« カーボンオフセットを企業戦略に取り入れる 16 Feb 2008 | トップページ | カーボンオフセットな暮らし 18 Feb 2008 »

2008.02.17

コニュニティ化するセールススタイル 17 Feb 2008

080217a  マドガール江川さんのブログでも紹介されていましたが、一昨日 四季の住まい の小井戸社長とのお打ち合わせのときに聞いた話が印象的です。

 まずは 社員さんがほとんど自社で家を建てられること。
 この話は実はなかなかありそうでない話です。そして最高の話です。自社の中身もよくわかった社員さんが建てられる。これこそ品質保証の基本です。

 また、ある営業社員の話で、入社前は シューフィッター(靴の販売)をされていた女性がいらっしゃって、結婚していた彼女は自宅を 四季の住まい で建てられて、それから自宅をモデルハウスにして、見学してもらったりおもてなしをして、すでに十数棟を契約されたそうです。「自分が良いと思って買って、住んでいる家を売る」、営業にとっては素敵なことだと思います。

 さらに取引先の信用金庫の職員さんは、四季の住まい で家を建てるのが当たり前のようになっていて、担当からはじまってすでに多くの人がこちらで家を建てているそうです。帰り間際のあわただしい時間に聞いた話なので、おそらくまだまだこんな逸話があるのだと思います。

 中心には小井戸社長の理念があり、それが 住宅という商品に反映され、それを社員の方々が惚れこんで、お取引先様はそこを評価して、コミュニティが広がっている。そんなイメージです。

 周りが落ち込む中、どんどん伸びている工務店さんの姿がここにあります。

080217b
 
 3月6日の水口先生の講演会、まどりむマーケティングフォーラムは、四季の住まいさんの事例の本質に触れる話がお聞きになれると思います。オートバイマーケットにおいて、周りが落ち込む中、23年間増収を続けるハーレーダビッドソン社へのレスペクトと深い分析と応用のすすめに触れてください。

2008 02 17 [SHIPオリジナルセミナーのご案内・ご報告] | 固定リンク


コメント

コメントを書く