:10

[商材紹介] 13:10~14:50
◆天然住宅で実現する環境と健康への貢献
 ~杉の活用、シックハウス、電磁波対策~
   相根昭典 氏(非営利中間法人 天然住宅 代表)
      http://tennen.org/

[商材紹介] 14:50~16:50
◆愛工房 東京・板橋研究所 超温乾燥窯見学
   アイ・ケイ・ケイ株式会社 伊藤好則 氏
      http://www7a.biglobe.ne.jp/~ishikou/

[質問とまとめ] 16:50~17:00
◆質疑応答と最後のまとめ

2009 06 29 [SHIPオリジナルセミナーのご案内・ご報告] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2009.06.28

【自由】大自然の夢 28 Jun 2009

 仙台から秋田の実家に来ています。昨晩ふと書棚で目にした「大自然の夢」(芹沢光治良著)を10数年ぶりに再読しました。芹沢氏晩年の著作集には、天理教の教祖中山ミキ(存命の親さん)が青年に降りてきて教えを語る場面が何度もでてきますが、この本では、存命の親さんの言葉を「敢て、一部分書きうつ」しています。

 「親神さんは、この世の陽気暮らしを、楽しみたいとおぼしめして、陽気暮らしという、大きな夢を持って、この世界をはじめかけられました。親神さんの、大きな夢の中に、我々の世界がある。まさに、親神さんの、懐の中に、生かされている。人間の一生も、また、大きな夢。国家も大きな夢。
 (中略)
 すべて、心という思いが、心という大きなものを、夢みている。自分はお金持ちになったと、大きな顔をしている者でも、心がにぶれば、いつかは、そのお金も、逃げてしまう。まさに、これも夢や。人間の地位や権力など、一時の夢。みな、大きな夢を、神さんに見せてもろうているのや。余りに、大仰に、高慢に、生きていれば、神さんがその夢を、奪い去ってしまう。起こされてしまう。起きて、自分の力量が、分かってくる。まさに、この世は、借りものや。(後略)」

 また、別のページから転載します。

 「何億年前か、何十億年前か、-無限の昔、この宇宙は死の世界のようだったとか。ただ、大自然の力-エネルギーだけが、存在していたとか。その大自然の力によって、宇宙全体が、自然に、刻々、拡張していたとか。
 そうした状態が、何億年続いたか、大自然の力は、孤独のなかに、ふと、慰めを求められたとか。その時、可愛い地球が目に入ったとか。よく見ると、表面を水でおおわれた、巨大な丸い球だったとか。水の中に生きて動くものが見えたとか-
 (中略)
 地球で泳いでいたうおとみを、根にして、何億年もかかって、ようやく、一尺八寸の背丈の人間を、創造したとか。
 一尺八寸の人間を、現在の人間にするまで、どれほどの年限、大自然の力は、苦労と努力を重ねられたか。地球上の、住まわせる場所に適する肌の色を選んで、白人にしたり、黒人にしたり、黄色人にしたり・・・住む場所に適した言葉を与えて、知恵を授けたり・・・
 これでよしと、最後になっても、大自然の力は、さすがに親神で、人間各自に、わが魂を分けて、わけみたまとして、授け、本当に親子の証にしているが、その親の、愛の偉大なこと-」

 創世記伝説は世界各地にあります。確実に共通しているのは、途方もなく昔の話であることと、世界を創ったのは人間ではなく、サムシンググレートと呼ぶしかない力ということですが、著者はそれを「大自然」、創った世界を「大自然の夢」と呼んでいます。

 杉の木立に囲まれた家で、風や鳥の声を聞きながら、この本を読んでいると、ここ数日のハードワークに疲れた身体が、癒されていくのを実感しました。

 明日からまた頑張って行きます。

2009 06 28 [小松おすすめの一冊] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2009.06.27

【SHIP】三日間のSHIPリフォームセミナー終了 27 Jun 2009

090627a

 広島・福岡・仙台のセミナー&交流会の最後、仙台の夜のワンカットです。今期はこの湯沢高橋がお客様との絆を結ぶツートップになります。

 二人の得意なジャンルは、湯沢が「集客の問題解決、Webでローコスト集客」、高橋が「価格競争・粗利減の問題解決、住まいの試着で欲しいもの探し」です。もちろん両方ともつながるテーマなので、実際のお客様へのコンサルティングは重なるところが多いですが、提供の仕方が、前者が「論理的」、後者が「情熱的」、と本人の「らしさ」が発揮されるので異なります。

090627b

 博多の交流会で面白い話を聞きました。

 いつも忙しく、現調→見積→値切られ受注→儲からない、を繰り返していた工務店さんが、あるとき忙しすぎて見積書を作る時間がなくて、『御要望をもっとまとめた方がいいと思っています』と苦し紛れに伝えたら、そのお客様は結果として『そんなことを言ってくれたのはあなただけだ』と他をやめて、その会社と契約されたそうです。

 「何故そうなったのか、今、理由がわかった」ということでした。絆のルールがわかれば、今起きていることが急速にわかってくると思います。

 広島の交流会でもセミナー内容のひとつである「現調→即見積禁止」にとても共感された社長がいらっしゃいました。その方もさっそく営業のルールにされるということでした。

 価格競争に陥るのは、業者さんがお客様を価格競争に導いているからです。

 お客様に「安いもの探し」の誘導ではなく、「欲しいもの探し」の誘導をするよう知恵を使われると良いと思います。具体的なアドバイスは二人に問い合わせてください。

2009 06 27 [SHIPマン&SHIPウーマン] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2009.06.26

【ブランド】走れオヤジの篠塚建次郎さんが走るソーラーカーレースにシャープが高性能太陽電池を提供 26 Jun 2009

090626b

 『シャープ、東海大学のソーラーカーに高性能太陽電池を提供--豪レースに出場』というニュースがリリースhttp://journal.mycom.co.jp/news/2009/06/25/032/?rt=naされています。シャープ社の発表はこちらhttp://www.sharp.co.jp/corporate/news/090624-a.htmlです。

090626c

 電器屋さんが太陽光パネルを売る時代です。いよいよ大メーカーにとっても主戦場になってきました。かつて石化エネルギーで日本人初のパリダカ優勝ドライバー篠塚さんははすでにそこ(太陽光の世界)にいました、という感じでしょうか。「走れオヤジ」、60歳を超えても、なお時代の主役です。

 この機会に皆様、走れオヤジの会員になって、篠塚さんを応援しましょう。

 昨日は福岡でSHIPリフォームセミナー。その後、こじんまりと交流会。場所は、私の博多の我が家「正福」でした(笑)。

090626a

2009 06 26 [ブランド] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2009.06.25

【HaLA】アクティブ感動引越センター様サイトリニュアルとムービング・ポタールサイト 25 Jun 2009

 HaLAメンバーであるアクティブ感動引越センター様のホームページがリニュアルオープンしました。

090625f
 製作・運営サポートはやはりHaLAメンバーである株式会社ムービングです。ムービング社は、引越ポータルサイトファミリー向け「私たちの引越」、単身女性向けの「私の引越」の運営をスタートした引越業専門のサポート会社です。

 ムービング社のポータルサイトは後発なので後発なりの特徴があります。
 ひとつは「お客様満足度調査をサイト側が行うことで、調査結果を営業改善の指針にしよう」としていることです。業会誌の記事を掲載します。リフォーム会社様もご自身の引っ越し会社のパートナーをしっかりと選ぶ時期になっていると思います。そのあたりもいずれ提案させていただきます。
 もうひとつは、ポータルと企業サイトの満足度調査の結果を統合して表示し管理することができます。これはいままでにどこにもなかったHaLA的なコンセプトです。

先日、業界誌の取材がありました。

090625g

 これからの引っ越しは宣伝よりも顧客満足度調査の結果で選ばれるようになります。2010年の暮にはそうなっていることと思います。

 昨日は広島SHIPリフォームセミナーと交流会でした。
 
 広島・岡山・山口・島根の4県のリフォーム事業者様が集いました。その様子は下記。情報は発信すると、仲間を連れて戻ってきます。こういう場で情報を発信することで得られる情報の質が変わってきます。次回は9月ですが、広島コミュニティにご参画ください。

090625e 090625b 090625c 090625d

2009 06 25 [ハッピーライフアライアンス] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2009.06.24

【住まいの試着】「動く試着データ」と『20年目の帰港式&2020年に向けての出航式』 24 Jun 2009

 今日は広島でSHIPリフォームセミナーです。今月はセミナーの中で、忙しくてなかなか打ち合わせの時間の合わないお客様とのやり取りに「動く試着データ」をメールで送ってみてもらうという事例を紹介しています。パースも描いてくれない業者さんが多い中で、3次元空間を自在に動き回れるデータが届いたらお施主様は、まずは「感激・感動」です。

090624a

 これで商談がグンと進みます。

 (ここをクリックすると「動く試着データ」をダウンロードして体験できます)

 最終の打ち合わせの後で、次はご契約だというときの間というのは業者さんにとっては心配な時間ですが、こんなときも最終打ち合わせのプランをメールで送って確認してもらうことで、お客様の気を逸らしません。

 イベントなどの来場者さんにお渡しして成果を出していらっしゃる方もいます。

 これらの良い結果を導き出せるのは、お客様の潜在的な要望をサキヨミして満たしてあげられたからです。住まいの試着はただそれがあるだけで、強力な差別化要因になる事例です。セミナーで少々あせるのは、この機能は実は以前からライブ@インテリアにあったのですが、ユーザー様に新機能だと思われてしまうことです。「伝わっていないことは無いことと同じ」ということで反省点でもあります。

 さて、昨日はHaLAプレジデントスクールの校長でもある角田先生のイベントがありました。正確にいえば、「臥龍海援隊」出航20周年
株式会社ハイネット・コンサルティング設立20周年記念『20年目の帰港式&2020年に向けての出航式』です。

 14時半から20時近くまで、講演や御縁のある方のごあいさつや様々な演し物が続く感動出航式でした。

 角田先生、あらためて、おめでとうございます。

 オープニングは津軽三味線(浅草追分の金ちゃん銀ちゃん兄弟)。

090624b

 20年の軌跡と2020年へのコミットメントを臥龍さんから。

090624c

 シナコバさんから船長のキャップのプレゼント。

090624d

 篠塚建次郎さんのソーラーエネルギーラリーへの応援も。

090624e

 出航祝いのサプライズ!

090624f

 参加者全員、夢を風船に書いて飛ばします。

090624g

 記念写真です。

090624h

2009 06 24 [住まいの試着] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2009.06.23

【Web集客】ブログ集客の参考にしてください 23 Jun 2009

 自社ホームページを中心に集客システムをつくるときに、ブログの役割は小さくありません。

090623b  SHIPのWeb集客の3大要素「検索性」「再訪性」「アクション誘導性」のいずれにもプラスの影響をもたらすことができます。詳しいロジックはSHIPリフォームセミナーにご来場いただくのがいいと思いますが、リフォーム会社さんが運営するブログそのものを参考にしたい場合は、SHIPの新ホームページの中にある、リフォーム ブログ から、更新されたてのブログを読んでいくのがいいと思います。RSSリーダーで読みこんだ地域ごとのブログを更新順に常時表示しています。(情報量が多いので環境によっては読み込み時間がかかりますが)

090623a

 ちょっとした隙間時間に、同業者のブログをチェックしてみるとよいと思います。思わぬアイデアに触れることがあると思います。

090623c  SHIPサイトのTOPページからは、その全国版を見ることができます。アクセス時間によって、アサブロ・ヨルブロ・ヒルブロと変わりますが、更新された最新のリフォーム会社ブログが表示されています。忙しいときは、これでチェックするのが良いかもしれません。

 お客様が住宅リフォーム事業者だけというSHIPならではのサービスかなと思います。もともとは私たち自身の勉強用だったのですが、皆様に公開することにしました。

 もうひとつ、今まではお会いしたことのある人にしかお薦めできなかった「無料ホームページ診断」をSHIPホームページから受け付けることにしました。これもノウハウとして確立した結果です。

 一度、お試しいただき、自社のホームページの実態を把握されると良いと思います。 

2009 06 23 [Webシステム] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2009.06.22

【イベント】今週は広島・博多・仙台でお会いしましょう 22 Jun 2009

 今週は3日連続SHIPリフォームセミナーです。詳細のお問い合わせはTel 03-3868-9621(担当:江川、斎藤春奈) まで。

 中国四国の皆様、24日広島 RCC文化センターB3会議室で会いましょう。18時半頃から懇親会を行っています。

 九州の皆様、25日博多 アクロス福岡 604会議室 で会いましょう。こちらも懇親会を予定しています。

 東北の皆様、26日仙台 青葉カルチャーセンター 405会議室で会いましょう。こちらもおそらく懇親会を行います。

 セミナーの前後に、30分の無料のショートコンサルティングを行っております。予約もこちらTel 03-3868-9621(担当:江川、斎藤春奈) まで。

 また、24日東京で「第2回東京和僑会オープンフォーラム」が開催されます。華僑が国際的な中国人ビジネスネットワークだとすると、和僑は文字とおり日本人の国際的ネットワークです。中国をはじめとするアジアの視点でビジネスを考えていらっしゃる方、あるいは予定はないけど、勉強してみようと思っていらっしゃる方、一度参加されてみてはいかがでしょうか。

2009 06 22 [SHIPオリジナルセミナーのご案内・ご報告] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2009.06.21

【自由】グリーン革命 21 Jun 2009

 「エコって嫌い」という人がいます。根がまじめな人に多いと思います。

 ベストセラー「フラット化する世界」の著者トマス・フリードマン氏の「グリーン革命」第9章〔地球を救う二○五の簡単な方法〕には、様々な本や雑誌などに見られる〔地球を救う二○五の簡単な方法〕のようなタイトルが並べられています。「地球を助けられる二○の簡単な方法」「地球を救う365の方法」などなど。エコ嫌いな人はこんな軽薄なコピーが耐えられないのだと思います。

 著者はこのように書いています。
 「だれも傷つかない革命というのを見たことがありますか?(中略)これは革命とはいえない。パーティだ。」

090621a  「グリーン革命」の原題は”Hot,Flat,and Crowded”、「温暖化し、フラット化し、そして人口過密化する世界」、未来はそこに向かっています。何も起こっていないかのように〔地球を救う二○五の簡単な方法〕をたまに行いながら暮らすか、温暖化そのものを否定して暮らすか、「温暖化し、フラット化し、そして人口過密化する世界」に立ち向かうことを決心して暮らすか、三番目の選択肢がまさしく「グリーン革命」なのです。

090621b  第2章のタイトルにもなっていますが〔エネルギー気候紀元〕という言葉が最初はなかなか頭に入ってくれませんでしたが、すべて読みとおしたときには、私たちは〔エネルギー気候紀元〕に暮らしているのだということが理解できました。第10章〔エネルギー・インターネット〕では、従来型の化石燃料消費エネルギーと再生可能エネルギーをあたかもひとつの生態系のな中で自動的にやりくりされるビジョンが描かれています。これが正解かどうかは別として、私たちは〔エネルギー気候紀元〕において、このような想像力を求められているのだと思います。

 SHIPのカーボンオフセットハウス・ネットワーク(COHN)研修会に参加した材木卸の人が「国産の杉を使う意義も意味もわかったけど、うちは今、北米材で商売が成り立っているから」とおっしゃっていました。私たちも同じような発想をしょっちゅうしていると思います。だから、未来からの発想をしていかないといけないと思います。

2009 06 21 [小松おすすめの一冊] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2009.06.20

【SHIP】棲み継ぐ文化 20 Jun 2009

090620a

 昨日は大阪でのSHIPリフォームセミナーの後、近くで行われていた角田識之さんの『20年目の帰港式&2020年に向けての出航式』に、「リフォーム 大阪」検索1位のゆいまーるCLUB加藤社長のお迎えもあり(笑)、飛び入り参加しました。ここで述べられていたのは「2020年に向けて」とは「日本を幸福度で世界一にしよう」という、HaLAと同一の未来ビジョンです。

 2020年はローマクラブの報告書「成長の限界(1972)」によれば、人類のカタストロフィ(大崩壊)が預言された年でもあります。私の以前のブログにも書きました。

090620b

 そんな先の話ではありません。たった11年先です。そこで見る世界が「幸福」なのか「大崩壊」なのか? このことに主体的に関わるか、傍観者的に関わるか で意識が変わります。

 2001年SHIPは創業しましたが、創業当初から「Re」(リフォーム・リサイクル・リペアなど)ビジネスを視野に入れていました。

 現在の経営理念の中心「人々が幸せになる住まいと暮らしの文化を創造する」の「文化」は、住宅リフォームを通じて、「住み継ぐ文化」を創って行くことが念頭にあります。家族仲がよい人ほど、建替えよりもリフォームを選ばれることが多いそうです。建物に刻まれしみ込んだ思い出を引き継ぐことを選択されるということは良いことだと思います。

 そのことに加えて、2020年を意識すると、私たちはそもそも生物が「棲む」ことのできる環境そのものを考える必要があるのではないかと思います。私たちが取り組んでいる一例をあげると、カーボンオフセットハウス・ネットワークという活動は、「国産の杉を使うこと」を施主様にお勧めしています。なぜかというと、3分の2の国土が森林でありながら木材自給率20%という日本において、人口林の半分を占める杉が使われないまま放置され、山が荒れ、山の技術が途絶えることで、川や海まで通じる生態系全体が大きなダメージを受ける状況が進行中だからです。その流れをくいとめるために杉をお勧めします。施主様は杉を使うことで日本の環境に一役買うことができます。その精神的満足感に加え、日本の固有種である杉がもたらすメリットを受けることができます。

 2020年に向けて、私たちの意識も「住み継ぐ文化」から「棲み継ぐ文化」に拡大していく必要があると思っています。 

2009 06 20 [小松の足跡~未来を見据えて~] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2009.06.19

【ブランド】女性の発想 はいからモダン物語携帯デモキット 19 Jun 2009

090619b 090619c

 昨日・今日で毎月定番の名古屋・大阪のSHIPリフォームセミナーです。
 弊社のコンサルタントが話すSHIPのお客様の事例を聞いていると、この仕事を始めた当時と比較すると「良い会社が増えたなぁ」としみじみ思います。仕事の目的を「古い建物を新しくするとかきれいにする」ということから「お客様のハッピーライフを実現する」ということに変わっています。

 さて金曜日は【ブランド】の記事です。

090619d 090619e 090619f

 はいからモダン物語はもうすぐ4周年になるのですが、お薦めする営業の姿勢も最初のころと比較すると、ナチュラルになってきています。言葉でいえば「住宅に関してのあなたの普通って何ですか? 昔の普通と今の普通を紹介しますが、どちらが気に合うか、感じてみてください」、こんな感じですね。

 8割くらいの人が、「昔の普通」を選びます。あとは「昔の普通」の中でホンモノの選び方をご説明することで、自然にお客様に選んでいただける流れがつくれます。

 こんなナチュラルな営業にぴったりなのが、はいからモダン物語の携帯デモキットです。提携しているアトピッコハウスさんは、パッケージやツールが女性の感性で、お客様の視点から違和感のないものを開発されています。

090619a  
 もうすでに会員さんが120社になりました。自然素材を扱ってみてもさっぱり営業のプラスにならない方、これから健康配慮住宅に切り替えていこうと思われている方、住まいの健康を守る「はいからモダン物語」を体験してください。具体的には毎月第2火曜日「基礎研修会」を体験受講してみてください。目からウロコが落ちて、未来の展望が開けると思います。

2009 06 19 [はいからモダン物語~安心建材で家族を守る~] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2009.06.18

【HaLA】HaLAフォーラム2009参加申し込み受付が始まりました 18 Jun 2009

090618b 090618c

 昨日の水道橋の様子です。川の浄化のためにEM団子をまく準備をしていました。どんなに便利になっても物質的に豊かになっても、川の汚れのように、未来にマイナスのシステムを残すことは許されないということが、最近だんだんとわかってきたように思えます。もともと大自然そのものは持続可能なシステムです。

 8月5日開催のHaLAフォーラム2009の参加申し込みが始まりました。

090618a

 大テーマは「未来へのパスポート」、個人・店・企業・地域が自らが輝いて、相互に働き掛けて、持続可能性ある世界を創って行く未来を描こうと思っています。今回は、すべての講演において、一学一践が可能です。HaLAのテーマである地域貢献・地域での連携の実践提案もあります。

 たとえば埼玉のLOHAS企業オクタ様の取組

090618d  埼玉の有機農法の農家から今年収穫予定の米を適正な価格で買い取り予約をしました。これにより農家は手間をきちんとかけた持続可能な農業が続けられます。オクタさんは社員さんやお客様が安全安心な食料を確保できました。このような関係で成り立つ農業を「CSA(コミュニティ サポーテッド アグリカルチャー)」と言います。誰がサポートしないと未来に引き継いでいける農業が維持できません。こんな取り組みが、すぐに取り組むことのできる地域貢献です。オクタ山本社長の想いをぜひお聞きください。

 今回は100名の会場ですが、満席が予想されます。早めの予約をお薦めします。 

2009 06 18 [ハッピーライフアライアンス] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2009.06.17

【住まいの試着】お見積り前に大切なこと 17 Jun 2009

 CD(カスタマーデライト)推進部の清水取締役が昨晩の懇親会の席で「この部門(CD推進)を作ってくれたことに感謝します」とお客様が多数いらっしゃっている前で宣言していました。感謝モードは強い運を引き寄せます。事実、勢いが出てきました。

 その清水取締役が住まいの試着ユーザー様向けに提供を始めたWebコンテンツが「お見積り前に大切なこと」です。

090617a

 このWebコンテンツの中にこんな表現があります。

 リフォームを失敗しない方法として、多くの雑誌やホームページに『見積りを3社さんくらいに取りましょう!』と書かれています。間違っていないですが、落とし穴になっています。見積りを3社に取ると、どうしても価格で比較してしまいます。しかし、大切なことは価格や商品のの比較ではなく、その3社さんがあなたに対して、どのような対応をしてくれるのかの見極めです。見極めポイント一つがリフォーム後のイメージの確認です。

 間違っていない情報が正しいとは限らないという良い例です。システム開発などでも不慣れな発注担当者が陥る罠(わな)が、コンペのいいとこ取りですが、コンセプトやトータルイメージのないまま、部分と価格の比較だけが積み上がっていくとシステム開発は失敗します。リフォームはほとんどの人がは初めての発注なので、『見積りを3社さんくらいに取りましょう!』だけで進むと同じような罠にはまりがちです。

 私たちの多くのサポート経験からいえば、イメージで詰めていくことが最も作り手住まい手双方の失敗が少なく、良い結果を得られると思います。

 住まいの試着「お見積り前に大切なこと」を御社のホームページで発信して、見積もりも大事だけどイメージを把握するのがもっと大事だということを伝えてください。

 清水(Tel03-3868-9621)に連絡をいただければ、このWebコンテンツを無料(保守契約者)でご提供いたします。

2009 06 17 [住まいの試着] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2009.06.16

【Web】ゆいまーるCLUBさん「リフォーム 大阪」第1位 16 Jun 2009

 地域密着業であれば誰もが欲しい「業種名 地名」の組み合わせでの検索順位ですが、現在「リフォーム 大阪」でYahooでトップ表示されるのは、SHIPがサポートしている ゆいまーるCLUB さんです。加藤社長のブログを読んでみると忙しそうです。リフォーム事業を始めてまだ1年2カ月ですが、何年もやっている会社がお客様視点を見いだせないうちに、集客に苦しんでいるのをしり目に、インターネットでお客様の注目を集めて、同時の社内の一体化度合を高めていくうちに、どんどん大阪でのリフォーム業者とのしての位置付をアップしてきています。

090616a

 業者の位置づけと検索エンジンでの位置づけは、顧客目線ではある程度比例します。ですから多くの企業は検索エンジン対策に大金を使うのですが、ゆいまーるCLUBさんは、使っていません。ゆいまーるCLUBさんのホームページ担当の方はネット技術に関してはまったくの素人ですが、素人だからいいのかもしれません。本当に素直に、SHIPのローコスト集客ノウハウのとおりに事例更新を頻度を高めて行っています。Webローコスト集客実践会にも、毎月のように参加しています。

 結果として、ホームページからコンスタントにホットなお客様を呼び込んでいます。

 何事、基本の徹底ですね。 

 Webローコスト集客実践会は、6月23日です。体験参加枠はあと3名です。

090616b

2009 06 16 [Webシステム] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2009.06.15

【イベント】ショートコンサルが好評 新装SHIPリフォームセミナー 15 Jun 2009

 先週12日(金)、新装SHIPリフォームセミナーが始まりました。

 昨年10月から最近までは、リーマンショック後の日本全体の景気下降の中で、経営の舵をどこに切るかという視点を中心に組み立てておりました。日経平均も1万円を超えて、少し攻めの雰囲気になってきた現在、皆様に必要なのは、SHIPならではの全国の元気なリフォーム事業者様の、現場の事例の情報とその刺激だと思います。

 
 第1講座は、集客で困っている人向けに、ローコスト集客コンサルタント湯沢による
「ホームページを中心に1顧客1万円で見込み客を集める鉄則」
~ホームページを案内板から集客装置に変化させるテクニック~です。

090513a

 東京で取り上げたのは、下記の3つでした。
 1)ホームページだけで月間30組の集客をしている企業が守っている鉄則
 2)ホームページとブログからの引き合いで、下請け脱却、NHKから取材依頼のある工務店
 3)ホームページをSHIPで作っていなくても、引き合いが出始めるローコスト集客実践会

 先日の繰り返しになりますが、ホームページ集客はポータルサイトからの集客とは違い、ホットな見込み客を集めるための仕掛けをします。ホットな見込み客を集客している実践事例を聞きにきてください。

第2講座は、商談革新、新現調アポ率・契約率アップコンサルタント高橋による
「価格競争よ、さらば! 売上粗利を2倍3倍に増大させるプレゼンノウハウ」
~30日で営業現場が大変化、リフォームならではの商談公開~ 

090513b
 
 東京セミナーでは
 1)キーワードは感動、住まいの試着とプル型スタジオ商談の王道を極めて売上4.2億円、まだまだ拡大中の会社事例
 2)リフォーム営業経験の薄い若手を戦力化させた外壁塗装の住まいの試着事例
 3)顧客をマンションのお客様に絞って、メールで住まいの試着を成功させた事例
 4)50km離れたお客様とメールだけで新築提案を打ち合わせ、競合5社から選ばれた住まいの試着プレゼン事例       を紹介させていただきました。

第3講座は私、
「住宅リフォーム会社の勝利の方程式」というタイトルで、多くのサポート先の現場から学んだ地域密着の中小企業だからこそできる「勝利の方程式」を、前の2講座のまとめもかねてお伝えしております。

090513c
 私たちは実例が多数あります。その最大公約数+αが法則になります。法則にするととシンプルです。シンプルこそ現場に落としこむときには重要です。

 各会場において、私も含めた3名による、30分限定ですが無料のショートコンサルティングサービスを予定しております。各社様の現象をお聞きすると、ここでもまた事例をご紹介させていただくことになることが多いです。御社が特別であることはほとんどありません。すでに解決済みあるいは解決に向かっている話題ばかりです。これが好評でした。時間の関係でマックス6組と限りがあるのが申し訳ないところです。

 事前申し込みの方がスムーズですので、参加申し込みのとき、一言付け加えてみてください。

2009 06 15 [SHIPオリジナルセミナーのご案内・ご報告] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2009.06.14

【自由】感動ケーキ 14 Jun 2009

 父の49日法要で秋田に来ています。空港でレンタカーを借りるのも2か月間で5回目なのですが、今回も「ガソリンスタンドの場所はご存じですか?」と、同じ人が毎回一見さん扱いをするのでそろそろ返答に困ってきました(笑)。

 無事49日法要を終え、これで忌明けになります。早急に積もりにつもった返礼もしなくては、、、レンタカー屋さん以下ですね(汗;)。

 さて、夜はみんなで集まって食事会でしたが、仏壇にはこんなケーキを姉が供えてくれました。

090614a

 こんな感動ケーキを作ってくれるのは、地元の おぐにストアー、地味な名前もいいですね(笑)。『おぐにに不可能の文字はない!』と店主がホームページで宣言しています。インターネットで受付けているようですのでお試しになってみてはいかがでしょうか。

2009 06 14 | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2009.06.13

【SHIP】高橋芳明君の結婚 13 Jun 2009

 6月10日、4期生高橋芳明君が結婚しました。結婚式は年明けです。最近、入籍日と結婚式は違う人が多いのでしょうか。SHIPではそれが当たり前のようです。

 入籍日はお付き合いを始めた記念日だそうです。そんな日の朝、区役所にでかけるとき、ドアを開けると、そこに”サプライズ”。本人のブログにその時の様子が描かれています。

090613a  

 11日に出勤してきた日、左手には指輪が光っていました。

090613b

 高橋芳明君、愛する伴侶とともに一歩を踏み出しましたね。おめでとう。応援しています。

2009 06 13 [SHIP] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2009.06.12

【ブランド】「中古住宅+リフォーム」に取り組んでみませんか 12 Jun 2009

ライフプラン・コンシェルジュ・サービス研修会のご案内

●中古住宅(マンション)をリフォームして購入するというお客様が増えています。

 先が見通せない時代になって所得も減っています。住宅の一次取得者が住宅にかけられる予算は年々減っていると思いませんか? 実際、建売にも手が届かない層が探しているのは中古住宅(マンション)を買ってリフォームすることです。最近はテレビでも取り上げられるようになってきて、全国で明らかに増えています。お金のことだけではなく、便利な場所とか住みたい場所を選ぶという傾向も強くなってきて、そうなると中古住宅の方が現実味あるわけです。

●土地探しから資金計画など、リフォーム業者の苦手分野を代行できるプロと組んでみませんか。 

 リフォーム会社である御社に、「中古物件を買ってリフォームしたいんだけど」というお客様が来たらどうしますか? あるいは地元の不動産会社からそんなお客様を紹介されたらどうしますか? 「リフォーム工事はできるけど」というだけでは、そのお客様の期待には沿えません。そんな時、土地探しから資金計画を担うプロと組めたら…と思いませんか?

●そこで…

 住宅リフォーム業の絆(きずな)支援会社SHIPから、これらの問題を一気に解決する仕組みを作りました。講師には、住宅ローンやライフプランおよび住宅取得全般のアドバイザーとしてテレビやメディアで活躍中の「スタイルオブ東京株式会社」の藤木賀子社長。これを機会に、中古住宅+リフォームを始めとして、不動産やお金の問題に柔軟にかつ的確に対応出来るリフォーム会社・工務店への変化を遂げましょう。
 
-------------------------------------------------------------------------
■研修会詳細  

【日時】:2009.6.22(月)10:00~12:00(開場9:30)【費用】:\5,000(税込)
【特典】:会員向け「営業研修会(当日13:00~17:00)」への体験受講(要事前申込)
【場所】:株式会社シップ 8階 (JR水道橋駅徒歩5分)
【対象】:住宅・リフォーム関連業の経営者・幹部限定  
【定員】:限定20社 事前申込制

■講師紹介:藤木賀子氏(スタイルオブ東京株式会社 代表取締役) 
25歳で建築業界に入り、住宅、店舗、エクステリアなどの設計・施工、不動産業で経験を積む。
現在は建築ワンストップコンサルティングを行う「スタイルオブ東京」の代表取締役かつコンサルタントとして活躍中。 お客様の豊かなライフスタイルのため、建築、不動産、金融のワンストップサービスを住まい手、作り手の両方の視点を持ったサポートへの評判は高い。
※メディア掲載履歴:新報道2001(フジテレビ)、THENEWS(TBS)、サンデースクランブル(テレ朝)

下記の絵をクリックすると申込書のPDFがダウンロードできます。ご記入のうえFAXでお申し込みください。

090612a

2009 06 12 [ブランド] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2009.06.11

【HaLA】感動の帰港式&出航式 11 Jun 2009

090611a

 前の席に座っていらっしゃった角田先生から「小松さん泣いてましたね」と言われました。後ろに目がついているのでしょうか(笑)、見抜かれました。

 昨日はアクティブ感動引越センター社の経営計画発表会に出席しました。アクティブ社は2006年1月に「感動引越」への出航を全社員で行いました。「感動引越」なんて誰も知らないし、そもそもそんなものが存在するなんて聞いたことがありません。その意味では未知への出帆でした。それから3年半、言うに言われぬ思いもしながら一旦帰港式という形でその軌跡をみんなで振り返る機会を持ちました。3年半の成果はお客様からいただいた数え切れないほどの感謝の手紙や現場で創りだした感動物語でした。

 そして再度出航するにあたり還った原点を創業のころを知る石井マネージャーが紹介してくれました。
 「アパートの一室でやっていたころに、猪股代表がお客様に「私たちはA点からB点に荷物を移動することだけでなくお客様の思い出も運んでいるんです」と熱く語っていたそうです。アクティブ社の現在の明文化されたミッションと核は少しも変わっていません。幾多の困難にもまれる中で、今日も社員の方々が「ベーシックの5番に戻って」というような表現をしていましたが、この変わらぬ想いとそこから派生したゴールドスタンダードが海図なき航海に再度の出発を可能にする勇気になっているのだと思いました。

 猪股さん、アクティブの皆さん、感動引越を通じてハッピーライフを創造して行ってください。挑戦し続ける限りいつまでも応援しております。

 また、このブログをお読みの皆様、「感動引越」を体験してみてください、その機会のない人はぜひお知り合いにお薦めください。

 第3回HaLAフォーラム2009の参加申し込みが始まりました。 満席になる前にエントリーをお願いします。

2009 06 11 [ハッピーライフアライアンス] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2009.06.10

【住まいの試着】プロが言う「怖い」は響きます 10 Jun 2009

 リフォーム業界の新卒採用傾向も落ち着いてきたと思います。以前は多かったですが、育成が難しいですから、経験者の方がいいわけですね。しかし、新卒者を戦略にする方法を持っている会社はやはり強いと思います。地場No.1の会社が永続的に業績を伸ばしていくには新卒者の育成システムを持っている方がいいと思います。

 福島県いわき市の志賀塗装さんの3年目の社員さんが、こんなプレゼンを使った営業をしています。引き合いのあったお客様宅を現調のときに写真にとって、

090610a
 次回、御来社いただいたときにご要望を絵にしてみせます。

090610b

 これだけならフォトショップでもできるのですが、お客様はその場で違う色もみたいし、変更を試したくなります。お客様の意欲をそらさないで逆に打ち合わせの場を盛り上げるスピード感のあるのは、住まいの試着「写真でビフォーアフター」です。
 そうした提案プロセスが気にいってお客様からご注文をいただきました。

 「リフォームは高額ですから、住まいの試着でご要望を確かめないと怖くてお見積りなんて出せませんよ」
 そんなことを言ってくれる営業の方って信頼されると思いませんか?

 職人さんが「おれは怖くってこんなふわふわしたプランできないよ」とかいうと説得力がありますが、それと同じです。プロが本音で言う「怖い」はお客様には響く言葉です。

 私は試着をしないと本当に「怖い」と思うんですけどね。

 住まいの試着がどんなものかを知りたい方は、SHIPリフォームセミナーにどうぞ。
 今月は6か所(東京・名古屋・大阪・広島・福岡・仙台)で開催です。

 

2009 06 10 [住まいの試着] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2009.06.09

【Web集客】問い合わせゼロの悩みが一か月で解消-Webローコスト集客実践会 9 Jun 2009

 「え~そうなの!知らなかった、だったら一回行くよ」

 と言われたのは、弊社で毎月開催しているホームページで集客をするための実践研究会「Webローコスト集客実践会」です。

 何が「え~そうなの!」と驚かれたかというと、
 SHIPでホームページを作成していない会社でも参加OK
 だということです。

 当初はSHIPユーザーだけだったのですが、「ノウハウがリフォーム会社であれば、どのホームページにもあてはまる!」とわかってからは、集客コストが上がって困っている方には解放することにしました。

 実践会の責任者の高橋芳明のブログには、作成をSHIP以外でやられた広島の旭ホームズさんの事例が掲載されています。旭ホームズさんは、ムーバブルタイプの自社更新するサイトを運営していましが、依頼先がどんな業種でも作成請負をする会社でしたので、見込み客を集めて問い合わせアクションさせるノウハウがありませんでした。これは当然のことです。
 旭ホームズさんが信頼されていらっしゃる方から弊社への紹介があり、

 ホームページはこのままで
 ホットな見込み客を集められるようにしたい

 というご希望があり、Webローコスト集客実践会マニュアルを購入され、それから実践会に参加されました。
 そしたら1か月でホットな見込み客が集まるようになりました。高橋のブログから転載します。

===

本日私が外出中に電話がありHPを見て電話しましたというか方から新築のご相談がありました。
その後トントン拍子で話が進み、電話をもらった1時間半後には事務所で打ち合わせとなり、見積もりのご依頼まで受けました。

なぜウチを知ったか聞くと、”完成保証制度”で検索して私達の会社のHPにたどり着き、その後HPやブログを見て『ここに相談しよう!』となったようです。
その後”完成保証 広島”でgoogle検索するとうちトップだという事に気付きました。アクセス解析だとそのキーワードで来ている人はいないようですが・・・。

しかし、相談する時点でウチのことを”知っている”状態でしたので比較的すんなりと打ち合わせが進みました。

===
 検索されて、共感が増して、会う前にお客様の気持ちが会社に対して温まっている
 そんなお客様の様子が伝わってきます

090609b

 ホームページから見込み客が集められない会社の方は、一度ご出席してみてはいかがでしょうか?
 次回は6月23日(火)10:00~16:30です。

 お問い合わせはメールあるいは電話(03-3868-9621 担当:高橋芳明)でお願いします。

2009 06 09 [Web集客] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2009.06.08

【イベント】新装SHIPリフォームセミナー 8 Jun 2009

 今週12日(金)の東京を皮切りに新装SHIPリフォームセミナーが始まります。

090608a

 SHIPのリニュアルしたホームページ(現在移行中)にありますが、弊社は

 リフォーム会社と生活者との絆創り支援業

090608b

 として、お客様が「永続的繁栄する企業」になるための3つのポイント
 「ローコスト集客化」
 「適正粗利化」
 「生涯顧客化」
 をコンサルティングとサポートをしますがその手段は
 「ブランド力アップ」
 「引力アップ」
 「感動力アップ」です。
 
第1講座の講師は、Webローコスト集客コンサルタント湯沢による
「ホームページを中心に1顧客1万円で見込み客を集める鉄則」
~ホームページを案内板から集客装置に変化させるテクニック~です。

090513a

 取り上げる事例は各会場でのご出席者の属性によって、会場ごとに多少変わりますが、以下のような内容です。
 1)ホームページだけで月間30組の集客をしている企業が守っている鉄則
 2)ホームページとブログからの引き合いで、下請け脱却、NHKから取材依頼のある工務店
 3)ホームページをSHIPで作っていなくても、引き合いが出始めるローコスト集客実践会
 4)一人リフォーム事業部でホームページだけで集客するしかなくなって成功した実例
 
 ホームページ集客は、ポータルサイトからの集客とは違い、ホットな見込み客を集められる可能性が高いです。ホットな見込み客を集客する実践事例を聞きにきてください。

第2講座の講師は、現調アポ率・契約率アップコンサルタント高橋による
「価格競争よ、さらば! 売上粗利を2倍3倍に増大させるプレゼンノウハウ」
~30日で営業現場が大変化、リフォームならではの商談公開~ 

090513b
 
 こちらも同じく出席者にできるだけ合わせて行う予定ですが一例をあげると下記、プレゼンに関しては、私たちは2003年4月からサポートを取り組んできましたが、表面的にはすごい変化をしてきましたし、変わらない鉄則もはっきりしています。
 1)キーワードは感動、プル型スタジオ商談の王道を極めて売上4.2億円、まだまだ拡大中
 2)苦手だった外壁塗装の営業が逆に契約率100%に変化
 3)リフォームの見込み客へのお土産は何がいいか? 契約率を倍増させるお土産の技
 4)メールだけで新築提案を打ち合わせ、競合5社から選ばれたプレゼンとは?

第3講座は私、
「住宅リフォーム会社の勝利の方程式」というタイトルで、多くのサポート先の現場から学んだ中小企業でもできるし、地域密着の中小企業だからこそできる「勝利の方程式」を、前の2講座のまとめもかねてお伝えします。

090513c
 戦略で間違えると戦術でカバーできません。戦略は環境と競合がどうなっていくかを読み解くところから始まります。市場が縮小し、所得と人口が減少し、ライフスタイルが多様化してインターネットの役割が大きくなっていく環境で、競合はどのような動きをするか?
 そのうえでどんな手を打てばいいのか? 実際にすでに未来戦略を展開している企業を事例として取り上げ、目的と手段(ツールとノウハウ)を解説します。

 各会場において、私も含めた3名による、30分限定の無料コンサルティングサービスを予定しております。先着順です。ご利用ください。

2009 06 08 [SHIPオリジナルセミナーのご案内・ご報告] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2009.06.07

【自由】ネットワーク指数 なぜ、あの人のまわりには「素敵な人」が集まるのか 7 Jun 2009

090607a  曜日ごとにテーマを決めることにしました。日曜日は【自由】に。

 面白い本を読みました。「NQ ネットワーク指数」(マイケル・ダルワース 著)です。

 作者は冒頭、「成功の方程式」を公開しています。
 IQ(知能指数)+EQ(心の知能指数)+NQ(ネットワーク指数)=成功
 そして
 「急激な変化をもたらす最大の可能性があるのはNQだ」と書き添えます。

 本書の要点がまとめられている箇所があります。
 
 ●成功するネットワークづくりの10則●
 1 ネットワークづくりは、毎日最優先でやるべきことと位置付けること
 2 何よりもまず、ネットワークにいるほかの人の手助けをすること
 3 自分のキャリアと人生を支援する「マイ役員会」をつくること
 4 きちんと整理をすること-あなたにとって最も効果的なやり方でよい
 5 現在のネットワークをマッピングしてみる。おそらく思ったよりいいはず!
 6 自分が直接知っている範囲で、ネットワークに入ってもらえそうな人を考えること
 7 人に関心を持ち、たくさんの質問をすること。ネットワークは個人的なつながりを通じて築かれるものであって、どこで誰とつながるかわからない
 8 量よりも質を求めること
 9 多様性、多様性、多様性!バラエティに富めば富むほどよい
10 自分自身のブランドを確立すること

 私が初めて会った要素としては、「3 自分のキャリアと人生を支援する「マイ役員会」をつくること」というところが新鮮でした。

 マイ役員会メンバーを選ぶ(205P)

 あなたの役員会は、しっかりと耳を傾け、あなたと勇気のある会話ができる、信頼のおける人々からなっている。メンバーに共通するものは一つだけ-それはあなただ-かもしれないが、全員以下の基準を満たしている。
 興味をもっている(「興味深い」のではなく) 中略
 じっくりと耳を傾ける 中略
 すばらしい質問をする 中略
 勇気ある会話をする 中略

 など、これに続くマイ役員会に関する面白い提言があります。

 ネットワークづくりでしてはならないことをはじめ多くのネットワークづくりのノウハウや考え方が提供されていますが、その根幹は

 「あなたはなたが与えたものを得る」と言うが、これはネットワークにおいては二重の意味で正しい。

 ここに表されていると思います。

 訳者は「不都合な真実」の翻訳などで有名な枝廣淳子さん、帯が彼女の写真付きで大きいです。彼女もまさしくNQで世界を広げてきた人だということが訳者あとがきなどでわかります。

2009 06 07 [小松おすすめの一冊] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2009.06.06

【SHIP】マネジメント 6 Jun 2009

 曜日ごとにテーマを決めることにしました。土曜日は【SHIP】のこと。
 
 弊社は私以外はSHIPに新卒で入社してきた社員20名で構成されています。平均年齢約26歳、まだ小規模だからマネジメントは実質私ひとりでいいのですが、未来ビジョンのためにということで、そろそろマネジメントチーム創りを意識して取組を始めました。

 年度初めは、給与・賞与の決まり方、管理会計の組み立て方、評価制度の改定と、社員としての自分たちにも直接関わりの多いことをマネジメント側から考えて学ぶ良い時期です。意志決定の場を共有して参加してもらうし、トップの意志決定もできるだけ過程を見せるようにします。マインド面あるいはスキル面で、すぐれた外部研修もあるでしょうが、具体的な意思決定そのものを実行していくOJTでまずはスタートしました。 

 さっそく昨日は準備不足で提出された議案が宙にういていました。決して机上論ではない実務的な議論が展開されていて、そこに立ち会っていると、これから実践・経験を通じて、鍛え鍛えられることによって、中長期的にマネジメントチームとして成長できると確信しましたし、合議制の中で社内決裁を取るという行為は、事前準備やプレゼンテーション力の必要性を考えると、営業のトレーニングとしても役立つと思いました。

 さて、私もみんなと共に進化していかなればならないな、、、とつぶやいておきます。

2009 06 06 [SHIP] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2009.06.05

グリーンエキスポに出展 5 Jun 2009

 7月4日5日、パシフィコ横浜で開催されるグリーンエキスポの打ち合わせがありました。

 正式名称は「グリーンEXPO~エコとオーガニックが大集合~」http://greenexpo.jp/about/、食やファッションやコスメ、リビングまたカーボンオフセットなどのテーマで、展示と講演それにフリーマーケットも併設し、二日間で三万人の来場者を見込んでいるそうです。

 私たちが関係するのはグリーンリビングゾーン、プロデュースは業者側ではなく、住まい手側の大和田 順子(おおわだ じゅんこ)さん。コメントは以下、

『2020年のグリーン・リビング』
 
私は2020年までにこんな家に住みたいと思っている。
自宅のベランダや庭での野菜づくりにとどまらず、太陽光や水素・酸素などから自宅で発電しエネルギーも自給している。庭には在来種の樹木を植え、鳥や虫もずいぶん種類が増えた。蔵の構造に似た貯蔵室を作って自作の野菜や味噌も保存。
 
省エネ家電やLED照明、高断熱は必須アイテムだ。カーシェアリングの利用者も増えたが、私は電気自動車か廃油を精製したSVO車かで迷っている。最近、珪藻土と無垢材を使用してリフォームしたが、特に木材は森林の管理方法に配慮した国産材を活用した。

さて、あなたはどうなさいますか。

-----------------------------------------------------

 SHIPは、省エネルギー(低炭素住宅)リフォームのカーボンオフセットハウスネットワーク(COHN)として、このゾーンに協力していきます。COHNの研修会案内はこちら。

 Webで事前登録すると入場料は無料になります。そのうえエコアクションポイントが50Pもらえます。「奇跡のりんご」の木村さんの講演などもありますので7月4日5日はパシフィコ横浜で会いましょう。

2009 06 05 [ブランド] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2009.06.04

新装ライフプランコンシェルジュサービス 4 May 2009

 昨晩はある有名な方のご依頼で住宅に関する相談を受けていました。10年も温め改定されてきたプランはあります。その夢を語るお姿はまさに幸せそうでした。

 「でもね、土地も高いのか安いのかわからないし、営業マンもやる気があるんだかないんだか、、、」

 その方は土地探しと資金計画という実際の家づくりの初期の段階でつまづいていました。多くの人が同じ経験をしていると思います。

 ・土地の探し方、見極め方
 ・資金計画(ローンの選び方、審査の通し方)
 ・建築設計の相談相手
 ・施工会社の探し方、見極め方
 などなど、初めてのことだらけで、憂鬱になって、少し強引な営業マンに押し切られて任せてしまいたい、そんな衝動にもかられます。

 少し強引でも知識やノウハウがある人であればまだいいのですが、不動産のプロと思っていた人が、先月まで牛丼屋の店長だったりすることも実際にあります。こんな人の場合、押し切って契約したところで仕事は終わります。ちょっと背筋が寒くなる話です。

 リフォーム会社・工務店でもすべてのわたって知識を備えている人は少ないと思います。

 そんなとき、家づくりのパートナーがいてくれれば、生活者にとってはもちろんですが、リフォーム会社・工務店にとってもメリットが大きいです。

 「ライフプランコンシェルジュサービス」のパートナーであるスタイルオブ東京社がサービスを拡充しました。
 下記の絵をクリックして「movie」と「interview」をご覧ください。

090604a

 こんな内容お一部を含めて、新生「ライフプランコンシェルジュサービス」研修会が6月22日10時から17時まで開催されます。
 住宅営業における発想の大転換を経験できます。申込はまだできませんが、予定を入れておいてください。新会員は関東地区限定になります。

2009 06 04 [小松おすすめの一冊] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2009.06.03

「愛の詰まった温かみのあるお部屋にします」カーボンオフセットハウス研修会のお知らせ 3 Jun 2009

 江川のブログに紹介されていた 季木里竹原社長の愛工房の杉をお客様に提案した事例に感動しました。

===
 先日国産杉の有効利用と、その杉の持つ潜在能力を十分に引き出すために考えられた木材乾燥装置「愛工房」のお話をいたしましたが・・・
お客様に「国内森林資源の現状と、今後の資源利用の可能性・愛工房に込められた思い」をお伝えしたところ、ご主人も奥様も興味を持って頂き、今回の材料に「愛工房」で乾燥させた国産杉のフローリングを選んでいただいたと言う訳です。

   本当にありがとうございます。。。
    きっと、喜んでいただける・・・
     愛の詰まった温かみのあるお部屋にします。

===

 竹原さんの想い
 「愛の詰まった温かみのあるお部屋にします」

090603a

 私はカーボンオフセットハウスの研修会で、
 「お打ち合わせの初めの方で、愛工房の杉を語ってお客様に共感いただくことができれば、その時点でお客様に選ばれることができます」と申し上げます。なぜなら「愛」が伝わるからです。お客様に対する愛、環境・未来に対する愛、心の豊かさをもたらす愛です。

 カーボンオフセットハウスは機能面からは省エネルギーリフォームです。しかし単なる省エネルギーにとどまらず現場では季木里竹原社長のようなドラマが起こります。

 6月8日(月)10時から17時まで、会員研修会があります
 会員さんはもちろんですが、会員さん以外でも、体験でご参加してみてください。そこに感動があります。

090603b

2009 06 03 [カーボンオフセットハウス] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2009.06.02

リフォームで失敗する人 2 Jun 2009

 「リフォームで失敗する人」は何も見ないで契約してしまう人だと思います。専門的な知識はなくても見ることで、経験から違和感を感じることは誰にでもできます。何も見ないで、外観に関わるリフォームをしてしまうと、失敗したときのショックは大きいと思います。

090602b

 清水のブログにあった増築工事のケースで、「バルコニーの面に合わせて下まで壁を作って居室部分を大きくしたい」という要望があったとします。この施工後のイメージを想像するのは施主さんでは難しいと思います。

 しかし、写真でビフォーアフターだとこんな提案が描けます。

090602c

 ここまでリアルなイメージがでてきたら、要望も言いやすいですし、言われた方も理解しやすいです。お互いにダメージにしかならない「こんなはずではなかった!!」はなくなります。

 リフォームで失敗したくない人は必ずこのセリフを言えばいいのです、「完成後のイメージを見せてください」。住まいの試着が日本の住宅の文化になればいいなと思います。

 こんな提案事例をお知りになりたい方は、来週から始まるSHIPリフォームセミナーにご来場ください。30分コンサルだけでなく、その時間を使った体験操作講習も可能です。

2009 06 02 [写真でビフォーアフター~目の前で家が大変身!~] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2009.06.01

8月5日 HaLAフォーラム2009のご案内 1 Jun 2009

   第3回HaLAフォーラム2009をご案内します。
 開催日時は、平成21年8月5日(水) 第1部13:00-18:30 第2部19:00-21:00
 開催場所は、文京シビックセンタースカイホールです。

 まだ参加募集は開始していませんが今回は早めに席が埋まってしまう可能性が高いです。会員の皆様に最初にメールでご案内しますので、すぐにお申込みいただけるよう、日程を開けておいてください。

 本日資本主義の象徴のような会社が破綻しました。大きな会社が継続するわけではないのですね。これからの指針は持続可能性をDNAとしてもったものだけが生き残る、そんな新しい当たり前の時代になると感じています。

 そこで今年第三回目のHaLAフォーラムでは、4名のスピーカーの方を通じて、今起きている未来をお話させていただきます。今日は講演者紹介です。

090601a_2 角田識之 氏
株式会社ハイネットコナルティング 代表取締役
http://www.kando-m.jp/garyu2/
「営業初年度で日本一になった“営業のABC”
 ~当たり前のことを、ばかにせずに、ちゃんとやる~」

(講師メッセージ)
今回は、「臥龍」誕生前夜の物語です。「潜在意識の活用」と「ABCの徹底」、これが感動経営コンサルタント臥龍の20歳台の原点でした。
臥龍は、25歳のときに「ビジネス手帳」の営業職に就きます。年間550万冊を売る日本一の販売 会社におけるトップセールスマン賞は「新規開拓冊数」で決まることを知り、無謀にも 営業経験初年度にも関わらず「日本一」に挑戦する決意を固めます。結果、年間新規開拓冊数3万冊で全社NO.1=「日本一(相当)」になることができました。その秘訣は、「A=当たり前のことを、B=ばかにせずに、C=ちゃんとやる」にあります。
そしてその背景には、23~25歳まで行っていた「潜在意識の勉強と実践」がありました。
「潜在意識の活用」と「ABCの徹底」という、臥龍の原点披露の中から、ご参加の皆さまには、各自、各社の明日を切り開くヒントを、必ずお持ち帰りいただけるものと思います。

090601b_2  大嶋啓介 氏
有限会社てっぺん 代表取締役
http://teppen.info/
「どうすれば人が輝くのか」
「人が輝けば、店が輝く 輝いている店に人が集まる」

(講師メッセージ)
やる気のない人の能力の引き出し方(真のリーダーの条件)、人生でうまくいっている人といっていない人の違いなどなど、大嶋啓介氏の経験や体験を元に話をさせていただきます。

○プロフィール
1974年1月 三重県桑名市生まれ。今、日本の飲食業界で最も注目を集めている居酒屋「てっぺん」の創業者。てっぺん独自の「公開朝礼」がテレビや雑誌等で数を多く取り上げら れ、日本中で話題となる。今では年間に約1万人もの方が「てっぺん」に朝礼見学に訪れるほどとなっている。その勢いは日本国内だけにとどまらず、韓国や台湾など海外からも多くの方が「本気の朝礼」を見学に訪れている。また、2006年1月には居酒屋業界全体の活性化を目的にNPO法人「居酒屋甲子園」を立ち上げ、初代理事長を務めた。
さらには、「日本中に夢を広めたい」という熱い念いで全国での講演活動にも励み、活躍の場を大きく広げている。2007年には、「第3回外食アワード2006」に選ばれ、外食産業に最も影響を与えた人として表彰された。10歳の時、警察官だった親父を亡くし、そのとき初めて親父の生きざまを知り、親父のような生き方をしようと心に決める。「夢を大切にする生き方」「仲間を大切にする生き方」「てっぺん」という店名には、親父に一番近くで「てっぺん」で自分の成長した姿を見てもらいたいという思いが込められている。

090601c 山本拓己 氏 
株式会社オクタ 代表取締役社長
http://www.okuta.com/
「リフォーム会社の使命は家族~地域の『絆』作り!」
~生産効率から文化創造へ:ロハス企業OKUTAの理念経営~

(講師メッセージ)
いま私が思っていることの全てをお話ししたいと思います

○プロフィール
20代でギタリストとして音楽業界へ、その後作曲・編曲家として活動する。その後、35歳より建築業界へ入り、鍛治工として高層ビル建築の現場に携わる。 95年9月(株)OKUTAの前身である(有)プラスに入社。音楽業界でのプロデューサー経験をリフォーム業界用にアレンジ、その独創的な手腕には業種問わず 定評があり、店長時代には16ヶ月連続店達成の記録を持つ。 GM、常務取締役などを歴任。2004年度にて現職となり人事・教育から営業企画・財務に活躍中。

090601d オキタリュウイチ 氏
オキタリュウイチ事務所 代表取締役
http://www.okita-museum.com/

○プロフィール
徳島県出身。クリエイティブディレクター。1998年に発売され、女子高生を中心に15万部を売り上げた大ヒット商品、「heaven’s passport」の考案者。1999年、オキタリュウイチ事務所を設立。その後、「urashima system」「POSi MEDiA(ポジメディア)http://www.posi-media.net/ 」「生きテク(イキテク)http://ikiteku.net/」といった数々のプロジェクトを手がける。

 こんな講師陣を通じて、私がお伝えしたいのはこれからの価値の中心は「持続可能性」になってくるということです。お申し込みサイトが開設したらここでもご案内します。

2009 06 01 [SHIPオリジナルセミナーのご案内・ご報告] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック