« October 2006 | トップページ | December 2006 »

2006.11.30

SEO対策としてのゲーム 30 Nov 2006

 今朝の日経新聞でコーヒーのBOSSの例で紹介されていましたが、SEO対策としてWebサイト上にゲームを配置するのが有効だそうです。理由はページビューが劇的に増えるからです。BOSSのゲームは月間1億ページビューだそうです。さらにそのうえ、広告を絡めることもできます。

 「楽しんでもらいながら、ブランドのファンを作る」(北川宣伝部長)と記事にはありますが、なるほどなと思います。

061130a

 「仕事の合間にゲームでリフレッシュ」と書いてますが、おもてなし感もでますよね。SHIPでもちょっと考えてみようと思います。

2006 11 30 [小松の足跡~未来を見据えて~] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2006.11.29

提案ボード作成ツール 29 Nov 2006

写真でビフォーアフターのユーザーさんにはこんなのが届いていると思います。

061129a

 提案ボードを作成するツールです。(MSエクセルが必要です)
 
 写真でビフォーアフターに限らず、プレゼンボードを標準化するのに便利なものです。フレームもカスタマイズできますので自分仕様のテンプレートも作っていけます。

 浅野商店の浅野専務さんからはこんなことを担当の江川が言っていただいたそうです。
「いいね~そういうの欲しかったよ。さすがシップさん。ああいうの手間かかるからさ~作るの。かわいいのとか絶対自分じゃ作れないし!」

 試してみてください。また不明な点は担当コンシェルジェにお問い合わせください。

2006 11 29 [写真でビフォーアフター~目の前で家が大変身!~] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2006.11.28

コミュニティ営業 28 Nov 2006

 仕事ができる状態というのは、一石二鳥・一石三鳥・一石四鳥・・・と、ひとつのことが同時にいくつものプラス効果をもたらすことをしていることだと思う。営業活動でいえば、コミュニティ創りというのがそれにあたると思っています。
 お客様とのコミュニティができていて、そこに新しいお客様も入ってくる。「どうなんだろう、、」と少し不安げな新しいお客様が以前からのお客様の状態をみて、これなら自分も大丈夫だろうとその環の中に入っていく。何と名前をつけていいのかわからないですが、共感営業の発展形のコミュニティ営業ですかね。

 SHIPでは創業当時からこのスタイルを意識しています。最初は大手ハウスメーカーさんのコミュニティ、SHIPハウジングフォーラムを作ったところから始まりました。

 6月に取締役になった4年目の高橋取締役は、SHIPの伝統であるコミュニティを自分で作って喜んでもらっています。先週は、松山でのイベント広島でのイベントと、多くのお客様に集まってもらって、良い出会いの場になりました。

061128a 061128b

 これからリアル・バーチャルに、それぞれのSHIPのコンシェルジェたちが、様々なコミュニティをプランして喜んでもらえるようになると世の中が良くなるなぁと楽しくなります。

2006 11 28 [小松の足跡~未来を見据えて~] | 固定リンク | コメント (3) | トラックバック

2006.11.27

住まいのMixi、住まいの楽天 27 Nov 2006

 今日は まどりむ(mydreamhome.jp)  の取材で2社にご来社いただきました。どちらも年明けの記事になるそうです。

 061127a
 
 住まい関連のSNSはぼちぼち他の会社でも立ち上がってきそうです。住まい関連のポータルサイト・マッチングサイトは昔からたくさんありました。でも まどりむ と守備範囲を同じくするものはないので、新規性はあるけど「~みたいなもの」といえないところが少々つらいところです。

 ですから、住まいのMixi、住まいの楽天 、野心は伝わりそうですね。

 機能でいうと下記のようになります。

1)生活者向けSNS
2)生活者向け家創り支援サイト(資金計画・Wishリスト・間取作成など)
3)家創りポータルサイト
4)プロ向け提案作成支援ASP(資金計画・Wishリスト・間取作成・提案ボードなど)
5)プロ向け顧客管理ASP 

1)・2)・3)は生活者向けに無料で提供されます
1)・2)・3)が住まいのMixi
3)・4)・5)が住まいの楽天 というイメージです

 料金案も固まりつつあります。また、昔なじみの大手住宅会社さんからの質問にもありましたが、個別にカスタマイズ開発を行い、自社システムの一部として利用していただくソリューション事業も行っていきます。

 今後の進捗に関しては、まどりむ(mydreamhome.jp) の下段からメルマガ登録をしてくだされば送付していきます。

2006 11 27 [mydreamhome.jp] | 固定リンク | コメント (2) | トラックバック

2006.11.26

99人のデザイナーとつくる未来の本 26 Nov 2006

 携帯電話とか文房具みたいな身近なものに「んっ」というようなものを見かけるときに何か潮流のようなものを感じます。20年前もありましたけど、最近は加速していますし、「デザイナー」という職種が様々な分野で立ち上がっているようです。
 
061126a  我が家から歩いて5分、毎日の通勤途中でもあり、息子の幼稚園の途中でもある つくし文具店 はそんな時代の面白空間です。息子はここに立ち寄るのが大好きで、いつもHUMAN BLOCKで遊ばせてもらっています。

061126d  店主の萩原修さんが取りまとめた 「99人のデザイナーとつくる未来の本」 を買いました。とても素敵な本です。99人のデザイナーが、インテリアやプロダクトなどそれぞれの分野で活躍しているのがわかります。日本がこんなだったら捨てたもんじゃないし、自分は関係ないんだけどちょっとだけ誇らしげな感じがします。こんな本を1人でも多くの人が手に取るようになればいいなと思って今日はブログを書きました。

2006 11 26 [小松おすすめの一冊] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2006.11.25

創業当時の気持ち 25 Nov 2006

 広島ではお二人から言われましたが名刺を交換するときに「ブログでお顔は、、、」とおっしゃっていただくことが多いです。ありがたいことです。問題はブログで掲載している写真が創業時、つまり2001年11月当時の写真だということです。換えようと思いましたが、自分でも創業時のころを思い出すのにこれでいいやと思ってそのままにしています。

 創業のころ、私の得意分野の3Dは「リフォームでは使わないぞ」と言われました。逆張りですがそこに張りこみました。勝算は「自分なら3Dで見たいし、うちの奥さんでもそうだ」という生活者感覚です。今回は まどりむ(MyDreamHome.jp) というインターネット・ソリューションです。賭けだという点では状況は似ています。創業当時を思い出します。

 私にとってインターネットは、SHIPの存在意義とほぼぴったり重なります。「人が出会う場、関係を育む場」です。まどりむ は私が思うインターネット上の住まいをキーワードにした「人が出会う場、関係を育む場」です。
 「人が出会う場、関係を育む場」への欲求が人にあると仮定すると、アナログな世界だけで探すよりも仮想空間も使った方がその欲求が満たされるんじゃないかと思うわけです。

 Mixiを通じて、何年も会っていなかった高校の同級生と縁を復活させたり、どこに行ってもなかった探し物が楽天で簡単に見つかったり、そんな ひょっこり とした出会いがこれまでネットを加速させてきたのかもしれません。

 私は まどりむ がある世の中を想像すると楽しい気持ちになります。創業当時の気持ちと似ています。

2006 11 25 [mydreamhome.jp] | 固定リンク | コメント (2) | トラックバック

2006.11.24

中国地方の住まいの試着はとても活況です 24 Nov 2006

 今日は日帰りの広島、往復とも新幹線でしたので、自宅から通算すると10時間以上乗り物に乗っていました。もう10年以上、ノートパソコンと携帯電話があれば、通常の仕事はできるスタイルにしていますので、新幹線もある意味快適なオフィスです。

 さて広島で住まいの試着研修会、SHIPリフォームセミナーと、まどりむ(MyDreamHome.jp)ミニセミナーでした。20名以上の方々にいらしていただきました。

061124a

 サンシャインのジンちゃんこと増田さんと昼食、その後セミナーでも体験談を語っていただきました。増田さんはお客さんの心の動きを中心に物事を捉えているので、ずっと以前から感覚がWeb2.0的です。ライブ@インテリアも使う目的をしっかりと心得ていらっしゃいます。まどりむでも面白い事例が生まれそうな予感がします。そのジンちゃんから提案「まどりむは村上さんをもっと前面に出すべきだ!」、本人含めて検討します(笑)。

 今日も素敵なお客様が増えそうです。中国地方はなぜかとても活況です。

 詳しくは高橋取締役のブログもご覧ください。

2006 11 24 [住まいの試着] | 固定リンク | コメント (2) | トラックバック

2006.11.23

ホームページで住まいの試着 23 Nov 2006

 CGとか3Dとか言っても、なかなか通じませんし、慣れない言葉は怖いものです。

 ライブ@インテリアは見せれば絶対いいんだけど、そこまで持っていくのがなぁ、という方「住まいの試着してみませんか?」とお声をかけてみてください。
 CGとか言っていたときは、最初から手とか首を振って「いやいや、私は、、、」と言われるのに、「住まいの試着してみませんか?」には、「えっ何それ!」と言葉を受け止めます。

 ホームページでもそうですね。

 最近、「住まいの試着」をホームページで使ってくださる方が増えています。わかりやすいですよね。

 内山ホームさん

061123a
 

リフォームプロさん

061123b

2006 11 23 [住まいの試着] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2006.11.22

膠・天然塗料メーカーのシオンさん 22 Nov 2006

061122a  日本古来の接着剤である膠(にかわ)や自然塗料のメーカーであるシオンの石川社長がご来社されました。もともとは総合建築職人会の河津社長にJACKの懇親会でご紹介いただいたご縁です。

 いろんなベンチャー経営者の方とお会いする機会がありますが、業界は様々でも志向性は3分類されます。
 ○メーカーのポジション
 ○サービス業のポジション(BtoB)
 ○サービス業のポジション(BtoC)
 
 メーカーは初期投資がそれなりにかかりますのでスタートアップがなかなか大変です。創業者でメーカー志向の方には必ず何らかの体験があります。石川社長にもありましたね、やはり。

 今は創業期の投資負担をクリアされて、これから面白くなる時期なんだなと思いました。ポジションと時代の流れからいうと、コンセプトとかライセンスとかのメーカーにもなっていく可能性も大きいです。

 はいからモダン物語(現在会員69社)の商材として、今後会員様にはシオンさんの商品もご紹介してまいります。

2006 11 22 [はいからモダン物語~安心建材で家族を守る~] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2006.11.21

商品開発 21 Nov 2006

 商品づくりは、3つのことを同時に進めていく。
 1)コンセプト(当社らしさ)
 2)技術(誰も簡単には真似ができない)
 3)資金

 そして採算については次の3つを同時に考えていく。
 1)市場
 2)価格
 3)販売

 商品として成功するかどうかはやってみないとわからないのだが次の3つのことがまだお会いしていないお客さんにまで伝わっていくような気がする。
 1)TOPの志
 2)担当するスタッフの情熱
 3)楽しいかどうか

 当社でも短い社歴だが、成功したものも失敗したものもある。最後の三つが大きいなと実感している。

2006 11 21 [小松の足跡~未来を見据えて~] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2006.11.20

Jackのご案内 20 Nov 2006

 仮説と検証を繰り返して新しいノウハウは生まれます。どんな業種の経営者であれ、同じ業種の実証済みのノウハウはもっとも欲しいもののひとつです。

 リフォーム業界において、これが惜しみなく開示される場があります。リフォーム経営者の合同研修会JACKです。

 主幹はロビンの蜘手社長。

 次回の開催は下記です。ご案内が必要な方はこちらまでメールをいただけますか。

-----+-----+-----+-----+-----+-----+-----+-----+-----+-----+

勉強会名   Jack大阪勉強会(近畿支部主催)
      12:30~開場
      13:00~18:00(予定)~忘年会へ突入!

場  所   大阪市中央区淡路町4丁目3番8号
       貸し会議室 AAホール3番館 TEL:06-6204-1011
       タイリンビル (部屋番号は当日にて)
       地下鉄 御堂筋線
       「淀屋橋駅」12番出口より徒歩3分又は本町駅」
       2番出口より徒歩3分

会場はこちらです。
http://www.aa-hall.com/conference/tairin.html
AAホール3番館です。

参加費   無料 
懇親会は会費(5000円程度を予定)を頂きます。
申込方法  別紙FAXにて 詳しくは0577-33-0951

メールでの申し込みでも結構です。info@e-robin.com
-----+-----+-----+-----+-----+-----+-----+-----+-----+-----+

2006 11 20 | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2006.11.19

あいたいよ 19 Nov 2006

 ウォークマンからipodに主流は変わったけど、音楽を片時も離したくないほど生活と一体化している人が多いんだっていう流れはますます進むことでしょう。

 今回、世の人に「家は自分で創るもの、夢を自分で見るように」という考え方を提案するにあたってもぴったりの音楽ののせて展開できればいいなと思っていました。だって私たちの原点は生活者の視点ですから、楽しい音楽と一緒の方がいいんじゃないかなということです。

061119a  ある日友人が会社にやってきました。仕事の用事です。3年ぶりくらいに会いました。プレゼンを済ませてもらって食事に行った際に、

「今度さ、、、で、音楽が欲しいんだよね、例えばさ、、、、」
「行けるんじゃない、オレ良く知ってるから」
「まじっ」

 まどりむタイアップソング「あいたいよ」はこんな偶然から生まれました。(写真をクリックすると、http://www.mydreamhome.jp/につながります。)

2006 11 19 [mydreamhome.jp] | 固定リンク | コメント (2) | トラックバック

2006.11.18

成長モデル乗り換えセミナー(11/16) 18 Nov 2006

 歴史を振り返るといつの時代も大きな流れがあったことがわかります。力があっても流れに逆らうとうまくいかないし、流れを読んで力以上の成果を出す人もいます。大事なのは「今すでに兆候があっていずれそれが本流になる」だろう流れを見極めることだと思います。この先の変化をチャンスとみなして、変化の前に自分なりの手を打つということです。

 船井総研の五十棲さんは「人口が減少する時代、人数に頼らない経営発想の必要性」から具体的な解決策をいくつかあげられました。私は「インターネットの普及と社会の成熟化により、生活者の志向の二極化が進む。極を意識した経営発想が必要」という趣旨で住宅プロデュース業や生活者主導のWeb2.0的なシステムをひとつの解決策として提示させていただきました。自分なりの手を打てばよいのであって、私たち二人の言ったことはあくまでもひとつの例でしかありません。

061118a  今回お会いできなかった方々に、会の様子を少しでもご覧いただこうと思います。イベントのエンディングで流した感動劇場です。画像をクリックしてみてください。

2006 11 18 [mydreamhome.jp] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2006.11.17

まどりむ MyDreamHome.jp 17 Nov 2006

 「住宅産業はクレーム産業」、このフレーズをいままで何度も聞きました。誰がおっしゃっているかといえば、住宅産業に従事している人がほとんどです。

 どうして住宅産業がクレーム産業になるのでしょうか?

 私の仮説ですが、家というモノを売り買いしてしまうからだと思います。

 敷地・機能・性能・価格、、、買う方も売る方もモノの価値にしか注意がいってないと、住みはじめたら「ちょっと違う」という違和感が、ほんの小さな傷にまでクレームを生み出す原因になるのではないでしょうか。

 では夢を売るようにしてみたらどうでしょうか。夢を買った人にはクレームはあるでしょうか? 

 SHIPの提案するコンセプト

 家は夢の容れもの、MyDreamHome をご覧ください。

===
「家のこと、考えようかな、、」

住まいのことをどうしよう
人がそう思うときは希望と一緒にいるとき
夢が近くにいるとき

私の夢と会いたくなるとき
人は住まいのことを考えて楽しくなる
住まいは夢の容れものなんだよね

会いたいよ 今すぐ
私の夢に 会いたいよ

「子供が小学生になるんだ」
元気がいちばん
子供がのびのびと育つ住まいと会いたいよ

「暖炉がある部屋を作りたいな」
新婚旅行で行ったヨセミテ公園のホテルの思い出
いつもあの頃、会いたいよ

「お料理が好きだから」
キッチンを中心にして、みんなが集まる
楽しい住まいと会いたいよ

2006 11 17 [mydreamhome.jp] | 固定リンク | コメント (4) | トラックバック

2006.11.16

本日のセミナー 16 Nov 2006

 産業革命は 生産者と消費者を二分化することで生まれました。最も早く興った英国でも、それから200年強、日本では100年ちょっとです。

 今進行中の革命は、普通の消費者が主体的に情報発信する術を身に着けて、結果として生産に深く関わりだしたことです。例えば @コスメ、ここで発信される個人のクチコミ情報は信憑性においては、消費者にとっては化粧品メーカーのマーケティングを超えているし、メーカーにおいては開発関係者のナマの情報源にもなっています。

 こうした時流を生み出した情報技術の総称を Web2.0 といいます。ここでは、引き離された 生産者と消費者が再び一体化し始めます。

 住宅建築に関しては、建築主が建築ブログを立ち上げる程度で、Web2.0的な動きはまだ顕著ではないように思います。

 しかし、経験値の少ない住宅建築・住宅リフォームこそ、生活者がつながって、興味を共にする人同士のコミュニティが有効に活用されていくと予想されますし、その過程を経た生活者は 住宅事業者にとっても 要望の整理された良い顧客になるはずです。

 この時流をウォッチして、先廻りして待ち構えみませんか、というのがセミナーの趣旨です。

 「生活者エージェント(代理人)」として、すでにこの時流を先取りした「住宅プロデュース業」はまだ規模は小さいですが、事実を知り、ノウハウを吸収しておかれることをお勧めします。

 ローコスト住宅は、IT技術の活用により、ますます加速していくことが予想されます。この市場に参加するにはとても覚悟が要ります。

 Web上での生活者参加型の家創りは、まだ仮説ですが、「そういうことも起こってくるのか!」という意識で世の中の変化をウォッチしていおくと、今まで見えなかったものがみえてくると思います。

2006 11 16 [SHIPオリジナルセミナーのご案内・ご報告] | 固定リンク | コメント (1) | トラックバック

2006.11.15

ジャパンホームショー 15 Nov 2006

 今日から17日まで東京ビックサイトでジャパンホームショーです。

061115a

 SHIPも出展しています。写真は新人岡田真里。顔つきが4月頃とか変わってきました。「お客様」という意味が少しずつわかってきたからでしょう。ジャパンホームショーのチケットはSHIPにありますので、会社に電話をいただいたら、ビックサイトの入り口でお渡しできるように手配しますので、行かれる方はご連絡ください。

 明日は 六本木ヒルズで 成長モデル乗り換えセミナー、席を増設して約70名様のお客様をお迎えします。せっかく時間をいただくのですから、刺激になる時間、役に立つ時間、感動する時間を提供したいと思っております。
 ご出席の方、恒例の交流会もありますので、夜は空けておいてくださいね。

 11月15日、ジンちゃん お誕生日おめでとうございます。人生初めての少しセンチな誕生日かもしれませんね。これからもジンちゃんらしくいてください。少しなれなれしいですがお許しください。

2006 11 15 [SHIPオリジナルセミナーのご案内・ご報告] | 固定リンク | コメント (1) | トラックバック

2006.11.14

住宅リフォーム業界向け 成長企業経営者支援セミナー 14 Nov 2006

061114a
伝説のセールスマンが生まれる時代は終わりをつげ、
次世代は、個人の力に頼った営業ではなく
『組織力で売ることの仕組み』を持つ企業が成長します。

 SHIPのセミナーのタイトルのようですが、スペースアップ小西社長率いるコンサルティング会社 ソリューション社の「住宅リフォーム業界向け 成長企業経営者支援セミナー」の口上です。

 12月6日(水) 13:00~18:00(開場12:30)
 場所は 大阪・新梅田研修センター

 主催者の小西社長は、今、業界で最もノッテいて、元気全開の経営者です。この人のエネルギーに会うだけでも大阪に出かけてみる価値は十分あると思います。

 お申込はこちらです。

 私の講演の内容は下記になります。

【タイトル】
人間力からシステム力へ
 建築主の視点で構築する大手を超えるネット営業モデル

【概要】
 これからの時流は少子高齢化・IT化・グローバル化です。結果として起こるのは、「二極化」です。
 中小リフォーム会社や工務店は、これまでは「すき間」でビジネスが成立していましたが、これからは「すき間」が減って、両極に市場が集中します。
 中小リフォーム・工務店が伸び悩む中、ローコスト住宅会社が伸びています。建築主の代理人の役割をする住宅プロデュース業が伸びています。そしてインターネットの世界ではWeb2.0に移行しています。
 変化が起こるとき、進むべき道の回答は先んじて成功しているモデルです。何故このモデルが成功しているのかを理解し、すぐに自社に転用することで、そのモデルの成長期にかろうじて間に合います。
 まずは、気づいて、学んで、法則を理解しましょう、次に自社での展開を立案して実行して結果を出していきましょう。そのスターのためのセミナーです。

2006 11 14 [SHIPオリジナルセミナーのご案内・ご報告] | 固定リンク | コメント (3) | トラックバック

2006.11.13

コスト削減 13 Nov 2006

 住宅建築に限りませんが、品質にもアフターメンテにも厳しい選択視をもつ日本において削減できるコストは限られています。
 
 材料費・・・・限度まできました
 工賃制作費・・限度まできました

 ではあとは何か?

 営業費です。

 営業費は、品質などを考えるとある一定限度以上に保つ必要があります。逆にデザイン費など、積極的にかけた方がいいものもあります。
 では削減可能はどうすればいいかといえば
 
 ひとつは 時間です
 固定費になっている営業費を削るのは、成約・入金までの時間が半分になれば営業費も半分になります。
 
 もうひつつは顧客数です
 一契約あたりの営業費は顧客数が2倍になれば、2分の1になります

 住宅営業のコスト削減について、11月16日のセミナーで提案します。

2006 11 13 [小松の足跡~未来を見据えて~] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2006.11.12

移行 12 Nov 2006

 プレイステーション3が発売になり、いろいろと事情もあり、あっという間に出荷分は完売になったそうです。来月初頭には任天堂のWiiも発売で今から盛り上がりが予想されています。しかし、一方でゲーム専用機でゲームをする比率は年々落ちています。PCの画像処理能力の向上とインターネットにつながっている環境を考慮すれば、ますますその傾向は強まります。

 業務用ソフトはどうでしょうか? 専用機というわけではなく、オフラインからオンラインネットワークへの移行という観点でいうと、ワードやエクセルのような機能はすでにGoogleからネット上で無料で提供されはじめています。普及はこれからでしょうが個人から始まってIT系中小企業で来年はけっこうな普及をすることでしょう。

 我々と関連するCGはどうでしょうか?

 技術としてはリアルタイム・レイトレーシングといって、ネット上で3Dモデリング・レンダリングする基礎技術が先端の自動車業界では利用されています。技術の応用としてはそれほど先のことではなく建築関係にも広がってくるでしょう。しかし問題は別のところにあります。それはコミニュケーションを軸に考えればわかってくることですが説明が要るのです。

 インターネット時代のCGの使い方を、11月16日のセミナーではご案内します。ライブ@インテリアをユーザー様には良い情報です。

2006 11 12 [小松の足跡~未来を見据えて~] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2006.11.11

Mixi+楽天の住宅サイト 11 Nov 2006

 SNS(ソシャルネットワークシステム)に4つほど登録している。Mixi、Yahoo、Myspace、Socia、まだ実際はMixiしか動かしていないが、それぞれ印象が全然違う。今はたまたまMixiのほのぼのしたような感じが受け入れられたが、そのうち好みによって分散していくんだろうなと思う。

 ネットがもう生活の一部になっている人にとって、理想の環境って、目的・趣味ごとにカテゴライズされたSNS(コミュニティ)に入って、そこで楽天みたいにモノが買えたりサービスも受けられて、買う時心配だったらさらにその専門コミュニティ(@コスメみたいなところ)で相談したり、アールアバウトのような専門家の意見を参照したり、選んだ業者さんともネットでやりとりができるような感じかなと思う。

 ごちゃごちゃしちゃったので、シンプルにいえば、Mixiと楽天が一緒になったようなもの、かなと思う。業者側もネット特有の冷やかし客に振り回されない仕組みがあれば、ネットも歓迎だろうし、そのために身に着けなければならないスキルがMixiや楽天くらいのものだったらいいのではないだろうか。

 Mixi+楽天の住宅専門版があればいいんだろうな、と思う。

 この件に関しても11月16日のセミナーで参考になる話を聞いていただけると思います。

2006 11 11 [小松の足跡~未来を見据えて~] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2006.11.10

住宅プロデュース業 10 Nov 2006

 昨日、住宅プロデュース業では業界草分けの㈱リブネット馬渕さん と昼食をご一緒させてもらいました。

 住宅プロデュース業といっても、どんな仕事なのかわからない人も多いと思います。要するに生活者の立場にたって家作りを建築主と一緒に進めてくれる仕事です。

 この立場になると家を建てたいと考えている人の悩みと一体化するわけですが、その中で最も大きいのは「業者選び」なんだそうです。最初に多くの時間と労力を割いて、業者の選び方をコンサルティングしているのが実態です。これにはマニュアルはあるようでなかったりします。何せ建築主の性格も希望もそれぞれだし、選択できる業者は地域によって共通ではありません。ここが狙い目ですね。

 おかげさまで満席になった11月16日のセミナーでは、まだ始まったばかりとはいえ、今最も伸びている住宅プロデュース業についても有益な情報を提供します。目からウロコかもしれません。

2006 11 10 [小松の足跡~未来を見据えて~] | 固定リンク | コメント (1) | トラックバック

2006.11.09

しつこい、たぶん、ホント 9 Nov 2006

 今日は名古屋でリフォームセミナー、明日は大阪でリフォームセミナーです。

 今日お会いした人からは「以前リフォーム業向けって言ってたソフトの会社いくつかあったけど、全部いなくなっちゃったね。今もやってるのってShipさんだけじゃないの?」といわれました。
 「しつこいんですよ」と応えましたが、たぶんマジにしつこいです。そういう性格ですね。やり遂げるまでやります。

061109a  mixiではしょっちゅうですがここでは珍しく飲食ネタ。

 清水取締役と来年入社予定の川上くんと大阪ミナミで。

 やっぱりホンモノはいいよね。焼肉もアイラのウィスキーも。

 「やっぱりホンモノはいいよね、SHIPしかないよ!」と言っていただこう、やるぞ!。

2006 11 09 [小松の足跡~未来を見据えて~] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2006.11.08

言語化⇒行動化 8 Nov 2006

 当社も細分化すると7つのセクションに分かれる。それぞれでSWOT分析と戦略立案をやってもらっている。ここで大事なのは、それぞれ「お客様が誰か」ということとその「お客様からどんな言葉をいただきたいのか」ということを明確に言語化することだ。
 
 単純なようだが、これがなかなか出来ない。これを中途半端な段階で終わらせてしまうと、この作業はこの作業、仕事は仕事、みたいなものになってしまう。

 ここがはっきりしたら「お客様が誰か」、その「お客様からどんな言葉をいただきたいのか」、これを中心にして、強み・弱み・機会・脅威を再整理していく。整理が早くなる。社内がお客様のセクションももちろんあるが、この前提だと共通のものさしでできる。

 さて戦略だ。
 
 戦略とは、自社の現在の立ち位置、それをこの先どこへ持って行きたいか、そして、どうすればそこにたどり着けるかを理解することだ。  P.F.ドラッカー

 そう考えると、「この先どこへ持って行きたいか」=「お客様からどんな言葉をいただきたいのか」で現場の戦略立案は楽しくなる、そのうえ行動とも直結しやすくなる。

 戦略は展開されてはじめて戦略。「お客様からいただきたい言葉」を目標にして、それぞれ展開がはじまってきた。

2006 11 08 [小松の足跡~未来を見据えて~] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2006.11.07

簡単更新ホームページ 7 Nov 2006

 ホームページはいまや必須のツールですが、作成するときのポイントは3つあると思います。
 
 ひとつは検索上位表示であること
 いまや入り口は検索エンジンです。そこでの生活者の検索にひっかからなかったらホームページ自体が存在していないことと同じです。
 検索ワードは何かといえば「リフォームと地名」だと思います。普通の人がリフォームを考えているときに入力する言葉は「リフォームと地名」です。

 ふたつめは更新頻度が高いこと
 生活者は検索して一回見ただけで、即行動に移すことはまれです。何度も実店舗の前を通り過ぎたり、ホームページを何度も見返します。そのときに、例えば2ヶ月くらいの間に、まったく情報が更新されていなかったり、いまだに4月頃のイベントの告知がそのままになっていたのでは「こりゃ駄目だな」となります。
 更新を頻繁に、できれば自分でブログでも更新するように、ホームページを更新した方がいいです。

 みっつめは良いフレームを選ぶことです。何もゼロからデザインを起こすことはないです。うまくいっているホームページを模倣すればいいのです。日本の芸事には 守・破・離 という言葉があります。まずは模倣「守」でいいと思います。

 上記の3つの要素を含んだ価値を提供するのが、SHIPのインターネットサービス「簡単更新ホームページ」です。

 リフォームプロさんのホームページをご覧ください。
 「リフォーム 川崎」「リフォーム 麻生区」でGoogleトップ表示です。内容も自社スタッフで更新されています。フレームはどうですか? リフォームを探している人にはやさしいホームページだと思いませんか?

 お問い合わせは こちらまで。

2006 11 07 [eリフォーム~リフォーム会社さんと生活者さんの出会いの場を提供~] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2006.11.06

リフォームと地名 で検索上位 6 Nov 2006

 eリフォームの会員ページが更新されているのをご存知でしょうか?

 eリフォームプラス、通称「顔が見えるホームページ」です。特徴は個々の会員ページにSEO(検索エンジン最適化)対策が施されていて、「見つかりやすく」なっていることです。基本的には、「リフォームと地名」でSEOを行います。

 湯沢のブログにいくつか紹介されていますが
==
 ワーキングビーさん

  以下のワードでYahoo!で1位表示!!
  エコリフォーム 東大阪
  エコリフォーム 八尾
  エコリフォーム 富田林

  以下のワードでYahoo!で2位表示!!
  リフォーム 富田林

その他、Yahoo!1位表示のワードが20個。5位表示まで入れると全部で50ワード近くが上位表示されています。

1位表示されているということは、ワーキングビーさんの自社サイトでカバーしきれていない部分を、顔が見えるeリフォーム会員でカバーできていることになりますね!!
==

 マクスさんの事例もご覧ください。

 eリフォームの価値は「Search(検索) and Reach(HPへの到達)」です。
 
 貴社のホームページにお客様が到達するために、eリフォーム・プラス「顔の見えるホームページ」では、検索上位を提供しています。従来のプラス会員さんからの乗り換えは、ずいぶんとサービスさせていただいております。

 お問い合わせはこちらまで。

2006 11 06 [eリフォーム~リフォーム会社さんと生活者さんの出会いの場を提供~] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2006.11.05

試着してみませんか? 5 Nov 2006

061105b  東邦ガスさんのガス展をお手伝いしている「住まいの試着」隊です。会話の中でも「試着してみませんか?」と話しかけると立ち止まります。

 「試着って?」
 「洋服の試着って当たり前ですよね。住まいだって同じだと思うんです。家の中でちょっと気になるところがあったら、まずは試着して検討してみたらいかがですか」
 「それってお金かかるの?」
 「いいえ、もちろん無料ですよ、お帰りのお時間は何時ですか? 10分から15分ならいいですか?」

 試着というなじみのある言葉はすっと心に入ります。
 (パネルを見て)それって何? あら面白そう
 お金がかかったらいやだな
 時間はどれくらいかかるのかな
 
 潜在的な心配ごとをなくして、お席についてもらえば、それからびっくりするくらい長居してくれます。
 「これっていくらくらいかかるのかしら? その前にうち見てもらわないとね、主人とも相談したいんだけど、いいかしら」

 ここまでもっていくイメージをもって最初のお声かけをすることです。

061105a  SHIP女子部主催の懇親会、リベナスエネドゥの桶中住宅設備谷口さん、浅野商店浅野専務、桜和設備犬飼さん、しろがねや岡田さん、たくさんの情報交換ができてとてもよかったです。これを明日からのサービスにも活かしていきますね。

2006 11 05 [住まいの試着] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2006.11.04

東京デザイナーズウィーク、明日まで 4 Nov 2006

061104a_2    僕が社会人になったときから今までもっともポジションが変わったのが、「デザイン」かもしれません。
061104b  その頃から続いている東京デザイナーズウィークがすっかりトレンドの中心になっています。061104c 中心イベントの100%デザイン東京・コンテナエキシビジョンは明日までです。
 東京近辺の方はこの熱を感じるためだけにでかけてもいいと思います。

 061019a_2 ところで、以前ここで提案した、世界一のデザインイベント、ミラノサローネのツアーは実行することに決定しました。第1回は4月18日から4月23日までです。詳しくはこちらで。

今日は、当社の清水取締役の誕生日です。

 29歳、誕生日おめでとう。壁は超えられ人にこそ、高くそそり立つんだよ。前に前にだ。

2006 11 04 [小松の足跡~未来を見据えて~] | 固定リンク | コメント (2) | トラックバック

2006.11.03

顧客接点デザインを取り入れる 3 Oct 2006

 今日は祭日で当社は休みですが、東邦ガスさんのガス展で女性社員3名が頑張っています。詳しくは、高橋取締役のSHIP現場ブログに掲載されると思いますが、毎年すごいにぎわいです。ガス会社さんは信用もあるし、こうした集客力があるので、SHIPの顧客接点デザインを取り入れると、リフォーム事業はグンと伸びますね。
 
 詳しくは、11月のSHIPリフォームセミナーにいらしてください。ユーザーの方は何度いらしていただいても無料ですので、社長様だけでなく、社員さんもご派遣ください。広島では夜の楽しいリフォーム・ミーティングがありますが、他の会場でもユーザー様とお会いして、いろいろとご意見もお伺いしたいと是非に思います。
【名古屋】2006/11/09(木)14:00~18:00 ホテルトラスティ名古屋栄/栄駅
【大阪】 2006/11/10(金)14:00~18:00 クレディホール/西中島南方駅
【東京】   2006/11/14(火)14:00~18:00 株式会社シップ/水道橋駅
【広島】   2006/11/24(金)14:00~18:00 RCC文化センター/広島駅

 11月16日 住宅・リフォーム業 成長モデル乗り換えセミナーは、ご入金後正式受付ですので、まだ少々残席があると思います。お問い合わせのタイミング次第ではわかりませんが、お早くお申込ください。会場でお会いしましょう。

2006 11 03 [SHIPオリジナルセミナーのご案内・ご報告] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2006.11.02

義 2 Nov 2006

 昨晩もとても素敵なミーティングでした。すっかり波に乗っている人たちとの会話は元気をいただけます。帰宅は2時でしたが。

 山口県のココロフォームさんが大阪の飲食店の改装工事を受注された話に感動しました。
 ココロフォームさんはある新卒採用コンサルティングの会社と契約していたそうですが、1年でほぼ採用のノウハウはわかって社内ではもうコンサルティングは不要なんじゃないかという話も出たそうですが、中村部長は担当者がとても熱心で人間的にも良い人だったので、「この子が担当している間は契約を続けよう」と決めたそうです。実際退社するまで契約は続きました。その人の実家が大阪の飲食店だったわけですが、数ヶ月前にココロフォームさんの大阪支店に電話があって、「娘に相談したらココロフォームさんにしたらいいって言われて」、相見積なしで2000万円の改装工事の発注をされたそうです。

 義でつながった世界です。

 よくONとOFFとか仕事とプライベートとか分けて語る人がいますが、人と人との関係を義のレベルで考えている人は、こんな素敵なことが起こるという好例ですね。

 そんな中村部長が率いるココロフォームさん がとても好調なようです。大型ショールーム開設は地元TVにまで取り上げられてそれを見た人がたくさん来店されているそうです。ホームページには、TV-CMライブ@インテリアの提案場面も掲載されています。

2006 11 02 [ライブ@インテリア~「そう!そう!こんな感じ!!」~] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2006.11.01

みんなの意見は案外正しい 1 Nov 2006

 今日から11月です。2006年もあと2ヶ月、速いですね。

 僕らの勘違いの頻度で一番高いのは、自分の意見が社員さんよりも正しいと思い込むことではないでしょうか。正しいこともあるでしょうが、そうでない場合も少なからずあるし、また別の視点ではこの会社で目指している姿は「自分が入社したい会社」ですから、その意味でどんどん自分が決めることを捨てていってもいいと思います。

061101a  当社では人事考課に僕の判断を一切入れないことにしてから約2年ですが、社員相互考課は軌道にのってきた感じがします。今回も感じるのは「みんなの意見は案外正しい」です。

 新入社員まで参加するので、一人一人の考課の結果は、他者判断のスキルが不足しているかなと感じることもありますが、全員合計するとたぶん誰もが納得のいく結果に収まります。

 いろんなところで「みんなの意見は案外正しい」を使ってみたいと思います。

 連絡ですが、メルマガ改定中です。
 Html形式はスパムメールと見做されて問題が多いようです。テキストにすると形式を変えないといけません。来週新装オープンします。

2006 11 01 [小松おすすめの一冊] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック