« 横手で勉強会 27 Feb 2008 | トップページ | カーボンオフセットとハーレーダビッドソン 29 Feb 2008 »

2008.02.28

アクティブ感動引越しセンターさん10周年おめでとうございます 28 Feb 2008

 アクティブ感動引越しセンターさん が10周年を迎えました。
 猪股社長ならびにスタッフの皆様、おめでとうございます。

 毎日送っていただいているメールマガジンに感動して、著者である佐藤さんにブログへの転載を許可してもらいました。よろしければご一読ください。アクティブ感動引越しセンターさんの輝きがわかると思います。こんなマインドの引越しサービスをリフォーム会社さん・工務店さんのサービスの一部としてご採用されることをお奨めします。

===
おはようございます!!佐藤 英典です!

今日でアクティブ感動引越センターは、
設立から10年を迎えました。

素晴らしい時間をアクティブの皆さんと
そして多くのご支援頂ける方々と共有出来ることを
大変幸いに思います。

ありがとうございます。

*** *** *** *** *** *** *** *** ***

本日は、私のアクティブさんへの想いをお伝えさせて下さい。
いつもお願いごとばかりを、お付き合い頂く皆さんに差し上げておりますが、
それには、訳があります。

『たった一度の感動が人生を変える』

その言葉の通り、私はアクティブさんと出逢って、
生き方や考え方が変りました。

私は実のところアクティブさんの社員ではなく、
また、感動引越を体感したゲストでもありません。

06年9月からの本社の塗り替えの際に、
お仕事をさせて頂いたのがご縁で、
アクティブ感動引越センターさんを知りました。

塗り替え工事は、私達家族、父と2人の弟、
そして私でお手伝いしました。

施工中、父が出血性の胃潰瘍になり、
吐血して入院してしまいました。

アクティブさんには大変な御迷惑をお掛けしたのですが、
それにも関わらず、父のために工事の終了を労って
サプライズパーティーを行って頂きました。

父の人生は、それこそ、ペンキ塗りで全て、
18歳の時から職人になって、今に至る40年を、
ペンキ塗りだけに捧げて来たようなものです。

今から約10年前に事業は失敗し、
そこから父は、ペンキ塗りの楽しみを見失い、
暗い時間が過ぎて行きました。

1度は刷毛を置き、雇われの肉体労働をしたこともありました。

しかし、ペンキを塗ることに対する想い、
それには敵うはずもなく、1ヶ月と持たずに辞めてしまいました。

後に弟大典が、父を雇い入れる形で、
ペンキ屋を再開したのです。

「俺は日本一の腕はある。
悪りいけど、そこら辺で敵う奴はおらんだろう」

これだけ強く自負を持って、ペンキを愛し、
仕事を愛する人間は、そうそう居るものではないでしょう。

自負して憚らない父です。

それだけに倒産した挫折は、私達家族が想像するよりも
もっと根深いものでした。

そんな折に、アクティブさんに出逢い、
仕事の終わりに、サプライズパーティーを開いて頂きました。

父のために創られたビデオには、アクティブの皆さんが

「お父さん、ありがとう!」

「本社をキレイにしてくれてありがとう!」

「ペンキを塗ってくれてありがとう!」

ビデオを見終わった父は、号泣し、

「お客さんにこんなことされたのは初めてだ」

そう言って泣いていました。

私は、父を闇から連れ出して、
父の仕事に光を与えてくれたアクティブさんに、
ご恩返しをしたいと思い、今日まで過ごして来ました。

*** *** *** *** *** *** *** *** ***

また今日からの毎日を、アクティブさんと育んで行きたいと思います。

いつもご支援ご指導頂き、大変感謝致します。

これからも何卒、よろしくお願い致します。

日々、感謝致します。

ありがとうございます。
______________________________

 私はアクティブ感動引越センターさんを
              心から応援しています。

            ライフライター    佐藤英典
______________________________

2008 02 28 [小松の足跡~未来を見据えて~] | 固定リンク


コメント

>猪股さん

佐藤さんのメールに泣けてしまって、無理いって転載させていただきました

永続的な伝説の企業になってください
ともにがんばりましょう

投稿者: こまつ (Mar 2, 2008 9:36:45 PM)

いつもありがとうございます、アクティブの猪股です。

みなさまのお陰で10周年を迎えることができました。

一つの節目を迎えるにあたり、もう一度原点に立ち返り泥の中を這い蹲っても掲げた理念の方向に進んで行こうと決意致しま
した。

厳しい経営環境の中でも、躓いても躓いても必ず立ち上がろう
と思います。

佐藤さんが皆さまに送ってくれたメッセージ、初めて読ませて
頂きました。(涙)

ありがとうございます。

微力ながら、みなさまのお役に立てるようがんばります!

投稿者: 猪股浩行 (Feb 28, 2008 3:29:59 PM)

コメントを書く