« 地球でいちばんカッコいい会社 18 Oct 2007 | トップページ | 「狂いのすすめ」 20 Oct 2007 »

2007.10.19

ストリーム創りとしてのブログ 19 Oct 2007

 SHIPがお勧めするソリューションのひとつに「共感創造プログラム」があります。これは、ホームページを中心として、購買意欲の高いホットな見込み客を創っていくためのプログラムです。SHIPではすべての課題解決を「ストリーム(流れ)を創る」というところに落とし込みます。安定的な売上も、高粗利も「ストリーム創り」の結果です。ここが課題だと思われている人はセミナーにご参加ください。

 ホームページの導線でいちばん重要なのは、検索エンジンですが、ホットな見込み客を創るには、もっともパフォーマンスが高いのはブログだと結論しました。

 SHIPでは、私が2004年の5月からブログを始めましたが、現在では、スタッフ4名がほぼ毎日ブログ更新しています。

071019a 071019b 071019c 071019d

 ブログは更新されることで一定のアクセスを確保します。また同時に共感と信頼感を得ていきます。さらに検索エンジンのインデックスも積みあがります。検索されやすくなるわけです。

 もうひとつ大事なのは、書いている人のブランディングが自然とされていくことです。外部の視線を意識して毎日情報を発信することほど、よい自己研鑽はないと思います。

 まずはトップおよび自社スタッフのブログとホームページを何度も再訪していただくこと、次にお客さんや第三者のブログ記事からもホームページへのリンクを確保すること、ホームページをCGM(Consumer Generated Media)で囲むことがこれからお勧めしていく方法です。流れが面で創っていくことが可能になります。

2007 10 19 [小松の足跡~未来を見据えて~] | 固定リンク


コメント

コメントを書く